menu
アニメ
アニメ『終末のワルキューレ』沢城みゆき 声優インタビュー

「ビビってるんですかァ?」をキメることが私の最初で最後の仕事――アニメ『終末のワルキューレ』ブリュンヒルデ役・沢城みゆきさんインタビュー

ブリュンヒルデとナレーションの演じ分けに苦戦?

――声もかなり盛り盛りで熱い芝居が多く、画も濃かったです。そのバランスは見ていてどうでしたか?

沢城:画も熱かったですよね! 実際にトールの武器のミョルニルが鼓動し始めるところとかは「おお! これは動いてる」「艶めかしさや気持ち悪さがより分かりやすくなるぞ」と思いました。原作の時点で絵が素晴らしいのでそれは感じていたけど、音が入って動くと、存在感がグッと立ち上がってくるように思うんです。

それに私は呂布と赤兎馬の関係性にもグッと来ていたので、あれを動画として見られたことで、よりドラマが感じられて楽しめました。ゼウスのうざったさとかも、画と声が合わさるとより増しますよね(笑)。

――大久保政雄監督を始めとしたスタッフとのやり取りで、印象に残っていることはありますか?

沢城:第1話の「ビビってるんですかァ?」は本番でOKは出ていたのですが、ゼウス役の高木渉さんがもうちょっと熱量高くやってくるんじゃないかな?という推測のもと「もう少し派手にやっていいですかね?」とお話をしてやらせていただきました。

それをしたときブースをチラッと見たら監督が楽しそうに笑っていて「こちらで」ということになったので、あの笑っている顔を見たとき、視聴者の方よりも前に、まず監督にあの顔をさせなければいけないんだなと思いました。スタッフの期待を超えたセリフを言えることが成功なのかなって。

あとはブリュンヒルデ ≒ ナレーションという感じで、人物の過去をヒルデが担当して語るときがあるんです。そのバランスが最初は難しくて、別人で読んでみたところで私の声だということは分かってしまうし、ヒルデとしては知らない彼らの人生を読み上げていくわけだから、そのバランスをどうしようかというのは探りました。

最終的に教科書を朗読しているような塩梅でまとまっていったんですけど、現代に戻ったときのナレーションを石井康嗣さんがされているので、スーパーナレーターのあとに自分がやるプレッシャーはすごかったです(笑)。

――では最後に、ファンへメッセージをお願いします。

沢城:もともとファンの熱量が高く、その熱量を超える声のお芝居をするために、たくさん汗をかかないと成り立たない作品だなと思いました。ただ、参加したみんながプレッシャーよりも、おそらく楽しんでアフレコができた作品でもあると自負しております。

ファンの皆さんが大好きな『終末のワルキューレ』のアニメを、作品が大好きな人間が集まって作りましたので、この作品らしさは損なわれていないと思います!

動いたほうが魅力的な戦闘シーン、音が乗ったほうが素敵なセリフなどがたくさんあったので、期待して見ていただければと思います。いい仕上がりになっていると第4話までの完成映像を見た私は思っています! 本当に関さんと緑川さん、最高でした! 

「アニメの『終末のワルキューレ』のファンです」と言っていただける方と、直接お会いできる機会があればと今から楽しみなくらい、熱量の高い映像になっていると思いますので、楽しみにしていただければと思います。第1話を見れば、最後まで見ていただけるはずです!

[取材・文・撮影/塚越淳一]

読者プレゼント

アニメ『終末のワルキューレ』の配信を記念して、ブリュンヒルデ役・沢城みゆきさんのサイン入り色紙を抽選で1名様にプレゼントいたします!

応募期間:2021年6月22日(火)〜6月28日(月)23時59分まで

【応募方法】
アニメイトタイムズ公式Twitterをフォロー
②該当ツイートをRT

アニメ『終末のワルキューレ』作品情報

STREAMING

2021年6月17日(木)よりNetflix全世界独占配信

イントロダクション

「月刊コミックゼノン」で連載中、累計発行部数700万部突破の大人気漫画が、ついにアニメ化!!!!!

人類の存亡をかけた、全世界の神代表 vs 人類代表の、一対一<タイマン>の13番勝負が開幕する!!!!!

原作は「このマンガがすごい!2019」オトコ編、「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」、「第2回マンガ新聞大賞」など、数々の漫画賞に入賞する話題作!!!!!

迫力溢れる世界観をアニメ化するのは、『十二大戦』『HELLO WORLD』アニメーション制作、『無限の住人-IMMORTAL-』『プロメア』『ガールズ&パンツァー』の3DCGなどで、数々の激戦を描いてきたグラフィニカ。

血湧き肉躍る! 超絶バトルアクションアニメ、爆誕!!!!!

ストーリー

今、700万年続く人類の歴史が、幕を閉じようとしている──。

1000年に一度、全世界の神々が一堂に介し、天界で開催される「人類存亡会議」。人類が冒してきた愚かな行いにより、全会一致で「終末」の判決が下される直前、半神半人の戦乙女<ワルキューレ>の一人、ブリュンヒルデが異議を唱える。

「ただ滅ぼすのでは芸がない。人類を試してみては?」

彼女が提案したのは、神 vs 人類最終闘争、通称「ラグナロク」

全世界の神々と、歴史上の全人類から選ばれた代表者たちが一対一のタイマン勝負をする。全13番勝負、先に7勝した方が勝利となる。

しかし、人類が神に勝つことなど絶対不可能。神々が嘲笑する中、ブリュンヒルデはなおも挑発する。

「もしかして、ビビってるんですかァ?」

その言葉は神の逆鱗に触れ、怒りのままに、神々はラグナロクを承諾。かくして、ブリュンヒルデたちは、700万年の人類史から最強の13人を選びラグナロクへと挑む。

果たして人類は神を超え、終末を阻止できるのか? 超絶怒涛の真剣勝負<ガチンコ>バトル、開幕!

STAFF

原作:『終末のワルキューレ』[作画]アジチカ [原作]梅村真也 [構成]フクイタクミ(「月刊コミックゼノン」連載/コアミックス)
監督:大久保政雄
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクターデザイン:佐藤正樹
サブキャラクターデザイン:赤堀重雄・川島尚
色彩設計:内林裕美
美術監督:山口忍
3D監督:竹山諒一
撮影監督:増元由紀大
編集:丹彩子
音楽:高梨康治
音響監督:えびなやすのり
アニメーション制作:グラフィニカ

MUSIC

主題歌オープニングテーマ:マキシマム ザ ホルモン「KAMIGAMI-神噛-」(ワーナーミュージック・ジャパン)
エンディングテーマ:島爺「不可避」(ワーナーミュージック・ジャパン)

CAST

ブリュンヒルデ:沢城みゆき
ゲル:黒沢ともよ
呂布奉先:関智一
アダム:斉藤壮馬
佐々木小次郎:山路和弘
トール:緑川光
ゼウス:高木渉
ポセイドン:櫻井孝宏
ヘルメス:諏訪部順一
ヘイムダル:野津山幸宏
オーディン:速水奨
シヴァ:鈴木達央
アフロディテ:田中理恵
ロキ:松岡禎丞
アレス:田所陽向
フギン:中野泰佑
ムニン:山口智広
ランドグリーズ:川上彩
レギンレイヴ:川口莉奈
フリスト:小林ゆう
ナレーション:石井康嗣

公式サイト
公式ツイッター

原作情報

漫画『終末のワルキューレ』(コアミックス「月刊コミックゼノン」連載)
作画:アジチカ 原作:梅村真也 構成:フクイタクミ
発行:コアミックス
1~11巻、好評発売中!

 
 

(C)アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/コアミックス, 終末のワルキューレ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2022冬最速
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング