menu
音楽

「僕がやる意味を見つけながら演じる楽しさも」──「『東京カラーソニック!! 』the Stage」舞台化記念 田所雪也役・松村龍之介さんインタビュー

人気コンテンツ『東京カラーソニック!!』が遂に舞台に! 「『東京カラーソニック!! 』the Stage」が2023年2月18日から26日まで東京・シアター1010にて公演決定!

『東京カラーソニック!!』とは、208X年に政府公認のエンタメ機関が運営する音楽学校を舞台に、ボーカル学科の生徒と作詞作曲学科の生徒がペアになり、1年に1度開催される音楽フェス「東京カラーソニック」での優勝を目指す道のりを描いた音楽青春ストーリーです。

現在、ドラマCDや楽曲のリリース、イベント開催などで盛り上がりを見せる注目コンテンツで、今回、初めての舞台化が実現しました! 演じるのも大人気2.5次元ステージに出演している豪華俳優陣が勢ぞろい!

舞台化を記念して、演じる俳優さんの連続ソロインタビュー企画をお送りしていますが、教官役のお二人にもインタビュー! 今回ご登場いただくのは田所雪也役の松村龍之介さんです!

 

 

アニメイトタイムズからのおすすめ


アーティストとして譲れないものをぶつけ合う姿が熱い!

──『東京カラーソニック!!』の世界観やキャラクター、設定についての印象、魅力を感じた点をお聞かせください。

田所雪也役 松村龍之介さん(以下、松村):この作品は、近未来の世界観なので、SFや未来のお話が好きな僕はすぐ引き込まれました。

あと歌はいくら年月や年を重ねても廃れないものという前提と、キャラクターたちがベートベンなど史実の名音楽家が好きという設定がいいなと。

また、この作品では複数のバディが登場しますが、今回はそれぞれ作曲家と歌い手のコンビということで、ドラマとして掘り下げやすいし、共感や楽しみやすいのではないかなと思いました。

曲を作る側の苦悩と、歌う側の苦悩があって、アーティストとして譲れないものをぶつけ合うのも熱くて。そしてそれぞれのコンビに特徴があって、比較しやすいのもいいですね。そんな中で、田所と(阿部)快征が演じる芦野は教官という立場でのある意味、バディであり、デコボココンビで。

違った立ち位置でこの作品を盛り上げられるのも楽しみですし、田所と芦野では生徒に対するアプローチが違って、響く言葉や姿勢も変わってくると思うし、お互いにいいところを出し合えたらいいなと思っています。

──『東京カラーソニック!!』でご自身の演じるキャラ以外のお気に入りを挙げるとすれば?

松村:嵐ですね。演じられている千葉翔也さんの声が好きすぎて、耳が幸せになるんです(笑)。「こんなにカッコいい声ってあるんだな」って。

 
あと3rd シーズンから登場する巴を演じる広瀬裕也さんとは『シュート! Goal to the Future』でもご一緒させていただいて。その時は熱い役を演じられていたので、曲を聴いた時のギャップが素敵だなと思いました。

あと僕は声が低いので、海吏役の武内(駿輔)さんの声も大好きです。

──この作品で好きな楽曲があれば教えてください。

松村:巴の曲「モラトリアム」と、海吏の曲「Don’t back down」が好きです。「Don’t back down」は男という感じがカッコいいし、低音の響かせ方がいいなと思いました。

実は今日行われた撮影中にも流れていたので、テンションも上がって撮影もはかどったし、ずっと聴いていたいなと思いました(笑)。

 

田所は厳しくも優しい男。そして自分もヒゲが似合う男になりたい!?

──『東京カラーソニック!!』の舞台に出演が決まった感想は?

松村:まずは嬉しかったです。また原作がある舞台で、新たにキャラクターを演じるのは約4年ぶりです。

2022年に『刀剣乱舞』で演じた伊東マンショはオリジナルキャラだったので、今回楽しみでしたし、既に浪川大輔さんが作ったキャラクターを、僕がやる意味を見つけながら演じる楽しさもあって嬉しいです。

以前、共演経験がある役者さんもいらっしゃったので、久しぶりに会えて共演できるのも楽しみでした。あと僕自身、音楽が好きなので、歌や音楽が題材というだけでワクワクします。

また稽古場に入ってから本番まで一緒に練習していく中で、パフォーマンスも向上していく様子も頭に浮かんで、いち役者としての共感や頑張りを見られる楽しさもあることが、この作品への出演を決めた大きな理由の1つかもしれません。

──演じる田所についての印象やご自身との相違点、共感できる点などあればお聞かせください。

松村:田所は僕の実年齢と7歳離れていますが、今回教官役を演じられることや、田所の熱くて厳しくて、ぶっきらぼうな感じも好きなので、演じるのが楽しみになりました。

僕は彼のように口は悪くないと思うし、他人に対しても厳しくないと思います。自分には厳しいと思いますけど(笑)。そう考えると田所は優しいですね。口が悪くて、厳しくても結局、相手のことを思って言っているのがわかりますし。

人と話す時、僕らは言葉を選んでしまいがちですが、彼はストレートに言えるのもカッコいいです。たぶん数年後に「あの言葉を今でも覚えています」という生徒もいるんじゃないでしょうか。

そしてセクシーですよね。あのヒゲが(笑)。僕もヒゲが似合う男になりたいです。

プロフィールで一緒なのは利き腕が右くらいかな。甘いものも好きだけど、最近あまり食べなくなって。彼が嫌いな梅干しも僕は大好きですし、あと身長と早生まれなこと、血液型がAなのも一緒だ! 結構共通点がありますね。

それと僕も人をよく見ているし、教えるのも好きで、人が成長しているのが見えた時は凄く嬉しいです。

たぶん役者を初めてから、相手役や共演者の方が稽古を通じて、段々よくなっている経過を見るのが好きになったし、誰かが笑っていたり、楽しんでいる瞬間も幸せで。田所も生徒が輝いている姿を見たいという点で一緒なのかなと思います。

 

 

──田所をアシストする立場として芦野についての印象は?

松村:芦野がそばにいてくれるから田所ができることもあると思うし、その逆もしかりで。また無意識のうちのお互いに同じ方法や考え方をしないのかなと。

でも芦野が言ったことに関して田所は何も言わないと思うし、口には出さなくてはすごく信頼しているんじゃないでしょうか。また芦野は素直でかわいくて、優しくて、空気を読める人じゃないかなと思います。

──芦野を演じる阿部さんを「快征」と呼ばれたということは仲が良さそうですね。

松村:共演は2~3回だと思いますが、元々、彼が所属していた事務所の黒羽麻璃央くんとは同い年で、共演した時は同じチームで、僕が部長で、あいつがエースで。

だから麻璃央を含めて仲良くしていたり、快征が仲良くしている先輩がだいたい僕とタメだったりしたので、よくご飯に行ったりしていました。彼がたぶん19歳でしたが、今ではもう……やっぱり変わってないですね(笑)。かわいいヤツです。

──松村さんから見た阿部さんはどんな方ですか?

松村:バカですね(笑)。いい意味で天真爛漫で、根が明るくて、彼がいると周りが明るくなって、笑顔が増えるような。僕は逆で、ずっと暗くて、明るくできる人にだけ明るくして(笑)。快征は人を選ばずに人と接することができるハートの強さはうらやましいです。

──他の共演者の方で仲が良い方は?

松村:宙役の北川尚弥と春飛役の高本 学と神楽役の小波津亜廉ですね。学は同い年で、亜廉くんは年上で、尚弥は3~4歳下とバラバラなんですけど、学は仲の良い友達で、亜廉くんは先輩だけど先輩とは見ていないくらい近く感じる存在で、例えるならば世話焼きのお母さん(笑)。

でも天然なところもあって、いろいろやってくれるけど、「亜廉くん、それは違うよ」ということもよくあります。尚弥は人懐っこくて、かわいいですね。そしてずっと口がニヤニヤしていて(笑)。素直でノリがいいので、一緒にいても楽です。その点では学は暗いんですけど、大丈夫です(笑)。

気が付いたんですけど、今名前を挙げた3人はみんな、作曲側なので、稽古場に入ったら今回歌われる方たちをリスペクトしていこうかなと思っています(笑)。

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

『東京カラーソニック!!』the Stageの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング