menu
声優
「木村良平のキムライズム」DVD第2弾木村良平ら声優陣の公式インタビュー到着

「木村良平のキムライズム」DVD第2弾より木村良平さん×江口拓也さん×斉藤壮馬さんら声優陣の公式インタビュー到着! スーツを着てお互いを撮影しあった感想に注目……!!

マイカメラを携えた声優の木村良平さんが、インスタ映えする“大人の趣味”を見つけるため、ゲストと共に様々なことを体験する企画「木村良平のキムライズム」。そのDVD第2弾が2019年10月25日(金)に発売! 

今回のゲストは江口拓也さんと斉藤壮馬さんで、スーツの着こなしや犬とのお散歩、エアガンに加えてワインを体験しています。この度、その収録を終えた3人への公式インタビューが到着しました!

スーツを着てお互いを撮影しあった感想や、エアガンに興奮した様子の3人は注目です。


 
アニメイトタイムズからのおすすめ

木村良平さん×江口拓也さん×斉藤壮馬さんインタビュー!!

――シーン毎に収録の印象に残っている事等をお伺いさせて頂きます。まずは、スーツについて学びましたが、実際に着てみていかがでしたか?

木村良平さん(以下、木村):僕は他の二人と比べて普段使いしやすいスーツスタイルだったのですが、疲れない格好だけど、ちゃんとして見えるし着心地も凄くよかったです。

普段は楽な格好がしたいのでラフな服装になるんだけど、少し肩の力を抜いているけど、年齢に相応しいファッションってあるんだな、とスーツに興味が持てました。

そのあとの撮影は、自分がカメラを持ってスタジオで撮影するということは初めての経験でした。

江口拓也さん(以下、江口):聞かないとわからないような、マナーが沢山あるんだなって思いました。今回、聞いたダンスパーティーの場でのマナーというのは、当然海外の考え方で、日本ではなかなか機会がないことですが、エナメルの靴を履くことで女性のドレスを汚さないようにするっていうのは、考えたこともなかったですね。

そもそも、ダンスってそんなに接触があるものなんだというのもわからなかったので。スーツスタイルの成り立ちや、歴史を学んでいるというのが、面白かったです。いつかそういう場所に行く機会があるかどうかわかりませんが、その時のためにマナーを学んでおくっていうのは重要だなと思いました。

スーツ自体は冠婚葬祭の時に必要なものだから、何となく買って着ることがありますが、タキシードはこういう機会がないと着ないので楽しませて頂きました。

斉藤壮馬さん(以下、斉藤):普段はなかなかスーツを着る機会がないので、当然知識も全然なかったんですけど、その分すごく新鮮でした。

やっぱり憧れがありますよね、スーツでビシッと決めるのって。時間や場所によって素材まで変えるなんて! とびっくりしました。いつか自分にピッタリのオーダーメイドのスーツ一式がほしいな、と夢が膨らみました。いつになるのかはわからないですけど(笑)。

お二人とも方向性は違えどめちゃくちゃ似合っていて、大人の色気を感じました。
 

――その後、ハウススタジオでお互いの姿の撮影を行ないましたが、カメラを構えてみていかがでしたか?

木村:スタジオでは自分が撮られる事しかなかったので、いつもと立場が変わって面白かったです。カメラを構えてて、被写体が良い表情を決めてもらえると嬉しくて「カメラマンさんの気持ちってこうなのか!」と思ったり(笑)。

あとは「江口やっぱかっこいいな」とか「壮馬は妙に色気あるな」って。スーツでさらに強調されてましたね。撮る人によって写真が全然違うので「こんなに写真に個性が出るんだな」という発見ができたのも面白かったです。

江口:カメラは持ってるんですけど、全然撮ってなかったので楽しかったです。画角まで考えて撮る、というのはしたことがなかったので、カメラマンさんがどういう所にこだわって画作りを行なっているのか、撮影しているのか、というのがわかって面白かったです。

今回のようなちゃんとしたカメラじゃなくても、スマホのカメラでも画角ひとつで雰囲気が変わるんだなと思いました。今後、何かを撮る時も、オシャレな写真が撮れそうです(笑)。

実際、撮られるのは苦手なんですけどね(苦笑)。いつも撮られる時は「お仕事」っていう意識が働くんですけど、今回は友達同士っていうのもあって、遊びで撮ってるっていう感じだったので、普段は見せないような雰囲気の撮影ができたんじゃないかなと思います。

斉藤:カメラを始めたい始めたいと思っていながらどこから手を付けていいのやらと思っていたので、正直ラッキーだと思いました(笑)。

基本的な画作りの考え方を教えていただいた上で、でもそれに囚われすぎることなく自由な発想で撮ることが大事なんだなと。光と奥行きのバランスが特に奥深そうに感じました。

昔は写真を撮られることが本当に苦手だったんですけど、年々記録を残すことが記憶にもつながるんじゃないかと思ってきて。これをきっかけにカメラを始めてみたいと思いました!
 

――続いて、犬のお散歩と撮影でしたが、いかがでしたか?

木村:いやー、芸能人に会った気分でしたね! タレント犬なので芸能犬か(笑)。いつも動画とかでしか見たことがなかったアイドルだったので嬉しかったですね。

たくさん写真を撮ったんですけど、一緒に散歩している時に撮った自分の主観写真に一番感動しました。「俺、散歩してる!」って(笑)。言わなくても行って欲しい方向に行ってくれたり、本当に良い子でした。

凄く大事にされてて、スタッフさんとの信頼が厚いから、僕に1ミリも興味ないんですよ…。だから、「あぁ、自分で飼いたいな。こっち向いてくれたら良いな」って思ってました。

写真は凄く難しかったです。どうしてもその瞬間、その一枚を狙ってしまうから余計に大変でした。でも結局、どんな写真にしたって可愛いんですけどね(笑)。

「キムライズム」第1弾の時に、色々と趣味を提案していく中の一つにカメラがあってカメラなら全体通してやりましょうという話になって、この番組の一本の柱になったなというのを感じました。僕らの視点の思い出としても残りますし、本当に良かったなと思います。

江口:本当によくしつけがされていて、散歩はあり得ないくらいスムーズだったし、言うこともちゃんと聞いてくれたし、プロの仕事を見ました(笑)。タレント犬……そう、タレントなんですよね!

お散歩のための犬なら、むしろ動き回って、はしゃぎ回って「お散歩大好き!」っていうのに特化してると思うんです。でも、タレント犬って「どうお散歩をしている画を撮るか」っていう話になってくるので、プロフェッショナルを感じました。

タレント犬とお散歩させて頂く機会もないので、とても新鮮でした。ドラマとかで、「この犬とだったら凄く良い画が撮れるんだろうな」って思いましたね。

斉藤:ラムネさんは本当に女優さんでした。まず、僕は動物全般と触れ合うのがそんなに得意ではないのですが、今回お世話になったみんなは完全にプロフェッショナルで、安心して一緒に遊ぶことができました。

ラムネさんは特にカメラへの意識が非常に高くて、映像が回り始めるやいなやすぐにそちらを見てポーズを決める。このプロ意識は自分も見習わなくては……と思いました(笑)。

そういえば、ワンちゃんと一緒に散歩したのって初めてじゃないかな……? カメラとしては、動いている被写体をどう活き活きと撮るかという点が難しくもあり楽しくもありましたね。
 

――続いてエアガンに挑戦しましたが、いかがでしたか?

木村:男の子は好きですからね。そして、まさかの教えてくれる人が知り合いっていう(笑)。昔、作品でお世話になった方だったんです。

大好きなゲームに登場する憧れてた銃を撃たせて貰えるとは思ってなかったです。エアガンを使ったミニゲームも面白かったですね。

謎の軍曹キャラも出てしまいましたが、あまりに大きい声を出したから江口がびっくりしてましたね(笑)。映像を見てる方は音量調整を上手くして頂けるといいなと思ってます。

江口:今は、色んなエアガンがあるんだなって思いました。撮影場所がもっと沢山の種類が置いてあるエアガン専門ショップだったら、あのまま購入してましたね(笑)。それくらい、楽しかったです。

サバゲーみたいに対人戦はハードルが高くてやったことがないのですが、今回みたいに動かない的を撃つというのも楽しいですね。そういうアトラクションとか企画があったらやってみたいです。

今回、用意していただいたタイムトライアルのゲームが面白くて、ああいうゲームができる場所があれば行ってやりたいですね。昔、小さい頃にエアガンで空き缶を置いて撃つという遊びをやっていたので、童心に返れました。

斉藤:いやあ、やはりロマンですよねエアガンは!

いわゆるハンドガンタイプくらいしか持ったことがありませんでしたが、こんなに種類があるのか、と驚きました。思っていたよりもどのモデルもかなり重量を感じたので、コレクションとしてもたまらないだろうなあ。

個人的にはスコープを使って遠方からひっそりと狙い撃つ感覚が好みだったので、今後サバゲーなどに参加したときにはそういう役回りを担当してみたいです。

しかし、なんでひとたびエアガンを握ると性格が豹変してしまうんでしょうね?(笑)
 

――最後はワインについて学びましたが、いかがでしたか?

木村:スーツと同じように縁遠くはないけど、改めて知識を勉強してみると「こんなに知らないことがあるんだな」と驚きました。「スティルワイン」とか「天使のため息」とか……初めて聞く単語でした。

ワインは奥が深くて底が見えないので手をつけ始めるのが怖かったのですが、基本のキを教わったことで恐怖が減って、学んでみたいなと思えるようになりました。

フィンガーフードも、見た目が華やかなので複雑なのかと思っていましたが、1つずつの材料は複雑でなく、組み合わせ方に工夫があって、とても美味しかったです。遊び心があって、食べて栄養になるだけじゃなく、ちょっと違った豊かさにつながるなと。

決して無駄使いしている豊かさじゃなくて、見せ方ひとつ、作り方ひとつで楽しくできるんだなと思いました。“キムライズム”を観て頂いて「面白い」だけじゃなくて、「エアガンに挑戦してみようかな」とか「フィンガーフード作ってみようかな」ってなって貰えたらと。

第1弾の時に作った料理を「作ってみました!」って方もいらっしゃって、そういうのを聞くと「そうそう!それがあますことなく楽しんでるよ、キムライズム!」って嬉しく思います。

江口:マリアージュの意味がわかった上でワインと料理を頂いたので、どうしてそういう旨味になるのかっていうのが凄くわかりやすかったです。こういう知識をいつでも思い出せるようにメモとかしておいたら、良い感じの大人な時間が過ごせそうですね。

普段は何の料理にでも合うハイボールを選びがちなんですけど、食べ物によってお酒のチョイスが変えられたら、もっともっと楽しいお酒になるんだろうなと思いました。

斉藤:もともとワインは好きなのですが体系的な知識がなく、畏れ多くて「好きです」なんて言えなかったので、もっとも基本的なことを教えていただけてすごく勉強になりました。

当たり前ですが、その道のプロの方がされている所作には当然意味があって、ただガワだけを真似するのでなく、そこにどんな歴史と思いが込められているかを知っていくことが大切なんだと感じました。

あと、個人的には、各種業界用語が好きなので、今回もワクワクしてしまいました(笑)。収録日以降、ワインを飲む頻度がかなり増えまして…‥もっと勉強して、さらに楽しんでいきたいと思います!
 

――今回、ロケを通してお互いの印象が変わった、意外な一面を発見した、仲が深まった等、ありましたらお聞かせください。

木村:普段から会う機会も多いし、江口の番組に出たりというのは今までもあったんですが、僕の番組に出てもらうというのは初めてだったので、バラエティ慣れしてて付き合いが長い奴らっていうのは頼もしいもんだ、と思いました(笑)。

場数も踏んでるし、自分が頑張って回すということをしなくても、安心して任せられるし面白くしてくれるので、ありがたかったです。二人とも“キムライズム”で癒されてくれてるといいな(笑)。

江口:今さら何もないっすね!(笑)。良平さんとも壮馬とも、プライベートでも仕事でも、何ならロケもしてるんで(笑)。

もう全部で関わってるから、逆に見てない所がないくらいです。本当にいつも通りの楽しい空間でした。

斉藤:お二人とも長くお世話になっている先輩なので、大きな変化はないのですが、改めてものすごく頼りになるなと。

タイプの違う二人のお兄ちゃんみたいな感じで、自分にもし兄がいたらこんな感じだったんじゃないかなと思いました。

唯一いつもと違うことがあるとすれば、いつもはハイボールを飲むことが多いけど、今回はワインだったことかな? 兄さんたち、今度おいしいワインのお店に連れてってください!(笑)
 

――今回、体験した物の中で今後も続けたい、もっと深く学んでみたいというものはありましたか?

木村:本当に全部ですね。スーツは着る機会もあるし、カジュアルスタイルは日常に取り入れていければと思いますし、犬は飼いたいし、エアガンもサバゲーに久しぶりに行きたいし、料理も好きだし、ワインも好きだし、カメラも撮り続けるし……全部ですね(笑)。

今回は、体験としては初めてでも、自分に素地が全くないという物はなかったので長い付き合いになるんじゃないかなと思ってます。大人なんでね、スーツとワインについてくらいは語りたいなと。

観てるみなさんも、彼氏がスーツ着て出かけるってなった時に「ポケットチーフくらい入れなさいよ」って、サッとやってあげられたら、格好いいんじゃないかな。

江口:スーツとワインは使えますよね。スーツは日常にフォーカスして押さえておかなくてはいけない部分をより詳しく知りたいです。ワインは、知識を増やして種類で選べるようになれたら格好いいなと思います。

斉藤:どれもめちゃくちゃ面白かったんですよね! とりあえずカメラを買って、ワインを飲みに行こうかな。そういえば、拓也さんが使ってないカメラがあるって言っていたような……(笑)。

料理を作るのが好きなので、フィンガーフードももっと学んでみたいです。ワインは先輩方に買ってきていただくとして(笑)。スーツは30代になったら1着ほしいですね!
 

――最後にDVDを楽しみにされているファンの皆様にメッセージをお願いします。

木村:前作で本当にただ僕のやりたいことを詰め込んだ企画に、ノブノブ(岡本信彦さん、島﨑信長さん)の二人に来てもらって、三人で一緒に学びつつも遊ぶっていう番組をやりたいようにやらせてもらったら、たくさんの方が観て楽しんで下さって、お陰様でなんとこうして第2弾ができることになりました。

第2弾も、前回に輪をかけて僕が学びたいこと、やってみたいことを、二人につきあってもらって実現しました。
何となくやるんじゃなくて、プロに教わってちゃんと何かをやるっていうのは面白いんですよね。

でもそれって、やりたいことに一歩踏み出すのって勇気がいることだと思うので、僕らが遊んでいる姿を観て、みなさんの新たな趣味の広がりに繋がったらいいなと思っています。まあ、僕らがやっていることはただ遊んで楽しんでいるだけなので、気楽に観ていただけたらと思います。

江口:ひとつの企画の中で、しかも1日でこれだけ色々な所に行って、種類も違う色んなことをするっていうのはなかなかないです。そこは良平さんならではだなと思います。

僕だったら「酒!酒!酒!楽しい!終わり!」ってなるから、普段体験できないことを1日でやることができたので、かなりバラエティに富んだDVDになってると思います。

色々なみんなの表情が見られますので、是非是非、楽しんでください!

斉藤:とても密度の濃い1日でした! なんとなく興味はあるけれどどこから手を付けたらいいんだろう?というようなことって、誰にでもあると思います。それを番組で、しかもプロの方に教わって学べちゃうなんて最高です!

改めまして、良平さん、拓也さん、そしてスタッフの皆様、ありがとうございました! 僕自身もこれをきっかけにより深めていきたいと思いましたし、ご覧くださった皆様の新たな一歩のきっかけになってくれたら嬉しいです。よろしくお願いいたします!

――ありがとうございました!

 

DVD『木村良平のキムライズム II』商品情報

発売日:2019年10月25日(金)
価格:7,800円(税抜)
発売元・販売元:株式会社ムービック

出演:
木村良平
江口拓也
斉藤壮馬

ナレーション:
上村祐翔

アニメイト店舗特典

■早期予約特典:ポストカード(アニメイト店舗版)
・予約期間:2019年7月10日(水)~9月16日(月)まで
※商品ご購入時のお渡しとなります。

■予約特典(全額内金)
・DVD「木村良平のキムライズムⅡ」発売記念 木村良平 直筆サイン入りポストカードお渡し会 応募抽選券

【日程】2019年12月8日(日)
【場所】アニメイト渋谷
【内容】木村良平さんによる直筆サイン入りポストカードお渡し会
【申込期間】2019年7月10日(水)~10月23日(水)
 

アニメイトオンライン特典

■早期予約特典:ポストカード(アニメイトオンライン版)
・予約期間:2019年7月10日(水)~9月16日(月)まで
※商品ご購入時のお渡しとなります。

■予約特典(全額内金)
・DVD「木村良平のキムライズムⅡ」発売記念 木村良平 直筆サイン入りポストカードお渡し会 応募抽選券

【日程】2019年12月8日(日)
【場所】アニメイト渋谷
【内容】木村良平さんによる直筆サイン入りポストカードお渡し会
【申込期間】2019年7月10日(水)~10月23日(水)
 
■アニメイトオンラインショップでの購入はこちら


 
 
公式Twitter(@kimura_ism)
公式インスタグラム

(C)kimuraism
おすすめタグ
あわせて読みたい

木村良平の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー