menu
声優
『Kiramune Presents 浪川大輔×柿原徹也×吉野裕行 Joint Live 2018 "VERSUS"』2日目レポート

病みつきになるお祭り騒ぎ感!『Kiramune Presents 浪川大輔×柿原徹也×吉野裕行 Joint Live 2018 "VERSUS"』2日目レポート

男性声優たちが参加している音楽レーベル、Kiramune。浪川大輔さん、柿原徹也さん、吉野裕行さんによるジョイントライブ『Kiramune Presents 浪川大輔×柿原徹也×吉野裕行 Joint Live 2018 "VERSUS"』が、幕張メッセイベントホールにて11月10日・11日に開催されました。

本稿では、最終日11月11日の公演をレポートします。

アニメイトタイムズからのおすすめ

最初から3人の個性が爆発!

開演時刻ピッタリ、オープニングのSEが流れると会場からは割れんばかりの声援が。スクリーンに浪川さん、柿原さん、吉野さんが映し出されると、さらに歓声は高まっていきます。

オープニングムービーが終わると同時にステージ上の幕が落ち、いつも3人がソロライブで引き連れているバックバンドのメンバーたちが登場。1曲目は、「We'll Versus」。

しかし、12人(ギター、ベース、キーボード、ドラム×3組)もバンドメンバーが並ぶと圧巻……! 音圧もすごい。そんな中、まず姿を現したのは柿原さん。続いて吉野さん、浪川さんが登場し、大熱唱。会場を盛り上げます。

1曲目が終わると、ソロパートがスタート。

まずは、吉野さんから。「幕張の皆さん、『VURSUS』始まりますよ!皆さんの声、聞きたいと思います。カッキーファンの皆さん! 大輔大好きの皆さん! 俺推しの人! 一緒に盛り上がろうぜ!」と、始まったのは「はじまりのうた」。楽しそうにジャンプをしながら歌う姿が印象的です。

”THE BAND A℃”(吉野のバックバンド)のメンバー紹介を経て、「CALL」へ。キーボードとドラムの間で歌ったり、ステージを動き回ったり、とにかく自由!楽しんでいる様子が伝わってきます。

そして3曲目は、「CATWALK」。イメージカラーであるピンクの照明に包まれて、やや大人な雰囲気に。

続いて登場したのは、柿原さん。重めのサウンドが印象的な「進ませろ!」からスタート。レーザーを使った照明もロックな曲調にピッタリです。

大歓声を受けつつ、次は「リングオブドランカー」。打って変わって明るく爽やかな曲ですが、観客に向かってバキュンポーズをしたり、「C'mon!」と煽ったり、終始ノリノリ。

途中で”OKAKI BAND”(柿原のバックバンド)のメンバー紹介をすると、恒例の寸劇の始まりです。

会場に“カッキーコール”が鳴り響くと、復活する柿原さん。最後まで歌いきると、次曲「通り風」へ。

“丁寧に歌い上げる”という言葉がピッタリなパフォーマンスを見せてくれました。

そして、最後は浪川さんの登場!イメージカラーの黄色の長法被を身にまとい、自身のバックバンド”NON STRESS”(浪川のバックバンド)のメンバーを携えて歌ったのは「ファンキー☆ウェーブ」。

「さあ皆さん、ウェーブを起こしてください。最初は前から後ろへ。よろしくお願いします。ヨーソロー!!」の声で、客席にはきれいなウェーブが発生。その後も度々きれいなウェーブが生まれたり、掛け声が上がったり、大盛り上がり。

続けてメンバー紹介をし、「イエローマン」を熱唱。ベースとギターを引き連れ、ステージを縦横無尽に動き回ります。最後に、「ELEVATION」でもうひと暴れ。マイクスタンドを使ったパフォーマンスで熱唱しました。

メドレーにアコースティック、普段聞けないアレンジが盛りだくさん

ここからは、”VERSUS メドレー”のスタートです。

始まりは柿原さんの「Eternal screaming」。そして吉野さんの「サイレン」、浪川さんの「デリンジャー」と続きます。

サイドの花道に移動した柿原さんが「Chaos Breaker」、反対側では吉野さんが「シャララ」、そしてセンターステージで浪川さんが「暁」を歌い、メドレーは終了。怒涛のメドレーに会場の歓声が止まりません。

続いて、センターステージに作曲家の宮崎誠さんを迎えてMCへ。すると、「3人に提供させてもらった曲のアコースティックバージョンをやらせてもらっていいですか?」と宮崎さん。

アコースティックギターやウッドベース、カホーンなどの楽器が運び込まれ、各バンドから選抜されたメンバーも登場。アコースティックコーナーが始まりました。

柿原さんの「Good Luck」、吉野さんの「DRAMATIC SURF COASTER」、浪川さんの「なりたいありたい」に、宮崎さんのコーラスとアコースティック楽器が加わって、いつもとは違った雰囲気で楽しませてくれました。

甲乙つけられない! 3人による盛り上げ合戦

さて後半戦へ……という時、宮崎さんから「VERSUSっぽいことしてもらおうかな、誰が一番お客さんを盛り上げられるか。最初は浪川さんで」という指令が。

それに応えるように「まだまだ盛り上がれますか!声出せますか!思いっきり楽しんでいけますか!」という声で始まったのは、「UTAO」。

手を左右に大きく振りながら、観客のテンションを温めていきます。会場全員での大合唱もあり、一体感に包まれます。

浪川さんが全力で盛り上げた後は、柿原さんの「ダンディギ」。会場の隅々までパフォーマンスを届けます。観客とコールアンドレスポンス。ペンライトが大きく揺れていました。

そして最後は、フライングVを持って登場した吉野さんの「\わっしょい/」。「次はこの曲で盛り上がろうぜ!わっしょいって言えばいいだけ!」という吉野さんの言葉通り、<\わっしょい/>の部分は大合唱!

最後は「サンキュー、わっしょい!」と曲を締めていました。

こうして3人のバトルが終わると、最後の曲「VERSUS」。最後は3人で肩を組んで楽しそうに声を合わせていました。

まだまだ続く、お祭り騒ぎ

3人がステージを去った後も、アンコールが鳴り止みません。その声に応えるように、再び吉野さんが登場。「アンコール、ありがとう!もう少しだけ楽しんでいってください」と、「innocence」を。

続いて、浪川さんも登場。「Elements」で会場を盛り上げました。

最後は、柿原さんが「飛行機雲」を、しっとり歌い上げます。

「アンコールありがとうございました」と改めて感謝の言葉を述べます。再びバンド紹介をすると、下手に浪川さん、センターに吉野さん、上手に柿原さんがスタンバイ。re Kiramune☆All Starsの「僕らの描く未来」を披露してくれました。

銀テープも会場に降り注ぎ、ラストを盛り上げます。

最後はバンドメンバー含めて全員でラインナップ。「本日は誠にありがとうございました!」という浪川さんの言葉で幕を下ろしました。

[取材・文/高橋梓]

◆Kiramune公式サイト
◆Kiramune公式Twitter

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧