menu
アニメ
相坂優歌さんインタビュー|『ネト充のススメ』エンディングテーマ「ひかり、ひかり」は、ポジティブもネガティブも込めた“今の気持ち”

相坂優歌さんインタビュー|『ネト充のススメ』エンディングテーマ「ひかり、ひかり」は、ポジティブもネガティブも込めた“今の気持ち”

様々なアニメタイアップ曲を手がける声優・アーティストの相坂優歌さん。

2017年10月より放送中のTVアニメ『ネト充のススメ』では、ライラック役で出演しつつ、エンディングテーマ「ひかり、ひかり」をリリースすることになりました。

相坂さんと言えば、自らが書いた、直球で心にズシリと響く歌詞が特徴的です。

好きを好きと言えない時代、嫌いを嫌いと言えない時代。そんな今だからこそ発信し続ける相坂さんの想いをインタビューで追いかけます。

アニメイトタイムズからのおすすめ
「楽しい」もいいけど「悲しい」も伝えたい
──今回もアニメタイアップの曲となりました。タイアップするときは、どういった心境なんでしょうか?

相坂:タイアップは簡単にやらせていただけることではないので、毎回決まると「よかったー!」と一安心します。


──(笑)。見てる側としてはそんなギリギリな感じはしません。

相坂:本当ですか? 前回のシングルから一年以上経ってしまっていたので、『ネト充のススメ』のお話をいただいたときはうれしかったですね。

ある程度期間が空いたことによって、それが自分の中では充電期間になったなと捉えています。

続けて曲を出していると、それが作業になってしまうのが怖いんです。だから、シンプルにタイアップが決まったらうれしいなという気持ちです。



──日常的に歌を歌っているんですか?

相坂:歌は好きなので、家にいるときは結構歌っています。

ライブやキャラクターソングもありますし、アーティスト活動以外のところでも歌に触れる機会はたくさんありますね。


──先日は生誕祭もありましたし。ファンが増えている印象がありますが、ファンに言われて嬉しいことはなんですか?

相坂:「歌が好きです」と言われるのがシンプルに嬉しいですね。あとは、ラジオなどで発言している言葉に「共感しました」と伝えてもらえることです。

私が私として話しているというよりは、アーティストとしてなにか発信できたらいいなと思ってラジオに挑んでいて、みなさんに共感してもらえることは、発信してよかったなと感じてうれしく思います。

特に「感動を与える」とか大それたことは考えていないんですけどね。

でも、「マイナスな感情にも目を背けずに受け入れる」ことをモットーにやっているので、「救われています」と言っていただけたらやっててよかったなと思います。

ネガティブな言葉は敬遠されがちというか、タブーな印象がありますけど、私はそういう言葉も大事にしていきたいんです。

それに救われている人がいるなら、今後もそういった言葉も大切にして行きたいなと。



──今回の「Look back」の「誰かと同じでは 居る意味がないんだよ」のようにネガティブにも捉えられる歌詞は、そういう意味があったんですね。

相坂:そうですね。難しいんですけどね、ネガティブな言葉も全部発していくって。

捉えようによっては、私が生きていて楽しくないのかなと思われるかもしれません。でも、私は楽しく日々を過ごしています。

生きていれば悲しいこと、辛いことも絶対にありますよね。「楽しい」もいいけど「悲しい」も伝えたいと思っています。


──そして、アーティストデビューから1年が経ちます。これまで、何か変化はありましたか?

相坂:やりたいことをやらせてもらっているなと思います。

声優・相坂優歌だけで伝えられることには限界があると思うんです。

生放送やラジオにはよく出演させてもらっていたんですが、役柄や作品などを通しての発信が多かったので、アーティストという側面から、普段の相坂優歌が思っていることをより濃く放出できている気がしています。

スタッフの皆さんが、優しさを大事にしながら、アーティストの意向をしっかり汲んでくれて、感謝ですね。


──人運がいいとおっしゃっていましたよね。

相坂:本当にそうですね。全然嫌な人に会ったりせず、ここまでやってこれたなと思います。

楽曲制作では、意見を交わし合ったりすることはもちろんあるんですけど、それはいいものを作り上げていきたいからという思いがお互いにあって、いいものを作るために意見を話し合える人が多くて楽しいですね。

命を吸い取られてもいい……!
──では、ここからは楽曲の話を。まずは「ひかり、ひかり」です。



相坂:私がリスペクトしている、クリープハイプの尾崎世界観さんに作ってもらった曲なので、「どれだけ難しかろうと歌えるだけで幸せ」という気持ちでやらせていただきました。曲を聴いたら、とても歌いやすくて。

アニメのエンディングに使われている音源は、最初にワンコーラスだけを録ったものなんです。

私の場合はフルコーラスの歌詞を見て「こうやって歌おう」と決めるので、アニメのエンディングのワンコーラスだけじゃなく、フルコーラスも皆さんに聴いてほしいですね。

フルコーラスのレコーディングでは自由に歌わせてもらっていて、尾崎さんからは「いい感じだと思います」と言っていただけたので、よかったなと。


──アニメのエンディングのワンコーラスとフルコーラスではかなり曲が変わっているんですか?

相坂:すごく変わっています。演奏も違うし、歌い方も違うし。

でも、一見すると全然変わってないようにも感じると思うんですけど……。歌った本人からしてみると全然違ったものになった印象があります。



──ちなみにどんなところが?

相坂:最初のレコーディングでは尾崎さんから「だるそうに歌ってください」というディレクションがあったんです。

「だるそう」っていうイメージは、尾崎さんらしいところでもあるので、真似になっちゃいけないなと思って。どうやったら尾崎さんの言う「だるそう」になるのか、最初は苦労しました。

出来上がったワンコーラスを聴くと、考えているなというのが分かりますね。フルは自分の中でのだるそう感を出せた気がします。


──両方を聴いて、聴き比べができるわけですね。

相坂:そうですね。ワンコーラスの荒削りなところも逆に今となってはいいと思っているし、そっちのほうが好きだと思ってくれる人もいるだろうなと思うんです。

よりアニメにあっているのはワンコーラス。声の色が違っていて、フルコーラスのほうが落ち着いている気がします。

どちらも好きになってくれたらうれしいです。


──やはり、こういったロックナンバーがお好きなんですか?

相坂:好きですね、大好きです。ロックが好きですね、やっぱり。

そもそもクリープハイプさんが好きだったんですけど、いわゆるロキノン系と言いますか、そういうのは昔から聴いていました。BUMP OF CHICKENも好きでした。



──尾崎世界観さんという著名な方に曲を作ってもらうというのは、それなりのプレッシャーがあったと思いますが。

相坂:好きすぎてプレッシャーというよりは、「神よ、ありがとう」と。


──(笑)。

相坂:奇跡だと思いましたね。プレッシャーがないわけじゃないんですけど、「どうしよう?」といった感じではなく、この奇跡を噛みしめたいなという気持ちでした。

なかなか叶う夢じゃないので、もう悔いはないなといった感じなんです(笑)。


──まだまだ!(笑)

相坂:もちろんまだまだこれからですけど(笑)。

明日、神に「もうお前、気が済んだだろう」と言って命を吸い取られてこの身が消えたとしても、「もういいか」という気持ちにはなりましたね。尾崎さんの曲だと報告を受けたときは特に(笑)。


──(笑)。だからこそ悩んだし、全力で取り組めたということなんですね。

相坂:そうです。「ひかり、ひかり」は『ネト充のススメ』のエンディングテーマに使っていただくので、作品の世界観を大切にしました。

エンディングなんだけどしっとりはせず、爽快感がある感じでアニメを見終われたらいいかな、という希望は出させていただいてます。

クリープハイプさんの「大丈夫」という曲があるんですけど、「大丈夫」という言葉も好きなんです。

なので、「大丈夫」という言葉を入れていただけたらうれしいなと伝えたら、取り入れていただけたので、感無量でございます。


──それは羨ましい! MVもかっこよかったですね。

相坂:ありがとうございます。「点けた画面に」「消した画面に」という歌詞があるので、モニターは大事な要素かなと思って並べていただきました。

「白い部屋だけど明るくはなくて、薄暗い部屋で寂しげに佇みたい」という希望も聞いていただけて、自分の中ではすごく納得していますね。



──曲に共感したりする部分はあるんですか?

相坂:あります! 特に2番の「どうしていつも言えないんだろう」という歌詞が出来上がったときは「これだよ、これ!」みたいな(笑)。

現代人っぽくって良いなと思うんですよ、そういう素直になれない不器用なもの。「繋がっててもなんか不安で」というのは現代人っぽいですよね。

ずっと片手にスマホを持ってて、繋がっている意識を持ちたいんだけど、いくら繋がってても不安が拭えないからスマホを置けないみたいな。

そういうのが本当に分かるような、いい歌詞だなと思いますね。

『ネト充のススメ』の主人公・盛岡森子は「30歳脱サラニート」で、そのワードだけ聞くと絶望的だなと感じたりすると思うんです。

でも、森子は絶望の中に希望を見出して生きていて、その希望がたまたまネトゲであっただけ。一部の光を信じて生きているみたいな感じがあるのかなと思ったんです。

それってすごく素敵なことで、「ひかり、ひかり」はとても前向きソングだなと思っています。

一見ネガティブな言葉を強く表現する理由
──続いては「Look back」です。こちらは今回も作詞されていますね。



相坂:作詞させていただきました。


──作詞っていつもどうやって書いているんですか?

相坂:いつもうなりながら書いています(笑)。

2ndシングルのカップリングは詞が先だったので、鴇沢直さんに後から曲をつけていただきました。

1stと3rdは曲を先にいただいて、それに添って私が詞を書くスタイルだったので「どうしようかな?」と思いました。

1stと2ndは恋愛要素があったから、3rdのカップリングは恋愛でななく、もっと違う方向で書こうと決めていました。

詞を書くときは、「Aメロ書きます」「次はBメロ書きます」みたいにスムーズに進めるのはなかなか難しくて、先に入れたい言葉を選んでいきます。

順当にAメロ、Bメロ、サビといった感じには書かずに、ツギハギで書いていったり。「この音にはこの言葉がはまるな」みたいなのがなんとなくあるけど、サビはずっと出来上がらなかったりして。


──なるほど。大変そうですね……。

相坂:そういうなかでも、2サビはすぐできたり……みたいなこともあったりして。

結構バラバラに書いていった感じですね。パズルみたいに組み立てていく感じです。

言いたいことは最初から決まっていたんですけど、音にはあてまらなくて気持ちよくないと感じて、その音にあてはまる言葉をなんとか探し出す感じでしたね。

伝えたいことはあったんですけど、言いたいことがサビにあてはまらなくて、違うところに持っていったりしました。

【主題歌】TV アクティヴレイド 機動強襲室第八係 ED「透明な夜空」/相坂優歌 通常盤
【アニメイトオンライン】【主題歌】TV アクティヴレイド 機動強襲室第八係 ED「透明な夜空」/相坂優歌 通常盤


──作詞作業は楽しいですか?

相坂:産みの苦しみがありますね(笑)。出来上がったものを見てみると、いいなと思うんですけど、出来上がるまでが辛いです。

「こうじゃないんだよな」「もっと面白い歌詞をあてはめられないんだろうか」とか苦しい思いも結構あります。

完成した作品は、自分の子はかわいいと言うか、「言いたいことが言えたな」っていう気持ちになれますね。


──この曲の歌詞は、胸に刺さるなと思っていました。

相坂:本当ですか? うれしい。


──ストレートな言葉が多いですが、なぜこういった言葉を選んだんですか?

相坂:そこは意識しました。

「本音」と書いて「ことば」と読ませているんですけど、「本音を言いたい」「正直に生きたい」みたいな歌詞もあって、言葉で飾るのは違うかなと思ったんです。

ストレートな言葉遣いができればなと思っていました。

2ndのカップリングは「薄く染まる夜の街に月がぽやんと出ている」、そんな幻想的なイメージで作っていたんですけど、今回は現実だけ突きつける、そういう歌詞にしたいなと思っていたので、こういう形になりましたね。

【主題歌】TV アクティヴレイド 機動強襲室第八係 2nd OP「セルリアンスカッシュ」/相坂優歌 通常盤
【アニメイトオンライン】【主題歌】TV アクティヴレイド 機動強襲室第八係 2nd OP「セルリアンスカッシュ」/相坂優歌 通常盤


──相坂さんの曲は、「傷つく」という歌詞がよく出てきます。繊細なものがありつつ、ヤンデレや中二病のようなテイストも入っているのかなと勝手に思っていました。

相坂:そういうふうに感じ取っていただける人もいると思うんですけど、私としては嘘をつかないで思うことを素直に書いた気持ちがこれなんです。

ヤンデレとか中二病と感じるのは、言葉が強いからだと思います。

ネガティブな言葉を強く表現することって、そういうふうに捉えられがちだと思うんですけど、真面目に生きている人ほど傷つきながら生きているんじゃないかなと感じています。

それは普通のことで、「死んだ分生きやすくなる時代」っていうのもそうです。だから、自分の気持ちに素直で正直な言葉遣いをしている人と接すると傷つくことが多いんですよ。


──そうですね。

相坂:だから、「嘘ついていたほうが生きやすいよね」みたいな。

自分の心を押し殺したほうが生きやすい時代を「死んだ分生きやすくなる時代」だと表現したんです。

言葉が強いからそういうふうに思われてしまうかもしれませんが、普通のことを言っているだけなんですよ。

そうじゃないと社会って歩いて行けないときがじゃないですか。絶対必要な嘘ってあると思いますし、そうでないと円滑に進まないことってありますよね。

みんながみんな自分の思うことだけを言って生きてきたら、それはやっぱりうまくいかないと思うんです。

それって当たり前で、だから「死んだ分生きやすくなる時代」というのは当たり前だよ、というのをサラッと綴っただけなんです。


──それは大人になるとだんだんわかってくるなと感じます。

相坂:大人になるにつれてね。正直に生きるってなかなか難しくなってきますよね。

作詞することによって、普段言えないことが伝えられている
──「ひかり、ひかり」も「Look back」も、個々で捉え方が違ってくる面白い曲ですね。

相坂:そうですね。捉え方はその人次第です。

以前までは、皆さんの曲に対する考え方を聞いて「そう捉えるんだな~」と思っていた時期もあったんですけど、最近はそうやって個々の思いで楽しんでもらえるのもいいなと思えるようになりました。

楽しみ方というのはその人次第ですからね。でも、こうやって解説できる機会はありがたいです。

好きに捉えてもらって、そのどのように捉えたかっていう意見も聞きたいんです。でも、私は「でもこれはね」って解説したくもなっちゃいますね(笑)。


──(笑)。そういうところも歌詞に出ているんだなっていうのが分かります。

相坂:真面目なんですよね(笑)。

こういうことって、歌詞じゃないと言えないなと思うんです。アーティスト活動をすることによって、より相坂優歌として言いたいことが発信できています。

作詞することによって、普段言えないことを言えているかなと。でも、苦しいですけどね、作詞しているときは。


──作詞を経て、いつもどんなことを考えて歌ってますか?

相坂:歌を歌っているときは、その歌の主人公に憑依したいなと思っているんです。

「Look back」も自分自身ではなく、その歌の主人公に憑依して歌っています。。

ポジティブな曲もネガティブな曲も、その世界に憑依して、歌詞を大事に発するようにしていいます。世界をぼやかさず、曲を生きるという気持ちです。

歌詞にはストーリーがあって、5分という時間の中でどれだけその曲を生きることができるかを意識して歌っています。



──今のお答えに近いところで、「自分にしかできないことを突き詰めていきたい」と、過去のインタビューでおっしゃっていました。その答えは見つかりましたか?

相坂:私は常に自分にしかできないことを模索しています。

「Look back」の歌詞を見ていただけるとわかると思いますが、こういう言葉をつづったり、発信したりする機会はあまりないと思います。

自分のバースデーイベントのタイトルを「生まれたときからみんなひとりぼっち仲間」にしたんですけど、そういうのも普通はしませんよね。

そういうことをやっていくことが、自分にしかできないことなのかなと思っています。

でも、どれもマイナスな気持ちでやっているわけではありません。

「生まれたときからひとりぼっち仲間」で言えば、別に「ぼっちだよね、俺ら」って同意を求めているわけではないんです。

みんな生まれたときはひとりぼっちで、二つであることはありえない。最初からひとりぼっちだから寂しい想いをすることはないし、みんな同じだからみんな仲間だよねってことを伝えたかったんです。

一見すると後ろ向きだけど、前向きな気持ちになれるようなことを発信していくのって、なかなかみんなやってないことだと思うので、ちょっと糸口は見つけた気持ちではあります。


──人がやっていないことをやるのは楽しそうですね。

相坂:楽しいですね。でも、すごく悩むんですよ。

言葉も選ぶし、悩むんですけど、できる限り言葉を変えたくないんです。

正直な気持ちの動きとかポジティブもネガティブも味方につけて表現していけたらいいなと思っています。


──みんなの気持ちの代弁者になってくれそうな気がします。

相坂:似たような人はいっぱいいると思うんですよ。ただそれを表現していないだけで。悲しい思いをしない人なんていませんから。


[インタビュー/石橋悠]

【主題歌】TV ネト充のススメ ED「ひかり、ひかり」/相坂優歌 初回限定盤
【アニメイトオンライン】【主題歌】TV ネト充のススメ ED「ひかり、ひかり」/相坂優歌 初回限定盤


TVアニメ「ネト充のススメ」OP&ED スペシャルイベント~ミニライブ&特典会~開催決定!!
日時:2017年11月18日(土)14:00~神奈川:ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場
出演:中島 愛、相坂優歌
詳しくはフライングドッグ相坂優歌HPをご覧ください。

楽曲情報
TVアニメ『ネト充のススメ』エンディングテーマ
「ひかり、ひかり」
11.8 Release

タイトル:「ひかり、ひかり」
発売日:11月8日
品番:VTZL-137(初回盤) VTCL-35262(通常版)
価格:¥1,900+tax(初回盤) ¥1,300+tax(通常版)※初回盤には「ひかり、ひかり」を収録したDVD付き。
収録曲:
01.ひかり、ひかり 作詞・作曲:尾崎世界観
02.Look back 作詞:相坂優歌 作曲・編曲:鴇沢直
03.ひかり、ひかり-Instrumental-
O4. Look back -Instrumental-

発売:フライングドッグ
販売:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

☆アニメイト、ゲーマーズでシングルリリース記念のインストアイベント開催!!
11.10(金)19:30 AKIHABARAゲーマーズ本店
(ミニライブ&ポスターお渡し会)
11.11(土)14:00 アニメイト名古屋(第3太閤ビル)
(ミニライブ&握手会)
11.12(日)17:00 アニメイト大阪日本橋(animate O.N.SQUARE HALL)
(ミニライブ&ポスターお渡し会)
11.19(日)14:00 アニメイト新宿B2F animate hall SHINJUKU
(ミニライブ&握手会)
11.23(祝木)時14:00 ゲーマーズ仙台店
(サイン会)


>>相坂優歌アーティスト情報
>>相坂優歌 公式Twitter

TVアニメ『ネト充のススメ』作品情報


■放送情報
TOKYO MX1:毎週月曜25:40~
読売テレビ:毎週月曜26:29~
TOKYO MX2:毎週木曜25:05~(再放送)

AT-X にて放送決定!!
10月10日(火)20:00~スタート
毎週(火)20:00~20:30
※リピート放送:毎週(木)12:00/毎週(土)28:00

■イントロダクション
盛岡森子(♀)、30歳独身ニート。現実(リアル)世界からドロップアウトしました。安息の地を求め、たどり着いた先は-----ネット世界!!

「世の中クソだな」

脱サラニートとなった”盛岡森子(もりおかもりこ)”は、充実した生活を求めてネットの世界へと旅立った!たどり着いた場所は、ネットゲーム----通称“ネトゲ”。ネトゲ世界では、サラサラヘアーの爽やかイケメン”林(はやし)”として新たな生活をはじめた森子。初心者丸出しで死にまくっていたところ、可憐な少女“リリィ”が救いの手を差し伸べる。

「天使だコレーーーーッ!!!!」

リリィとの出会いをきっかけに信頼する仲間もでき、充実していくネトゲ生活。そんな中、リアル世界では、謎の金髪碧眼・イケメンエリート会社員の”桜井優太(さくらいゆうた)” と衝撃的な出会いを果たす。彼との出会いで変わり始める現実世界、その影響はネトゲにも!?
果たして森子の“ネト充”生活はどうなってしまうのか!!

ホンモノの“充実”を求めて--------

ネットとリアルが交差する世界に、君もログイン!

■STAFF
原作:黒曜燐(comico)
監督:柳沼和良
副監督:傳 沙織
シリーズ構成:ふでやすかずゆき
キャラクターデザイン:海島千本
衣装デザイン:めばち
プロップデザイン:今橋明日菜 
色彩設計:田中美穂
美術監督:保木いずみ
撮影監督:安西良行
編集:本田優規
音響監督:郷田ほづみ
音楽:コーニッシュ
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:SIGNAL.MD

■CAST
盛岡森子:能登麻美子
桜井優太:櫻井孝宏
林:鈴木崚汰
リリィ:上田麗奈
小岩井 誉:前野智昭
藤本和臣:寺島拓篤
カンベ:中村悠一
ライラック:相坂優歌
ぽこたろう:寸石和弘
ヒメラルダ:八木隆典

>>TVアニメ『ネト充のススメ』公式サイト
>>TVアニメ『ネト充のススメ』公式ツイッター(@netoju_anime)
おすすめタグ
あわせて読みたい

ネト充のススメの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧