アニメ
『魔法少女サイト』彩の兄・要(CV:岡本信彦)が遂に動き出す……!!【第5話~10話】

『魔法少女サイト』TVアニメ第5話~10話振り返り|諸悪の根源“サイト管理人”と作中一番の外道・朝霧要(CV:岡本信彦)が遂に動き出す……!!

現在放送中のTVアニメ『魔法少女サイト』。不幸な少女たちが謎のWEBサイト“魔法少女サイト”から力を与えられ、戦いの運命へと巻き込まれていく物語です。陰鬱な展開や、素敵な顔芸を見せる個性的なキャラクターたちが数多く登場することが魅力となっていますが、今回は本作の第5話から10話の振り返りをお届け!

シリーズも中盤という事で、かなり物語が動いたのがこの第5話から10話! “魔法少女サイト”と“魔法”の力を嗅ぎつけた朝霧要(CV:岡本信彦さん)が遂に動き出します。

 

露乃の復讐が終わりを告げた第5話 復讐相手の中の人は、まさかの原作者の先生!?

第5話「復讐と決意」は、“復讐”が大きなキーワードになっています。特に奴村露乃(CV:茜屋日海夏さん)の行動目的の一つが家族を奪った相手である、小田野総二(※CVはまさかの原作者・佐藤健太郎先生)への復讐だったこと。

▲右が小田野総二(CV:佐藤健太郎先生)

▲右が小田野総二(CV:佐藤健太郎先生)


そして、潮井梨ナ(CV:鈴木愛奈さん)の後継として魔法少女狩り(マジカルハンター)となった雫芽さりな(CV:山崎はるかさん)が友人の復讐のために(逆恨みもいいところですが)襲来するという、2つの復讐が描かれる内容となっています。さりなによって小田野が殺され、結果的に露乃の復讐が終わってしまったことは運命の悪戯と言えるでしょう。


また、さりなから弱った露乃を守るために、朝霧彩(CV:大野柚布子さん)は自分の力で立ち向かいます。

結果的に勝負は痛み分けとなり、崩壊したマンションに3人は巻き込まれてしまいますが、さりなが復讐するはずの相手である彩に助けられてしまうところもポイントになってくるはずです。恨みにかられた彼女が、彩や露乃たちと和解や共闘する未来は果たして存在するのでしょうか!?

 

にじみんが一目惚れした相手は、彩を苦しめ続けたお兄ちゃんで……

第6話「フェイク」ではさりなとの戦いで、露乃の部屋はマンションごと崩壊。しかし彩のステッキで辛うじて助かっていた彩と露乃は、ケガを負っていたことから梨ナの入院する病院に自分たちも入院することとなってしまいます。

そのころ“にじみん”こと穴沢虹海(CV:芹澤優さん)は、自分の復讐相手だと知りながら、彩と露乃が梨ナの存在を隠していたことを知り、単身朝霧家へ向かいます。そしてそこで、エキセントリックお兄ちゃん要と邂逅。外面だけは最高の彼に一目惚れをしてしまいました。惚れた相手が相手だけに、露骨に嫌な予感しかありませんが、きっとその予感は大正解です。このふたりの出会いが物語を大いに掻きまわすことに……。




入院した彩と露乃は、雨谷小雨(CV:原由実さん)と邂逅。彼女も魔法少女であり、所持するステッキの力は“自傷行為で生じた血液を相手に飲ませることで、相手の傷を治癒させる”というもの。これによって梨ナも回復し、ふたりの当面の目的は達成されました。

小雨は彩や露乃とは別の魔法少女サイト管理人からステッキを授けられた魔法少女で、他の魔法少女との共闘を目的としていました。彼女から魔法少女サイトとその管理人が複数存在すること、そして“テンペスト”と呼ばれる災厄の詳細と更なる謎がこのエピソードで明らかに。

 

集う魔法少女たち すべてはサイト管理人と戦うために

テンペストは8月11日19時23分に発生するようで、起きれば人類の大半は滅亡します。助かるためには人間の“不”のエネルギーをより多く集めなくてはならないのですが、これを回収していたのが魔法少女たちに与えられた“ステッキ”だといいます。しかしステッキは使えば使うほど寿命を削るため、結果として管理人たちは、彼女たちを生かすつもりなどないのではないか、という疑いを魔法少女たちは持ちます。

こうして、彩たち魔法少女の目的が“サイト管理人の捕獲”と定まりました。しかし、彼女たちが自分たちの目的に気づいたことも管理人たちは把握している様子で、ここから管理人たちとの戦いの始まりを予感させます。ただし小雨のステッキを用いても魔法を使用した代償である寿命までは回復しておらず、魔法少女たちには自身の命のタイムリミットとも戦わねばならないのです。あまりにも不利な戦いですが、それでも絆を深めていく彩と露乃。


第7話ではふたりの新たな協力者として、燐賀紗雪(CV:M・A・Oさん)、泉ヶ峰みかり(CV:本渡楓さん)、水蓮寺清春(CV:松井恵理子さん)、滝口あさひ(CV:Lynnさん)との顔合わせもありました。
▲雨谷小雨(CV:原由実さん)

▲雨谷小雨(CV:原由実さん)


▲燐賀紗雪(CV:M・A・Oさん)

▲燐賀紗雪(CV:M・A・Oさん)


▲泉ヶ峰みかり(CV:本渡楓さん)

▲泉ヶ峰みかり(CV:本渡楓さん)


▲水蓮寺清春(CV:松井恵理子さん)

▲水蓮寺清春(CV:松井恵理子さん)


▲滝口あさひ(CV:Lynnさん)

▲滝口あさひ(CV:Lynnさん)


もうひとつの大きな出来事は、友人の仇である梨ナの登場に動揺してステッキを使用しようとした虹海から“パンツステッキ”を確保。露乃が隠してしまったことでしょう。言葉にしたことを相手に強制させるという“パンツステッキ”。これを直情的に使おうとする虹海から奪い取れたのは大きな一歩の筈でした。ただ、虹海が既に作中一番のド外道と繋がりを持っていることだけが気がかりですが……。




 

つかの間の休息にも暗い影が落ちる

つかの間のひと時となったのが、彩の発案で海へ赴いた第8話「Last Summer」です。彩たち魔法少女は彩の提案で海へ行きます。視聴者的にも女の子たちの水着姿を楽しめる時間ではありますが、そんな楽しい時間にすら暗い影が落ちるのが本作。なんと虹海から情報を得た要が、ステッキを奪うために動き出していたのです!



そんなことは知らず、彩と露乃はさらに友情を温めます。そうして「ふたりでまたこの海に来よう」と約束を交わしました。一日も終わりに近づいたその頃、パンツステッキが奪われたことで慌てふためく魔法少女たち。虹海は誰がやったのか心当たりがあるようですが、それを口にするはずもなく魔法少女たちは手がかりを探して動き出しました。



一方その頃、パンツステッキを手に入れた要はアイドルである虹海の狂信的ファンに命を狙われていました! 因果応報でこのままやられてしまうかと思われましたが、既にステッキを穿いて(虹海のパンツステッキを直に)いた要は、圧倒的優位な立場からオタク青年の心と命を弄ぶ凶行に及びます。




「他人に自分の人生を依存する輩」に強烈な嫌悪感を持っている要は、オタク青年を痛罵! とてもいい顔芸で「穴沢虹海の使用済みパンツをはいている!」と宣言する様はどう見ても変態の所業なのですが、そのことにではなくオタク青年を痛めつけることに興奮しているところは、要の歪みをよく表しています。また、演じる岡本さんの怪演が光ります。

 

突然消えた兄の行方は!?


要がオタク青年を殺害するところを目撃してしまった彩。自分の兄の所業だけに仲間たちにそれを伝えることは出来ませんでした。その頃、虹海は要と邂逅を果たしていました……。要にいいように踊らされていた虹海は、パンツステッキを奪われ、そして裏切られたことを、信じられず泣き出してしまいます。


首を吊って自殺することを命令され絶対絶命となった虹海ですが、間一髪駆けつけたあさひによって事なきを得たかと思われました。これは虹海が危機に陥ったことを察知した清春が、自身のステッキであさひを駆けつけさせたからこその出来事。しかし、要が一歩上手でした……。


虹海は最初から要に操られており、あさひは後ろから首を絞められてしまいます。そうやって形勢逆転した要は、今度は逆にあさひをパンツステッキの能力であやつり返し、清春を襲撃させ、致命傷を負わせてしまいます。

その頃ほかの魔法少女たちは、パンツステッキを失ったことを警戒し、紗雪の実家へ身を寄せていました。彼女の家は極道なので警備は万全。ひとまずは安心……と思いきや、そこにあさひと清春を追ってきた要が現れました……。そうして魔法少女たちは要の前に跪くことに。まったくこの兄、やりたい放題です。



そんな状況の最中意識を取り戻した清春によって、要の呪縛から解放された虹海。しかし自分が騙されていた現実を直視し、またも直情的になり要に襲い掛かってしまいます。彼女はあっけなく、奪われた紗雪の刀ステッキで斬り殺されてしまいました……。薄れゆく意識の中最期の力を振り絞った虹海は、要の喉に割れた瓶を突き立て声を封じることに成功します。

虹海の命と引き換えに、やっと要を追いつめたと思ったそのとき、突然煙幕が立ち込め、要は姿をくらましてしまいます。果たして要はどこへ行ったのか――。ここで第9話は終了に。

 

決意を胸に戦う魔法少女たち

誰も死なせたくないと誓った彩ですが、自分の兄が目の前で友人を殺害してしまったことを気に病み、第10話では部屋に籠ってしまいました。その頃学校では、露乃と梨ナの間では要の行方と、煙幕を使った人物が話題に上っていました。タイミング的にも相手は要の行動を監視していたとしか思えません。果たして彼を連れ去ったのは、どこの誰なのでしょうか!?

一方、自室に籠ってしまった彩は、虹海とのこれまでを回想。彼女の胸には、やはりここでも露乃から貰った「強くなって欲しい」という言葉は生きており、改めて「サイト管理人たちと戦う」という決意を新たにします。そして、そのためにも無くしてしまったステッキの捜索を始めました。すると、現れたのはまさかのさりな。一触即発かと思われましたが……!?


一方、虹海の葬儀会場では、彩を除いた魔法少女たちや彼女のファンが参列しその死を悼んでいました。そこに現れ虹海に花を手向けた彩。すると彩は仲間であるハズの魔法少女たちに自身のステッキを向けてしまうのです!

失われたはずのステッキを持ち現れたこと、そして訳も分からずステッキを向けられたことに混乱する魔法少女たち。しかし、彩は彼女たちを助けに駆けつけたのでした。なぜなら管理人たちによって爆弾が仕掛けられており、このままでは全員がその餌食になることを察知していたから。



その情報を教えたのは敵対していたはずのさりなでした。なんと彼女は彩と露乃への恨みを忘れたわけではないものの、サイト管理人たちの掌で踊らされていることに気づき、少なくともテンペストが終わるまでは協力関係を結ぶことを考えていたのでした。

しかし彩はこれまでの仲間たちの協力を拒みます。自分のせいでこれ以上みんなを傷つけたくないという彼女は、自分ひとりでも管理人たちと戦う覚悟だったのです。それは彩らしい優しさですが、共闘する覚悟を持っていた仲間たちは彼女に苛立ちを隠せません。露乃は彩の頬を張ると、「あんたがひとりになってどうする」と声をかけます。そうして再び魔法少女たちは一致団結し、協力してサイト管理人たちと戦う決意を固めたところで、第10話は終了となりました。

いよいよ終盤に突入するアニメ『魔法少女サイト』。ですがサイト管理人たちと戦うことを決めた彼女たちの裏で、まだ何かが蠢いている様子があります。管理人たちの目的、テンペスト、そして彩や露乃たちを救い、要を連れ去った相手の目的は!? 最終話まで見逃せない展開が続きそうです!!


[文・胃の上心臓]
 

要役・岡本信彦さん録り下ろし アニメ『魔法少女サイト』ダイジェスト第2弾


 

『魔法少女サイト』作品情報

抗わず生きるか、抗って死ぬか

INTRODUCTION

どうやらそのサイトは不幸な人間しか出会えないらしい。だから彼女たちは選ばれた――

どこにも居場所のない彼女は、いつも死ぬことばかり、考えている。学校ではクラスメイトからのいじめを受け、家では実の兄からの虐待に耐える日々。朝霧 彩。中学2年生。14歳。ある日、彼女は不気味なWEBサイト「魔法少女サイト」と出会い、魔法の力を秘めた”ステッキ”を手に入れる。

彩は魔法の力を手に入れたことで、同じくステッキを持つクラスメイトの奴村露乃、そしてほかの“魔法少女”とともに、苛烈な運命に巻き込まれてしまう。

これは、魔法の力を手に入れた不幸な少女たちの、友情と青春、そして運命を変える戦いの記録。
 

 

STAFF

原作:佐藤健太郎(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
監督:松林唯人
シリーズ構成:伊神貴世
キャラクターデザイン:渋谷秀
サイト管理人デザイン:岩永悦宜
サブキャラクターデザイン:久留米東
プロップデザイン:小澤円
美術監督:秋葉みのる(スタジオじゃっく)
色彩設計:のぼりはるこ(緋和)
撮影監督:山根裕二郎(いなほ)
特殊効果:松本乃吾、松尾幸奈(いなほ)
3DCG:山本祐希江、塩野修平、山根裕二郎(いなほ)
編集:岡祐司
音響監督:納谷僚介
音響制作:スタジオマウス
音楽:井内啓二
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
アニメーション制作:production doA
製作:「魔法少女サイト」製作委員会

CAST

朝霧彩:大野柚布子
奴村露乃:茜屋日海夏
潮井梨ナ:鈴木愛奈
穴沢虹海:芹澤優
雫芽さりな:山崎はるか
雨谷小雨:原由実
燐賀紗雪:M・A・O
泉ヶ峰みかり:本渡楓
水蓮寺清春:松井恵理子
滝口あさひ:Lynn
朝霧要:岡本信彦
美炭貴一郎:鈴木達央
サイト管理人 漆:中尾隆聖
サイト管理人 弐(ひょっとこ):悠木 碧
サイト管理人 捌(おかめ):キズナアイ
直戸圭介:安里勇哉

TVアニメ『魔法少女サイト』公式サイト
TVアニメ『魔法少女サイト』公式ツイッター(@mgsanime)

(C)佐藤健太郎(秋田書店)/「魔法少女サイト」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集