menu
アニメ
TVアニメ『七つの大罪 神々の逆鱗』インタビュー第1弾【福山潤&鈴木達央】

TVアニメ『七つの大罪 神々の逆鱗』キャストインタビュー第1弾 福山潤さん&鈴木達央さん|これまでのTVシリーズの中でも、ハードな内容の本シリーズが一番“ラブ”要素多め!?

テレビ東京系列で放送中のTVアニメ『七つの大罪 神々の逆鱗』。TVアニメ新シリーズとなる今回はクライマックスへ向けて物語が急展開中です。

アニメイトタイムズでは、本シリーズでの見どころや、放送を振り返っての感想などを伺ったキャストインタビューを連載!

第1弾では、キング役・福山潤さんとバン役・鈴木達央さんに、改めて本作の魅力やキャラクターの恋愛事情などを語っていただいた模様をお届けします。

アニメイトタイムズからのおすすめ

原作から楽しみにしていたシーンが盛りだくさん!

――TVシリーズが始まって5年ほど経過、クライマックスへ向けての新シリーズということで、改めてお二人が考える『七つの大罪』の魅力、人気の理由はどんなところでしょうか?

キング役・福山潤さん(以降、福山):さあ、どんなところなんでしょう!

一同:(笑)。

バン役・鈴木達央さん(以降、鈴木):そこからですか?(笑)

福山:そうですね(笑)。原作の発行部数や、TVアニメが新シリーズに入ったということで、プロジェクトが成功していることからも、客観的に魅力的なのが分かりますし、実際に面白い作品です。

ですが、面白いからといってヒットするとは限らないので、その要因がどこにあるのかは、評論家の方々に任せるしかないかなと思います。

アニメが始まった当時も、取材などで言わせていただいたことですが、王道のファンタジー作品がかなり下火の頃で。中世くらいを舞台にした作品は、ほぼ転生モノ以外は見当たらない状況だったと思うんです。

転生モノも今ほど多くはなくて、ネット世界(仮想世界)や現代の日常を舞台にした作品が主流になりつつあった時に、王道のファンタジー活劇をアニメ化するというのは、かなり挑戦的だなという印象でした。

だからこそ、それだけ少年マンガにおける“王道”を求める人たちがいたということですし、自分にとっては、王道作品を正面から描き切っている、魅力が詰まった作品だなという印象です。

鈴木:すでに魅力がたくさん詰まった状態から、アフレコなどで関わらせていただいたり、僕たち自身がイベントなどで皆さんの前に出る機会もあったりする中で、視聴者の皆さんの反応を見て、キャラクター自身が愛されているんだなと、いつも思います。

また、ファンの皆さんの視点も面白くて、そこも魅力の一つだと思います。

映画の舞台挨拶で僕ら〈七つの大罪〉メンバーを演じた声優陣が登壇した時、アニメのキャラクターではないにもかかわらず、お客さんの反応が面白いくらい強くて。

「これが見たかったんだ」というような想いが感じられて、『七つの大罪』は7人がそろった時に、すごく爆発力のある作品なんだなと思いました。

それはアフレコスタジオ内でも感じますし、作品に関わっている全員が「楽しく作ろう」と思っているので、それが見ている人にも伝わっているのかなと感じますね。

――原作も読まれていると思いますが、TVアニメ新シリーズが始まると聞いた時の感想はいかがですか?

福山:うれしいという気持ちはもちろんありますけど、原作のストーリーがかなり進んでいて、先の展開を我々も知っているということで。

いきなり戦いの渦中からスタートする上に、これまでのシリーズでまいてきた伏線をはじめ、3000年前の戦いやメリオダスの目的など、今までの謎が回収されるシリーズなので「ハードなところだな」と。

さらにいえば、このシリーズで描かれるのはハードな内容しかなくて。その中で、楽しいキャラクターたちが生きているということを、いかに落とし込めるかなと思いました。

もちろん、先ほどお話した作品の魅力が土台としてあるからこそ、王道でありながら、本作ならではのフックやオリジナリティが色濃く出ているシリーズでもあります。

今までのシリーズを見てきた方はもちろん、初めて見る方は逆に原点が気になるような、どちらも楽しめる作りになっていると思います。

鈴木:え……その通りすぎて他に言うことが何もないです(笑)。

福山:サーセン(笑)。

――(笑)。では、本シリーズの放送を振り返って、印象に残っているシーンがあれば教えてください。

福山:僕はもう、1か所しかないですね。ずっと言いたかった「なんでオイラには生えないんだ」を言えたことが感無量でした。

原作でそのシーンが登場した時から、「いつ、これが言えるんだ」と。アニメではカットされる可能性もあったので、カットされていたらブチ切れるぞと思っていました(笑)。

鈴木:ずっと言ってましたもんね(笑)。

福山:カットされていたら、勝手に言うつもりでしたから(笑)。

一同:(笑)。

鈴木:「おどろキング」ばりにね。

福山:「霊槍シャスティフォル第一形態」のシーン辺りのところで言えるなと(笑)。

鈴木:(笑)。

福山:そのくらい好きなシーンです。

鈴木:今回、バンとしてはすごく悩むシリーズになることが分かっていたので、どういう立ち位置でいれたらいいんだろうなと思いつつ、作品が動いていく時に自分たちが持っている責任感というのが、一つの大きなファクターにもなるので、そういう部分が見えるシリーズだなとも感じていました。

第1話は、〈七つの大罪〉のメンバー全員が出てくるシーンがあって、ほぼメンバーがそろって触れ合ったり、話したりする姿を見た時に、「やっぱり、みんながいて〈七つの大罪〉なんだな」と感じられたのが、うれしかったですね。

みんなが動いて、しゃべっている姿を見ないと、始まった感がないというか。そういう意味でも、どのキャラクターも愛されているなと思います。

また、話が進んで〈十戒〉のキャラクターが登場した時も、「いたいた!」となって。シリーズ間で、撮影まで長い間が空いたとしても、その感覚を取り戻せるのは、みんなで積み上げてきたものがあるからなんだろうな、と思いましたね。

今回はどちらかというと、僕もいち視聴者として楽しんでいる場面も多くて、いろいろな発見がありました。

(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 神々の逆鱗」製作委員会・テレビ東京
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(結果発表)
冬アニメ声優で観る
2020冬アニメ最速放送
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
平成アニメランキング