menu
アニメ
春アニメ『おさまけ』水瀬いのり×佐倉綾音インタビュー

春アニメ『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』水瀬いのり×佐倉綾音インタビュー|「この路線、良いよ!」と佐倉さんが太鼓判を押した水瀬さんの演技とは

普段から共演も多く、公私ともに仲も良い二人が、2021年4月14日(水)より放送開始のTVアニメ『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』(略称「おさまけ」)でヒロインを演じる。

主人公・丸末晴の幼なじみで、見た目はロリ可愛で世話焼きお姉さん系な志田黒羽を演じる水瀬いのりさんとクールな学園のアイドルであり、末晴の初恋の相手である可知白草を演じる佐倉綾音さん。二人がどんなアプローチで役を演じているのか、さらに二人が歌うEDテーマについてなど、たっぷりと話を聞いた。

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

ライトノベルのラブコメの印象が変わる予感! 作品の第一印象とは

――『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』というタイトルから、どんな作品だとイメージしましたか?

水瀬いのり(以下、水瀬):タイトルを聞いたとき、“絶対に負けない”!という、いわば結末が分かるような言葉だったので、このラブコメは、幼なじみが負けないんだなと思ったんですけど、読んでいくと“幼なじみ”というポジションが「あれ?」って思えてくるというか……。なぜここまで“負けない”とはっきり言い切っているのかが、読み進めていくと分かる、そういうタイトルなのかなと思いました。

――争ったりはするんだろうなと思いました。

水瀬:そうですね。ラブコメとは言いつつ、結構女子同士のやり取りのほうがキーになっているというか。そこが見どころになっているのが面白いと感じました。

佐倉綾音(以下、佐倉):最初は(電撃文庫の)PV収録からで、「ライトノベルらしいタイトルだ」というのがファーストインプレッションだったのですが、よくよく考えると“幼なじみが絶対に負けない”といきなりネタバレされているので、これを一体どうするのだろうという疑問が大きかったです。それはその後「なるほど!」となるわけですけれど……。

あと、私が演じる白草の苗字が可知(かち)だったので、勝ちヒロインってこと? と(笑)。ただ、幼なじみの雰囲気を醸し出しているのは志田黒羽なので混乱しました。それに、稲田徹さんの声から始まるというのも印象的でした。ライトノベルのPVで、渋い声のナレーションから始まるイメージが自分の中になかったので、とても面白い作品になりそうだなと思いました。稲田さんの声がまた、戦いが始まる雰囲気が出ているんです!

水瀬:ラブコメではなく、仁義なき……みたいな(笑)。戦いの火蓋が今切って落とされた! という感じ。

佐倉:戦闘シーンが思い浮かぶ感じだったので、従来のライトノベルのラブコメの印象が変わる作品になるのかなと思いました。

――かわいいラブコメなのかな? と思ったら裏切りの連続でした。

佐倉:普通に怖いよね?

水瀬:どれが真実なのか、それぞれの思惑は、それぞれの腹の中にしかないので、演じながら「うわっ!」って思いました。こんなことする?って(笑)。


――見終わったあと、女性不信にならないようにしないと……。

佐倉:もうちょっと、世界は優しいはず!

水瀬:あの子たちはエリートなので(笑)。エリート同士の戦いなんです。

佐倉:逆に、こんな風にぶつかりあえたら楽だとも思いますね。

水瀬:ホントに! この作品の女子チームはめちゃめちゃタフですよ。高校生じゃないみたい。

佐倉:しかも誰かが弱者になることがないので、安心して見ていられますし。

――丸末晴(CV.松岡禎丞)も、なかなかにメンタルが強いですしね。

水瀬:(ボソッと)末晴も、やっぱりちょっと変だからな。

佐倉:本当に変だと思う。何でみんなが好きなのかが分からない。

水瀬:松岡さんが演じる主人公に対して、いつも言ってない?(笑)

佐倉:あはは(笑)。いやぁ、松岡さんのヘタレ具合がすごくちゃんと出ていて、それが個人的に刺さらないだけで。

水瀬:刺さらないという刺さり方をしているんだね。

佐倉:そうそう。だから、刺さる人にはすごく刺さるんだと思います。

――水瀬さん的に、松岡さんが演じる主人公は刺さっているんですか?

水瀬:どうなんでしょう(笑)。でも、やっぱり面白いなとは思います。お芝居の組み立て方も、これは松岡さんでなければOKは出ていないんじゃないかな? っていう、わりと突飛なアプローチもされるんですよ。でも、それが味になっているというか。

松岡さんが担当してきたキャラクターたちは、松岡さんによって、より広げられているイメージがあるので、役者としてはすごいなと思っています。特に掛け合いのシーンも多かったので……。

でも、白草もそうですけど、ここまでラブコメチックな甘々な掛け合いってこれまであまりしていなくて、その違和感が最初はすごかったです。「何なんだろう、この空間」っていう。

佐倉:こんなに女子からガツガツいく作品も少ないので。

水瀬:対主人公がいる掛け合いで、迫ったり、誘惑したりという経験があまりないから、結構ヤバいめまいがしちゃって……。

佐倉:でも、良かったよ!

――第1話から、黒羽は末晴に迫っていましたからね。

水瀬:でも、本当に何が正しいのか分からないままに、酔拳みたいな状態で芝居をしていました(笑)。いろいろなものを乗り越え、25歳になってから演じる黒羽は、最初は気恥ずかしさが勝っていましたけど、収録が進み、今はだいぶ慣れてきました(笑)。

――後半でも、そういう甘々なセリフはたっぷりあると思いますので、期待しています(笑)。

(C)2021 二丸修一/KADOKAWA/おさまけ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021春アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021春アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング