menu
アニメ
冬アニメ『えんどろ〜!』声優・久野美咲(マオ役)インタビュー:連載第4回

アニメ『えんどろ〜!』連載第4回:マオ役・久野美咲さん│ユーシャたちだからこそ築くことができたマオとの絆

2019年1月12日(土)深夜1時より放送中のTVアニメ『えんどろ~!』。本作は『ゆゆ式』シリーズを手がけたかおり監督をはじめ、数々のアニメーション制作を担当したStudio五組らがメインスタッフに名を連ね、“ありそでなかった日常系ファンタジー”をテーマに描くオリジナルアニメとなっています。

また、『ゆるゆり』の作者のなもり先生がキャラクター原案を手がけるキュートなキャラクターを、赤尾ひかるさん、夏川椎菜さん、小澤亜李さん、水瀬いのりさん、麻倉ももさん、久野美咲さん、西明日香さんら若手女性声優陣が務めることもあり、2019年冬アニメの中でも注目が集まっている作品です。

この度、アニメイトタイムズでは、全4回に渡ってスタッフ・キャスト陣へのインタビュー連載企画を実施。作品やキャラクターの魅力をはじめ、制作・収録秘話などを語っていただきます。

最終回となる第4回では、マオ役の久野美咲さんが登場。物語の中核を担ってきたマオを演じる上でのエピソードや、収録の裏話などを語っていただきました。

▼連載バックナンバー
第1回 かおり監督インタビュー
第2回 赤尾ひかるさん、夏川椎菜さん、小澤亜李さん、水瀬いのりさんインタビュー
第3回 シリーズ構成・脚本:あおしまたかし氏インタビュー

アニメイトタイムズからのおすすめ

スープと共にマオの胸に染みたユーシャたちの温かさ

――最終話の収録を終えた今のお気持ちをお聞かせください。

マオ役・久野美咲さん(以下、久野):毎回すっごく楽しく収録させていただいたので、最終回のアフレコが終わった日は「終わっちゃって寂しいね」「あっという間だったね」という話をみんなとしていました。

いつもアフレコをしながら癒やされていましたが、オンエアでは絵や音楽が合わさって、さらに『えんどろ〜!』のゆるくてほっこりするような世界観ができあがっているので、私もいつも和みながら楽しく観ています。

――(掲載時には)ついに最終回を迎えますが、久野さんの中で作品に対する印象は変化しましたか?

久野:一見すると可愛らしかったり、ほっこりする部分が目立つのかなと思いきや、お話の軸がしっかりしていて、最終話まで観るとすべて繋がるような内容で。ただゆるいだけではないのだなぁと、最初の頃の印象とは変わりました。

第1話のアバンでラストシーンが描かれたのは斬新だと思いましたし、そこで流れたエンドロールもゲームのエンディングのようにアルファベットでスタッフさんの名前が載っていてすごく面白かったです。きっとそこで、一体どんなお話になるのかなぁと惹き込まれた方もいたのではないかと思います。

――当初はマオにどういった印象を受けていたのでしょうか。

久野:オーディションで初めてキャラクターのイラストを見たときは、「かわいい!!!」と思いましたね。小さいのに頑張って胸を張っているような佇まいがいいなぁと。ですがただ可愛いだけでなくて、実は魔王として何千年も繰り返し生き続けてるんですよね。大きな姿になるのも想像が付きませんでしたし、声をまさか玄田哲章さんが演じられるなんて、本当に驚きました。

――最終話に進むに連れてマオの過去も明らかになっていきましたが、久野さんの中でマオというキャラクターの印象は変わりましたか?

久野:マオは見た目は小さくて可愛い子供ですが、歴代の魔王の記憶を持っているが故の苦しさや、ずっと勇者に勝てない悔しさなど、色々なものを抱えていることが演じていく中で分かりました。それでも心を強く持って頑張って生きているんだと実感しましたし、私自身も演じているうちに愛着が湧きました。

特にマオの過去がフィーチャーされる第6話を経て、マオに対する愛しさのような気持ちが生まれたんです。色々なことを経験しているマオだからこそ、人間味があると言いますか。彼女の懐の深さはそこから来ているのかなと思って。お話を重ねれば重ねるほど、どんどんマオのことが好きになっていきました。

――それこそ第6話のマオの回想シーンでは椅子の下の小部屋で苦悩を吐露する場面がありました。

久野:きっとマオは寂しかったし、ずっと辛かったんだと思います。メイゴ(メイドゴーレム)に対しても、素直になれない部分がありましたし、「魔王」という肩書がある故に苦しんでいたんじゃないかなと。

――第2話で魔王を辞めてしまいましたが、抱えていたバックボーンを鑑みるとまた異なる印象を受ける気がしていて。

久野:マオの中では魔王でいることがどんどん辛くなってきたこともあって、それなら辞めてしまおうとポジティブな選択をしたんだと思います。マオ的にはそこで晴れ晴れとした気持ちになったと思いますが、魔王を辞めたからといってユーシャたちとすぐに仲良くなることはなくて。ユーシャたちからすると先生のままですが、きっとマオの心は軽くなったと思います。

でもローナ姫が登場したときに、魔王であることを気付かれたんじゃないかと焦っていたので、まだ魔王である自覚はあるんだろうなって。やっぱり、いきなり魔王という肩書を切り捨てることはできなかったのかもしれないですね。

――生まれたときから記憶を引き継いで魔王として生きてきたわけですから、なかなか引き離すことはできませんよね。また、第6話でユーシャたちがマオを看病する場面は、ターニングポイントになったと思います。

久野:ずっとユーシャたちと敵対していて、弱みを見せちゃいけないと虚勢を張っていたんですよね。だけど、自分が一番弱っているときにみんなが優しくしてくれて。自分の汚い部屋もすべてバレてしまいましたし(笑)。魔王熱にかかったことがきっかけで、ユーシャたちとの距離が一気に縮まった気がしました。

――メイゴや手下たちとはあくまで「魔王と従者」という関係性でしたが、先生になってから改めてユーシャたちと出会って「マオちゃんとユーシャたち」という、彼女にとって新しい関係になったわけで。

久野:きっとユーシャたちの接し方は、今までマオが関わってきた人たちとは違かったんだと思います。そんな彼女たちの心の温かさが、スープと共にマオの胸に染みたんだと思います。

作品愛に溢れる収録現場と、変化していくマオの立ち回り

――外見は幼い女の子、中身は魔王というギャップのある役どころですが、演じる上ではどうったところ意識されたのでしょうか。

久野:見た目が子供なので、身体が小さいというのは演じる上で意識しましたが、言動がどこか年寄りじみて基本的に落ち着いているので、そこまで幼く演じようとは思いませんでした。

特にユーシャたちに対しては、魔王として距離を一線ひいていましたし、先生でもあるので。一緒になってワイワイするのではなく、一歩ひいた俯瞰的な立場から色々教えたり、たしなめたり、見守ったり…。ちょっと気だるそうな先生でしたけどね(笑)。

あとはキャラクターの中ではマオの身長が一番低かったので、誰かと会話するときは、胸を張って顔を上に向けて喋っている雰囲気が出るように意識しました。

――マオはモノローグが多く、表面的な部分とは異なる面も垣間見えますよね。

久野:やっぱりユーシャたちには魔王として聞かせられないこともあるため、表向きは先生だけど心の中では「しめしめ……」と思っているシーンがたくさんありましたよね。そんな本音と建前のギャップも演じていて楽しかったです。特に、心の中で勝手に盛り上がって、実際に高笑いとして声に出た直後に必ず咳き込む、というお決まりの流れも面白くて(笑)。

――マオならではの魅力のひとつですよね(笑)。収録のときにはどういったディレクションがありましたか?

久野:かおり監督からは「ユーシャたちとマオの関係性が大事になります」と事前に教えていただいてたので、その点は毎回意識していました。

ただ、不安に思うところもあったので、第1話の収録終わりにみんなとご飯に行ったときに「大丈夫でしたか?」とお伺いしたんです。そうしたら、すごく優しく「良かったですよ!」と言っていただけたので、私も安心できて「もっともっと頑張ろう!!!」と思いました。

かおり監督は役者に対していつもパワーを送ってくださるんです。新キャラクターやゲストキャラクターが登場した時は、キャラクターの説明や意識してほしいポイントなどを私たちにその都度説明してくださるんです。演じる上で疑問を持ったり困ることがないような環境を作ってくださるので、きっとみんな演じやすかったと思いますし、作品への愛を感じました。

その作品愛はオンエアを観ても画面越しに伝わってきて。かおり監督をはじめ、スタッフさんやキャストさんみなさんの作品への愛が合わさって、観た人を幸せな気持ちにさせられる作品になっていると思いました。

――たしかに、第1回インタビューで作品の魅力を語っていただいた際に、熱い作品愛をひしひしと感じました……! 音響監督の明田川仁さんからはどういったディレクションが?

久野:特に印象に残っているのは、高笑いからの咳込みの咳を、もっと汚くしてほしいというディレクションです。

それもただの咳ではなく、おじさんの咳ように痰が絡むくらい汚く、というアドバイスもいただいたので、その通りに頑張って寄せて演じたつもりですが……オンエアで観てみると思っていたよりもクリアに聞こえたので、まだまだだなと反省しました(笑)。

――(笑)。

久野:また、マオはツッコミも多かったのですが、そのツッコミが強すぎると全体的に見たときに『えんどろ〜!』の持つ空気感を壊しちゃうんじゃないかな…と不安に思うことがあって。呆れた上でのツッコミなのか、本気で怒ったツッコミなのか、その場面や前後のテンポによって異なりますし、演じているときはどうしてもマオ視点になってしまうので。

他にもわからなくなった時はすぐに仁さんに質問をして、的確なディレクションをしていただいていたので、いつも安心して思いっきりマオを演じることができました。

――ツッコミの加減もありますし、さらにユーシャたちとの関係性の変化が加わるわけですからね。

久野:そうなんです。最初はきついツッコミが多かったのですが、徐々に愛のあるツッコミになっていくので、その変化していく過程も演じていて楽しかったです。

――先ほども話に挙がりましたが、魔王としてのマオを玄田さんが演じられましたが、共演されていかがでしたか?

久野:姿は違っても同一人物なんですよね。私が演じるマオのときの喋り方や話すスピードを、大きくなった魔王を演じられているときに汲んでくださっていると感じることがあって、非常にありがたく思いました。

それからユニゾンの台詞も多かったので、まさか玄田さんと同時に台詞を言うことができるなんて、すごく光栄でした!!

――ちなみに、第2回の勇者パーティーのインタビューの際にメイ役の水瀬いのりさんが、ユニゾンのセリフの後におふたりが会釈をしていてとても和んだとお話しされていました(笑)。

久野:そのことをインタビューで話したと、いのり本人からも聞きました(笑)。休憩時間に玄田さんご本人とは、私が子役の時にご一緒した吹き替えの現場の思い出話をしていました。

――そんなアフレコ現場の雰囲気はいかがですか?

久野:もちろん現場だから集中してお芝居をしますが、作品がまったりしていることもあって、休憩時間はのほほんとしながらみんなと色々なお話をしていました。特に隣の席のいのりとたくさん話した気がします。久しぶりの共演だったので、嬉しくって。

――収録後もみなさんでご飯に行かれるそうですね。

久野:そうなんです。いつも休憩時間になると、ぴーちゃん(赤尾ひかるさん)がまるでユーシャのように「ご飯行こう!」とみんなに声をかけてくれて。みんな焼肉が大好きで……今思い返すとアフレコ後のご飯はほぼ焼肉でしたね(笑)。

すべての肩書を取っ払って接するユーシャたちだからこそ生まれた初めての絆

――ユーシャパーティーを中心に個性的なキャラクターばかりの本作ですが、マオ以外でお気に入りのキャラクターを挙げるなら?

久野:みんな可愛くて大好きなんですけど、マオを演じていることもあるためか、女戦士が魅力的だなと思いました。本音と建前が逆のキャラクターで面白くて(笑)。マオに対してはすごく真っ直ぐで、好意がガンガン伝わってきますよね。

それに対してマオは戸惑いつつも、女戦士には決して冷たくすることはないんですよ。孤独を抱えてきたマオにとって、いつも見守ってくれている存在がいると、やっぱり嬉しいんじゃないかと思います。そんな包容力も持ち合わせている女戦士は、種﨑(敦美)さんのお芝居で、さらに魅力的なキャラクターになったんだと思います。

――第11話まででお気に入りのエピソードをお聞かせください。

久野:ゆるくて面白くて、どれも素敵なエピソードですよね。その中でも個人的には、メイゴとのシーンが印象に残っています。第11話でメイゴがちびちゃんから出てきてマオの家で一緒に生活するシーンは、第6話の回想を見たこともあって、グッとくるものがありました。

メイゴには実は記憶があるのに、マオをかばって記憶がないフリをするじゃないですか。そこでマオを大事に思ってくれているんだと改めて思いましたし、マオも「忠実な部下を切り捨て――何が魔王か!」と覚悟を決めることができて、マオとメイゴの絆を感じました。

魔王として998回も勇者に倒されることは、きっと辛いと思うんですよ。でもいつも近くで見守ってくれていたメイゴが、こんなにも想ってくれているのなら、マオの過去は報われたのではないかと思います。

――第6話の回想ではできませんでしたが、第11話で一緒に食卓を囲むこともできましたよね。ではマオ以外でのお気に入りエピソードは?

久野:私が一番、感動したシーンは、第2話でちびちゃんが頑張って二足歩行する場面です!!アフレコで展開は知っていましたが、オンエアを観たら「ちびちゃん!頑張って!」と思わず言ってしまうくらい感動的なシーンになっていて! ちびちゃんが立ったときに、本当にうるっとしました(笑)。

現場でもちびちゃん役の西明日香ちゃんが、熱いディレクションをされていたんですよ! 実際にオンエアを観てから「このときのためだったんだ!」と思いました。

第2話を通して観たときに、ちびちゃんが立つシーンがハイライトになるなんて『えんどろ〜!』はやっぱりすごいと思って(笑)。そういう平和な和やかさが視聴者の方にも伝わっていたら嬉しいです。本当に素晴らしいシーンなので、ぜひもう一度観返していただけると嬉しいです!

――最後になりますが、久野さんからご覧になったマオとユーシャたちの関係性の魅力について教えてください。

久野:マオは「自分は教師なんだから先生として扱ってほしい」と思ったり、「自分=魔王」であることを根底に抱えていて、ユーシャたちと敵対します。「魔王」と「教師」という肩書をつねに意識して生きていますが、ユーシャたちって、実は初めからそういう肩書と関係なしにマオと接してくれているんですよね。

だからこそ、最初の頃のマオは戸惑っていたんだと思っていて。肩書を取っ払った状態で相手と接することができるユーシャたちは、マオ自身からすれば異質なのかもしれません。

ただ損得関係なしに、相手としっかり向き合って絆を深めることができるユーシャたちだからこそ、マオと心の距離を縮められたんだと思うんです。そういう関係性って、すごく素敵ですし大切にしたいですよね。

きっと『えんどろ〜!』を観ていてまったりできるのも、ユーシャたちの人との向き合い方や心の綺麗さに、みんなが癒やされているからなんだと思います。

そして、ついに最終話が放送となります。ユーシャたちとマオが、今まで第1話から築いてきた関係がどんな結末を迎えるのか。ぜひ最後までゆったりまったり癒やされながら見守っていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします〜!

――ありがとうございました。

[取材・文/鳥谷部宏平]

連載バックナンバー

▼第1回:かおり監督インタビュー│後ろ姿まで見逃せない!監督となもり先生のこだわりが詰まったキャラクターは今季アニメ最強の可愛さ!?

▼第2回:赤尾ひかるさん、夏川椎菜さん、小澤亜李さん、水瀬いのりさんインタビュー│勇者パーティーの声優陣が語る、ゆる〜いキャラに隠れた演技へのこだわり

▼第3回:シリーズ構成・脚本:あおしまたかし氏インタビュー│マオが裏主人公である所以と変化する勇者パーティーとの関係性

TVアニメ『えんどろ~!』作品情報


 

放送情報

2019年1月12日(土)~
TOKYO MX、BS11にて深夜1時より放送

2019年1月14日(月)
AT-X、とちぎテレビにて23時より放送
 

INTRODUCTION

――――ユーリア・シャルデット、無職です♪

人々とモンスターが共存して暮らす剣と魔法の大陸「ナラル島」。
そこには恐ろしい「魔王」が存在していました。
はるかはるかの大昔、ナラル島に現れた魔王を倒した初代勇者――
それからも、様々な時代で何度も何度も魔王は蘇り、
同時にそれに対抗する勇者もまた現れ…。
少女たちは、いつの日か出ずる魔王を倒すべく冒険者学校へ通います。

ちょっと抜けているけど勇者体質の、ユーシャ。
生真面目ゆえに苦労が絶えないエルフの聖者、セイラ。
食べることが大好きで明るい戦士、ファイ。
物静かなヲタク魔法使いの、メイ。

勇者パーティーを目指す4人の、いつまでたっても魔王をたおす様子のないゆる~いファンタジーライフがはじまります。
 

STAFF

原作:い~あ~るぴ~!
監督:かおり
シリーズ構成:あおしまたかし
キャラクター原案:なもり
キャラクターデザイン:飯塚晴子
モンスターデザイン:岩永悦宜
総作画監督:大田謙治
美術監督:込山明日香(イマジネット)
美術設定:柴田千佳子
色彩設計:松山愛子
撮影監督:東郷香澄(チップチューン)
編集:武宮むつみ
音楽:藤澤慶昌
音響監督:明田川仁
音響効果:小山恭正
音響制作:マジックカプセル
音楽制作:キングレコード
プロデュース:EGG FIRM
アニメーション制作:Studio五組
製作:えんどろ~製作委員会!
 

CAST

ユーシャ(ユーリア・シャルデット):赤尾ひかる
セイラ(エレノワール・セイラン):夏川椎菜
ファイ(ファイ・ファイ):小澤亜李
メイ(メイザ・エンダスト):水瀬いのり
ローナ姫(ローナ・プリシパ・オ・ラパネスタ):麻倉もも
マオ:久野美咲
 
公式ホームページ
公式Twitter(@endro_anime)

Blu-ray情報

えんどろ~! 第1巻
価格:7,344円(税込)
発売日:2019/03/27

≪収録内容≫
◆本編
第1話~第3話
◆映像特典
・ノンテロップOP/ED

封入特典:特典内容
◆なもり描き下ろしマンガ収録 スペシャルブックレット
◆ドラマCD「最初の最初の物語~!」

封入特典:キャラクターデザイン飯塚晴子描き下ろしBOX(初回)
※特典は無くなり次第、終了とさせて頂きます。ご了承下さい。

封入特典:イベント優先販売申込券(初回)
※特典は無くなり次第、終了とさせて頂きます。ご了承下さい。

■日程:2019年6月8日(土)
■会場:中野サンプラザ
■開場:17:00/開演:17:30
■出演
赤尾ひかる、夏川椎菜、小澤亜李、水瀬いのり、
麻倉もも、久野美咲、西明日香、出演予定

 
アニメイト特典:アクリルキーホルダー
※特典は無くなり次第、終了とさせて頂きます。ご了承下さい。

アニメイト全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用全巻収納BOX
※特典は無くなり次第、終了とさせて頂きます。ご了承下さい。

※『【Blu-ray】TV えんどろ~!』 1~4 を全巻ご購入頂いた方が対象となります。

(C)ERP/えんどろ~製作委員会!
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧