menu
アニメ
『先輩がうざい後輩の話』楠木ともり・武内駿輔・早見沙織インタビュー

『先輩がうざい後輩の話』五十嵐双葉役 楠木ともりさん、武田晴海役 武内駿輔さん、桜井桃子役 早見沙織さんインタビュー!3人の第1話の感想は──武内さんのお気に入りのシーンはあの場面!?

2017年最高のお気に入り数(1話=415,000いいね)を記録したSNS大人気コミックス『先輩がうざい後輩の話』がついにアニメ化! 10月9日から放送がスタート!

糸巻商事入社2年目の五十嵐双葉と、ガサツだけど面倒見がいい先輩の武田晴海。双葉は武田先輩をうざいと思いながらも、まんざらでもなかったり……2人の関係性にキュンとしたりほっこりする方が続出したはず。

さらにそこに桜井桃子と風間蒼太の関係も描かれていたり、いろんな人間模様を楽しめる作品になっています。

今回は、五十嵐双葉役の楠木ともりさん、武田晴海役の武内駿輔さん、そして桜井桃子役の早見沙織さんに作品の魅力と、第1話を見た感想を語っていただきました!

 

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

珍しい掛け合いでのオーディション。早見さんが受けた意外なディレクションとは?

──原作を読んだ印象を教えてください。

武内:SNSで発表する作品としてすごく合っているというか、パッと読めるけれど、お話が毎回毎回まとまっていて。

起承転結がしっかりしていたので、今はいろいろな漫画がツイッターに上がっていますが、お話のまとまり具合はトップクラスなのではないかなという印象を受けました。しかも社会人の話なので、仕事の合間に見たりすると共感できる内容だったりすると思いますし、そこも魅力的なんだろうなと思います。

──ちなみに皆さん、サラリーマン経験は……?

武内:ないんですよ。たぶんこの3人はみんなデビューが早いかもしれない。

──確かに3人とも、かなり若いときから声優として活躍されている印象があります。

楠木:私は高校生のときに、友だちのリツイートで回ってきたのが作品との最初の出会いで、ツイッターでよく見かけていました。サラッと読めるのに内容が濃くて、いいお話を読んだなぁという満足度が毎回高かったので、どんどん読んでいってしまうんです。

しかもフルカラーな上にキャラクターの表情がすごく豊かなので、登場人物たちの動きが伝わってきて面白かったです。リアルに時間が流れている感じがして、距離感が近い親近感のあるマンガだなと思いました。

私はこういう社会人の経験はないんですが、そういう経験をしているような気持ちになりました。

武内:本当に先生は絵がうまくて無駄がないんですよね。動きが想像しやすいから、すごいです。

 

 
楠木:マンガなのに、ちょっとアニメっぽい感じがするんですよね。

早見:私は、オーディションのときに該当のセリフのシーンを見させていただいたのですが、それにプラスで原作も読みました。とても面白かったです!

キャラクターが瞬時に覚えられるくらいに濃くて、でもファンタジー過ぎないので身近にも感じられるんです。出てくるキャラクターを覚えられると愛着も湧きやすく、ずっと物語から離れずに読むことができたので、素敵な作品だなと思いました。

──正直、キャラクターをみんな好きになってしまいますよね。皆さんオーディションだったのですか?

武内:はい。みんなその役で受けていると思います。

──本当にピッタリだと思いまして、早見さんの桜井桃子役なんて「ありがとうございます!」と思うくらいハマっていました。

武内:本当に! 「それはそうだよなぁ!」って感じですよね。驚くほど原作を読んでいた時のイメージと合っていて(笑)。

早見:そんな…。でもどんどんブラッシュアップされていったといいますか。オーディションのときは結構ディレクションがあったんです。私は土田玲央さん(風間蒼太役)と2人で掛け合いのオーディションだったのですが、桃子は結構しゃべるセリフが多くて、一生懸命リードしなければと思ったんです。

 

 
はじめましてでしたし、掛け合いのオーディションも久しぶりだったので「どうやるんだっけ?」と思ってしまって(笑)。

武内:沙織さんがそんなことを言ったら、僕ら何にもできなくなりますよ!(笑)

早見:でも本当に久々で緊張しちゃっていて、「そこまでリードしなくていいです」ってディレクションがありました(笑)。

──桃子のキャラクター的には、奥手ですからね。

早見:そうなんです。恋愛に対しては奥手なので、グイっていくところとのバランスを考えながら演じていました。

──掛け合いでのオーディションの話は、あまり聞いたことがないかもしれません。

武内:確かにあまりないですね。音響監督の高寺たけしさんがキャラクターのバランスを大切にしていたというか、世界観の統一とか調和を考えていらっしゃる方なので、このやり方がこの作品にマッチしていたのかなぁと思います。

──作品自体も掛け合いがほぼ、ですからね。

楠木:双葉は他のキャラクターに対してリアクションしていくような掛け合いがほとんどなので(笑)、相手がいないとどこにボールを投げようかなっていう感じになっちゃうんですよ。

早見:確かに(笑)。

楠木:そう考えると、相手がいるほうがやりやすいので、私は掛け合いのオーディションがすごく楽しかったです。

 

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

先輩がうざい後輩の話の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2022冬最速
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング