menu
ブルーロック
映画

【内海賢二 彼が生きた時代:連載第1回】谷山紀章さんインタビュー|声優を名乗る以上は、ボスがそうであったように誰かに目標にしてもらえるような存在になれたら

声を追求し続けた内海賢二という憧れ

ーー現在まで変わらず「賢プロダクション」に所属されていますが、事務所の雰囲気などはいかがでしたか?

谷山:もう25年になりますか。当時は養成所がなかったので、オーディションで見つけてもらったことになるんですけど。

あの頃でも実力のある中堅の事務所ってイメージでした。声優に詳しくなくても、役の名前だったら誰でも知っているような実績のある方が多く所属していましたから。なにより、内海賢二さんと野村道子さんという二枚看板の存在は大きかったですね。所属が決まったときも、両親には「ラオウとしずかちゃんのところだよ」って説明しましたから。

ーー当時、内海賢二さんはどんな印象の方だったのでしょうか?

谷山:僕が賢プロに入った頃のボスってまだ58歳ぐらいだったんですけど、ベンツに乗ってたし、剥げてたし、なんか凄く怖い親父だと思ってましたね……。バリバリに現役でオーラも半端なかったですから。

ただ、ボスはボスで俺のことを目つきの悪い奴が入ってきたと思ってたみたいですけど。あんまり思い出したくないんですけど、あの頃の僕って所謂 黒歴史ってやつでして。オールバックに髭を生やしているというスタイルだったんですよ。宣伝写真もその姿で斜めに構えて写ってたりして。21歳の若造がなにをやっているんだと(笑)。

賢プロってそういう事務所だと思ってたんですよ。ボスがそうだったし、いかにも強面な先輩方が何人もいたし。だから僕もそういう若い衆みたいな感じでいかなきゃいけないんだと勝手に思い込んじゃってたんです。くれぐれも、実際はそんなことないですからね。優しい事務所だったんですけどね。

ーーその頃と比べて、現在の「賢プロダクション」の変わったと思うところはありますか?

谷山:めちゃくちゃ変わりましたね。所属している人が増えたし、外部の人からも「賢プロは若手も上手い人が多いよね」とか言われることが多くなりました。そういうのはやっぱり嬉しいですよね。

それこそアーティスト活動や、アイドル活動っていうのが、賢プロの中にも徐々に増えてきてます。歌ったり踊ったりが当たり前の時代になってきていますから、賢プロも変わっていかなきゃならないってことなんでしょうね。昔から知っている身としては不思議な感じです。そういうのって本当に珍しかったですから。

ーー変化の激しい業界ですが、谷山さんはどんな声優でありたいと思っていますか?

谷山:多種多様な技術が求められる時代が来ていますけど、僕は声優と歌のふたつだけでやっていこうと決めているんです。台詞にもっと深い意味をのせられるようになって、歌ももっと上手くなって、替えのきかない唯一無二の存在になれたらなと。

これは真面目な話ですけど、声優っていうのは職人でなきゃいけないと思ってるんですよ。求められている絶対的なスキルは、絵の中の人物にどれだけ命を吹き込めるかってことだけですから。言葉にどれだけの情報をのせられるか、それを追求し続けなければいけないなと。

だから声優としての本職以外のことはバイト感覚みたいなものだと思ってるんです。肩書として声優を名乗っている以上は、言葉だけで「おぉ!?」って思わせ続けることを追求しなければいけないですよね。

うちのボスがまさにそういう人でしたから。世俗的な表現ですけど、金になる声を追求し続けた史上一番の声優だったと思うんです。いろんな人の憧れを集めて、その期待に答え続けてきたわけですから。忖度抜きにしても、内海賢二という男は偉大な存在なんです。

僕も声優を名乗る以上は、ボスがそうであったように誰かに目標にしてもらえるような存在になれたらなと思っています。

[取材/武田結花 編集/石橋悠 構成/原直輝]

連載バックナンバー

関連記事
【内海賢二 彼が生きた時代:連載第2回】野村道子さんインタビュー|私は、内海さんは声優の5本の指に絶対に入っていると思っています
アニメや海外映画の吹き替えだけでなく、歌やラジオ、イベント出演に至るまで、活動の幅を広げている声優。今ではTV番組に“声優”という肩書きで出演される方も多く、声優という職業自体も世間一般に認知されるようになってきました。しかし、その裏で声優業界を黎明期から作り上げてきた大先輩方が、訃報や引退といった形で徐々に一線を退いているのもまた事実です。アニメイトタイムズは日々、たくさんの声優ニュースを取り上げていますが、声優業界に深く関わっているからこそ、メディアという立場であるからこそ、今というタイミングで何かできることがあるのではないか、と考えました。そんな折、様々な取材を通して筆者が出会ったのは“内海賢二さん”という存在でした。内海賢二さんといえば、2013年にご逝去されるまでの間、『北斗の拳』のラオウ役、『Dr.スランプアラレちゃん』の則巻千兵衛役、『鋼の錬金術師』のアレックス・ルイ・アームストロング役など、数え切れないほどの人気キャラクターを演じた名役者です。そして、それと同時に声優事務所「賢プロダクション」の創立、TV番組やTVCMの出演など、声優が広く認知されるきっかけを作った人物のひとりでもありました。本企画【内海賢二...
関連記事
映画『その声のあなたへ』公開記念 柴田秀勝さん × 浪川大輔さん × 三間雅文さん鼎談|同世代・後輩・音響監督から見た内海賢二さんの姿とはーー“声優”という言葉がなかった時代の逸話や『ハガレン』『北斗の拳』に関わるエピソードも
『北斗の拳』のラオウ、『Dr.スランプアラレちゃん』の則巻千兵衛、『鋼の錬金術師』のアレックス・ルイ・アームストロングなど、数多くの名作で強烈な演技力を魅せた声優・内海賢二さん。2013年6月に亡くなられ、各界に悲しみと衝撃を与えました。業界を黎明期から引っ張ってきた内海さんの生き様と、偉業を追ったドキュメンタリー映画『その声のあなたへ』が2022年9月30日(金)に公開となります。アニメイトタイムズでは、映画の公開を記念して、内海さんの同世代として共に黎明期を引っ張ってきた声優・柴田勝秀さん、後輩役者として背中を見てきた・浪川大輔さん、音響監督という立場で一緒に過ごしてきた三間雅文さんの鼎談を実施しました。三者三様から見た内海さんの姿はもちろんのこと、まだ“声優”という言葉が浸透していなかった時代のお話や声優のあり方など、貴重なお話が盛りだくさんです。声優を目指している方、アニメや声優がお好きな方、ぜひ最後までご覧ください。ボストンバッグ1個を持って上京した内海さんとの出会いーー早速ですが、同世代、後輩声優、音響監督というそれぞれの立場から、内海賢二さんの生き様や印象に残っている思い出などをお話いただければと思います。柴...

映画『その声のあなたへ』作品情報

ストーリー

アニメイトタイムズで働く若手ライターの結花は、取材中に声優・内海賢二の存在を知る。彼に興味を持った結花は、取材企画を立ち上げて彼の声優仲間らへ取材を始める。この取材を通して彼女は、内海賢二という声優の人柄だけでなく、かつての声優業界、声優という仕事が今のような人気職業になるまでの歴史を知っていく。

スタッフ&キャスト

配給:ナカチカ、ティ・ジョイ
監督・脚本:榊原有佑
制作:and pictures
企画:株式会社CURIOUSCOPE

逢田梨香子、伊藤昌弘、内海賢太郎、勝杏里、かないみか、神谷明、柴田秀勝、杉山里穂、谷山紀章、戸田恵子、浪川大輔、野沢雅子、野村道子、羽佐間道夫、水樹奈々、三間雅文、山寺宏一、和氣あず未 (五十音順)

公式HP:sonokoe.com
公式Twitter:@SonoKoe_0930

おすすめタグ
あわせて読みたい

その声のあなたへの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023冬アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2023冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング