映画
『THE FIRST SLAM DUNK』トークイベント上映会公式レポ

アニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』声優トークイベント付き上映会の公式レポート! 仲村宗悟さん、笠間淳さん、神尾晋一郎さん、木村昴さん、三宅健太さんが登壇│仲村さん「湘北5人で立てて、本当に嬉しかった…!」

2022年12月3日(土)より公開中の映画『THE FIRST SLAM DUNK』。国内の観客動員は966万人、興行収入は138億8800万円を突破しています。

ロングラン上映を祝した、声優トークイベント付き上映会<COURT SIDE in THEATER>が2023年5月7日(日)に実施されました。

本イベントには、仲村宗悟さん、笠間淳さん、神尾晋一郎さん、木村昴さん、三宅健太さんら湘北メンバーを演じたキャスト5名が登壇。

今回、本イベントの公式レポートが到着しましたので、ご紹介します。

関連記事
THE FIRST SLAM DUNK
いつも余裕をかましながら頭脳的なプレーと電光石火のスピードで相手を翻弄する湘北の切り込み隊長、ポイントガード・宮城リョータ。沖縄で生まれ育ったリョータには3つ上の兄がいた。幼い頃から地元で有名な選手だった兄の背中を追うようにリョータもバスケにのめりこむ。高校2年生になったリョータは、湘北高校バスケ部で、桜木、流川、赤木、三井たちとインターハイに出場。今まさに王者、山王工業に挑もうとしていた。作品名THEFIRSTSLAMDUNK放送形態劇場版アニメシリーズSLAMDUNKスケジュール2022年12月3日(土)キャスト宮城リョータ:仲村宗悟三井寿:笠間淳流川楓:神尾晋一郎桜木花道:木村昴赤木剛憲:三宅健太木暮公延:岩崎諒太安田靖春:阿座上洋平潮崎哲士:櫻井トオル角田悟:遠藤大智桑田登紀:村田太志石井健太郎:堀井茶渡佐々岡智:星野佑典彩子:瀬戸麻沙美安西光義:宝亀克寿深津一成:奈良徹松本稔:長谷川芳明沢北栄治:武内駿輔野辺将広:鶴岡聡河田雅史:かぬか光明一之倉聡:岩城泰司河田美紀男:かぬか光明堂本五郎:真木駿一山王工業ベンチメンバー:江越彬紀、田所陽向、峰晃弘、金光宣明、武田太一、山本祥太宮城ソータ:梶原岳人宮城リョータ(少年期):島袋美由利宮...

声優トークイベント付き上映会<COURT SIDE in THEATER>公式レポート

ロングラン上映を祝して、5/7(日)に声優トークイベント付き上映会<COURT SIDE in THEATER>が実施されました。

登壇したのは、宮城リョータ役の仲村宗悟、三井寿役の笠間淳、流川楓役の神尾晋一郎、桜木花道役の木村昴、赤木剛憲役の三宅健太の湘北メンバーを演じたキャスト5名。公開から156 日を迎え、お客様の前に湘北キャストが初めて一堂に会した本イベントは、全国 334 スクリーンで生中継もいたしました。

イベント冒頭に、制作の過程、そして全世界で『THE FIRST SLAM DUNK』が楽しまれている様子を収めた、このイベントのために作られたオープニング映像が上映。井上雄彦監督をはじめとするスタッフの制作風景や、国内・海外のお客様が映画に熱狂する様子が収められた映像の幕開けに、会場が興奮の渦に包まれる中、キャストが登場!

司会の麒麟・田村裕から「本日で公開156日目となる大ヒットロングランです!あらためて周りからの反響はいかがですか?」と聞かれると、仲村は「本当にすごい作品に関わることができたと日々実感しています。年末年始に地元の沖縄に帰省したのですが、親戚・知り合いから山積みのサインを頼まれました(笑)。改めて作品の反響・すごさを感じました。」と回答。

さらに木村からは「ありがたいことに子供達から見たよという声が届いていまして、小さい子に『写真撮って~』と言われて、肩組んで写真を撮っていたら、その子のお母さんが『左手…添えてますね!』と言われて(笑)。」と「SLAM DUNK」の名シーンで答えられたというエピソードに、会場は大爆笑。

そしてこの日のイベントでは、会場のお客さん、そしてSNSで募集した質問に答えるコーナーも。会場の男性から、「一番印象的なシーン」を聞かれると、仲村からは「リョータって、『キツくても、心臓バクバクでも、めいっぱい平気なふりをする』って言葉にもあるように、強がるシーンが多々ある。ミッチーとケンカする時に、震える手をポケットに隠す。映画の最後のシーンでお母さんと対面する時もポケットに手を一回入れるんです。けどそのあとお母さんの近くに座るときには、ポケットから手を外して座るんですよね。その時に、やっとリョータが家族に向き合えたと思うんです。湘北メンバーだけじゃなく、宮城家の成長も感じて、何度見てもグッときます」と自らが演じたキャラクターにまつわる一番のシーンを語りました。

続く質問では、「THE FIRST SLAM DUNK」で初めて SLAMDUNK を見て、ハマったという男性から、「この映画に出会って、一番印象的だったことは何ですか」という質問が。これに対し笠間は、「キャストの皆さんそうだと思うんですけど、印象的なことって、“井上監督に出会ったこと”。本当にいるんだっていう(笑)。」と始め、「昔から井上先生の作品が大好きで、あの作品を生み出していた人が今目の前にいる。しかもすごくフランクに接してくださる」と井上先生との出会いがとても印象的だったことを熱く語った。

そして、なんと湘北高校に立ちはだかる山王工業の河田雅史役の声優・かぬか光明が会場に来ているということが伝えられると、会場、そしてキャスト陣からもどよめきが。そんなかぬかから「忖度抜きで、山王メンバーで一番気になる人は?」という質問があがり、仲村が「忖度抜きで河田ですね」と答えると、三宅も「俺も河田なんですよ!もう本当に恐怖を感じたんですよ!」と、演技の域を超えて本当にマッチアップする河田への恐怖が生まれたと笑いながら話した。

さらにSNSで届いた質問で、「アフレコで難しかったこと」を聞かれると、木村は「多くのアニメ作品では、“わかりやすさ”や“迫力”を求められるのに対して、この作品では常に“リアリティ”を求められるんです。花道の『返せ』というセリフだけで3時間収録したんですが、大袈裟にやってしまいそうになるセリフを、いかにリアルな高校生の息遣いで、試合の流れの中から自然と出てくるような表現になるまで何度もチャレンジしました」と語った。

神尾は、「僕はバスケ経験がないですし、ダンクも決めたことがないので流川のダンクの時の「ふっ」って声にはすごく苦労しました。普通ダンクだったらものすごく力んだ声を出すと思うんですが、そこは流川のキャラクターもあるのでそのバランスが難しかったです。」と井上監督が求めた“リアル”という要求への苦悩を語りました。

そして、このイベントだけのスペシャル映像として、なんと 10-FEET からお祝いのコメントとエンディング主題歌「第ゼロ感」のスペシャルパフォーマンス映像が到着!

Vo./Gt.の TAKUMA からは、「150日と言わずに、四年間くらい上映してほしい」という言葉が出ると、会場からは拍手が起こり、さらに圧巻のパフォーマンスに会場もキャストも魅了されました。

最後のメッセージとして、三宅は「本当に今日という日を迎えられたことが嬉しいです。今日は湘北の靴を履いてきました。赤木の言葉を借りるなら、『ありがとよ』」と自分の演じたキャラクターのセリフで感謝の気持ちを伝えました。

続く木村も「こうやってみなさんとお話しして、スペシャル映像もみて、僕ももう一度この映画に触れたくなりました。皆さんも何度でも触れてください」と思いを噛み締めました。

神尾は、「僕の役者人生の中で貴重で大切な役になりました。公開前に皆さんにどうやって受け止めていただけるか緊張してきた状態から、156日が経ち、応援上映や親子上映会などいろいろな形で皆さんの元に届いていてとても嬉しいです。156 日はまだまだ途中。これからもよろしくお願いします。」と語りました。

そして笠間は「僕らもこの作品の1つのピースでしかなくて、監督、たくさんのスタッフさんのピースが?み合って生まれた作品。皆さんにこれほど受け入れてもらえているのは1つ1つのピースがすごい熱量で取り組んできたからです。魂で作られた、たくさんの人で彩った作品を何度でも楽しんでいただきたいです。」と熱い思いを伝えました。

そして仲村からは「こんなにたくさんの人と熱い思いを共有したり、楽しめたりすることってなかなかないです。こうやってみなさんとこの時間を共有でできて本当に嬉しいです。まだまだ長く愛されて行って欲しいです。」と更なるロングランへの願いを伝えました。

最後は仲村の「1,2,3」の掛け声に合わせ、会場、そしてライブビューイングに参加しているお客さん全員で「勝―つ!」と叫び、会場が一体となって最高の盛り上がりを迎えたところでイベントは終了しました。

声優トークイベント上映会 COURT SIDE in THEATER 概要

日時:5月7日(日)18:20 イベントスタート
会場:ユナイテッドシネマ豊洲 スクリーン 10(東京都江東区豊洲2丁目4―9 アーバンドックららぽーと豊洲 3F)

登壇者:仲村宗悟、笠間淳、神尾晋一郎、木村昴、三宅健太 (敬称略)
司会:麒麟 田村裕

映画『THE FIRST SLAM DUNK』 作品情報

2022年12月3日(土)大ヒット上映中

 

スタッフ

原作・脚本・監督:井上雄彦
演出:宮原直樹、大橋聡雄、元田康弘、菅沼芙実彦、鎌谷悠、北田勝彦
CGディレクター:中沢大樹
キャラクターデザイン・作画監督:江原康之、井上雄彦
サブキャラクターデザイン:番由紀子
キャラクターモデリングスーパーバイザー:吉國圭
BG&プロップモデリングスーパーバイザー:佐藤裕記
テクニカル&リギングスーパーバイザー:西谷浩人
シニアアニメーションスーパーバイザー:松井一樹
テクニカルアニメーションスーパーバイザー:牧野快
シミュレーションスーパーバイザー:小川大祐
エフェクトスーパーバイザー:松浦太郎
シニアライティングコンポジットスーパーバイザー:木全俊明
ライティングコンポジットスーパーバイザー:新井啓介、鎌田匡晃
美術監督:小倉一男
美術設定:須江信人、綱頭瑛子
色彩設計:古性史織、中野尚美
撮影監督:中村俊介
編集:瀧田隆一
音響演出:笠松広司
録音:名倉靖
キャスティングプロデューサー:杉山好美
音楽プロデューサー:小池隆太
2Dプロデューサー:毛利健太郎
CGプロデューサー:小倉裕太
制作統括:北﨑広実、氷見武士
アニメーションプロデューサー:西川和宏
プロデューサー:松井俊之
オープニング主題歌:The Birthday(UNIVERSAL SIGMA)
エンディング主題歌:10-FEET(EMI Records)
音楽:武部聡志、TAKUMA(10-FEET)
製作:2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners
アニメーション制作:東映アニメーション、ダンデライオンアニメーションスタジオ

 

キャスト

仲村宗悟
笠間淳
神尾晋一郎
木村昴
三宅健太

 
公式サイト:https://slamdunk-movie.jp/
公式Twitter:@movie_slamdunk
公式Instagram:@slamdunk_movie
公式Facebook:@movie.slamdunk

COURT SIDE:https://www.slamdunk-movie-courtside.jp/
YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=RGEdQv95PgY

『SLAM DUNK』とは

「週刊少年ジャンプ」(集英社)1990年42号から1996年27号まで連載された、井上雄彦氏による少年漫画。

高校バスケを題材に選手たちの人間的成長を描き、国内におけるシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上。

手に汗握る試合の描写やバスケットボールに青春を懸ける登場人物たちが中高生の共感を呼び、圧倒的な支持を受ける。

その影響からバスケを始める少年少女が続出し、テレビアニメ(1993年10月~1996年3月)やゲームなども製作された。

2006年、若いバスケットボール選手を支援するための「スラムダンク奨学金」が設立される。

2018年、全カバーイラスト描き下ろし、物語の節目ごとに巻を区切り直した新装再編版(全20巻)刊行。2020年には、イラスト集『PLUS / SLAM DUNK ILLUSTRATIONS 2』刊行。連載開始から30周年を迎えた。

 
「スラムダンク奨学金」公式サイト:http://slamdunk-sc.shueisha.co.jp

 

『SLAM DUNK』新装再編版(全20巻)

 

 

イラスト集『PLUS / SLAM DUNK ILLUSTRATIONS 2』

(C)I.T.PLANNING,INC. (C)2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング