menu
ゲーム・アプリ
アプリ『星鳴エコーズ』青木摩耶役・岡本信彦インタビュー【後編】

『星鳴エコーズ』青木摩耶役・岡本信彦さんインタビュー【後編】|将棋で対局することになったら勝てないかもしれません

2019年リリース予定の育成シミュレーションゲーム『星鳴エコーズ』。本作は、『夢王国と眠れる100人の王子様』『茜さすセカイでキミと詠う』を手がけるジークレストの完全新作です。

人々の社会・生活・命を脅かす塔“フラグメントタワー”を消し去る力を持つ“セプター”の育成教育機関「星鳴学園」。プレイヤーは教師となり、選抜クラスのセプター候補生が集う寮“スピカ寮”を担当することに。キャラクター同士の関わり×プレイヤーとキャラクターの関わりという2軸でストーリーが展開されていきます。

アニメイトタイムズでは、リリース前に先がけて、本作に登場する個性的なキャラクターを務める声優陣にインタビューを実施中! 今回は、【前編】に引き続き、青木 摩耶役の岡本信彦さんです。

青木 摩耶(あおき まや)は、第12学生塔破隊“アウリガ”の隊長を務め、有名な老舗和菓子屋の跡取り息子で常に穏やかな態度で接する懐が深い人物です。

後編となる本稿では、岡本さん演じるキャラクター・青木摩耶についての印象や魅力、そして岡本さんが大好きな将棋を交えながらのお話は、チーム「アウリガ」や『星鳴エコーズ』の世界観につながるとても深い内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

アニメイトタイムズからのおすすめ

岡本さん演じる“青木摩耶”は作品全体に影響を与える人物!?

――まずは、岡本さん演じる青木摩耶くんについてお伺いできればと思います。

岡本信彦さん(以下、岡本):青木摩耶くんはどんどん成長していていきます。自分の中できちんと弱点を理解し落としていく。そして立ち位置をつかんでいくキャラクターです。

最初は余裕な感じが出ていたので、裏があるキャラクターなのかな?と思っていましたが、みんなを信頼し自分のことを理解しているからこその“余裕”なのだと分かりました。

自分の力に対して“そこまで行けない”と分かっているからこそ、他のチームメンバーを信頼し頼りにしているんです。

――演じていく中で、最初とは違う印象を受けたのですね。

岡本:はい。僕自身「適材適所」という四文字熟語が好きでよく使っているんですけど、まさに彼にぴったり当てはまる言葉だと感じました。

――そんな青木摩耶くんがリーダーをしている「アウリガ」はどのようなチームだと思いますか?

岡本:摩耶くん以外のキャラクターはそれぞれの強さを持っていますが、摩耶くんが指揮することで個々の強さが足し算ではなく掛け算になっている、そんなチームだと思います。

なので、摩耶くんに戦闘能力はなくても、彼の考えたことが結果的に戦闘力になっていて。そこがチームだけでなく、キャラクターの魅力にもつながるのではないかと。

――足し算ではなく掛け算になるのですね。

岡本:そうですね。ただ単純にそれぞれを自由に戦わせるというよりも、フォーメーションを組むようなイメージです。

それがチーム内だけでなく、全体の指揮力につながっているので、摩耶くんは人をよく見ているキャラクターだと思います。

――全体に影響を与えるキャラクター、彼は結構重要なポジションのような気がします。もし、岡本さんが『星鳴エコーズ』の世界に入ったら、摩耶くんとどのような関係になると思いますか?

岡本:どうなるんだろう……関係性についてはわかりませんが、摩耶くんとは将棋を指してそうですね。彼は将棋が強そうなイメージがあります。

――おお!なぜそのように感じられるのでしょうか?

岡本:将棋は自分が駒になるのではなく、駒の力を考えながら動かし、勝敗を競います。そして、摩耶くんは仲間たちを信頼し、それぞれの戦闘力を頭の中で計算しながらフォーメーションを組んでいく。

そういう意味では将棋に近いものを感じますし、僕自身将棋が好きなので、彼と一局(いっきょく)を交えるんじゃないかな。

――どちらが勝つと思いますか?

岡本:どうなんでしょう(笑) 摩耶くんは将棋自体やったことがないかもしれない……。

あ! でも和菓子屋さんなので、おじいちゃんと一緒に指しているかもしれないですね!

一同:(笑)

岡本:将棋のルールを覚えたら、摩耶くんのほうが強くなりそうです。『星鳴エコーズ』の本編でも、全てうまくいくような、摩耶くんの手のひらで踊らされているようなパワーを感じるので、もしかすると勝てないかもしれません。

――手のひらで踊らされる……ますます、摩耶くんというキャラクターが気になってきました。

岡本:そうですね。(スタッフさんのほうを向いて)確か、摩耶くんは全体を指揮していましたよね?

スタッフ:そうですね。青木摩耶くんがいるチーム「アウリガ」自体、メインストーリーを担当されている高橋弥七郎先生が考案されたチームなので、先生の考えや想いの伝え役になっているのがチームのリーダーである摩耶くんなんだと思います。

――それぞれチームの特徴がありますが、「アウリガ」はまた違ったものを感じます。お話を聞くと、想像が膨らむばかりです。

岡本:確かに、想像が膨らみますね。僕自身、摩耶くんを演じて、彼のような隊長格も良いな、と思いました。

よくアニメで出てくる隊長は目を閉じていても敵をやっつけられるような強いイメージがありますが、摩耶くんは新しい方向性の隊長。僕もあまり演じたことがないキャラクターでした。

――プレイヤーは先生として生徒たちと接しますが、摩耶くんとはどのような感じで触れ合えるのかネタバレなしで軽く教えていただけるとありがたいです!

岡本:基本的に、摩耶くんは聞き上手でいろいろなキャラクターの相談役ですので、プレイヤーとなる先生の話もしっかり聞いてくれます。

自分に力がないという自信のなさが、いずれは自信につながる

――『星鳴エコーズ』は壮大な世界観が魅力の1つです。ストーリーに触れて、最初どのような印象を受けられましたか?

岡本:相手を単純に倒せばいい、塔を破壊すればいいというわけではなく、“戦略”やその“背景”について考えさせられるゲームだなと感じました。格ゲーとは正反対のイメージですね。

――その印象を受けた上で、摩耶くんを演じる際に意識したことはありましたか?

岡本:最終的に行き着く流れは分かっていたので、そこに辿り着くためにはどうしようかな、と考えました。

矛盾になりますけど、自分に力がない自信のなさが、いずれは自信につながる。そのようなところも表現できればと思い、若干達観している感じを出すために最初は少し傾き(かぶき)ました。

(※傾き=目立つ行動を取ったり、かっこよく振る舞ったりすること)

ちょっと傾いて、余裕のある未知数なキャラクターのように感じさせた上で、“実は……”みたいなところが表現できれば良いな、と。

――深い……物語が進むにつれて摩耶くんの本当の姿が見えてくるのですね。

岡本:後、体を張るシーンでは、できるだけ荒々しさが出ないように気をつけました。強く叫んでしまうとハスキーになったり、がなり声になったりしやすいので、その点ではキャラクターから外れないように心がけた部分です。

――本作はプレイヤーとなる先生、そして「星鳴学園」に通う生徒たちの“響きあう共鳴の物語”をテーマにしていますが、岡本さん自身が学園生活で“共鳴したなぁ〜!”と感じたエピソードがあれば教えてください。

岡本:う〜ん、何だろう。あえて言うなら、バトミントン部での楽しい思い出でしょうか。顧問の先生が厳しめの方だったのですが、優勝するとやっぱり嬉しかったです。

後は、焼肉を食べている時ですね!

一同:(笑)

岡本:焼肉は週4のペースで行くほど大好きで。口コミサイトで評判になっているお店に行って、実際に美味しいお肉が味わえるときはものすごく感動します。でも、これは果たして“共鳴”と言えるのか……(笑)

――それも立派な焼肉との共鳴です!(笑)

岡本:本当にこれでいいんですか!?(笑) そう言うと、学生時代に食べた高級焼肉店の味は本当に“共鳴”しました(笑)

――ありがとうございます! 最後に、アプリのリリースを楽しみにしている方にメッセージをお願いいたします。

岡本:ぜひ摩耶くんと共鳴していただきつつ、ストーリー自体もすごくしっかりしているので、まずはストーリーを楽しんでいただけたら嬉しいです。

――ありがとうございました。

[取材・文/福室美綺 写真/佐藤ポン]

◆事前登録情報
2月20日(水)より、事前登録が絶賛受付中です。
詳しい情報は事前登録ページをご確認ください。

『星鳴エコーズ』事前登録ページ

◆アプリ『星鳴エコーズ』作品概要

●あらすじ
人々の社会を、生活を、命を脅かす塔“星の塔フラグメントタワー”を消し去る力を持つ『セプター』セプター能力を向上させる力を持つ、特異な存在『共鳴者』その力を見出され、セプター養成学校“星鳴学園”の教師となったあなたは選抜クラスのセプター候補生が集う寮“スピカ寮”を担当することに。共鳴者として生徒たちと心を通わせ、誰よりも近くで見守ることがあなたの役目。セプターを育成する教育機関、星鳴学園を舞台にあなたと、生徒たちが奏でる共鳴の物語が始まる#### ――。

●概要
タイトル:星鳴エコーズ(ほしなりえこーず)
ジャンル:『共鳴』育成シミュレーションゲーム
配信開始日:2019 年(予定) iOS 版/Google Play 版
価格:基本プレイ無料(一部アイテム課金制)
対応 OS:iOS/Android(機種によりご利用いただけない場合があります)

●制作スタッフ
原作/開発/運営:ジークレスト
シナリオ・キャラクター原案:サウザンドスクリプト
メインストーリー:宮沢龍生、高橋弥七郎
生徒ストーリー・相関ストーリー:五十嵐雄策、志村一矢、鈴木鈴、蝉川タカマル、水沢あきと、菱田愛日、古橋秀之、来楽零 ※五十音順
メインキャラクターイラスト原案:キナコ、左近堂絵里、鈴木次郎、Tiv、TCB、雪広うたこ ※五十音順
キーキャラクターイラスト原案:高屋奈月
塔コンセプトアート:TAKORASU
音楽:佐橋俊彦

●キャスト
阿澄佳奈、市ノ瀬加那、江口拓也、逢坂良太、岡本信彦、置鮎龍太郎、小野友樹、木村良平、熊谷健太郎、小林大紀、小松昌平、近藤玲奈、斉藤壮馬、櫻井孝宏、佐藤拓也、佐藤利奈、島﨑信長、白井悠介、杉田智和、鈴木達央、芹澤優、高橋未奈美、丹下桜、中村悠一、西山宏太朗、花江夏樹、早見沙織、春野杏、坂泰斗、日野聡、堀江瞬、前野智昭、M・A・O、緑川光、皆川純子 ※五十音順

『星鳴エコーズ』公式サイト
『星鳴エコーズ』公式Twitter
『星鳴エコーズ』公式YouTubeチャンネル
『星鳴エコーズ RADIO』配信ページ

おすすめタグ
あわせて読みたい

星鳴エコーズの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019春アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優アワード