アニメ
『ドラえもん』がパワーアップ! 有名原作のエピソードを続々放送

この夏、『ドラえもん』が さらにパワーアップ! 有名原作のエピソードを続々放送! 第1弾は7月28日放送の『夏の1時間SP』

 1979年4月に放送開始して以来、“国民的テレビアニメ”としてますます大人気の『ドラえもん』がこの夏、さらなるパワーアップを果たします! 7月28日(金)の『あの名作が帰ってくる!ドラえもん夏の1時間スペシャル』にて、ファンの間でも名作と語り継がれているストーリー『ぞうとおじさん』と、やんちゃで可愛いミニドラの活躍を描く、『ぼくミニドラえもん』を第1弾として放送。その後は、『天井うらの宇宙戦争』『ロビンソンクルーソーセット』『森は生きている』『おかし牧場』など、人気原作エピソードが続々放送となります!

 さらに、2016年公開の『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』、2014年公開の『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜』で監督を務めた八鍬新之介さんが新監督に就任。2015年公開の『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記』で監督を務めた大杉宜弘氏が、新チーフディレクターとして参加し、『ドラえもん』のさらなる魅力を引き出します!

 今後『ドラえもん』の世界観を十二分に理解し、さらなる魅力を引き出す布陣で制作がおこなわれていきます。大きな刷新としては、背景が水彩調からポスターカラー調へ変更し、より濃厚な描写となる予定しているとのこと。おふたりからのコメントが到着しましたので、あわせてお届けします!

7月28日(金)放送ラインナップは『ぞうとおじいさん』『ぼくミニドラえもん』
◆『ぞうとおじいさん』
『ぞうとおじさん』では、戦争中に殺されてしまったという動物園のゾウ“ハナ夫”を助けるため、タイムマシンに乗り込んだドラえもんとのび太。2人は、ハナ夫を救うことができるのでしょうか……!?  平和の尊さについて、あらためて考えてみてほしい作品です。

◆『ぼくミニドラえもん』
『ぼくミニドラえもん』では、のび太の宿題の手伝いよりも、自分の予定を優先したドラえもんは、自分の代わりに“ミニドラえもん”を託すが、小さいのでなかなか上手くいかず、様々な騒動が巻き起こってしまう……!!

八鍬新之介監督&大杉宜弘チーフディレクターからのコメントが到着!

━━どんな思いで制作に臨んでいますか?

八鍬新之介監督(以下、八鍬):原作のコマとコマの間に埋もれているものを掘り出そうという気持ちで作っています。

大杉宜弘チーフディレクター(以下、大杉):作る人も見る人も楽しくなる作品を作っていきたいと思っています。

━━特にこだわっている点を教えてください!

八鍬:背景に力を入れています。ポスターカラー調にし、ディテールも調整がきくような振れ幅のある背景にしています。ドラマでいうライティングのように、光の演出ができるようにし、感情の機微や心象風景がより丁寧に描けるようになります。全体的に今までよりも難しいことをやろう、ひとつ上の作画をやりたいと思いながら作っています。

大杉:キャラクターの自然なポーズを心がけると共に、笑いに振り切った話ではメリハリをつけた動きを目指すなど、制作にかかわるすべてのスタッフが楽しんで作れるような作品を目指しています。ひと言でいうと、これまでより原画をたくさん書きます! そのため、登場人物たちの動きにメリハリが出ることが考えられます。のび太の部屋なども、より自然な演出ができるよう、演出の幅が広げられるよう、設定に少し手を加えています。テレビシリーズとしてのクオリティーがアップしていくように、丁寧に作っています。

━━視聴者にメッセージを!

八鍬:新しいものを作ります。見たことのない『ドラえもん』になっているはずなので、ぜひご覧ください!

大杉:新たなチャレンジがたくさんありつつ懐かしさも感じられる…そんな『ドラえもん』になっています!

“サマステ”でもドラえもんが大活躍! 最新ARアトラクションや酪農体験も!!
 さらに7月15日(土)からスタートする『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭りSUMMER STATION』でも、『ドラえもん』のアトラクションがますますパワーアップ! いちばんの目玉は、来年3月公開の『映画ドラえもん のび太の宝島』の世界をどこよりも早く味わえる、ARを駆使した最新アトラクション『ドラえもん 宝島アドベンチャー ~ザクザク!AR宝探し』。さらにドラえもんと酪農体験を楽しむことができたり、サマステでしか撮れないドラえもんのフォトスポットも大充実! アニメ&サマステ――この夏、ますます進化を遂げる『ドラえもん』に注目です!

今夜6月23日は、『百年後のフロク』『トゲトローズはご機嫌ななめ』の2本立て!
 今夜6月23日(金)は、『百年後のフロク』『トゲトローズはご機嫌ななめ』の2本を放送。『百年後のフロク』は、未来のコミック雑誌のフロクでのび太たちが遊ぶ、夢いっぱいのストーリーです。オンエアをお楽しみに!

◆『百年後のフロク』あらすじ
 大好きなゴロゴロコミックを読み終わった、のび太(声・大原めぐみ)。ふと、未来のゴロゴロコミックを読んでみたいと思いつき、ドラえもん(水田わさび)に頼んで孫の孫、セワシのゴロゴロコミックを借りてきてもらう。ドラえもんから受け取った未来のゴロゴロコミックはとても小さくて、のび太は拍子抜けする。しかし、表紙を開くと部屋いっぱいに紙面が広がったからビックリ! しかも、絵が動き、音も出る仕組みになっており、その迫力に大興奮する。
 さらに驚いたのが、作ったものが実際に空を飛べるペーパークラフトや、実物大の家が飛び出すハウスセットなど、未来のフロクの素晴らしさ! のび太はその後、ジャイアン(声・木村昴)、スネ夫(声・関智一)、しずか(声・かかずゆみ)と共に、フロクのひとつ“日本一周大旅行ゲーム”で遊ぶことに……!? そのすごろくには、思いもよらない仕掛けがあって……!?

◆『トゲトローズはご機嫌ななめ』
 しずか(声・かかずゆみ)に嫌われてしまったと嘆くのび太(声・大原めぐみ)のため、ドラえもん(声・水田わさび)は、バラのつぼみのようなひみつ道具を取り出す。それは“トゲトローズ”というバラで、とても気難しい気性だが、尽くして花を咲かせると、人間の心のトゲを取ることができるという。のび太はさっそくトゲトローズを育てはじめるが……!?

>>ドラえもんチャンネル
>>『ドラえもん』テレビ朝日公式サイト

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
おすすめタグ
あわせて読みたい

ドラえもんの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集