アニメ
SAOアリシゼーション第6話 感想:松岡禎丞×島﨑信長 対談【連載】

【連載】『ソードアート・オンライン アリシゼーション』第6話 感想:松岡禎丞×島﨑信長 対談|魂の複製について二人の考えは――

2018年10月より放送中のTVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』(SAOアリシゼーション)。11月10日には、TOKYO MXほかにて第6話「アリシゼーション計画」が放送となりました。

※※※第6話のネタバレが含まれています。本編視聴後にご覧いただくことをおすすめします※※※

《ラース》の研究施設である《オーシャン・タートル》へ潜入した明日奈は、和人(キリト)の安否について菊岡を問い詰める。そこで観念したように菊岡は、《ソウル・トランスレーター》で和人を治療していることを説明する。だが、明日奈と共に潜入した神代凛子が、自分を《オーシャン・タートル》に招き入れた理由を聞くと、今度は《ソウル・トランスレーター》の開発の目的を語りだすのだった――。

《アンダーワールド》が作られた理由と、その壮大な目的が説明された第6話の感想を、松岡禎丞さん(キリト役)、島﨑信長さん(ユージオ役)の2人がラジオ番組「ソードアート・オンエアー アリシゼーション」で語っていたので、そちらでのトークをお伝えしていきます。

<連載バックナンバー>
【第1話】アンダーワールド
【第2話】悪魔の樹
【第3話】果ての山脈
【第4話】旅立ち
【第5話】オーシャン・タートル

 
《プロジェクト・アリシゼーション》の全貌が明らかとなった第6話
松岡禎丞さん(以下、松岡):みなさまに最初に言っておかないといけないことがありまして……実は6話、我々出ていません!

島﨑信長さん(以下、島﨑):ユージオはともかく、キリトがでないってアニメでは……。

松岡:僕の記憶が正しければ、初めてだと思う。

島﨑:すごいね! 長くシリーズが続いていくと、そういうこともあるんだね。

松岡:今回がちょっと特殊な話だからね。

島﨑:世界が完全に分かれている状態に近いから。皆さんは第6話をご覧になったと思うんですけど、僕らは原作ではこのへんの話をやったんだろうなというのはわかってますが、細かいことは何ひとつ知らないんです。

松岡:そう。原作は知っているけど、どこまでがアニメで描かれているのかがわからない。

島﨑:原作の地の文とかモノローグとかセリフも、部分的にカットしていることもあるし、絵で見せている部分もあるだろうから、どこまでアニメで描かれていたかがわからないんです。

松岡:一応だいたいの流れを説明すると、明日奈は、キリトの治療方法と、《ラース》が進めている《プロジェクト・アリシゼーション》、《アンダーワールド》のなりたちなどを知る。

そしてその夜、神代凛子は茅場についての話を明日奈に聞かせる――。“この世界の秘密でもある新生児の魂をコピーして、仮想世界で成長させるというボトムアップ型の人工知能開発の話が出ましたが、これを聞いてどう思いましたか?”と。

島﨑:行き着くところまで行き着いた感はあるよね。

松岡:川原礫さんの作品……この『ソードアート・オンライン』だけど、その世界に現実が追いつきつつあるんですよ。でも、《プロジェクト・アリシゼーション》に関しては、あまりやってほしくない感じはする。

島﨑:現実世界でもVRとかは普及し始めて、家庭でも楽しめるようになったり、どんどん進んでいるけど、ちょっと魂まで行っちゃうとね……。

松岡:これは実験の際に必要なことだったとは思うけど、比嘉(《ラース》にいる天才エンジニア)が自分の《フラクトライト》(=魂)をコピーしたら、コピーのほうが精神崩壊を起こすシーンがあるじゃない。自分の記憶を引き継いだままコピーが作られて、それが自分と話すというのは考えたくないよね。だって、《フラクトライト》側からすると、俺が本物の比嘉だ!と思ってるから、そりゃあ「ここから出せよ!」となるし。何でお前がそこにいるんだよ!と。

島﨑: (自分がコピーである自覚がないから)自分がそれまでやってきたこと、関係性のすべてを急に他人に奪われたようなものだからね。

松岡:たまったものじゃない! だからこそ新生児、生まれたばかりの赤ちゃんを装置に繋いで魂をコピーしたというのが《プロジェクト・アリシゼーション》なんだけど。

島﨑:自我が確立される前の魂をね。だから本当に《アンダーワールド》というのが、今までの世界と一線を画すのは、完全にひとつの世界を作っちゃった感じがするところだよね。ゲームとかではなく。

だって、そこに生きている人にとっては、それが真実の世界なわけだから。SFファンタジー感がより出てきたというか。科学によって、異世界に行ったのと変わらない状況にほぼなっているところがすごい。

松岡:でも、そうそう耐えられるものではないと思う。だって、必死で生きてきた世界がゲームだったと言うんだから。自分たちに置き換えたときに、上の次元の人間がいて、突然「お前たちの生きてた世界はゲームでした」と言われたら、「え?」と思うよ。「必死に生きてきたんですけど……」と。

島﨑:「じゃあ、リセットボタンを押されたら消えるの、俺たち?」ってなるよね。だからそこは上位存在がいたとしても、黙っていてほしい(笑)。

松岡:うん。一人ひとりが生涯を全うするまでは黙っていてほしい。

島﨑:それこそ宇宙に終わりが来るくらいまで待っていてほしいよ。で、“明日奈のカッコよさや頼りになるところが出ていましたがどうでしたか?”と。

松岡:第5話のラストはね、すごく怖かった(笑)。怖かったというか、勇ましかったという意味だけど。

島﨑:そうだよね(笑)。だって、本気だもん。「キリトくんはどこ!」って。

松岡:声を荒げるでもなく、ビシッと芯からはっきり言った、「キリトくんはどこ!」と絵の力で、あんなに威圧感のある感じになるんだなと。そこからのエンディングで、「ここで終わるのかよ~」と思ったけど。

島﨑:毎回この作品の引きは、そう思わせるよね。で、“次回こそ2人は登場するのか?”とありますが、きっと予告で出ているんじゃないでしょうか。

松岡:そうだね。毎回のWEB予告を見ていただければわかると思いますので!

島﨑:WEB予告を観ていただければと思います!

[文/塚越淳一]

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project
おすすめタグ
あわせて読みたい

ソードアート・オンライン アリシゼーションの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集