menu
マンガ・ラノベ

「荒覇吐事件」から一年後——中原中也は人間か否か、二転三転する濃厚なストーリー! 舞台『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』公開ゲネプロをレポート

シリーズ累計1000万部突破の大ヒット作『文豪ストレイドッグス』の舞台化第7弾となる『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』が、2022年6月24日(金)より開幕。

『文豪ストレイドッグス』(原作:朝霧カフカ・漫画:春河35)は、2013年にヤングエースにて連載が開始された架空の都市[ヨコハマ]で繰り広げられる異能力バトルアクション漫画です。

今回上演される舞台では、前作『太宰、中也、十五歳』で描かれた「荒覇吐事件」から一年が経過した頃、ポートマフィアに加入し幹部の座を狙う十六歳の中也のもとに、中也を弟と呼ぶ“暗殺王”ポール・ヴェルレエヌが現れる場面から始まります。

舞台が上演されるたびに新たな魅力が味わえる“文ステ”。今回はどんな舞台を魅せてくれるのか、本公演の公開ゲネプロレポートをお届けします。

※本作品の内容に触れるネタバレがあります。ご注意ください。

アニメイトタイムズからのおすすめ

パワーアップし続ける舞台。中原中也の核心に迫る!

今回の見どころは、何といっても“中原中也のアイデンティティ”が描かれるということ。中原中也とは“何”なのか——? さまざまなキャラクターたちを交えながらその真相が明らかになっていきます。

ポートマフィアの一員として完璧に役目をこなしていた中也は、どこかつまらなさそうな表情をしながらも“旧世界”と書かれている煉瓦造りのお店で、“若手会”のメンバーから入団一周年をお祝いされます。

若手会の創始者でありリーダーでもあるピアノマン、お調子者の阿呆鳥(アルバトロス)、最高の医者である外科医(ドク)、表世界との交渉を担当している広報官(リップマン)、殺し屋の冷血(アイスマン)。この5人と一緒にいるときの中也は年相応の姿を見せるので、ほっこりします。

物語を通して、“自分とは何者なのか?”を問いかけ続ける中也。彼は誰よりも仲間想いなんだと、表向きはツンケンしていても優しい心を持っているんだと、いろんな場面から感じられずにはいられません。

また、中也を演じる植田圭輔さんの凄まじいエネルギー量に圧倒されます。アクションシーンはもちろんのこと、ひとつひとつの言葉が魂に響いてくるようでした。

そして、中也と行動を共にすることになる欧州の人造知能捜査官であるアダム・フランケンシュタイン。このアダムと中也のやり取りがコミカルで、物語に違う新鮮さを与えていました。少しずつ2人の間に芽生えてくる絆にも注目です。

個人的に驚いたのは、アダムを演じる磯野 大さんのセリフ量。“人造知能”を宿しているからこそ、次から次へと難しい単語が出てくる言葉の量と流暢さに、もはや畏怖を感じます。スタイリッシュな立ち振る舞い、お茶目な一面も見せるアダムは、今作の注目人物です。

アダムと同じく、今作で欠かせない人物となるのが、中也の前に突然現れる暗殺王のポール・ヴェルレエヌ。中也を弟と呼び、中也の心に関わる人間を全員暗殺する計画を企てます。なぜそこまで中也にこだわるのか、かつて中也がいた研究機関にも関わっている様子……。

歪んだ価値観を持ち、色気とミステリアスさを漂わせるポールを見事に表現するのは佐々木 喜英さん。かつてポールの相棒であったアルチュール・ランボオとの関係性が描かれるシーンもあり、胸が締めつけられるようでした。

そんなポールと中也の出自の秘密を知っているのが、謎の人物・N(演:久保田悠来)。「荒覇吐」とは何なのか、このNから語られる言葉に耳を傾けると異能に対する理解が深まります。終盤にかけて明らかになるポールと中也の過去にも関わっている人物なので、注意深く彼の言葉に耳をそばだててください。

そのほか、かつて中也がリーダーだった組織《羊》の元メンバー・白瀬(演:伊崎龍次郎)、ポートマフィアの首領・森鴎外(演:根元正勝)、先代首領からポートマフィアに仕えている広津柳浪(演:加藤ひろたか)も登場し、物語を彩ります。

もはや中也の物語には必要不可欠な存在になっている太宰 治(演:田淵累生)は、いつものように嫌味を言っては中也をイラつかせるシーンも。この2人のおなじみの軽妙なやり取りに微笑ましさを覚えます。

照明、映像、音など前作『太宰、中也、十五歳』より全体的にパワーアップしており、コミカルとシリアスさがバランスよく融合した物語へと引き込まれる力が本当に凄まじいです。舞台を観た後は、この“暗殺王事件”が中也のアイデンティティを確立させる軸になったんだと実感します。

「中原中也とは何なのか——?」

その答えを中也たちと共にぜひ見つけてください。

脚本・演出を担当した中屋敷法仁さんが「アクション、ミステリー、アドベンチャー、さまざまな要素が荒々しく渦巻き、読む者を熱くさせます」とコメントしたように、嵐のような原作小説が舞台で体験できる貴重な機会です。

舞台『文豪ストレイドッグス STORM BRINGER』は6月24日(金)〜27日(月)まで東京・日本青年館ホールにて、7月2日(土)・3日(日)に東大阪市文化創造館 Dream House 大ホールにて上演されます。

現在、当日引換券が受付中のほか、一部公演のライブ配信も決定。詳細は、公式サイトまたは公式ツイッター(@bungo_stage)をご確認ください。

舞台写真撮影:田中亜紀

福岡出身。触れた作品にすぐハマる、ちょろさNo.1ライター。好きな作品は『Free!』『NO.6』『十二国記』『ギヴン』『新世界より』など。好きな声優さんは保志総一朗さんと坂本真綾さん。ハッピーエンドよりも意義のあるトゥルーエンドや両片想いが大好物な関係性オタクで、主にイベントレポートやインタビューを担当しています。最近はVTuberがマイブーム。

この記事をかいた人

福室美綺
福岡出身。触れた作品にすぐハマる、ちょろさNo.1ライター。親友であり敵のような複雑な関係性が大好物です。

担当記事

関連記事
アニメファンなら高確率でハマる!? 美しいビジュアル、華やかな世界……『宝塚歌劇団』の4つの魅力ポイントをご紹介!
“清く、正しく、美しく”をモットーにしている「宝塚歌劇団」をみなさんはご存知でしょうか?宝塚歌劇団は、大正3年(1914年)に創立された格式ある女性だけの歌劇団です。花組・月組・雪組・星組・宙組の5組といずれの組にも所属しない専科に分かれており、団員はタカラジェンヌの愛称で親しまれています。近年では、アニメや漫画作品が宝塚歌劇団で上演されることが多くなり、名前だけ知っているという方も多いかもしれません。しかし、「敷居が高そう」「アニメファンの私には向かなさそう」「興味はあるけど……」と、足を踏み入れるにはなかなかの勇気がいるのも事実。だけどちょっと待ってください! “宝塚歌劇団はアニメ好きこそハマる”ということを、アニメライター6年、ヅカファン(宝塚歌劇団のファンの総称)歴10年の私が保証します!「夢とは見るものではなく、叶えるものです。でも、たとえ叶えられなくても、叶えるために努力する道のりが、私は夢だと思っています。」これは現在でも舞台を中心に活躍されている元男役トップスター・安蘭けいさんの言葉。トップスター就任まで長い道のりを歩んできたからこそ重みがある言葉で、宝塚劇団を知らない方でも自然と胸を打たれるのではないで...
関連記事
映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』緋村剣心と雪代縁の熱いアクションシーンを撮影レポート! 大友啓史監督のインタビューもお届け
日本映画の歴史を変えたエンターテインメント作品の頂点として君臨し続ける、アクション感動大作『るろうに剣心』シリーズ。その最新作『るろうに剣心 最終章TheFinal/TheBeginning』が、それぞれ2021年4月23日(金)、6月4日(金)より2作連続で全国公開となります。“最終章”と題し、今回剣心の前に立ち塞がるのはシリーズ最恐の敵・雪代縁。縁は剣心が人斬り抜刀斎だった頃に繋がる因縁の相手でもあります。そんな注目の映画『るろうに剣心最終章』の撮影現場に潜入!剣心と縁の熱いアクションシーンが繰り広げられる現場にお邪魔し、その様子をたっぷりとレポートしていきます。また、撮影現場の見学後に行われた大友啓史監督のインタビューも併せてお届け。これまでの映画『るろうに剣心』とはまったく違ったテイストになっているという“最終章”について語っていただきましたので、ぜひご覧ください。※取材は新型コロナウイルス感染症が流行する前に行われました。クライマックスシーンの撮影現場に潜入!今回お邪魔した現場は、剣心と縁が熱い戦いを繰り広げるアクションシーン。クライマックスのシーンということもあり、撮影現場に入ると熱気がすごく、その場の空気感だけで圧倒されます。...
関連記事
映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』緋村剣心と雪代縁の熱いアクションシーンを撮影レポート! 大友啓史監督のインタビューもお届け
日本映画の歴史を変えたエンターテインメント作品の頂点として君臨し続ける、アクション感動大作『るろうに剣心』シリーズ。その最新作『るろうに剣心 最終章TheFinal/TheBeginning』が、それぞれ2021年4月23日(金)、6月4日(金)より2作連続で全国公開となります。“最終章”と題し、今回剣心の前に立ち塞がるのはシリーズ最恐の敵・雪代縁。縁は剣心が人斬り抜刀斎だった頃に繋がる因縁の相手でもあります。そんな注目の映画『るろうに剣心最終章』の撮影現場に潜入!剣心と縁の熱いアクションシーンが繰り広げられる現場にお邪魔し、その様子をたっぷりとレポートしていきます。また、撮影現場の見学後に行われた大友啓史監督のインタビューも併せてお届け。これまでの映画『るろうに剣心』とはまったく違ったテイストになっているという“最終章”について語っていただきましたので、ぜひご覧ください。※取材は新型コロナウイルス感染症が流行する前に行われました。クライマックスシーンの撮影現場に潜入!今回お邪魔した現場は、剣心と縁が熱い戦いを繰り広げるアクションシーン。クライマックスのシーンということもあり、撮影現場に入ると熱気がすごく、その場の空気感だけで圧倒されます。...
関連記事
キャラソンメドレーやシークレットゲストで沸いた!保志総一朗さん25周年アニバーサリーライブレポート
2018年8月19日(日)、豊洲PITにて保志総一朗さんの声優活動25周年アニバーサリーライブ「VoiceandHarmony」が開催されました。保志さんがライブを行うのは、2016年5月に行われた2ndLIVE以来の約2年ぶり。5月30日にアニバーサリーアルバムの発売を記念して行われた今回のライブでは、待ちに待ったファンたちで大いに賑わいました。本稿では、シークレットゲストの登場やキャラクターソングメドレーなど、約3時間半にも及んだライブの模様をたっぷりとお届けします!最初から全力疾走!声優活動25年の歴史を感じる楽曲のオンパレード青色の光で埋め尽くされる会場内で、今か今かと待ちわびるたくさんのファンたち。「アニバーサリーライブの始まりだーっ!」と、スパンコールがあしらわれた黒のジャケットに紫色のパンツというフォーマルな衣装で保志さんが登場!記念すべき1曲目は、アニバーサリーアルバムの1曲目に収録されている「Harmony〜夢のチカラ〜」。保志さん自身が作曲した楽曲でアニバーサリーライブのスタートです!続いて披露した「CrystalBlaze」は保志さんが作曲・作詞を手がけた楽曲。「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」とステージ上を移動しては、会場のファンたちを煽り、最初から全力投球の...
関連記事
『アイドリッシュセブン』ŹOOĻ 1st Album “einatZ” 発売記念インタビュー|広瀬裕也さん、木村昴さん、西山宏太朗さん、近藤隆さん、4人で歌う意味が込められているAlbumに
アプリゲーム『アイドリッシュセブン』に登場するユニット、ŹOOĻ(ズール)の1stAlbum“einsatZ(アインザッツ)”が2020年11月25日(水)に発売となりました。そこで今回、アニメイトタイムズではアルバム発売記念として、亥清悠役の広瀬裕也さん、狗丸トウマ役の木村昴さん、棗巳波役の西山宏太朗さん、御堂虎於役の近藤隆さんにインタビューを実施!アルバム曲に込められた想い、それぞれが感じたキャラクターの成長、そして新たなŹOOĻとしての魅力……たっぷりと語っていただきました。すでにアルバムを手に取られた方は、ぜひ曲を聴きながら、歌詞カードを読みながら最後までご覧ください。【アルバム】アイドリッシュセブンZOOL1stAlbum「einsatZ」豪華盤完全限定生産 「einsatZ」はŹOOĻの初アルバムにぴったりのタイトル──最初に、ŹOOĻ初のアルバムが発売されると聞いたときの気持ちをお聞かせください。広瀬裕也さん(以下、広瀬):ほかのグループの方々もアルバムを出されていて、僕も『アイナナ』のファンですので羨ましさを感じつつ、“ŹOOĻももっと曲数が増えたら良いな〜”という気持ちがあったので、すごく嬉しかったです。嬉しさに加えて、“どんな歌を歌うんだろうなぁ”と妄想が膨らみま...
もっと見る

公演情報

舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」

【東京公演】2022年6月24日(金)~27日(月)
会場:日本青年館ホール
主催:舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会
お問合せ:インフォメーションデスク https://information-desk.info/

【大阪公演】2022年7月2日(土)~3日(日)
会場:東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール
主催:サンライズプロモーション大阪
お問合せ:キョードーインフォメーション
0570-200-888 (11:00~16:00/日祝休業)

【チケット情報】
チケット料金:全席指定10,800円(税込) ※未就学児入場不可

★ライブ配信 実施決定!
※詳細は決まり次第、公式サイトにて発表いたします。
 

スタッフ&キャスト

原作:角川ビーンズ文庫「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」
脚本・演出:中屋敷法仁
協力:朝霧カフカ・春河35
 
出演:
植田圭輔
佐々木喜英 磯野 大 伊崎龍次郎
加藤ひろたか 田淵累生 根本正勝
久保田悠来

岡村 樹/黒須育海/山中啓伍/小林らら/美守 桃/よし乃

音楽:岩崎 琢
振付:スズキ拓朗(チャイロイプリン/コンドルズ)
美術:中西紀恵
照明:吉枝康幸
音響:吉田可奈
映像:荒川ヒロキ
衣裳:前岡直子
ヘアメイク:古橋香奈子
殺陣:六本木康弘
演出助手:溝端理恵子
舞台監督:川除 学/今村智宏
宣伝美術:水野沙弥香(Gene & Fred)
宣伝写真:上村可織(Un.inc)
WEB制作:Gene & Fred
宣伝:ディップス・プラネット
音楽制作:ランティス

企画:舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会
制作:バンダイナムコミュージックライブ/ゴーチ・ブラザーズ

公式サイト
公式ツイッター(@bungo_stage)

(C)舞台「文豪ストレイドッグス STORM BRINGER」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

ディズニープラス アニメ特集 イッキ見できるアニメ一覧
ディズニープラス見放題夏アニメ一覧
今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング