アニメ
『怪獣娘』2期、声優・飯田里穂&松田利冴インタビュー

ファンの想いで第2期がついに始動! 飯田里穂さん&松田利冴さんが語る『怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~』インタビュー

『ウルトラマン』シリーズの怪獣を、人気絵師が擬人化するプロジェクト『ウルトラ怪獣擬人化計画』。コミックやノベルなど様々な計画が進行中の本作ですが、この度、ショートアニメ『怪獣娘(かいじゅうがーるず)~ウルトラ怪獣擬人化計画~』の第2期が、2018年1月から放送することが決定しました!

第1期から主役として愛されてきたアギラ(CV:飯田里穂さん)はそのままに、ガッツ星人(CV:松田利冴さん)を始めとする新たな怪獣娘が加わり、ますますヒートアップ! 第2期では、最新のウルトラマンシリーズを見始めた人にも楽しめる要素がいっぱいということで、全てのウルトラマンファンが楽しめるようになっているそうです。

そしてこの度、第2期最初のアフレコを終えたばかりのアギラ役の飯田里穂さん、ガッツ星人役の松田利冴さんにインタビューを実施! 自身が演じるキャラクターについてはもちろん、アフレコの裏話もお伺いしました。

『怪獣娘』の現場は和気藹々ところによりお菓子おじさん出没?
――ウルトラマンフェスティバル(以下、ウルフェス)で『怪獣娘(かいじゅうがーるず)~ウルトラ怪獣擬人化計画~』(以下、怪獣娘)の第2期の発表(註1)がされて、今現在アフレコが始まりましたけれども、アフレコの感想を聞かせていただければと思います。

(註1)詳しいレポートはこちらです。

飯田さん、遠藤さん、湯浅さんが登壇!『怪獣娘』トークイベントレポ


飯田里穂さん(以下、飯田):『怪獣娘』の第1期もたくさんの共演者さんやスタッフさんとお仕事をさせていただいたので、第2期でまたみんなとご一緒できることを凄く楽しみにしています。

松田利冴さん(以下、松田):私が演じるガッツ星人は第2期からの登場だったのですが、本当に暖かな現場だなという印象を抱きました。

飯田:うん、本当に!

松田:スタッフさんや監督さん、音響監督さんやキャスト陣、みんな仲がいいんですよ!

飯田:本当にすごくいいですよね~、大好き!

松田:最初に「ガッツ星人に決まりました!」ということでニコ生(ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ&怪獣娘 コラボ生放送)に芦名みのる監督(註2)と出演させていただいた時からスタッフの皆さん仲がいいなと思っていたのですが……。現場でキャストの皆さんともいい空気が出来上がっているなと感じ、嬉しかったです。

註2:獣医兼アニメ監督の異業種コラボをご自身で実現している珍しいキャリアのアニメ監督。詳しいお話はこちら。

獣医兼アニメ監督の「芦名みのる氏」に、半生を聞いてきた!


飯田:今のところ芦名監督は現場で毎回お菓子配っています(笑)。

一同:爆笑。

飯田:「お菓子おじさんからのお土産です」と言って毎回配ってました。1回目がおせんべいで、今日は干し芋でした!

松田:しかも結構でかいやつです!

アギラの成長した姿に飯田さんも感動
――おふたりが演じるキャラクターの役どころや立ち位置を教えてください。まずは飯田さんからお伺いしますが、変わらずアギラは主人公ポジションなのでしょうか?

飯田:そうですね、相変わらず真ん中にいさせていただいているのですが、取り巻く環境は変わりましたね。ガッツ(ガッツ星人)とかの新しい娘と絡むようになりました。今まではウインちゃん(正式名「ウインダム」、CV:遠藤ゆりか)やミクちゃん(正式名「ミクラス」、CV:鈴木愛奈)と一緒だったんですけど、それぞれみんなが成長したので新たな新天地でアギちゃん(アギラ)がちゃんとコミュ力保って頑張っています!

▲アギラ(CV:飯田里穂)

▲アギラ(CV:飯田里穂)

▲ウインダム(CV:遠藤ゆりか)

▲ウインダム(CV:遠藤ゆりか)

▲ミクラス(CV:鈴木愛奈)

▲ミクラス(CV:鈴木愛奈)

――おお、成長していますね!

飯田:アギちゃんは気が合うのかガッツのことが凄く好きみたいです!

――第1期の最終回で、GIRLSの建物の前で不安そうにしている怪獣娘をアギちゃん達が先輩らしく導いていたじゃないですか? あれ凄く終わり方として余韻があっていいなと思っていたんですけど、第2期でもそこが生かされているなんてなんだか嬉しいですね。

飯田:そうなんです! ちゃんと先輩らしくなっているんですよ、1話の冒頭でアギちゃんが電話の受け答えちゃんとしていたりとか!

――本当に成長していますね! 逆に松田さんが演じるガッツ星人は第2期からの登場ですが立ち位置的にはどのような感じなのでしょうか?

松田:立ち位置的にはアギラと積極的に絡ませていただいている感じですね。最初は「あまり空気を読まない感じなのかな?」というぐらいグイグイ前に出て行くキャラではあります。

結構心情も描いていただけるシーンがあるので見ていくうちに立ち位置が変わっていくのかなと思います。そこも皆さんに見ていただけたら嬉しいです。

▲ガッツ星人(CV:松田利冴)

▲ガッツ星人(CV:松田利冴)

――ガッツ星人の性格はどういった感じなのでしょうか?

松田:人前に出た時には1番目立つ振る舞いをする怪獣娘ですね。それこそガッツ星人は「いかなる戦いにも負けたことのない無敵のガッツ星人」ということで基本負けないです! ずっと勝っているんですけど、それゆえ「勝たなきゃ勝たなきゃ」と思っている節があるのかなと感じます。

――キャラクターを演じる上で気をつけたところはありますか?

飯田:アギちゃんは成長したといえどベースは変わらずということだったので、「無」に近いですね。爆発的に泣いたり笑ったりっていうことが無いので、アフレコの時も抑えるということに徹しながら演じさせていただきました。

――第1期で芦名監督から「もっと(感情を)なくして!」と言われていたみたいですが。

飯田:言われました、今回も! 第2期だし成長したし「ちょっといけるかな?」と思って挑戦してみたら芦名監督から「いや、違う」って言われて「ですよねー!」ってなりました。

――だまされませんでしたねー。

飯田:だませませんでした(笑)。すぐやりたくなってしまうので! でもでも、そんなアギちゃんの周りに人が集まってくるっていうのは素晴らしいことだと思いますし、可愛いところだと思います。

――松田さんは第2期からの参加ですが演じる上で気をつけたところはありますか?

松田:私はハキハキ喋ることと、女性の中では低い声を出していこうと心掛けました。なるべく第1期から参加している怪獣娘の音と被らないように気をつけましたね。

――飯田さんと同じように芦名監督からは何かディレクションはありましたか?

松田:芦名監督からは”ワーカーホリック(仕事中毒)”感を出すことと、声が低い女性を意識するというこの2点をディレクションしていただきました。

――やはり低めがキーワードなんですね。

松田:そうですね、男の子っぽくないカッコイイ女性を意識して演じました。

――飯田さんにお聞きしたいのですが、第1期と第2期の明確な違いというのはありますか?

飯田:実はあるんです! 第1期では周りで起こる出来事にアギちゃんが付いていくっていう感じだったんですけど、第2期ではがっつりと感情をセリフにしていて、自分の考えたことを行動に移しているんです! ゼットンさんからも「あなた変わったわね」って言われるくらい変わります!

▲ゼットン(CV:加藤英美里)

▲ゼットン(CV:加藤英美里)

――ずっと見てきたファンからすると嬉しくなりますね!

飯田:ちゃんと考えて行動できるようになりました。……当たり前なんですけどね(笑)。でもアギちゃんにとっては難しかったことだったので、そこから一歩を踏み出せました!

特撮&ガッツ星人好きの松田さんアフレコでの驚きを語る
――松田さんは特撮好きというお話を聞いたのですが、最初に『怪獣娘』のお話を伺ったときの感想はいかがでしたか?

松田:「特撮が好き」ということを公言していますと、色々な方から「こういう作品が新しく始まりますよ」と情報をいただけるので、『怪獣娘』のことも知っていました。いざ本作に関わらせて頂くことになったとき、個人的にも好きなガッツ星人に決まって、びっくりしたと同時に「ありがてぇ、ありがてぇ」と思いましたね(笑)。

――それだけ特撮が好きだとギャップに戸惑いとかはありませんでしたか?

松田:最初は無かったんですが、いざアフレコをする際にキャラの見た目とか、漫画での性格とアニメが全然違うと知った時にはびっくりしました。「あ、ガッツ星人こういう感じなの!?」と。なのでファンの方もびっくりするんじゃないかと思います。

――今年行われたウルフェスで登場したガッツ星人の腕が震えていて、あれを『怪獣娘』ではどうやって表現するんだろう? という話で盛り上がりましたが……。

飯田:可愛く仕上がっています。

松田:震えてもなく、前にならえ感も全然無いです。普通の女の子してます(笑)。でも、攻撃の際は手を前に出したりするシーンはあるので、ガッツ星人感は伝わるんじゃないかなと思います!

――ご自身が演じているキャラの好きなところはどこでしょうか?

飯田:口数は少ないけれど人の気持ちに気づけているっていうところですね、自分の考えも持っていますし。先ほど話にもありましたが、ガッツがワーカーホリック(仕事中毒)気味であることにもちゃんと気づけているんです。いいタイミングでガッツにフォローを入れられるところに可愛さを感じますね。

松田:素直なところが好きですね。ガッツ星人はわかりやすく無理をしている訳ではないんですが、その無理をアギラに気づいてもらえた時に意地を張らずに素直に受け止められるところが素敵だなって思いました。

――先ほどの話の中でもアギラとガッツ星人は一緒に行動することが多いとお聞きしたので、今度は逆にお互いのキャラのいいところをお聞きしたいのですが。

松田:人を見る目があるところですね。だからこそアギラは口数が少なくてもポンと言った言葉がその人が今一番言われたいことだったりするのかなと思います。

飯田:対照的ですもんね、アギラとガッツ星人は。

松田:だからみんなに好かれるんだろうなって思います。

飯田:アギちゃんなんであんなにガッツのことを気に入っているんだろうね?

松田:なぜなんでしょうね?

――おふたりにもわからないということで(笑)。ちょっと話はずれますけど、今年のウルフェスでクイズに正解したご褒美として「怪獣酒場新橋蒸留所」のお食事券がプレゼントされていましたけれど、あれってもう行かれましたか?

飯田:あれってどうしたんでしたっけ?

スタッフ:(今度)みんなで行きましょう!

――まだ行っていなかったんですね!?

飯田:すっかり忘れていました! アニメ第2期も始まりますし、みんなで忘年会や新年会ができたらと思います!

松田:忘れたとかじゃなくて第2期のメンバーと飲みに行くために取っておいたということでよろしいですね!

――是非皆さんで行かれた際にはその感想もいただけたらと思います。最後にファンの方にメッセージをお願いします。

飯田:『怪獣娘』の第2期が始動するということで、第1期から応援してくれていたファンの皆さんにとっても絶対に面白い物に仕上がっていますし、新しい怪獣娘も増えたので見応えもあると思います! 

第1期を見たことが無い人が見ても楽しめる内容になっていますので、第2期が始まることで『怪獣娘』を知っている人がもっともっと増えたらいいなと思っています。

スタッフから共演者までみんな和気藹々とやらせていただいている現場なので、そういうところも作品に伝わったらいいなと思います。楽しみにしていてください。

松田:第1期の放送の後に「この怪獣娘も動いて欲しかった」というファンの皆さんのお声が反映されて新たに登場する娘がいっぱいいるので楽しみにしていただけたら嬉しいです。

さらに、「昔のウルトラマンは知らないんだけど、最近の作品は知っている」というファンの方が第2期を見ても楽しめるようになっているのでそちらも楽しみにしていただけたらと思います!

――ありがとうございました。

[取材・文/古瀬敏之]

 

作品情報
2018年1月9日(火)より放送・d アニメストア他にて配信予定

◆STAFF
原作:円谷プロダクション
監督:芦名みのる
設定・原案:海法紀光
アニメーション制作:スタジオぷYUKAI
製作:怪獣娘(ウルトラ怪獣擬人化計画)製作委員会
キャラクター原案:大熊猫介(ニトロプラス)/谷裕司/CHOCO/富岡二郎/なまにくATK(ニトロプラス)/猫缶まっしぐら(ニトロプラス)/爆天童/minoa(ニトロプラス)/他

◆CAST
アギラ:飯田里穂
ガッツ星人:松田利冴
ミクラス:鈴木愛奈
ウインダム:遠藤ゆりか
ピグモン:徳井青空
ゼットン:加藤英美里
レッドキング:五十嵐裕美
エレキング:潘めぐみ
ゴモラ:諏訪彩花
ザンドリアス:湯浅かえで
他、新キャラクターも続々登場予定

◆STORY
人類と怪獣との戦いは遠い昔。
かつでの怪獣の魂を宿した少女”怪獣娘”たちが現れるようになった時代。
晴れてGIRLSの一員となったアギラ、ミクラス、ウインダムは着実に成長し、充実した日々を送っていた。
そんなある日、新種の「シャドウ」がトラブルを起こしているという情報が入る。
一方、GIRLSのメンバーの「ガッツ星人」は、不思議な体調の変化を感じていた……

>>「ウルトラ怪獣擬人化計画」公式サイト
>>「ウルトラ怪獣擬人化計画」公式Twitter(@ultrakaiju_gk)

(C)円谷プロ (C)「怪獣娘(ウルトラ怪獣擬人化計画)」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング