menu
アニメ

TVアニメ『恋愛暴君』監督&プロデューサーの瞳に映った座長・青山吉能とは

 4月よりテレビ東京ほかにて放送中のTVアニメ『恋愛暴君』について、これまで声優陣のインタビューをお届けしてきたアニメイトタイムズでの連載企画。前回から続く、監督・濁川 敦さんとEMTスクエアードプロデューサー・宮本秀晃さんによる対談。後編は、キャラクターについてです。魅力的なキャラクターを演じるキャストもまた、魅力的な方々が集まっていました。

 

アニメイトタイムズからのおすすめ
監督&Pが感じたキャラクターたちを演じる声優陣たちの印象
――前回も絶賛していましがが、いいキャスト陣になっているのかなと思いました。このインタビューでも、さまざまなキャストの方々に話を聞いていたのですが、青山吉能さんのグリはハマり役だという声が多かったです。

監督・濁川 敦さん(以下、濁川):僕、みんな良いと思うんですよ。アフレコをやっていても、何も言うことがないですからね。

プロデューサー・宮本秀晃さん(以下、宮本):今回は本当にピッタリ役にはまっていますよね、皆さんに感謝ですよ。

――グリ役の青山吉能さんは、初めての主演となりますが、どういうところが決め手になったのですか?

宮本:もう、この声でしょ!って。

濁川:原作の三星めがね先生も喜んでいましたけど、グリだなって感じがしますよね。

宮本:それプラス、原作をよく読み込んでくださっていたなって。

濁川:アフレコも、あれだけテンポが速いと、事前に把握しておかないと難しいだろうなって思うんですが、そういうところも結構普通にこなしてくれているので。

宮本:慣れている人だと「違うんじゃないか?」って話から音響監督さんとの話になるのですが、素直にこの世界を受け止めてくれているので、すごく感謝しています。こういうテンポで、こういう世界なんだってところをちゃんと理解していて。

――小野賢章さんも、そう来るんだって驚くことが多いとおっしゃっていました。

濁川:確かに。僕が印象に残っているのは、ストラスに突き刺されたところで、刺されたまんましゃべっているところがすごく面白くて。ちゃんとそういう声になっていて。

宮本:あと(グリのセリフの中で)一番最高だったのは、「ほわ~~っ!」ってところじゃないですかね。あれで本当に良かったと思いました。やっぱり不安なことは不安だったんですよ。予想していたよりテンポが速かったので、演技できるスペースあるの?って。でも、そこをちゃんとやっていただいている。

濁川:「ほわ~~」と「あれ~~」は良かったですね。

宮本:テンポが速いので、間の抜けたところができていなかったのが、あれでできちゃったんですよ。そこですごく強弱が付いたので、すげーって。それは予想以上というか。あの声で波ができたのかなと思って、感謝しています。

――続いて青司役の小野賢章さんですが、ツッコミ役で。

濁川:ツッコミのタイミングが良いですよね。いい掛け合いだと思います。

宮本:誠実な人柄も出ていますし、ツッコみまくるし。うまいバランスだなって思います。さすがです。

――なんか、小野賢章さんの声になって、青司くんがモテるのも分かるなって思いました。イケメンボイスじゃないところも良くて。

宮本:青司くんに関しては、イヤな感覚を持たれたら終わりだと思うんですよ。それが小野さんの声と演技で中和されていると思うことは、よくありますね。かといって、グリより目立ってしまっては困るみたいなバランスも、さすが小野さん!って感じです。

濁川:青司くんって、何だかんだで人が良くて、女の子慣れしていない、おどおどしている部分があるのですが、そこもすごくうまく出してもらっていますし、良いですよね。イケメン声優なのに、キャーとか言ったりしているのが面白いです。

――茜役の沼倉愛美さんについてはいかがですか? 二面性みたいなところはすごく良いですよね。

濁川:本当に良いですね。あれはたまらない!と思うファンの方も多いんじゃないかな。ヤンデレのときと、普通の可愛いときとの差が、自然というのとは違うけど本当にうまい具合だなと。

宮本:落ち着いたところと、青司くんラブラブのところと、柚に対するところ、3つの顔がなくてはいけないのに、それがすごくうまいなと思いました。

――距離感を大切にしているとおっしゃっていました。ちなみに柚役の長野佑紀さんはまだ新人なんですよね?

濁川:うまいですよね。新人の方と聞いているんですけど、そうは思えないというか。

宮本:思えないですよね。

――セリフもしっかり覚えてきているみたいですよ。柚に求めたところは?

濁川:お嬢様なんですけど、おかしな……。『恋愛暴君』はみんなおかしいんですが、お嬢様のテイストを維持しつつ、おかしいみたいな。あとは視聴者から愛されるところから出ない感じが良いと思ったんですけど、そこがうまいことできていると思います。

宮本:バランス的には、柚ってちょっと前に出なければいけないかなと思っていたんです。茜は少し大人なところがあるし、青司くんは引くほうで、グリは主人公だから別なんですけど。それを考えると、非常にいいバランスだなと。ちょっとキーンとなるところが良いんですよね。

濁川:恐らく原作は相当読まれているんじゃないかと思います。

――最後に樒役の原由実さんはいかがでしたか?

濁川:可愛い感じでキャピキャピしているのに、おっかないことをしている感じが良いんですよね。笑い声が結構好きなんですよ。

宮本:可愛いけど狂っているっていうのがいいですよね。

濁川:ストーリーが動く上で、樒は結構重要になってくるキャラクターなので、今後を楽しみにしていてほしいですね。

――主要5人以外は、青司の妹のあくあなどがいますが、その他のキャラクターが、かなりのベテラン大御所声優の方々が並んでいます。これはどのように決まっていったのですか?

濁川:候補がありまして、こんなすごい人たちの中で選べるんですか!みたいな(笑)。

宮本:音響監督の本山哲さんに感謝ですね。

濁川:選ばせていただいて、まったくイメージ通りだったというか。いい演技をしてもらってありがとうございますというくらいしか、こちらからはないんですけど。神様の大塚芳忠さんも、魔王の子安武人さんもそうですし、コラリもいいし。

――コラリの檜山修之さんは、熱血じゃないほうの檜山さんで。

濁川:そうです、そうです。

宮本:あれはアフレコで吹きましたね。

濁川:たぶん大丈夫なはず……くらいでお願いしたんですけど、面白かった。ストラスの堀内賢雄さんも面白かったし。

――ストラスは、原作だと「○○という目」っていう感じなので、声がない可能性もあるのかなと思ったのですが。

濁川:自分は何かしら声は入れるつもりでした。でも役者さんにやってもらって、本当に良かったと思いました。

宮本:本当に狂っていますからね(笑)。

濁川:本当に皆さん上手い方ばかりで、アメイシャ役の佐藤利奈さんとか。あとティアラの喜多村英梨さんなんかは、誰もが合っていると思ったんじゃないですかね。


監督・プロデューサーの瞳に映った座長・青山吉能とは

――アフレコの現場は、監督がたから見て、どんな雰囲気ですか?

濁川:若手とベテランの方のバランスが取れているのかなと思いながら見ていますけど。

宮本:この業界に20年いて、一番手間の掛からない現場です。何も言うことがない。

濁川:そういえば一話から順調でしたよね。

宮本:ホントに皆さんちゃんとやってきてくださって、すごいなって思いながら楽しんでいます。

濁川:音響監督の本山さんの力もあると思うんですけど、みんな本当に勉強してくれているし。

宮本:良い方々が集まりました。

――座長としての青山さんはいかがですか?

濁川:すごくよくやってくれていると思います。インタビューで、座長としての意気込みを語っていたりするのを読んだことがあって、いろいろなことがあって座長として頑張っているんだなっていうのが分かると、すごく頑張っているな~って思いますね。毎回終わったあとに音響監督のところに来て、指示を受けたりするのも見ているので。

――では最後に、『恋愛暴君』もいよいよ終盤になりますが、クライマックスについて、コメントをいただけますか?

濁川:内容的にはそれぞれの恋愛要素みたいなところ、茜、柚、グリと青司との恋愛の行方みたいなところに樒が絡んできて、どう引っ掻き回すのかみたいな感じになるんですけど、それが最終的にどう収まるのかというところまで盛り上げていけたらなって思います。

9話~10話くらいになるとラブコメ要素が盛り上がってきたりするので、そういったところを楽しみにしていただければと思います。とは言えギャグがなくなるわけではなく、上手くバランスは取れていると思うので、お楽しみにしてください。

宮本:監督がだいたい言ってくれましたけど、グリと茜も、初期の頃にはなかった魅力が加わって、ますます可愛くなっていくので、そこも楽しんでいただければと思います。

[インタビュー・文/塚越淳一]

 
作品概要
■TVアニメ『恋愛暴君』

【放送情報】
2017年4月6日からテレビ東京にて、毎週木曜日深夜2:35~
2017年4月8日から?BSジャパンにて、毎週土曜日深夜0:30~
2017年4月8日からAT-Xにて、毎週土曜日夜11:30~
リピート放送:毎週日曜深夜2:30~/毎週火曜午後3:30~/毎週金曜朝7:30~

【STAFF】
原作:三星めがね(COMICメテオ連載)
監督:濁川 敦
シリーズ構成:高橋ナツコ
キャラクターデザイン:いとうまりこ
総作画監督:谷津美弥子
美術設定:小山真由子 松本浩樹
美術監督:松本浩樹 菊地明子
色彩設計:いわみみか。
音楽: MONACA
音楽制作:DIVEⅡentertainment
音響監督:本山哲
音響制作:HALF H・P STUDIO
編集:近藤勇二(REAL‐T)
撮影監督:岩崎敦
撮影:T2studio
アニメーション制作:EMTスクエアード

【CAST】
グリ: 青山吉能
藍野 青司:小野賢章
緋山 茜: 沼倉愛美
黄蝶ヶ崎 柚:長野佑紀
白峰 樒: 原 由実
ほか

【音楽】
OPテーマ:恋?で愛?で暴君です!/Wake Up, Girls!
EDテーマ:「スキ」を教えて/smileY inc.

>>公式サイト
>>公式Twitter(@boukun_PR)

(C)三星めがね・COMICメテオ/恋愛暴君製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング