アニメ
アイドルマスター SideM『315! deアイマSHOW!』第9回レポート

【独占】アイドルマスター SideM『315! deアイマSHOW!』レポート!第9回ゲスト:S.E.M 硲道夫役・伊東健人さん

TVアニメ『アイドルマスター SideM』の放送開始を記念したスペシャルイベント『315! deアイマSHOW!』が2017年10月11日より毎週水曜日に3ヶ月連続で開催! TVアニメ『アイドルマスター SideM』の魅力をDRAMATIC STARS天道輝役の仲村宗悟さんと毎回登場するスペシャルゲストがお届けします。

アニメイトタイムズではこのイベントの模様を独占レポート! 今回はS.E.M 硲道夫役の伊東健人さんが出演した第9回の模様をレポートします。

 
仲村さん&伊東さんが北斗の「おいでエンジェルちゃん!」を再現
イベントはTVアニメ第9話『Over AGAIN…』の振り返り上映からスタート。315プロダクションのメンバーにとって、先輩アイドルであり仲間であるJupiter。そんなJupiterが、先輩としてメンバーをフォローし個々の仕事にも励みながらも、315プロダクションでさらなる高みを目指そうと決めたきっかけ、11月にBlu-ray&DVDが発売されたばかりのTVアニメ本編の前日譚「THE IDOLM@STER Prologue SideM-Episode of Jupiter-」で描かれなかったシーン、そしてその先の未来が描かれる回でした。

仲村さん&伊東さんは、315プロダクションのメンバーに先輩としてレッスンを付けるJupiterの姿が映る度に「やっぱりJupiterは格好いいよね」と感激の思いを吐露。Jupiterのダンス練習シーンでは「いいシーンだよね」(仲村さん)、「BGMが反則だよ……」(伊東さん)としみじみとJupiterの姿を見守ります。

視聴後に感想を求められた伊東さんは、「もう……語りつくせないですよね」と感無量な気持ちをあらわに。S.E.Mの3人と伊集院北斗(CV:神原大地さん)がお鍋を囲むシーンでは、山下次郎(CV:中島ヨシキさん)が作ったと思われるもつ鍋に「あんなの家で作れないですよね」と次郎の料理を絶賛!

さらに、お酒に酔ったS.E.Mが寝ぼけているシーンでの「うむ」というセリフは、このシリーズで唯一、道夫のアドリブシーンだったそう。道夫はアドリブを入れるシーンが他にないらしく、他にはない道夫の姿を出せたシーンであることを明かしてくれました。

お気に入りのシーンを尋ねられると、北斗の真似をするピエール(CV:堀江瞬さん)は外せないという伊東さんに仲村さんも「分かる」と共感します。そして、プロデューサーからの”そのシーンを観たい!”という声に答えて、仲村さんは輝として北斗のセリフ「おいでエンジェルちゃん! 抱きしめてあげるよ!」を再現!

続けて伊東さんが道夫として再現すると、仲村さんは「抱きしめてくれ!」と伊東さんに駆け寄るも難なくいなされてしまうのでした。

道夫とS.E.Mについてのトークでは、「S.E.Mは年上ポジションであるがゆえの言葉の重さを今後も楽しみにしていただけると思います」と伊東さん。S.E.Mのメイン回である第5話『先生よ、大志を抱け!』を振り返ると、「山下次郎の最後のセリフがとても好きです」と切り出し、「声優を始めたのが遅めだったから、”遅すぎることはない”というセリフは染みました」と自信にも重なるセリフだったことを明かします。

また、この次郎のセリフが年上に向けたものであったことに触れると、「硲先生は年下に向けての言葉が多くて、多分、彼は年上に向けた言葉を思っていたとしても言えないタイプだと思うんです。だから、年上に向けた言葉は次郎の役目なんだと思います」とS.E.Mというユニット間の信頼を語ります。これを受けた仲村さんは「類もまた別の年代に向けてのセリフがあって、3人のバランスが良いよね」とS.E.Mだからこそ出せる色、言葉を絶賛しました。

さらに、次郎がS.E.Mとプロデューサーとの関係をおかゆで例えたシーンは「次郎だから言える言葉」だと語った伊東さん。「S.E.Mは他のユニットと違ってちょっとダサイこともできるのが良い」と語ると、仲村さんは「そのダサさが格好いいに転じることが多いのが良いよね!」と2人でS.E.Mの魅力を語り合うと、「直球で格好いいユニットはJupiterです!」と今回のJupiterの魅力を語る場面もありました。

振り返り上映後には、仲村さんが第10話『sunset of youth』のタイトルを「夕方のお前」と和訳し、伊東さんが手書きで”of”の文法を説明する場面も。伊東さんの熱心な解説に、会場のプロデューサーからは「先生~!」と歓声が飛び交いました。

 
「大丈夫、何とかなる!」伊東さんが受験生へエールの言葉を届ける
プロデューサーからのお手紙を読み上げる『お手紙読みまSHOW』のコーナーでは、受験生からの”エールがほしい”というメッセージに、伊東さんは「硲さんの言葉には全然届かないけれど……気楽に考えればいいと思います。落ちたところで人生は好転することはあるし、大したイベントじゃない。大丈夫、何とかなる!」と真摯な言葉を送ってくれました。

「ユニットメンバーの好きなところを教えてください」という質問に対し、仲村さんは、「2人の好きなところはたくさんあるからそのうちの一つだけど!」と前置きすると、「(内田)雄馬はよく食べるところが可愛いんだよ。(八代)拓は照れ屋さんなんだけど、俺のことを尊敬してくれているところかな」と好きなポイントを明かし、本当は3時間くらい好きなところを喋り続けられると熱弁しました。

続く伊東さんは、S.E.Mの3人でカレーを食べに行った際に食べ終わるとすぐに「お疲れ!」と解散したというエピソードを語ると、「S.E.Mの3人はフラットな関係がとても良い。それはこの数年変わらないもの」と飾らない関係性を明かします。

また、榎木さんが舞田類のセリフは毎回英語の読み方を調べてアフレコに挑んでいる真面目な姿勢、昨年のニコニコ超会議のステージ後に1人でダンスレッスンに向かっていったときの榎木さんの背中が「とても好き」と信頼しているそう。そして、中島さんの好きなところについては「たまに車で送ってくれるところですかね!」と笑顔で語った伊東さんでした。

『満足度!ラマチックスターズ』のコーナーでは、今週も「アイドルマスター SideM 315! STATION AKIHABARA」で提供されているフード&ドリンクを食レポ! 仲村さんは「アイドルもラーメン屋も、お客さんに喜んでもらえるのが一番ッス!」、伊東さんは「Wの応援お弁当バスケット」を試食し、☆5段階で評価しました。

イベントの最後には、”メンバーの好きなところ”のトークを振替り、「さっきは言わなかったけれど、ヨシキがいることで僕が何も考えなくてよくなるところ(が好き)。年下でも信頼できる」と伊東さん。続けて「宗悟と一緒の時もそうだよ」と思いを届けると、仲村さんは「わ~お!」と嬉しそうな笑顔を浮かべると、「そんな仲間と一緒に仕事できるのは皆さんのおかげです。いつもありがとう」とプロデューサーへ感謝の気持ちを述べました。

次回、第10回『315! deアイマSHOW!』は12月13日(水)に開催されます。アニメイトタイムズでは今後ともレポートを行う予定なのでお楽しみに!

●12月27日「315! de アイマSHOW!」はアニON STATION AKIHABARA本店から生中継!
毎週水曜夜に開催中の振り返り上映会&トークイベント「315! de アイマSHOW!」。12月27日(水)は、その模様を会場から生中継いたします!出演はパーソナリティを務める仲村宗悟(天道輝役)に加え、スペシャルゲストとして、Beitピエール役の堀江瞬と S.E.M硲道夫役の伊東健人が登場!通常の「315! de アイマSHOW!」の内容に加え、「アイドルマスター SideM」の最新情報をお届けします!

日時:12月27日(水)20:00~21:00
出演:仲村宗悟(天道輝役)、堀江瞬(ピエール役)、伊東健人(硲道夫役)
※ニコニコ生放送番組ページはこちら
http://live.nicovideo.jp/gate/lv309064170

>>「アイドルマスター SideM 315!STATION AKIHABARA」

[取材・文・撮影/河内香奈子]

(C)BNEI/PROJECT SideM
おすすめタグ
あわせて読みたい

アイドルマスター SideMの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集