menu
声優
『GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)』2ndLIVE公式レポ

声優×二次元芸人プロジェクト『GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)』2ndLIVEの公式レポートが到着!3組のお笑いコンビに加え、小西克幸さん演じる劇作家・唐木田も登場し、東京&大阪を笑いの渦で包み込む!

数多くのアニメや芸人バラエティ番組を世に送り出したMBSがプロデュースする、声優×二次元芸人プロジェクト『GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)』。

このたび、2020年2月2日に大阪公演、2月9日に東京公演が行われた2ndLIVEの公式レポートが到着しました!

花江夏樹さん、西山宏太朗さん、豊永利行さん、石川界人さん、阿座上洋平さん、熊谷健太郎さんらおなじみの6名に加え、新キャラクター・唐木田を演じる小西克幸さんも出演。お笑いパートの進化はもちろん、ドラマパートの物語もより深みを増し、観客を熱狂の渦に包み込みました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

2ndLIVE公式レポート

2月2日(日)大阪・エル・シアターと9日(日)東京・日本教育会館一ツ橋ホールの2週にわたり『GETUP! GETLIVE!』の2ndLIVEを、それぞれ昼夜2公演ずつ開催。

上原淳也(CV:花江夏樹さん)と東沢楓(CV:西山宏太朗さん)による共振系幼馴染コンビ「スターダスト」、町田瀬那(CV:豊永利行さん)と大野虎之助(CV:石川界人さん)によるちぐはぐ凸凹コンビ「菊一文字」、喜多見蓮(CV:阿座上洋平さん)と狛江一馬(CV:熊谷健太郎)によるイマドキ関東芸人「6-シックス-」が、熱いコンビ愛を見せつけ、集まったファンを魅了しました。

“前説”として、本作の企画担当である天津向さんが登場。「(ゲラゲラの公演を)見たことある人~?」と質問したり、拍手の練習をしたりと、実際のお笑いライブ同様に観客を温めます。

そして、「GETUP! GETLIVE!これまでのあらすじ」が某SF超大作風にロールスーパーで流れると、本作でもお馴染みとなった、『水曜日のダウンタウン』や『ゴッドタン』など数々の番組でナレーションを務め、誰もが一度は聞いたことのある名ナレーター・服部潤さんによるオープニング映像で、イベントが開幕。

本イベントでは、3組が漫才やコントを披露するお笑いパートと、それぞれの日常や関係性などを描くドラマパートが合わせて展開していきます。

物語は、作中に登場する架空の番組『笑いの神様』で、菊一文字がネタを披露する場面からスタート。“告白”をテーマとした漫才「手紙」を繰り広げ、「手紙で想いを伝える派」だという大野のとんでもないラブレターの内容に対し、町田が軽快にツッコミ、観客の笑いを誘いました。

ここからは、ドラマパートへ。菊一文字の『笑いの神様』出演をスターダストと6-シックス-が祝っている中、大野と喜多見が言い争いを始める。

しかし、ライバル関係ではあるが、菊一文字の面白さは認めている喜多見。そんな喜多見が、数々の番組を手掛ける人気放送作家・唐木田に「作家の手伝いをしてみないか?」と誘われたことにより、3組の関係性、そしてコンビ間に不穏な空気が流れはじめます……。




この唐木田を演じるのは、小西克幸さん。唐木田は喜多見の才能を見出し「君は放送作家に向いている」と誘い、「自分はこのまま芸人をしていても、大野を超えられないのでは」と劣等感を抱く喜多見を翻弄。

喜多見が唐木田から誘われたことを狛江に相談すると、「自分もインターンシップが始まるから、ちょうどいい。6-シックス-を休止してもいい」と狛江は喜多見の将来を思って提案。

また、自分も芸人以外の選択肢を用意しなければと模索し始めます。





「6-シックス-が解散する!?」と危機感を覚えたスターダスト。“喜多見ネガティブキャンペーン”と題し、唐木田に勧誘をやめさせようと画策するも、「コンビのことを決めるのは2人だ。ただの“芸人仲間”の俺たちが口出すことじゃない」と諭す町田。

一方、大野は喜多見と直接ぶつかり合い、「俺は一本でも多く6-シックス-のネタが見たい。それを見た上で、それより面白い漫才をやる」と遠回しなようで、真っすぐと“芸人・喜多見”を認めていると伝える。

そんな仲間たちの行動もあり、喜多見に「まだ2人でコンビを組んでいたい」と伝える狛江。「確かに今の喜多見じゃ勝てないかもしれないけど、6-シックス-の2人でなら勝てるんじゃないかな」という狛江の言葉で、揺れ動いていた気持ちは完全に決まったよう。

唐木田に芸人を続けることをと伝え、「また1からやり直して、絶対あいつら(菊一文字)に勝つ」と高らかと宣言しました。




クライマックスでは、ネクストスター定期LIVEで3組がそれぞれネタを披露。

スターダストは、漫才「タクシー」で、東沢が陰湿な言動を連発。上原の発言の揚げ足を取り、卑屈な妄想を繰り広げ、観客の爆笑を引き出しました。


続く菊一文字は、漫才「折衷案」でバレンタインネタで勝負。

大野の予測不能なとんでも発言に、町田の冷静なツッコミがさく裂。“もう1人の大野”が登場したりと、テンポの良い漫才で会場を沸かせました。



3組の中で唯一コント形式でネタを披露する6-シックス-は、戦隊の中で巻き起こる、複雑な“男女関係”を表現したコント「ヒーロー」で勝負。

さらに、劇中にあった深夜番組のオーディションで披露したネタに、実は繋がっていたという驚きの仕掛けも見せつけました。


勝敗は、観客の投票によって決められます。昨年の1stLIVEでは、昼夜で菊一文字と6-シックス-が1勝づつする混戦となっていましたが、今回は、大阪・昼公演の勝者がスターダスト。

大阪・夜公演の勝者が6-シックス-。東京・昼公演の勝者が菊一文字。東京・夜公演の勝者が6-シックス-という結果に。6-シックス-が2勝を記録しただけでなく、コンビの絆の強さも再確認し、他コンビより1歩リードすることとなりました。

しかし、1stLIVEと比べ、着実にネタの内容や、間合いなどの完成度を高めている3組。

6-シックス-の前進を許してしまったスターダストと菊一文字は、今後どのように実力を磨いていくのか?

放送作家の唐木田が絶賛する新コンビ・はやしまの実力も気になるところ。


9月に開催する3rdLIVEには、そんな「はやしま」も登場するということで、ますますの激戦になること間違いなし! 

『GETUP!GETLIVE!』今後の展開にもご注目ください!









※LIVE写真は大阪公演のものです。

『GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)』とは

『機動戦士ガンダムSEED』『進撃の巨人』『ハイキュー!!』など数々のアニメ作品を世に送り出し、「オールザッツ漫才」「漫才アワード」「歌ネタ王決定戦」など関西で芸人の賞レースバラエティー番組を放送したMBSがお送りする“声優×二次元芸人”プロジェクト!

プロジェクトのスタートは、芸人と言えば‘舞台’から。人気声優によるリーディングライブ形式で物語の世界観とネタを披露します!

1stLIVEはおよそ700席の観覧に5000件を超える応募、配信は3日間で1000件超!

11月10日(日)にはアニメイトガールズフェスティバル2019に初参戦し、サンシャインシティ噴水広場ステージイベントを披露!

そして2020年2月には東京公演と大阪公演を実施。いま急成長中のプロジェクトです。

STAFF

企画:天津向
ストーリー:渡 航
キャラクターデザイン:由良
音楽:TAKA(狂奏カルマ)
プロデュース:MBS

CAST

上原淳也:花江夏樹
東沢 楓:西山宏太朗
町田瀬那:豊永利行
大野虎之助:石川界人
喜多見 蓮:阿座上洋平
狛江一馬:熊谷健太郎
早島 雷:天﨑滉平
早島 央:梶原岳人
唐木田七緒:小西克幸

公式サイト
公式ツイッター(@GETUP_GETLIVE)

(C)MBS/ゲラゲラ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020春アニメ(来期4月)、何観るアンケート 結果発表
春アニメ声優で観る
2020春アニメ最速放送&放送日順まとめ
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング