アニメ
水瀬いのり、佐倉綾音、内匠靖明が登壇『信長の忍び~姉川・石山篇~』最終話先行上映会をレポ!

水瀬いのりさん、佐倉綾音さん、内匠靖明さんが登壇したTVアニメ『信長の忍び~姉川・石山篇~』最終話先行上映会をレポート

2018年9月21日(金)イオンシネマ シアタス調布にてTVアニメ『信長の忍び~姉川・石山篇~』最終話先行上映会が行われました。こちらのイベントに水瀬いのりさん(千鳥役)、佐倉綾音さん(如春尼役)、内匠靖明さん(浅井長政役)が登壇。

『信長の忍び』は重野なおき先生によって『ヤングアニマル』(白泉社)で連載されている4コマ漫画。2016年10月4日(火)からTVアニメ第1期が放送され、続く『信長の忍び』の第3期シリーズ『信長の忍び~姉川・石山篇~』の最終回まで残すところあと僅かとなっています!

本イベントではTVアニメ『信長の忍び~姉川・石山篇~』の最終話を含む全話上映だけでなく、声優陣によるトークショーが行われるなど、大ボリュームの内容となりました。本稿ではこちらの模様をお届けします!

佐倉さんと『信長の忍び』の意外なつながり

TVアニメ『信長の忍び~姉川・石山篇~』の上映会が終わると水瀬いのりさん、佐倉綾音さん、内匠靖明さんが登壇。会場は大きな拍手に包まれます。

佐倉さんは今回が『信長の忍び』のイベント初参加ということで、「『信長の忍び』という作品はご存知でしたか?」と内匠さんから質問が投げかけられます。

それに対して佐倉さんは「私、実はこの作品と付き合いが長くてですね……」と意味深なセリフ。実は佐倉さんはオーディションで千鳥、お市、千代女を受けたものの落ちてしまい、最終的にオーディションを受けたことのない如春尼を演じることになったという裏話が語られました。

最初に如春尼を演じることになった時、佐倉さんは自身のキャラクターの名前が読めなかったのだそう。また、水瀬さんと佐倉さんが『信長の忍び』の現場で会うのが今日が初めてだったため、水瀬さんが千鳥を演じている姿を見たことがないといいます。


如春尼は本願寺顕如側、千鳥は信長側と対立構造ではあるものの、対立しているがゆえに接点がなく、佐倉さんが水瀬さんに「如春尼(にょしゅんに)って何て読むと思う?」と質問したところ水瀬さんが「きさらはるにょ」と答えて佐倉さんはたまらず噴き出したそうです。

このハゲ―!(顕如的な意味で)

内匠さんから「ああいう旦那さん(顕如)と仲良くイチャイチャするけれどもツンツンしているというのは演じてみてどうですか?」と質問が投げかけられますが、佐倉さんはそもそも本作の尺感に戸惑ったのだそう。(『信長の忍び』は5分アニメなのですがセリフが長く、かつ早口なシーンが多いのです)

なので佐倉さんは台本を渡されるたびに「絶対(尺に)入んないよ……」と思ってしまったのだそう。それを受けて水瀬さんも「こんなに(セリフが)早くてどうやってお芝居をしたらいいんだろう? と最初に思っていたら私は何となくだけど慣れてきて」と、70話以上千鳥を演じてきてコツをつかんだそうです。

また本作は、大地丙太郎監督の熱量が強く、リハVに監督の声が付いていることでも有名です。佐倉さんがそのリハVを初めて聞いた時の第一声が「(尺に)入るんだ……」だったそうで会場からは笑いが起こります。

これを監督にやられちゃ現場で「入りません」なんて言えないなー。と思ってたくさん練習をして収録に臨んだという佐倉さん。しかし、現場で言われたのは「そこなんですけど、このハゲ―! って叫んでいた某女性議員の様な声でやってください」とディレクションが飛んできたといいます。そして出来上がったのが今の如春尼なのだそう。

時事ネタが役者さんの演技に影響を及ぼした稀有な例と言えるのかもしれませんね。

着替えを覗かれ恥じらう如春尼に対するスタッフのこだわり

続いて水瀬さんには本作の好きなシーンを伺うことに。関兼定に「風切」を打ってもらうところがお気に入りということで、水瀬さんいわく、0話から見ると千鳥がすくすくと成長しており、かなり大人っぽく、精神的に強くなっているということであえて意識的に凛とした声色で演じているという裏話が語られました。

佐倉さんはやはり「このハゲ―!」のシーンがお気に入りということで、顕如役の置鮎龍太郎さんとは一緒に収録をすることができたそうです。その時に「顕如の声の包容力ってすごいな」と感じたといいます。

一緒にいるときほど安心して「このハゲ―!」と言えました。と佐倉さんが語ると会場からは笑いが。

ここで、まだテレビで放送されていない『信長の忍び~姉川・石山篇~』の残り2話が上映されました。その後は登壇者3人で今回上映された最終話まで感想を語り合うことに。最終話手前の話で佐倉さん演じる如春尼が着替えを覗かれて、そこからのツッコミがキレッキレだったという話題に。佐倉さんも思わず「女性議員が板についてきたかな?」とはにかみます。

佐倉さんは如春尼が着替えを覗かれたシーンで赤くなっている時の声のバリエーションを5テイクもとったそうで、思わず水瀬さんから「フェチを感じる……」とボソリ。すかさず内匠さんが「こ、こだわりを感じますよね!」と修正をしている様に笑いが起きました。最後に登壇者からの一言メッセージが語られ本イベントは終了となりました。


佐倉綾音さん:改めまして、如春尼を演じました佐倉綾音です。本当に歴史好きな方と、歴史残全詳しくないよっていう方、あとちょっとかじったことあるよっていう方、日本人なら一度は聞いたことのある様なキャラクターがポンと出てきて凄く個性豊かに物語を進めていってくれるので、歴史に詳しくない方はそれを知るいいきっかけになると思います。

逆に知っている方は知っているからこそ笑える部分や、こうなっていっちゃうんだよな……と予想しながら楽しめる部分がたくさんある作品だと思います。1話の本編が3分ぐらいととても短い作品でサクッと見られるのでストレス解消にもなるんじゃないかなと勝手に思いました(笑)。

なので、良ければ疲れている時にでも見られる作品だと思いますので引き続きいろいろな日常に『信長の忍び』を溶け込ませてもらえたらなというふうに思います。またこういう機会がありましたらまた参加したいので引き続き応援をよろしくお願いします。本日はありがとうございましたー。

水瀬いのりさん:千鳥役の水瀬いのりです。本当にお足元の悪い中お集まりくださりありがとうございます。私も千鳥のオーディションを受けてからはや2~3年になるかと思います。こんなに長いお付き合いになってすごく嬉しく思っているのですが、今回見ていただいたお話で『信長の忍び~姉川・石山篇~』が一区切りとなります。

とはいってもまだまだ原作は続きますし、アニメーションに携わってくださるスタッフの皆さんも本当にこの『信長の忍び』という作品のことが好きで、このテンポ感だからこそ生まれる絆っていうものもあって先輩方と本当に深く繋がれた作品だなって個人的に思っているので、原作でまだ音声が付いていないキャラクターに音声が付いたらいいなーと個人的には思っているので引き続き『信長の忍び』の応援をよろしくお願いします。今日はありがとうございました。

[取材・文・撮影/古瀬敏之]

『信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~』のブルーレイBOX発売情報

そして最後に第2期シリーズ『信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~』のブルーレイBOX発売情報が明かされました! 本面映像27話~52話に加え、特典映像にはイベントでたびたび話題に上がっているVコンテに大地丙太郎監督と山口勝平さんによるコメンタリーを収録。

さらに、水瀬いのりさんと村瀬歩さん、そして羽多野渉さんと平川大輔さんによるオーディオコメンタリーも特典映像として収録されています! また、第2期放送中に配信されていたWebラジオ『水瀬いのりの「信長の忍び」ラジオ~私、リスナー様の忍びになります!!~』のプレ配信を含む全13回が特典ディスクに収録されます。描きおろしのジャケットも必見の効果仕様となっています! 2018年11月23日(金)の発売をお楽しみに!

TVアニメ「信長の忍び~伊勢・金ヶ崎篇~」Blu-ray BOX 〈第2期〉発売決定!
TVアニメ『信長の忍び』公式Twitter(@shinobinobunaga)

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集