2017/12/26 12:30

『WUG』らしい楽曲とは何か――?『Wake Up, Girls!』×『MONACA』が語る、楽曲制作秘話【WUG新章・バックステージ#10】

2017年10月より放送中のTVアニメ『Wake Up, Girls!新章(WUG新章)』。

2014年1月からスタートした同アニメシリーズ。劇場アニメ『Wake Up, Girls! 七人のアイドル』、TVアニメ『Wake Up, Girls!』、続・劇場版前編『Wake Up, Girls! 青春の影』、続・劇場版後編『Wake Up, Girls! Beyond the Bottom』など約3年以上の歴史を刻んできた『Wake Up, Girls!』シリーズの最新作となっている。

アニメイトタイムズで実施している連載『WUG新章・バックステージ』第10回に登場するのは、前回に引き続き、声優ユニット『Wake Up, Girls!』の吉岡茉祐さんと青山吉能さん、奥野香耶さん。そして、『Wake Up, Girls!』を音楽で彩ってきた『MONACA』の田中秀和さん、広川恵一さんだ。

【WUG新章・バックステージ#9】では、『Wake Up, Girls!』との田中秀和さん、広川恵一さんとの出会いや2017年11月29日に発売された新曲『7 Senses』について聞いた。

今回は、アーティスト『Wake Up, Girls!』の魅力や7人が作詞を手掛けた楽曲の裏話に迫る。

『WUG』の音楽性ーー広川さんは『ゆき模様 恋のもよう』や『僕らのフロンティア』などアーティスト『Wake Up, Girls!』の楽曲制作を担当されている印象があります。曲作りでこだわっていることについてお聞かせください。

広川恵一さん(以下、広川):言われてみればそうですね。

青山吉能さん(以下、青山):『HIGAWARI PRINCESS』もそうですよね。

田中秀和さん(以下、田中):『TUNAGO』もそう。

広川:『Wake Up, Girls!』はずっと関わっているアーティストなので、こだわりと言うよりも「自分が作るものはそういったもの」という気がしています。どんどん新しいものを作っていく気持ちは持っているのですが、突拍子もない曲を作りたいというわけではありません。このバランスは常に考えています。

そういう意味ですと、舞台(舞台「Wake Up, Girls! 青葉の記録」)で披露した『ゆき模様 恋のもよう』はちょっとキャラソンぽいところがありましたね。作中で『16歳のアガペー』を作った『Twinkle』が手がけていることや時間設定もあったりしたので。こういったところを含めて『Wake Up, Girls!』らしい新しい曲を作っていますね。



ーーまた、『I-1club』の曲も広川さんは手がけられています。

広川:『I-1club』は『I-1club』でのストーリーがありますよね。今回、『運命の女神』、『止まらない未来』から続きの曲として、『君とプログレス』という曲を制作しました。そして、先日開催された『Wake Up, Girls!Festa.2017 TRINITY』で披露された『Jewelry Wonderland』は「その集大成というイメージで」というディレクションがあったんです。

吉岡茉祐さん(以下、吉岡):『君とプログレス』を歌っている鈴木萌歌(CV・山本希望さん)がすごく輝いていて。私は好きですね(笑)。


青山:『I-1club』の曲って『WUG』の曲と全然違う雰囲気ですよね?

吉岡:なんか高嶺の花というか、憧れの存在という感じがします。

青山:『リトル・チャレンジャー』時代とは変わったような。

吉岡:頑張れば手が届くような雰囲気の曲だったのが、『運命の女神』あたりから段々、圧倒的存在感が出てきたというか。

広川:それを感じていただいたのであれば、演出が上手くいっているんだと思いますね。

ーーとても言語化するのが難しいと思いますが、『Wake Up, Girls!』らしい曲ってどんな曲なのでしょうか。

吉岡:具体的な言葉にはできないのですが、『MONACA』さんたちの曲を私たち7人が歌うことの中に軸があるのかなと。

広川:実は他のアーティストさんに楽曲提供するときに、「『Wake Up, Girls!』っぽくなったから変えようか?」って時があるんです。

青山:えー!!!

広川:そうなんです。自分の中での差別化はある気がしています。

奥野香耶さん(以下、奥野):7人で激しくダンスをして、雰囲気もすごく楽しそうなんだけど、どこか儚さがあるというか。明るい中にそういった影みたいなものが見え隠れするのが、『WUG』の楽曲っぽさなのかもしれないなって思います。


田中:うん。確かにそういったところありますね。

吉岡:キラキラだけじゃなくてね。

奥野:そうなの。

青山:『極上スマイル』もなんか切なくなるんですよね。あんなに明るい曲なのに、「泣き笑い」というか。

ーー哀愁感というか、そういったものでしょうか?

田中:哀愁という言葉では必ずしもないのですが、作曲家としての演出意図としてそのポイントはあります。曲で人の心をどう動かすのか?ということを常に踏まえながら、作っていますので。奥野さんが仰ったように僕たちは『WUG』の楽曲について、「ただ明るいだけの曲」を制作していないのは事実です。

僕たちが『WUG』の曲を作る時に、聴いてくれている方たちを「明るいだけの気持ちに引っ張っていく」ようにしないことが、『WUG』の楽曲らしさにつながっているのかもしれませんね。どう?合ってる?

広川:合ってると思います。エモみってことですかね?

田中:エモみって言うと、急に俗っぽくなるね(笑)。

広川:感情の熱さというか。そういったところはありますよね。

田中:『WUG』は劇伴も一緒に作っていたので、シナリオを全て知っている状態からのスタートでした。そこから「このユニット、この音楽」という意識付けがあったのかもしれません。

吉岡:レコーディングのやり方も知らない。人前で歌ったことがない。そんなデビュー当初から、『MONACA』さんは私たちに曲を書いてくださっています。そうした時間を共有していることが本当に大きいと思うんです。私たちもすごく信頼していますし。『MONACA』さんだからこそ、歌を曲に乗せられるし、曲でも語れるし。過ごしてきた時間はやっぱり大切だなと思います。


ーーなるほど。

田中:今日はいらっしゃらないですけど、音楽面でも永野さんがかなり登場してますよね。タンバリンを叩いてもらうことが多いんです。『7 Senses』でもお願いしました。

広川:今回、“Myタンバリン”持ってました?

田中:いや、その日は急遽お願いという感じだったんです。なので、スタジオのタンバリンでお願いしました。すごい良い音だった。

広川:永野さん、『地下鉄ラビリンス』で依頼した時“マイタンバリン”を持参してくださったんですよ。「電車でずっとシャリンシャリン鳴ってた」って言ってて。

吉岡:タンバリン。いつしか恒例になってきましたよね。

お互いのチャレンジーー『Wake Up, Girls!』の作中で音楽プロデューサーの早坂相( CV:鈴村健一さん)が7人を試してるようなシーンが多くあります。『WUG新章』では作詞を依頼してみたりと。そういった視点から見て、声優ユニットの『Wake Up, Girls!』を楽曲で試しているなどはありますか?

田中:試すという言葉はニュアンスが違います。ずっとお互いにチャレンジしている印象ですね。先程の話ともつながるのですが、分かっているものを予定調和的に作るのではなく、常に新しいものを生み出している感覚です。


広川:音域の広さとかは、常にありますよね。

田中:曲がどんどん難しくなっていくのもそうだし、『WUG』のユニット曲じゃない部分で得た経験を生かしている部分もあります。

具体的に言うと、『少女交響曲』のDメロです。よっぴーが高いファルセットで歌う箇所があるんですね?これは曲を書いている時点で、ここのファルセットを歌える人が『WUG』の中にいることが分かっていたから、あの形になったんです。それは、以前にソロ曲を制作したことで分かったことでした。

青山:ステラ・ドライブ・・・。


田中:上からな言い方に聞こえると嫌なのですが、僕がこういうことをやってみたいと思ったことをよっぴーがきちんと返してくれたというか。そうした良い楽曲制作ができた結果、『少女交響曲』のファルセットが生まれています。

ただ、ソロ曲って振りが少なかったりしますよね。ユニット曲の場合は、フォーメーションで歌って踊る中でファルセットのパートが来るんです。実際、ソロ曲とユニット曲で難易度が違うんですけれど「それでもきっとできるだろう、よっぴーなら」と、僕は思っていました。そういった意味では試しているのかもしれませんね。

広川:僕はスピードが速い曲が歌えるかな?って思うことがあります。ただ、ライブでも激しい振りの中で見事に歌いきっていますよね。聴いていて、すごく練習してるんだろうなって思うことがあります。

青山:広川さんが私たちのライブを見ていて、自分の曲で一番好きな曲ってなんですか?

広川:ライブになった時に魅力が引き立つ曲。『僕らのフロンティア』かな。流れで聞くと、異色感が少しあるんですよね。4つ打ちだけどテンポがゆっくりで、主題歌系の中に入ると、少しドキッとする。スリリングさがあるというか。目が離せなくなる感じがとても好きですね。


吉岡:『僕らのフロンティア』って、私たちにとって『Wake Up, Girls!』という作品から離れてはじめてタイアップが付いた曲だったんです。すごく不安だったんですけど、広川さんの曲を聴いて、歌って不安が解けました。しっかり『WUG』っぽさが入っていて、私たちでいいのかもって思える瞬間があったんです。すごく嬉しかったです。

広川:ありがとうございます。

Polaris 作詞:Wake Up, Girls!ーー『Wake Up, Girls!新章』には声優ユニット『Wake Up, Girls!』が作詞した楽曲が登場すると発表がありました。

吉岡:そうですね。(田中さん)私たちが書いた詞を見て率直にどう思いましたか?

田中:正直、仕上がってるなって思いましたよ。

吉岡・青山・奥野:『WUG』ちゃん仕上がってた。。

田中:まとまっているなと思って。ちょっと言い方は失礼ですけど、不安だったんです。ご本人たちが作詞されることを聞いて。

吉岡:あっ、そうですよね。

田中:僕たちは、業界の第一線で活躍されている経験豊富なプロの作詞家さんたちとお仕事をさせていただいています。その方々が書く詞って、すごくいいなって思うんですね。なので今回、正直不安でした。でも、ビックリしました。あまりに仕上がってて(笑)。

吉岡:ありがとうございます。この作詞の話をいただいた時に『WUG新章』で七瀬佳乃(CV・青山吉能さん)へモデルの話が来たシーン(第3話「ポニーテールは本体です」)を思い出しました。アニメのそのシーンは「せっかくあなたに来た仕事なのに、断ったら『I-1club』に行く」というお話でした。

もしも私たちが書かなかったら、他の作詞家さんが書いてくださる。それも見てみたいんだけど、チャレンジしたい気持ちもあって。それから1週間くらい悩んで引き受けました。

田中:『WUG新章』の中で7人が作詞をするので、そこをリンクさせて、ご本人たちが作詞に挑戦すると。ただ、スケジュールもタイトなので最後までどうなるか解らない部分もありましたが……。

青山:そうだったんですね!


田中:ちなみに、この曲名の「Polaris」は誰が考えたの?

青山:まゆしぃとみなみです。

吉岡:歌詞のテーマを考えた時に、シナリオの中で、星の話が出ていたことを思い出したんです。そこからヒントを得て、たまたま私とみなみが考えていた言葉がこのタイトルだったんです。そこからはテーマが決まったので、みんな意見ください!のような流れで進めました。なので、先にこのタイトルが決まりましたね。

田中:なるほど。いいですね。

吉岡:プロの作詞家さんの進め方と全く違いますよね?7人で書くこともないでしょうし。普通はどうやって作詞しているのか知らない中で、歌詞を紡いでいく私たち、、ちょっと不思議だなって思いました(笑)。

田中:作詞経験の有無もそうなんですが、7人で歌詞を作るって相当難しいことだと思うんですよ。言葉をまとめたり、意見をすくい取っていくだけでも。ですので、いい意味で裏切られました。「本当にちゃんとまとめられたんだ」という驚きがありましたよ。

吉岡:本当にありがとうございます。

田中:これは決して悪い意味ではなく、プロの作詞家さんが書いた歌詞とは違う色を感じました。言葉の乗せ方や削り方もそう。それがご本人たちが書いたという証になっていて、魅力的な歌詞だなって思いました。

青山:褒められると嬉しいね?

吉岡:ほめられてのびてく〜(7 Sensesの歌詞より)。

全員:爆笑

吉岡:個人的には、これまでの曲と接し方が違ったというか。作詞するということで、聴き込んでいたこともあったんですけど。着手する前と完成してからの印象が大きく変わった曲になりました。

奥野:この曲のレコーディングをした時に、私の前がまゆしぃだったんです。それで、私のレコーディングを聴いて行くって話になったんですね?私も歌詞を書く時に提供はしてたんですけど、まとめてくれたのはまゆしぃだったので、同じユニットのメンバーだけど、制作側の人みたいな感じの意識がありました(笑)。レコーディングの時、はじめに何度か歌うんですけど、なんだか聞かれるのが照れくさくて。


吉岡:いやぁ(笑)。

奥野:キャラで歌うのに、なんかちょっと上手く歌えなかった(照)。

吉岡:ごめん!ごめん!でも、いつもよりもメンバーの反応が気になりましたね。本当はこのフレーズ使って欲しいだろうな?とか考えたりしたので。

奥野:それは全然思わなかったよ?

青山:私、まゆしぃがこの前「めっちゃ良い歌詞やなぁ!」って言ってたのがすごく嬉しかったの。まとめるって本当にすごい大変な作業だよね?それを皆が納得しているんだよ?もっと自画自賛していいよ!

吉岡:本当?分かった(笑)

ーーでは、最後に『WUG新章』もいよいよ終盤です。それぞれメッセージをいただいてもよろしいでしょうか。

吉岡:今後の展開をしっかりと見ていただきたいです。私たちが7人が結束して作った曲や『I-1club』の楽曲。『WUG』の楽曲をもっとたくさんの人に聴いていただきたいなって思います。

青山:「『WUG』のおすすめポイントは?」って聞かれると、メンバーの中でも真っ先に曲!っていう言葉が出てくるくらい、本当に素晴らしい曲ばかりです。これを機に、私たちを知らない方でも、この曲いいな?からもぜひ入っていただきたいです。よろしくお願いします。

奥野:ここまで『WUG新章』を見てくださってありがとうございます。まずは、感謝の気持ちを伝えたいです。『MONACA』さんの楽曲あっての『WUG』です。これからも曲をいっぱい聴いていただきたいです。

田中:『WUG』の皆さんと僕たちで作り上げた集大成の楽曲となっています。ぜひ、ご期待下さい。

広川:曲をたくさん作ったので、いっぱい聴いてください。まだこの時点ではアニメで出てない曲もこれから出てきます。その楽曲たちをぜひ、聴いてください。

ーーありがとうござました!

[取材・文/川野優希]

 

「WUG新章・バックステージ」連載記事まとめ

【WUG新章 #01】
ファン待望の第1話について、板垣伸監督と吉岡茉祐さん、田中美海さん、青山吉能さんが語る

【WUG新章 #02】
板垣伸監督「『新章』は新しい魅力を」第2話と今後について吉岡茉祐さん、田中美海さん、青山吉能さんが語る

【WUG新章 #03】
『Run Girls, Run!』初アフレコの感想は?島田真夢の心理描写に注目の第3話に迫る

【WUG新章 #04】
人の行動を変えるほどのインパクトがある出会い方とは?板垣伸監督&『Run Girls, Run!』が第4話について語る

【WUG新章 #05】
『I-1club』の山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さんが語る、キャラへの思いと「アイドルの心構え」

【WUG新章 #06】
山本希望さん、加藤英美里さん、津田美波さんが行ったアフレコへの準備と『I-1club』の未来

【WUG新章 #07】
吉岡茉祐さん×大坪由佳さん対談!『夢みるふたり』の演技に隠された秘密とは?

【WUG新章 #08】
吉岡茉祐さん×大坪由佳さんが語る、声優としてのターニングポイント

【WUG新章 #09】
『Wake Up, Girls!』×『MONACA』対談!OP『7 Senses』には幻のヴァージョンが存在した!?

【WUG新章 #10】
『WUG』らしい楽曲とは何か――?『Wake Up, Girls!』×『MONACA』が語る、楽曲制作秘話

【WUG新章 #11】
『Run Girls, Run!』が語る、泣いて、笑って駆け抜けた183日!

【WUG新章 #12】
『Wake Up, Girls!』が語る『Polaris』の意味――「仙台、東北への想い。ワグナーへの想い」
 

 
Wake Up, Girls! 新章






【INTRODUCTION】
「Wake Up, Girls!(以下、WUG)」は、2014年に劇場作品「七人のアイドル」とTVアニメシリーズが放送され、
2015年には前・後篇となる「青春の影」・「Beyond the Bottom」が劇場にて公開。
2017年、再びTVアニメにて「新章」が公開となるオリジナルアイドルアニメーション。

「新章」では、主人公のキャラクターを演じる7人の声優
(吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑)に加え、
新たに3人の声優(林鼓子・森嶋優花・厚木那奈美)が
「Wake Up, Girls!AUDITION-第3回アニソン・ヴォーカルオーディション-」より選ばれ、
アイドルに憧れる新キャラクターを演じる。

現実とアニメの境界を越えて、今再び、彼女達の新しい物語が始まる―。

【STORY】
「Wake Up, Girls!」は、宮城県・仙台市で暮らす7人の少女たちが
アイドルグループ「Wake Up, Girls!(以下、WUG)」を結成し、互いに切磋琢磨しながら、トップアイドルを目指していく姿が描かれた成長と絆の物語。

仙台の弱小芸能プロダクション「グリーンリーヴス・エンタテインメント」に所属するWUGは、数多の挫折を経験しながらも、国民的アイドルグループ「I-1club」を「アイドルの祭典」で破り、優勝した。一躍トップアイドルに……と思ったのもつかの間、
「アイドル経済不況」が叫ばれてきたこのご時世、現実は甘くない。7人は地道なアイドル活動に追われる日々が続いていた。

一方、仙台市の中学に通う速志歩・守島音芽・阿津木いつかの3人は、次第にアイドルに憧れを持つようになり……。

【放送情報】
テレビ東京:2017年10月9日(月)深夜2時05分 放送開始
仙台放送:2017年10月10日(火)深夜2時 放送開始
AT-X:2017年10月11日(水)深夜11時30分 放送開始
リピート放送:毎週金曜午後3:30/毎週日曜深夜2:00/毎週火曜朝7:30
※放送日時は変更になる場合があります。

【配信情報】 
10月13日(金)深夜0時より随時スタート
あにてれ・dアニメストア・アニメ放題/U-NEXT・JCOM+KDDI ほか

【STAFF】
原作・脚本:Green Leaves
監督:板垣伸
キャラクター原案:近岡直
キャラクターデザイン:菅原美幸
色彩設計:山上愛子 長岡純子
美術監督:海野よしみ
撮影監督:春原幸子 川田敏寛
編集:長谷川舞
音響監督:菊田浩巳
音楽:神前暁 MONACA
音楽制作:DIVE II entertainment
アニメーション制作:ミルパンセ

オープニングテーマ:Wake Up, Girls!「7Sense」
エンディングテーマ:Wake Up, Girls!「雫の冠」

【声優】
島田真夢:吉岡茉祐
林田藍里:永野愛理
片山実波:田中美海
七瀬佳乃:青山吉能
久海菜々美:山下七海 
菊間夏夜:奥野香耶
岡本未夕:高木美佑

>>Wake Up, Girls!3公式HP
>>Wake Up, Girls!公式HP
>>Run Girls, Run!公式HP
>>Wake Up, Girls!公式Twitter(@wakeupgirls_PR)
>>Run Girls, Run!公式Twitter(@rgr_official_)

(C) Green Leaves / Wake Up, Girls!3製作委員会

関連コンテンツ

『Wake Up, Girls!』吉岡茉祐さん「人前で歌うことが嫌いだった私を変えてくれたのは、ファンの皆さん」『Green Leaves Fes』開催記念インタビュー
『Wake Up, Girls!』吉岡茉祐さん「人前で歌うことが嫌いだった私を変えてくれたのは、ファンの皆さん」『Green Leaves Fes』開催記念インタビュー2018/04/16 19:00
『Wake Up, Girls!』吉岡茉祐さん「人前で歌うことが嫌いだった私を変えてくれたのは、ファンの皆さん」『Green Leaves Fes』開催記念インタビュー
『Wake Up, Girls!新章』ライブイベントのビジュアルが公開!鈴村健一さんらレギュラー声優陣によるメッセージ動画企画もスタート
『Wake Up, Girls!新章』ライブイベントのビジュアルが公開!鈴村健一さんらレギュラー声優陣によるメッセージ動画企画もスタート2018/04/16 19:00
『Wake Up, Girls!新章』ライブイベントのビジュアルが公開!鈴村健一さんらレギュラー声優陣によるメッセージ動画企画もスタート
Wake Up, Girls!のベストアルバム第3弾ジャケット&全収録曲解禁! 幕張ライブイベントも3/10より一般券売開始 
Wake Up, Girls!のベストアルバム第3弾ジャケット&全収録曲解禁! 幕張ライブイベントも3/10より一般券売開始 2018/03/08 19:00
Wake Up, Girls!のベストアルバム第3弾ジャケット&全収録曲解禁! 幕張ライブイベントも3/10より一般券売開始 
「お互いの“スキガスギル”ところを語る」『Wake Up, Girls!』9thシングル『スキノスキル』発売記念!永野愛理さん×奥野香耶さん対談
「お互いの“スキガスギル”ところを語る」『Wake Up, Girls!』9thシングル『スキノスキル』発売記念!永野愛理さん×奥野香耶さん対談2018/03/01 12:30
「お互いの“スキガスギル”ところを語る」『Wake Up, Girls!』9thシングル『スキノスキル』発売記念!永野愛理さん×奥野香耶さん対談
『i☆Ris&Wake Up,Girls! バレンタインLIVE!!』開催!i☆Risが「極上スマイル」、WUGは「Goin’on」を熱唱
『i☆Ris&Wake Up,Girls! バレンタインLIVE!!』開催!i☆Risが「極上スマイル」、WUGは「Goin’on」を熱唱2018/02/12 21:30
『i☆Ris&Wake Up,Girls! バレンタインLIVE!!』開催!i☆Risが「極上スマイル」、WUGは「Goin’on」を熱唱

注目の商品

【Blu-ray】Wake Up, Girls!/4th LIVE TOUR ごめんねばっかり言ってごめんね!aos2018/06/29 発売【Blu-ray】Wake Up, Girls!/4th LIVE TOUR ごめんねばっかり言ってごめんね!¥8,640【Blu-ray】Wake Up, Girls!/4th LIVE TOUR ごめんねばっかり言ってごめんね!
【DVD】Wake Up,Girls!の会社でお仕事、がんばっぺ!aos2018/01/31 発売【DVD】Wake Up,Girls!の会社でお仕事、がんばっぺ!¥6,264【DVD】Wake Up,Girls!の会社でお仕事、がんばっぺ!
【主題歌】TV デスマーチからはじまる異世界狂想曲 ED「スキノスキル」/Wake Up, Girls! 通常盤aos2018/02/28 発売【主題歌】TV デスマーチからはじまる異世界狂想曲 ED「スキノスキル」/Wake Up, Girls! 通常盤¥1,296【主題歌】TV デスマーチからはじまる異世界狂想曲 ED「スキノスキル」/Wake Up, Girls! 通常盤

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 ACOS(アコス)より『ソードアート・オンライン』イメージパーカー第3弾(シノン・ユウキ)が発売決定!
ACOS(アコス)より『ソードアート・オンライン』イメージパーカー第3弾(シノン・ユウキ)が発売決定! ACOS(アコス)より『ソードアート・オンライン』イメージパーカー第3弾(シノン・ユウキ)が発売決定!
2 『HUGっと!プリキュア』第12話よりあらすじ・先行場面カット到着! みんなと初めてのパジャマパーティーで大盛り上がり!
『HUGっと!プリキュア』第12話よりあらすじ・先行場面カット到着! みんなと初めてのパジャマパーティーで大盛り上がり! 『HUGっと!プリキュア』第12話よりあらすじ・先行場面カット到着! みんなと初めてのパジャマパーティーで大盛り上がり!
3 中国No1コスプレイヤー・小柔SeeUさんがACOS秋葉原店1日店長に就任! イベント後のインタビューで自身の“コスプレ愛”を語る
中国No1コスプレイヤー・小柔SeeUさんがACOS秋葉原店1日店長に就任! イベント後のインタビューで自身の“コスプレ愛”を語る 中国No1コスプレイヤー・小柔SeeUさんがACOS秋葉原店1日店長に就任! イベント後のインタビューで自身の“コスプレ愛”を語る
4
TVアニメ『鬼灯の冷徹』第弐期その弐 5つの注目ポイント TVアニメ『鬼灯の冷徹』第弐期その弐 5つの注目ポイント
5
TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』第3話先行場面カット・あらすじ到着! みらいは自分の特技は何か、思い悩んでいて…… TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』第3話先行場面カット・あらすじ到着! みらいは自分の特技は何か、思い悩んでいて……
6
「一番くじ Re:ゼロから始める異世界生活-いつでもあなたと一緒だよ-」5月12日(土)より順次発売予定! レム&ラムが猫耳フード姿で登場! 「一番くじ Re:ゼロから始める異世界生活-いつでもあなたと一緒だよ-」5月12日(土)より順次発売予定! レム&ラムが猫耳フード姿で登場!
7
『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』がローソンとのタイアップキャンペーンを開催! ギターメンバーの限定描き下ろしイラストを使用したグッズが登場 『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』がローソンとのタイアップキャンペーンを開催! ギターメンバーの限定描き下ろしイラストを使用したグッズが登場
8
TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第4話先行カット&あらすじ公開! 妖怪のことに詳しく、ゲゲゲの森の中で出会う様々な妖怪たちに大喜びの裕太だったが……。 TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第4話先行カット&あらすじ公開! 妖怪のことに詳しく、ゲゲゲの森の中で出会う様々な妖怪たちに大喜びの裕太だったが……。
9
TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』3期 第3話(通期41話)のあらすじ&先行場面カットを公開! 出久はヒーローだった両親を失った出水洸汰の思いを知る……。 TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』3期 第3話(通期41話)のあらすじ&先行場面カットを公開! 出久はヒーローだった両親を失った出水洸汰の思いを知る……。
10
『ペルソナ5』第3話の先行場面カット公開! 福山潤さん・水樹奈々さんがパーソナリティを務める公式Webラジオ第2回も配信開始 『ペルソナ5』第3話の先行場面カット公開! 福山潤さん・水樹奈々さんがパーソナリティを務める公式Webラジオ第2回も配信開始
1 『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』がローソンとのタイアップキャンペーンを開催! ギターメンバーの限定描き下ろしイラストを使用したグッズが登場
『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』がローソンとのタイアップキャンペーンを開催! ギターメンバーの限定描き下ろしイラストを使用したグッズが登場 『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』がローソンとのタイアップキャンペーンを開催! ギターメンバーの限定描き下ろしイラストを使用したグッズが登場
2 『劇場版 ソードアート・オンライン(SAO)』の描き下ろしイラストグッズ第5弾はキリトとアスナのジューンブライドシーン!
『劇場版 ソードアート・オンライン(SAO)』の描き下ろしイラストグッズ第5弾はキリトとアスナのジューンブライドシーン! 『劇場版 ソードアート・オンライン(SAO)』の描き下ろしイラストグッズ第5弾はキリトとアスナのジューンブライドシーン!
3 神谷浩史さん・神谷明さん・水樹奈々さんら豪華声優6名が、4月17日『ありえへん∞世界 10周年記念2時間SP』に出演! 再現ドラマのボイスオーバーを担当
神谷浩史さん・神谷明さん・水樹奈々さんら豪華声優6名が、4月17日『ありえへん∞世界 10周年記念2時間SP』に出演! 再現ドラマのボイスオーバーを担当 神谷浩史さん・神谷明さん・水樹奈々さんら豪華声優6名が、4月17日『ありえへん∞世界 10周年記念2時間SP』に出演! 再現ドラマのボイスオーバーを担当
4
ACOS(アコス)より『ソードアート・オンライン』イメージパーカー第3弾(シノン・ユウキ)が発売決定! ACOS(アコス)より『ソードアート・オンライン』イメージパーカー第3弾(シノン・ユウキ)が発売決定!
5
実写映画『がっこうぐらし!』のメインキャスト4名が明らかに オーディション番組からデビューしたラストアイドルファミリーのメンバーが大抜擢! 実写映画『がっこうぐらし!』のメインキャスト4名が明らかに オーディション番組からデビューしたラストアイドルファミリーのメンバーが大抜擢!
6
『カードキャプターさくら クリアカード編』第15話の場面カット&あらすじが到着! 知世の自宅に招かれたさくら達は懐かしいものを見ることに! 『カードキャプターさくら クリアカード編』第15話の場面カット&あらすじが到着! 知世の自宅に招かれたさくら達は懐かしいものを見ることに!
7
『HUGっと!プリキュア』第12話よりあらすじ・先行場面カット到着! みんなと初めてのパジャマパーティーで大盛り上がり! 『HUGっと!プリキュア』第12話よりあらすじ・先行場面カット到着! みんなと初めてのパジャマパーティーで大盛り上がり!
8
緒方恵美さんが『エヴァ』のアスカを脱ぎ脱ぎ……? さらに宮村優子さんに変態呼ばわり!?【声優ツイートまとめ】 緒方恵美さんが『エヴァ』のアスカを脱ぎ脱ぎ……? さらに宮村優子さんに変態呼ばわり!?【声優ツイートまとめ】
9
「一番くじ Re:ゼロから始める異世界生活-いつでもあなたと一緒だよ-」5月12日(土)より順次発売予定! レム&ラムが猫耳フード姿で登場! 「一番くじ Re:ゼロから始める異世界生活-いつでもあなたと一緒だよ-」5月12日(土)より順次発売予定! レム&ラムが猫耳フード姿で登場!
10
中国No1コスプレイヤー・小柔SeeUさんがACOS秋葉原店1日店長に就任! イベント後のインタビューで自身の“コスプレ愛”を語る 中国No1コスプレイヤー・小柔SeeUさんがACOS秋葉原店1日店長に就任! イベント後のインタビューで自身の“コスプレ愛”を語る
Twitter
Facebook
animate Times Channel
アニメイトタイムズ ラジオ