menu
映画
劇場上映アニメ『グリザイアPT』佐倉綾音&三森すずこ 声優インタビュー

劇場上映アニメ『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION スターゲイザー』佐倉綾音さん&三森すずこさんインタビュー/トーカからグミへ受け継がれていく人生のバトン

2020年11月27日(金)から劇場上映がスタートする『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION スターゲイザー』。

本作は、『グリザイアの果実・迷宮・楽園』のグリザイア三部作につづく、正当な後継シリーズとして作られたグリザイアシリーズ最新作『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION』の第3話。2人の狙撃手・トーカとグミにスポットを当て、特殊任務を遂行する超法規的組織・SORD(ソード)のメンバーたちの物語が、美麗な映像とともに描かれます。

アニメイトタイムズでは本作の劇場上映を記念して、メインキャラクターを演じるキャストにインタビューを実施。今回は、第3話で物語の中心となる、トーカ(獅子ヶ谷桐花)役の佐倉綾音さんとグミ(九真城恵)役の三森すずこさんにお話をうかがいました。

ストーリー

特殊技能訓練校・美浜学園の狙撃手トーカは、民間委託型工作諜報員育成機関SORDのメンバーたちと共に聖エール外国人学校との海外合同合宿のためフィリピン離島へと向かう。

しかし武器密造組織壊滅を目的とした極秘作戦の”トラブル”に巻き込まれ、聖エールの脱走者グミを追う作戦に参加することに。

任務に際しトーカは、両親との記憶や、昔の友人・シホとの果たされることのなかった約束と邂逅し、グミの境遇に想いを馳せる。それぞれの思惑が交差する中、トーカの導き出した答えとは――?

アニメイトタイムズからのおすすめ

お互いの印象は憎めないキャラクターであり、放っておけないキャラクター

――まずは第3話の感想や思い出からお聞かせください。

トーカ役・佐倉綾音さん(以下、佐倉):ようやくトーカの過去がわかるんだなと思って、(ゲームの時に)ドキドキしながら台本を読んだことをアニメの台本をいただいた時に思い出しました。

ゲームの収録自体は2〜3年前ですし、そこからの期間で自分が声優として培った感覚と当時トーカを演じた自分との間でディスカッションしながら、新鮮な気持ちでアニメのアフレコに臨みました。

――トーカは過去のエピソードもあって、最初の頃のツンツンした感じからだいぶイメージが変わった気がします。演じる上ではいかがでしたか?

佐倉:オーディションの時は、キャラクターの過去や背負っているものの詳細についての資料がなかったんです。なので、どうしてこういう喋り方なのか、なんで人に対してこういう態度を取っているのか、ノーヒントのまま想像で臨みました。

実際にゲームの収録が始まってからは、背景やどういう育ち方をしたかがどんどん明かされていったので、演じる身としてはとてもありがたかったです。

そういう背景に説得力やエピソードがあると、演じやすさってすごく変わってくるんですよ。表面的にはあまり変わらず聞こえるかもしれないですけど、心持ちとしてはすごく大きくて。演じるにあたり、ありがたいところだなと思いました。

――三森さんから見たトーカの印象はいかがですか?

グミ役・三森すずこさん(以下、三森):グミ目線では、シホ先輩に「いつかトーカと出会うことがあるかも知れない」と言われていたので、“やっと出会えた人”だなと思いました。

私自身としては、第1話や第2話を見ていて、トーカは憎めないキャラクターというか、“いつも真実”という印象を持っていて。妹にしたらちょっと憎たらしいと思う時があるかもしれないですけど、いつも正論だから圧倒されちゃうみたいな。そんな感じのキャラクターですね。

――瞬間的に「なんだよ、こいつ!」と思っても、根本的には憎めないですよね。一方で、三森さん演じるグミはどのように描かれるのでしょうか?

三森:エピソード自体はゲームで見た方もいると思いますが、とある信念でずっと山中に息を潜めているシーンから始まり、割と後半の方まで孤独な戦いを繰り広げるんです。

だから、グミが自分自身と向き合うようなモノローグや回想シーンが多くて、今置かれている立場について深く考えさせられるストーリーだったなと思います。

――グミを演じる上で意識した点があればお聞かせください。

三森:グミはもともと語尾がすごく特徴的で、「〜であります」と日本兵みたいな感じなんです。なので、シャキシャキ喋らなきゃいけないんですけど、見た目の幼さもあって、ゲーム収録の最初の頃はキャラクター作りにちょっと迷いがありました。

そこからグミとの付き合いも長くなって、今回のアニメではスッと演じることができたと思います。

ただ、「すごく真面目な部分」は絶対に捨てちゃいけなくて。どんなにほっこりするシーンや真面目じゃなくてもいいと思えるシーンでも真面目に喋る、笑いを取りにいかない、そこは大事にしていました。

――佐倉さんはグミにどのような印象を持ちましたか?

佐倉:表面的な見た目で言うと、トーカとグミが並ぶと「色素薄いコンビ」としてすごく絵が綺麗なんですよ(笑)。そういう少し色味の近いところに、まず私はガッと惹かれました。

グミのビジュアルが個人的に好みなので、すごく素敵なキャラクターが相棒になってくれそうだなと。その後、実際にグミの物語を見たら、孤独でいじらしくて、彼女なりに一生懸命で。悲しい顔をしたりするのも切なくて、もっと上手く生きられたらいいのになって思いましたね。

でも、グリザイアに出てくる人たちで上手に生きている人ってほとんどいないんですよ。毎日が死と隣り合わせの中で、自分に正直だったり、その時に必要なことだけを考えて生きてる人たちですから。そういうところはグミにも通じるところがあるんですが……やっぱり放っておけないキャラクターです。

――性格や口調に関してはどうですか?

佐倉:そこにいじらしさが出ていますよね。「そんなに真面目じゃなくてもいいんだよ」と言ってくれる人が周りにはいなかったのかな?とか、彼女の中で曲げられない何かがあるのかな?とか、考えれば考えるほど、この先たくさん幸せになって欲しいなと感じますね。

(C)FrontWing
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
タイムズユーザーアンケート
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング