ゲーム・アプリ
ゲーム『ホグワーツ・レガシー』をプレイしている声優・VTuber・配信者まとめ

ますます広がる魔法ワールド! ゲーム『ホグワーツ・レガシー』をプレイしている声優・VTuber・配信者まとめ!

2023年2月7日にアーリーアクセスがスタートし、2月10日に発売した『ホグワーツ・レガシー』。

本作は、イギリスの作家であるJ・K・ローリング氏が著したファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの世界が舞台のオープンワールドアクションRPGです。

『ハリー・ポッター』シリーズが1990年代に対し、本作は1800年代の物語となるため、ハリー・ポッターやロン・ウィーズリー、ハーマイオニー・グレンジャーなどおなじみのキャラクターは登場しません。

しかし、その作りこまれた魔法ワールドやハリー・ポッターたちが通っていたホグワーツを隅々まで探索できるという点などに『ハリー・ポッター』ファンは魅了され、発売から2週間で全世界1,200万本の売上を突破するなどトレンドを賑わしています。

そして、YouTube配信などでは多くの声優の方やVTuber、配信者、著名人の方々が本作をプレイしています。本記事では、一部の方たちをピックアップしてご紹介!

 

目次

ホグワーツレガシーについて

PC版・Xbox X/S版・PS5版が2023年2月10日に発売され、PS4、Nintendo Switchなどのハードウェアでも順次販売予定である本作。

プレイヤーはホグワーツの5年生として入学して古代魔術の謎を追ったり、闇の魔法使いと戦ったりなどの冒険をする一方で、授業を受けたり箒で自由に飛び回ったりなど、寄り道をしながら自由に学校生活を楽しめるようになっています。

また、ゲーム内では『ハリー・ポッター』シリーズでも登場した4つの寮「グリフィンドール」「ハッフルパフ」「レイブンクロー」「スリザリン」も登場。

プレイヤーの選択によって所属する寮が決まり、映画ではじっくり見られなかった寮の談話室や校内をくまなく観察・探索することができ、さらには選んだ寮によってストーリーの展開が変化するなど何度でも楽しめる内容となっています。

 

声優さんピックアップ

ここからは、『ホグワーツ・レガシー』をプレイし、YouTubeで配信も行っている声優さんをご紹介いたします。選んだ寮やプレイスタイルなどに個性が現れていますので、ぜひご覧ください。

 

秋乃さん(プレイヤーボイス・女性担当)

 
プレイヤーの分身となる主人公・女性のボイスを担当している秋乃さん。所属するウルトラエッグスの公式チャンネルにてプレイ動画を投稿しています。

秋乃さんは『ハリー・ポッター』シリーズに登場するルーナ・ラブグッドが好きなため、自身も彼女が所属するレイブンクローへの入寮を目指すことに。

ゲーム中の自身の音声を聞きながらその場で同じセリフを再現するなど、ボイスを担当したからこその見どころがあります。

また、『ハリー・ポッター』シリーズを知っているからこそのリアクションを見られるのもポイントです。

 

花江夏樹さん・小野賢章(ハリー・ポッター役)さん

 
花江夏樹さんは自身のYouTubeチャンネルで不定期にゲーム配信を行っており、発売日である2月10日に本作の実況プレイを生配信。

ゲストに『ハリー・ポッター』シリーズの主人公であるハリー・ポッターの日本語吹き替えを担当した小野賢章さんを迎えました。

吹き替え時の貴重な話などもしながら、ゲームの細かな作り込みに感動し、初回の配信から数日後には第2回も実施(※現在は第3回まで配信されています)。

ハリー・ポッターと同じグリフィンドール生として二人が仲良くホグワーツを探索したり、呪文の話やアフレコの話で盛り上がったりする様子が見どころです。

 

 

中村悠一さん

 
ガチのゲーマーとしても知られる中村悠一さんは、『ハリー・ポッター』シリーズについの知識は持ち合わせていないのだそう。

ただ、知らないが故に中村さんなりの考えや意見なども飛び出したり、視聴者から突っ込まれたりなどのシーンも。

ゲームの選択ではスリザリンへの組分けを推奨され、視聴者アンケートでも50%以上の圧倒的な支持を受け『ハリー・ポッター』シリーズの人気キャラであるドラコ・マルフォイと同じスリザリンに入寮。闇の力を得る道に進んでいきます。

 

 

夏川椎菜さん

 
ファミ通ゲーム実況chの人気コンテンツの一つである「夏川椎菜のずっとゲームしてるだけ」にて本作をプレイ。

「CultureZ(文化放送)」で以前から『ホグワーツ・レガシー』を楽しむために『ハリー・ポッター』シリーズを勉強したと話していた通り、世界観や設定など細かい部分に気づく場面も。屋敷しもべ妖精に反応するなど終始高いテンションでゲームを楽しんでいます。

ちなみに、配信ではスリザリンを選択しましたが、プライベートでは『ファンタスティック・ビースト』シリーズの主人公であるニュート・スキャマンダーと同じハッフルパフを選択するようです。

 

 

青木瑠璃子さん

 
ゲーマーであり数々のゲーム配信を行っている青木さんもホグワーツに入学。自身の名前とハリー・ポッターの名前をもじり、スリザリンの「ルリー・コッダー」として学校生活をスタートさせました。

最初は難易度・ノーマルでプレイしていましたが、さすがゲーマーと言うべきでしょうか。難易度をハードに変更し、キーコンフィグなども設定して準備万端。

序盤は苦戦するもののプロテゴ(盾の呪文)をうまく使いこなし、ハードモードにも手応えを感じているようです。スマートな戦闘シーンを見たい方におすすめです。

 

 

相良茉優さん

 
自身のYouTubeチャンネルにてさまざまなゲーム配信を行っており、「ハリポタ大好き声優」を名乗る相良さんも、『ホグワーツ・レガシー』の発売を楽しみにしていた1人です。

小学生の頃はホグワーツから手紙が届くのを待っていたという相良さんですが、ゲーム開始時に届いた入学通知書に大興奮の様子を見せます。

寮選びは視聴者からのアンケートでスリザリンに決めて学校生活をスタート。気になるところを見つければどんどん寄り道する姿からも楽しんでいる様子が伺えます。

ピーブズや屋敷しもべ妖精、まね妖怪のボガート、そのほか『ハリー・ポッター』シリーズが好きだからこその細かな知識が飛び出します。

さらに、「魔法薬学」については「ロマンがある」「緻密に作るのが好き」と語り、『ハリー・ポッター』シリーズにも登場した魔法薬「フェリックス・フェリシス」が作れることに驚きながらもうれしそうな様子を見せていました。

 

 

そのほか『ホグワーツ・レガシー』をプレイされている方たちのツイート

 

 

 

 

 

 

VTuber・配信者ピックアップ

ここからは、『ホグワーツ・レガシー』を配信しているVTuberさんや配信者の方々を数名ピックアップしてご紹介いたします。

 

兎田ぺこらさん(ホロライブ)

 
子どもの頃にお母さんに『ハリー・ポッター』の小説をねだって買ってもらったというぺこらさん。映画も見ていたようで、時折映画の思い出話も交えながら魔法ワールドを堪能しつくしています。

組分けではグリフィンドールを期待していましたが、組分け帽子からも視聴者からも野心を見抜かれスリザリンに。順調に許されざる呪文も習得していき、偉大なる魔女の道へと進んでいきます。

 

さくらみこさん(ホロライブ)

 
さくらみこさんもホグワーツ・レガシーの発売を心待ちにしていた一人。闇の魔法に始めから興味津々の彼女が入ったのはスリザリン。

最強の魔法使いになるべく学校生活をスタートさせ、闇の魔法にも魅入られていきます。ただ、授業はしっかりと受けて他の生徒とも交流を深めるなどまじめな一面も。

配信は9時間以上続くなど、かなり本作にハマっている様子です。

 

リゼ・ヘルエスタさん(にじさんじ)

 
作品に対する知識や理解が深く、細かい部分にも気づく配信が人気のリゼさん。

『ホグワーツ・レガシー』でもそのスタイルは変わらず、新聞を見てすぐに「日刊予言者新聞」というワードが飛び出すなど原作愛にあふれた実況となっています。

その博識さは組分けにも表れたのか、あふれる好奇心を見出されレイブンクローへ。まじめで勤勉な生徒として学校生活を送っています。

『ハリー・ポッター』シリーズの知識やあるあるなどを共有したい方におすすめです。

 

花畑チャイカさん(にじさんじ)

 
スリザリン生として落ち着いた声で他の生徒に呪文を飛ばす、追跡するなど闇の魔法使いの素質を見せつける行為を繰り返しながらも、箒で空を飛ぶことにワクワクし、杖選びにも熱心なチャイカさん。

さらには、自前の『幻の動物とその生息地』をぺらぺらとめくってその場でゲームに登場する魔法生物を調べるなど少年のような無邪気な一面を見せてくれます。

また、おしゃれやファッションにも敏感で、衣装チェンジも楽しんでいる様子です。

 

兎咲ミミさん(ぶいすぽっ!)

 
グリフィンドールへの入寮を希望していましたが、あふれ出る好奇心を否定することはできず、組分けの結果はレイブンクローに。その好奇心を十分に発揮し、クエスト進行だけでなく魔法生物をじっくり観察して愛でる時間も。

また、やり込み要素にも積極的で全チャレンジ100%クリアを目指した配信も行っています。

 

すぎるさん

 
2008年からゲーム実況動画を投稿しているすぎるさんは、その大きい声や子どものような純粋なリアクション、そしておっちょこちょいな一面などがファンに愛されています。

『ハリー・ポッター』シリーズだけでなく『ファンタスティック・ビースト』シリーズの作品も見ているようで、楽しそうにプレイしている様子が人気を博しています。とくに、飛行訓練でテンションが上がっているシーンはおすすめです。

また、配信タイトルも『ハリー・ポッター』シリーズを意識したものになっていて、タイトルの時点から笑いを誘ってくれます。

ちなみに組分けはスリザリンとなり、事前にファンサイトで組分けを行った際もスリザリンだったことから納得の結果のようです。

 

そのほか著名人ピックアップ

VTuberや配信者だけにとどまらず、著名人の方も『ホグワーツ・レガシー』を思う存分楽しんでいる様子です。
こちらでは、そんな著名人の一部をご紹介いたします。

 

霜降り明星・せいやさん

 
ゲームのCMにも出演しており、自他共に認める『ハリー・ポッター』シリーズの大ファンであるお笑いコンビ・霜降り明星のせいやさん。

お笑い芸人らしくキレのあるツッコミを入れていく、関西弁のグリフィンドール生というスタイルに人気が集まっています。

また、SEGAの公式YouTubeチャンネルで行われた発売記念生放送ではMCとして登場し、番組内では小林麗菜さん、お笑いコンビ・令和ロマン(髙比良くるまさん/松井ケムリさん)と一緒にシリーズの愛を語りながら一緒にゲームをプレイしています。

 

内田敦子さん

 
『ファンタスティック・ビースト』シリーズの主人公であるニュート・スキャマンダー役のエディ・レッドメインさんと仕事で会ったことがあるという内田さん。

自前の杖も用意し、ニュート・スキャマンダーと同じハッフルパフ生に!

しかし、衣装はなぜか全身甲冑でハッフルパフのマフラーという出で立ち。甲冑のまま箒にまたがる姿は非常にシュールで視聴者の笑いを誘います。

 

あなたも魔法へワールドへ

寮選びから授業への取り組み方、戦闘、謎解き、さらには魔法生物との交流など。プレイヤーが自由に選択でき、魔法世界にどっぷりと浸かり、ホグワーツでの学校生活を満喫できる本作。

『ハリー・ポッター』シリーズファンにとってはたまらない細かな作り込みや、ゲームとしての高い完成度が多くの評価を獲得し、今現在でもプレイヤーは増えています。

今回ご紹介したのはそんなホグワーツ生のほんの一部。この機会にぜひ、今回ご紹介した方たちはもちろん、ホグワーツに入学した声優さん、VTuberさん、配信者さんの学校生活を覗いてみてください。寮の選び方一つ取っても個性が現れていて見ごたえがあります。

現在はPS5、Xbox X/S、PCでプレイ可能で、4月にはPS4とXbox One、7月にはNintendo Switchでも発売が予定されていますので、気になった方はぜひご自身でも遊んでみてください。
 

関連商品

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング
目次
目次