アニメ
アニメ『叛逆性ミリオンアーサー』団長アーサー:雨宮天インタビュー

アニメ『叛逆性ミリオンアーサー』団長アーサー役:雨宮天さんインタビュー│団長はバトルもモノマネも変態性も常に全力!?『弱酸性』挿入歌の「よろしくマンボダンス」収録秘話も

スクウェア・エニックスが手がける『ミリオンアーサー』シリーズの新作『叛逆性ミリオンアーサー』。TVアニメとゲームの両軸で展開されている本作ですが、2019年4月よりTVアニメ第2シーズンの放送がスタート!

この度、本作で団長アーサー役を演じる雨宮天さんにアニメの第1シーズンを振り返っていただきつつ、配信中のゲームについて、そしてアニメ第2シーズンの見どころなどを語っていただきました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

団長はバトルも愛情表現も常に全力投球!?

──第1シーズンの放送を終えた今のお気持ちをお聞かせください。

団長アーサー役:雨宮天さん(以下、雨宮):『叛逆性ミリオンアーサー』は、アニメより先にゲームの収録を先に進めていて、そちらはギャグ要素もありつつシリアス展開の方が多かったので、今回のアニメの台本を最初に読んだときは「こんなにギャグテイストなんだ!」と驚きました。

第1シーズンでは戦闘シーンがありつつも、変態系の敵が多かったりとギャグの割合が多く、楽しく演じさせていただいたので、第2シーズンではどんな展開が待っているのか楽しみですね。

──アニメから入った方にとっては意外とコミカルな面が多く、肩の力を抜いて観られる印象でした。

雨宮:団長はゲームでも変態なので、台本を読んだときに「アニメでも変態なところがあるんだな」と思っていたら、ずっと変態で……(笑)。アニメはこの調子で進んで行くんだと実感しました(笑)。

──団長の魅力はどういったところだと思いますか?

雨宮:団長はシリアスのときもギャグのときも、常に全力のキャラクターだと思います。ギャグ展開でも、彼女的にふざけているというよりは、仲間に対する愛が変な方向に向いていて、「みんなを私が盛り上げていかなくちゃ!」と考えているからこそ面白い方向に空回っていると思うんです。もちろん敵と対峙するときもとにかく全力で立ち向かいますし、そこが彼女の魅力だと捉えています。

それに彼女はとても愛情深いんですよね。第1話からリーダーとしての責任感が強い人だと思いましたし、第2話では日が浅いメンバーにも関わらず錬金ちゃんを身を挺して助けに行く場面もありました。最初こそ信頼されませんでしたが、みんなへの愛情が深く、まさに団長アーサーの名に恥じない要素を持ったキャラクターです。

──それこそ錬金で言えば、第2話があったからこそ信頼関係が築けたわけですからね。

雨宮:第2話で錬金ちゃんの信頼を獲得できたからこそ、その後のエピソードで救われる場面もありましたからね。特に山ちゃん(山猫アーサー)は第1話から精神的な距離感ができてしまったので……まぁ団長が悪いんですけど(笑)。ただ、初期と比べると認めてもらえる部分は増えてきたのかなと思います。

雨宮さんが苦戦した、とある熱血教師のモノマネ

──団長を演じる上でのポイントについてお聞かせください。

雨宮:団長はギャグシーンが多い中で、仲間に対する愛情を気持ち悪く表現する点がたくさんあるので(笑)、コロコロと変わる表情やギャグ顔に沿って彼女のいろいろな一面を引き出せるように心がけていました。

ただ、最終的にみんなから信頼されるようになると思いますし、そうありたいとも思うので、戦闘シーンなどのキメの部分はカッコ良く演じるようにシーンごとの差を意識して演じています。

視聴者の方にも「ただの変態ってだけじゃなくて意外とやるじゃん!」と思っていただけないともったないキャラクターなので、そのメリハリをつけるようにしました。

──たしかに団長は戦闘シーンからギャグシーンまでの振れ幅が大きいキャラクターですよね。

雨宮:実は収録で結構な無茶ぶりもあったんです。例えば第5話では金八先生のモノマネをするシーンがあって「無理だよ?!」と思いながら金八先生のことを調べて(笑)。本番前のテストも頑張ってできたと思うんですけど「もっと金八に寄せてください!」と言われてしまって(笑)。

団長が金八先生のモノマネをしているので、ある意味でモノマネとしてのクオリティは求められていないものの、彼女としては振り切っていた方がいいんだろうなと思って、無茶ぶりに苦戦しながら収録を進めていました。

──そのシーンで周りのキャストさんの反応はありましたか?

雨宮:収録後に「私は最初のテストで演じたときから結構似ていたと思いますよ」とフォローしていただいて……本当に温かい現場だと実感しました(笑)。そのシーンは心拍数が上がってすごい緊張したシーンです(笑)。

みなさんがいらっしゃる中で、どんな気持ちでモノマネをすればいいんだろうって思いましたし、ストーリー的にも流れを無視して突然やり出したのでかなり苦戦したシーンですね(笑)。

──(笑)。では団長としてお気に入りのシーンは?

雨宮:先ほどもお話に出ましたが、錬金ちゃんとの絆を深められた第2話はお気に入りのエピソードです。第2話に団長の団長感が全部詰まっていると思うんですよね。変態的なところや空回り気味なところ、仲間のためなら自分の身を厭わずに仲間を助けに行く姿が第2話でたくさん描かれていました。

錬金ちゃんと団長のエピソードではあるものの、視聴者の方に団長のキャラクターを理解してもらえるような内容だと思っていて、個人的にお気に入りのシーンです。

──錬金の前で男たちの誘いを受けたのも、彼女の身を案じた行動ですからね。

雨宮:あの時点で罠であることを見透かしていましたからね。勘の良さやすぐにコテンパンにする強さも見せられるシーンなので、そういった部分も含めて第2話は好きなエピソードです。

変態性と狂気を感じた問題の第5話

──団長の他にも5人のアーサーが登場しますが、それぞれのアーサーの印象についてお聞かせください。まず鉄拳アーサーはいかがでしょう。

雨宮:ひとりで鍛えているシーンが多いこともあって、なかなか掴めないキャラクターという印象です(笑)。ただ、団長に対して鉄拳君が一番拒否反応を起こさなかったんですよね。その後も団長の行動に引くようなことはなかったのでフラットな人なのかなと……天然なのかもしれませんが(笑)。

それに、ああ見えて意外とマスコットっぽいと思うんです。錬金ちゃんや閣下君(閣下アーサー)の方が可愛いキャラではありますが、個人的にマスコット感が強いのは鉄拳君だと思います。

──山猫アーサーは?

雨宮:山ちゃんはとにかく可愛いですよね。すごくツンツンしているんですけど、意外とほだされやすいと言いますか……チョロい?(笑) そのチョロさが可愛いですよね。

ただ、あくまで本人はプライドを守っているところもあるのかなと思います。その先のいい子なところや実はチョロいところも団長は見透かしているから、あんなに山ちゃんのことが好きなんだろうなと思います(笑)。

ツンケンしているけど、決して性格がひん曲がっていることはなくてピュアな子なんだろうなと感じられて、そこが可愛いキャラクターですね。

──錬金に対するアタックとは異なる力技で団長はグイグイと迫ってますよね(笑)。

雨宮:きっと団長が一番興奮するのが山ちゃんだと思うんですよね(笑)。団長的に萌えるのではないかと考えています。

──閣下はいかがでしょう。

雨宮:閣下君もツンツンしていますが、実は中身がガキンチョなところは可愛いですよね(笑)。本人の中では「自分はしっかりしている」「お前たちとは違うんだ」と考えていますが、蓋を開けてみたらすぐに感情的になったり、予想外のことになると動揺したり照れるところが描かれていて。本人が思っている自分自身と、実際の閣下君の精神年齢の差が子供らしくて可愛いと思います。

──先ほどから話に挙がっている錬金アーサーは?

雨宮:錬金ちゃんはとにかく可愛いです! 普段の赤ずきんみたいな姿も可愛いんですけど、寝るときは着ぐるみのようなものを着ているところも魅力的で、ひたすら可愛いキャラクターだと思います。第2話にして早々に団長に心を開いてくれましたし(笑)。その後も団長の行動や言動に引くことはありつつ、やっぱり信頼してくれているんだろうなと思う場面もありました。

──そして流浪はいかがでしょう。

雨宮:流浪さんは頼りになる印象が強い二枚目キャラクターという印象です。そこまで団長と流浪さんの絡みは多くなかったとは思いますが、団長の中に「この人なら大丈夫でしょ」という信頼があるように感じています。

──第7話のお当番回も意外な内容とオチでしたね。

雨宮:小鳥を助けきっていれば二枚目キャラのままでしたが、小鳥に名前をつけて錬金ちゃんに伝わらないダイイングメッセージを残して流されてしまいましたからね。「この人もアニメにおいてはギャグキャラクターなんだ」と実感して、意外と変な人だったんだなと流浪さんの印象が変わったエピソードでした(笑)。

──団長をサポートしてくれる妖精のナックラヴィについてもお聞かせください

雨宮:実はゲームと比べるとアニメでは団長とナックラヴィの絡みが少なくて寂しいんです! ゲームの方だとふたりでイチャイチャしていると言いますか、何かあると彼女に頼ったりふたりで協力するシーンが多かったので。アニメでは周りのキャラクターが多かったり、放送の尺が決まっていることもあって仕方ないものの、ちょっとした寂しさを感じています。

ただ、彼女はどんなに団長が周りに引かれても、ずっとサポート妖精らしく支えてくれる存在で、あそこまで相思相愛のペアは他にいないと思います。

──では団長以外のキャラクターでのお気に入りエピソードを挙げるなら?

雨宮:団長と閣下君が女子校に潜入する第5話です。「ここまでやるんだ……」「これはヤバイぞ」と思いましたね(笑)。第2話で服が透けて見えるメガネを持った眼鏡アーサーが出てきたところから、ヤバそうだとは思っていたんです。

そう思っていたらこの第5話でさらにレベルが上がったと言いますか……「コッチでもいいんだ!」と衝撃を受けました(笑)。閣下君もあんなにあられもない姿になって「花江(夏樹)さん大変そうだな」と思いつつ……でもご本人は意外とノリノリであえいでいました(笑)。

また、その回は「キャッキャウフフ、キャッキャウフフ……」と声を合わせてフェードアウトしていく終わり方で、そのガヤの収録もしましたが、どこか狂気を感じていて(笑)。アニメでは、ここまで変態性と狂気を突っ切っていいんだと幅が広がったエピソードだったので、お気に入りというより印象深いエピソードでした。

中毒性の高い『弱酸性』と挿入歌『よろしくマンボダンス』の収録秘話

──Cパートの『弱酸性ミリオンアーサー』についてもお伺いしますが、こちらは雨宮さんからご覧になってどんな作品に映っているのでしょうか。

雨宮:『叛逆性ミリオンアーサー』のアニメが始まる前にも少しだけ出演させていただく機会がありましたが、そのときも今回もノリにまったくついていけないところから始まりました(笑)。でも、あのノリとテンションは回を重ねるごとにクセになってくるんですよね……!

気がついたら終わっているものの、その短い時間がめちゃくちゃ濃くて、「何が起こっているか分からないけど面白かったな」と、後からじわじわ来るんですよね。正直、収録のときは「これでいいんだよね……?」と困惑しながら演じさせていただきましたが、放送を観ていると「弱酸性、いいなぁ」と思うんですよね(笑)。

きっと観ている方もそう感じる方が多いんじゃないかなと思います。初見は「何これ?」と思うんですけど、「分からないからもう一度観てみようかな」と繰り返し観てハマっていく人が多いのかなと(笑)。

──ちなみに作中では『おまんじゅう倶楽部の歌』と『よろしくマンボダンス』を歌われていましたよね。

雨宮:あれはアフレコの延長として、収録ブースでヘッドホンをつけてレコーディングしました。「よろしくマンボダンス」で言えば、明るい歌い方や普通の歌い方、一番遊びを入れたセクシーな歌い方などを収録して、放送ではセクシーな方が使われていました(笑)。

そのセクシーな方は数パターン録っていく中で最後の方に収録したので、歌う度に私自身もノリノリになっていたんです。オーダーがあったというよりは、勝手に自分の中から出てきたニュアンスの歌い方、自分からそう歌いたくなってしまったと言いますか……(笑)。

それに家に帰ってからも自然と口ずさんでいて、後から意外とハマっていることに気がつきました(笑)。

雨宮さんが語る、アニメ&ゲームの楽しみ方

──3月2日(土)にはBlue-rayが順次リリースされますが、改めて本作の見どころについてお聞かせください。

雨宮:敵も分かりやすく、目的もはっきりしていますし、戦い以外はギャグが続くので、難しいことを考えずに観られる作品だと思います。

こんなにもキャラクターたちが振り切っているのはTVアニメ『叛逆性ミリオンアーサー』ならではですし、それぞれキャラクターによってはギャグの展開やそれに対する反応も異なります。なので、キャラクターの個性とそれに伴うギャグに注目してもらいつつ、気軽に楽しんでいただけると嬉しいです。

──また、ゲーム『叛逆性ミリオンアーサー』が配信されていますが、プレイする上で注目してほしいポイントを教えてください。

雨宮:ゲームの方がシリアス展開も多い分、アーサーとサポート妖精の関係性も深く描かれていて、それぞれの関係性がどれも素敵だと思います。よりコンビの深い関係性が垣間見える内容になっているので、個人的にはそこがおすすめポイントですね。

また、アニメを観ている方はそれぞれのキャラクター性が分かっている分、よりゲームを楽しめるはずです。ちなみにゲームでは、団長のもう少しだけカッコいいところや悩むシーンが見られます(笑)。ある意味、アニメとゲームは別物だと思いますが、キャラクターとしては共通しているので、どちらも触れていただけることが一番両方を楽しめるポイントだと思います。

──最後に第2シーズンを楽しみにしているファンの方へメッセージをお願いします。

雨宮:シリアスな雰囲気で終わった最終話から第2シーズンはどのような展開になるのか、私自身も楽しみですし、第1シーズンをご覧になったみなさんにもぜひ楽しみに放送をお待ちいただけると嬉しいです。

また、肩の力を抜いて観られるような作品なので、もし本作に触れたことのない方は今からでも気軽に楽しんでいただければと思います。ゲームをプレイしつつ、第2シーズンの放送にご期待ください!

──ありがとうございました。

[取材・文・撮影/鳥谷部宏平]

TVアニメ『叛逆性ミリオンアーサー』作品情報

叛逆性ミリオンアーサー第2シーズンキービジュアル解禁&放送情報決定!

【放送情報】
2019年4月4日より第2シーズン放送開始!!
TOKYO MX 毎週木曜22:00~
サンテレビ    毎週木曜25:30~
テレビ愛知   毎週木曜26:35~
BS11     毎週木曜23:00~
AT-X    毎週木曜23:00~ ※リピート放送:毎週土曜15:00~/毎週水曜7:00~
※諸般の都合により変更となる場合がございます。

【作品概要】
シリーズ累計4000万DLを超える、スクウェア・エニックスの大人気ゲーム「ミリオンアーサー」シリーズ最新作のMMORPG『叛逆性ミリオンアーサー』がTVアニメ化。アニメーション制作は、これまでミリオンアーサーシリーズの数々のオープニングアニメーションを手掛けてきたJ.C.STAFF(代表作:「とある魔術の禁書目録」「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」)。メインとなるキャラクターは個性豊かなアーサー6人とそれぞれのサポート妖精6人の合計12人。ゲームとは少し違ったテイストで展開する、笑いありバトルありの物語となる。

【INTRODUCTION】
聖剣『エクスカリバー』。ブリテンの統治を目指し、王を見定めるべく用意された選定の剣。
それを抜いた者は『アーサー』と呼ばれ、強大な力を手にした。
だが、エクスカリバーを引き抜いたのは一人ではなかった。力が大量に生み出されたことにより、伝説が氾濫、歴史の歪みへと繋がってしまう。
歴史を正しく導くため、団長・鉄拳・山猫・閣下・錬金・流浪と呼ばれる六人のアーサーは、過去の地『ブリテン』へと降り立つ。
彼らの使命は、歴史を歪めるエクスカリバーを全て叩き折ること。
その数、およそ100万。
これは、過去への叛逆。そして、未来(いま)を守る戦いである――。

【CAST】
団長アーサー:雨宮天
鉄拳アーサー:柿原徹也
山猫アーサー:竹達彩奈
閣下アーサー:花江夏樹
錬金アーサー:水瀬いのり
流浪アーサー:中村悠一
ナックラヴィ:茜屋日海夏
ティターニア:高橋李依
クーピー:東山奈央
ブリギッテ:芹澤優
ボダッハ:三森すずこ
ベトール:日高里菜

【STAFF】
原作:スクウェア・エニックス
監督:鈴木洋平
シリーズ構成:玉井☆豪
キャラクターデザイン:斉藤良成
サブデザイン:小野田将人
美術監督:内藤健
色彩設計:溝江詩帆
撮影監督:黒澤豊
編集:近藤勇二
音響監督:岩浪美和
音響制作:マジックカプセル
音楽:椎名豪
音楽制作:ランティス
プロデュース:ジェンコ
アニメーション制作:J.C.STAFF

【キャラクター紹介】
団長アーサー CV:雨宮天
大剣型エクスカリバーを使いこなす。
しっかり者で、チームの和を保つことを優先させる、優等生でお姉さん気質。時として大胆すぎる判断を下すが思考は理知的で、実際は先を読みながら行動している。

ナックラヴィ CV:茜屋日海夏
団長アーサーのサポート妖精。
言動は明るく、ひたむきな性格からダメな大人にモテるようである。団長アーサーとは、まるで母親のように彼女の面倒を見るなど相性はいい模様。むしろ、思いっきり依存されている。

鉄拳アーサー CV:柿原徹也
アーム型エクスカリバーを使いこなす。
性格は猪突猛進、やや粗暴ともいえるほど短絡的で、任務達成のためであればどんな苦痛にも耐えられる。「友情」や「仲間」を大切にする熱い男。

ティターニア CV:高橋李依
鉄拳アーサーのサポート妖精。
自信過剰なワガママお姫様だが、憎めない可愛らしさがある。猪突猛進な鉄拳アーサーにダメ出しや突っ込みを入れながらも、自分も適所で天然にやらかすなど、息は合う様子。

山猫アーサー CV:竹達彩奈
無骨な重火器型エクスカリバーを使いこなす。
性格はストイックで、自分の素性については一切他人に話さないが、任務に対する姿勢は真面目。常にどこか気を張っているため、他人からすると危なっかしい。

クーピー CV:東山奈央
山猫アーサーのサポート妖精。
天然ぶっているが、計算で演出された擬似天然。山猫アーサーとの関係は良好だが、自分が一番かわいい存在でありたいと思っているためか、構われやすい山猫をライバル視することも。

閣下アーサー CV:花江夏樹
魔導書型エクスカリバーを使いこなす。
性格は尊大な俺様気質で、基本的には人を見下している。知性は非常に高く、物事を論理的に考えることは得意らしいが、精神が未熟であるため逆境に弱い。

ブリギッテ CV:芹澤優
閣下アーサーのサポート妖精。
「~っす」などと、後輩めいた口調で話す。閣下アーサーが心を許す数少ない相手。閣下アーサーを子供っぽくて手のかかる頼りない主と思いつつも、成長を温かく見守っている。

錬金アーサー CV:水瀬いのり
ハンマー型エクスカリバーを使いこなす。
いつも真顔にマイペース、早く大人になりたいドジっ娘。孤児として各地を転々とし、子供ながら様々なアルバイトをしていた。常に成長しようともがき、背伸びすることも。

ボダッハ CV:三森すずこ
錬金アーサーのサポート妖精。
常に自信満々だが、ドジっ子妖精。錬金アーサーの知識量を高く評価し、信頼している。大した知識や経験があるわけでもないのに、意識が高いように見えるのは錬金アーサーの影響。

流浪アーサー CV:中村悠一
二丁の拳銃型エクスカリバーを使いこなす。
茫漠と生きてきた男で、自分の高い能力を持て余してきた。日ごろはクールで達観しているが、仲間の面倒見が悪いわけではなく、それなりの情もある。

ベトール CV:日高里菜
流浪アーサーのサポート妖精。
非常に知性が高く優秀であるが故に発言がドSで厳しい。だが、意外と情にはもろい。自分にも世界にも興味のない流浪アーサーの将来を、彼女なりに心配しているようである。

TVアニメ公式サイト
TVアニメ公式Twitter

(C)叛逆性ミリオンアーサー製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧