声優
ドラマCD『酷くしないで3』彰役・羽多野渉、十太役・江口拓也インタビュー

ドラマCD『酷くしないで3』彰役・羽多野渉さん、十太役・江口拓也さんインタビュー|キャラクターとの4年ぶりの再会に感じたこととは?

ねこ田米蔵先生原作の大人気BLコミック『酷くしないで』より、原作コミックス第3巻の内容を音声ドラマ化した「酷くしないで3」、第4巻の内容を音声ドラマ化した「酷くしないで4」が4年ぶり2ヶ月連続で発売されます。

高校生の眠傘 隆と真矢秀幸の恋愛模様を描いた物語で、真矢のいとこ・彰を演じる羽多野渉さんと、彰の弟・十太を演じる江口拓也さんにインタビュー。収録の感想や、作品にちなんだ学生時代のお話を伺いました!

4年の年月を超えて、改めて向き合ったキャラクター

――前作から4年ぶりのドラマCD発売とのことですが、収録はいかがでしたか?

彰役・羽多野渉さん(以降、羽多野):記憶の中にある、彰の引き出しを開けるところからのスタートでした。

4年前と言われて、もっと前だったような気がすると思ったのですが、こうやって何年越しかに過去に演じたキャラクターと再会できるのは本当にありがたいこと、幸せなことです。

応援してくださっている方がいて、原作の先生が描いてくださったおかげだなと思っております。楽しい収録でした。

十太役・江口拓也さん(以降、江口):4年前に演じた音声を聞かせていただいた時に、かなり可愛く作ったなと(笑)。こんな感じだったかなという記憶が、何となく自分の中にあったんですけど、4年という年数の重みを感じましたね。

聴いているうちに、自分が最初から持っていたイメージというよりも、もっとかわいく作ってみようかと、現場でいろいろ試させていただいた結果、収録したアプローチが生まれたというのがあったので、徐々に思い出しましたね。

――では、本作で気になったシーンや印象に残っているセリフはありますか?

羽多野:彰としては、真矢に勉強を教えるシーンがメインとなるのですが、優秀ないとこでありつつ、真矢のことを親身に見てあげられる男です。

ここまで真矢と眠傘が親交を育んできたことで、真矢自身の生き方が変わっていくという、眠傘の影響をありがたく思っているシーンもあり、保護者というよりは温かい目線でお兄さん的な位置から2人を応援している存在です。

セリフとしても血がつながっているいとこならではの会話、空気感があって、最初は久しぶりだったので力が入ってしまったんです。

セリフの意味合い的には熱い情熱的なセリフだとしても、もっと力を抜いてあえてさらっと伝えてあげることで、お互いに心の中で考える余白が生まれるというディレクションをいただき、久しぶりに彰と会って対話を通して、それぞれの4年の変化みたいなものを感じる収録だったなと。真矢との会話が印象的でした。

――2~3巻にかけて、真矢も眠傘も互いに影響を受け変化する姿が描かれていますが、ご自身の学生時代に、影響を受けた人物や物事の見方が変わった出来事などはありますか?

江口:今の仕事を目指すきっかけとして、高校の時にラジオ番組を聞いて声優という職業に興味を持ったというのがあるので、ラジオですかね。

夜テスト勉強する時に、音楽を聞くのが好きだったんですけど、CDコンポにあったラジオ機能を使ったことがなかったので、試しに付けてみたら、たまたま声優さんがパーソナリティーの番組で。

そのしゃべり方というか会話の持っていき方が自分は好きだなと思って、こういう人たちと携われたら楽しい人生になりそうだなというところから興味を持ちました。

漫画も好きだしゲームも好きで、アニメも朝とか夕方に見ていたんですけど、エンディングテロップのところまで声優さんが誰かと見ることはしていなくて。

ラジオを付けたらそのチャンネルに合っていて、そこで声優さんのラジオがたまたま流れて、声優さんってラジオもやるんだと思ったことで、初めて中の人を意識するようになりましたね。

――偶然が重なってということで、どこにきっかけがあるか分からないですね。羽多野さんは、いかがですか?

羽多野:小学校6年生の時の話になるんですけど、その頃に学級崩壊という言葉が生まれました。自分たちのクラスでもそういうことになってしまって。今でも後悔と反省の出来事です。

しかし、そんな学級を救うための専門の先生が一年間担任をしてくれたんです。厳しさの中でその先生が勉強することの意味や楽しさを全部教えてくれて、今も感謝しています。

小学校は6年間あるのに、ちゃんと勉強と向き合ったのは 6年生の1年間だけだったんだなと思ってしまうくらい、僕は勉強と向き合えてなかったなと思います。

自分の将来のことを考えたり、どんな夢を叶えるにしても勉強はやっておかないとだめだよというのは、その方の影響をすごく受けています。

そこから先の中学に入ってもそうですし、今も勉強しないとできない仕事がたくさんあります。

声優をやっている方全員だと思うんですけど、現場に行く前にどれだけ予習ができるかということなんです。学ぶこととの向き合い方、考え方は、小学校6年生の時にその先生に出会ったことが、大きな影響だったんじゃないかなと思います。

――大人になってから「勉強しておけば良かった」という方もいらっしゃったりするので、素敵な出会いだったんですね。最後に、本作の聞きどころや、ファンの方へのメッセージをお願いします。

江口:4年ぶりということで、新規収録してこのキャスト陣が挑んでいるというところが聞きどころなんじゃないかなと思いますね。続編として、原作の音声化をしてほしいと楽しみにしてくださっていた方には、そのままの雰囲気を出せるように努力しましたので、楽しみに聞いていただきたいと思います。

羽多野:真矢の不器用な感じがかわいらしいというか、眠傘もそうですが、だからこそ愛おしいというか、かわいらしい恋愛模様をぜひ楽しんでいただきたいなと思います。

――ありがとうございました。

なお、ドラマCDのジャケットイラストは、ねこ田先生描き下ろしとなっています。さらに、ドラマCD発売を記念したアニメイト店舗での連動購入キャンペーンでは、ここでしか手に入らない、ねこ田先生描き下ろしの小冊子が特典としてもらえるので、ぜひチェックしてください!

[取材・文/小澤めぐみ 写真/鳥谷部宏平]

ドラマCD「酷くしないで3」商品情報

【初回限定盤】
☆ここでしか聴けない特別ストーリーを収録した特典ディスク付き!

 
発売日:2018年11月28日(水)
価格:3,900円+税
仕様:CD2枚組
品番:FFCL-0018
発売元・販売元:フロンティアワークス

アニメイトオンラインショップでの購入はこちら 
 
【通常盤】

発売日:2018年11月28日(水)
価格:3,000円+税
仕様:CD1枚組
品番:FFCL-0017
発売元・販売元:フロンティアワークス

アニメイトオンラインショップでの購入はこちら

●あらすじ
やーっと正真正銘の恋人同士になった真矢と眠傘だけど、いよいよ高3の夏=受験シーズンに。だから2人が合えるのはお昼休み(キスのみ)と土曜日の午後(たま~にお泊まり♪)だけ。

思い切り甘えたり抱きしめ合ったりしたいのに、なかなか会えないストレスでとんでもない誤解が発生、またしても危機が…!?

ガリ勉・眠傘と遊び人・真矢の不器用で、純情な恋物語―

●キャスト
眠傘隆:中島ヨシキ
真矢秀幸:寺島拓篤
彰:羽多野渉
十太:江口拓也 ほか

●アニメイト特典
☆ドラマCD3巻、4巻連動購入特典:描き下ろし小冊子(3巻4巻ともに初回限定盤のみ対象)
☆早期予約特典:サイン入りミニ色紙(3巻4巻ともに初回限定盤のみ対象)
・ドラマCD「酷くしないで3」初回限定盤:「ねこ田米蔵先生 複製サイン入りミニ色紙 3巻ver」
→早期予約期間:8月9日(木)~9月30日(日)※終了
・ドラマCD「酷くしないで4」初回限定盤:「ねこ田米蔵先生 複製サイン入りミニ色紙 4巻ver」
→早期予約期間:8月9日(木)~10月31日(水)

『酷くしないで』特設ページ
『酷くしないで』公式Twitter(@hidoku_shinaide)
ドラマCD「酷くしないで3&4」公式

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集