2.5次元
舞台『ヒプノシスマイク』Dual3D上映決定|メインビジュ&本予告

舞台『ヒプノシスマイク』《Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW》-Cinema Edit-のDual3D上映が実施決定! メインビジュアル&本予告映像が解禁

『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』を原案とした舞台「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Rule the Stageの映画館限定のオリジナル編集版「-Cinema Edit-」シリーズ。

シリーズ三作目として7月21日(金)より『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage《Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW》-Cinema Edit-が、3面ライブスクリーンで上映されます。

このたび、本作のDual3D上映が実施決定しました。Dual3D版では、立体感のある3Dで、舞台がまるでそこにあるかのようなリアルな空気感楽しめるとのことです。

また、「-Cinema Edit-」のメインビジュアル&本予告映像が公開されました。

Dual 3D上映が実施決定!

この足袋、3面ライブスクリーン上映に加えて、Dual3D上映の実施も決定しました!

Dual3D上映とは、シーンやご自身の好みに合わせて2D/3Dの鑑賞方法を自由に選択できる“全く新しい3D上映”で、前作の「《Bad Ass Temple VS 麻天狼》-Cinema Edit-」でDual3D上映が実施された際には、「臨場感がすごい!!!」「普段は3Dで酔うけど、全く酔わず快適だった」「舞台の奥行や演出が再現されて、生の舞台を見ているような没入感を味わえた!」など大きな反響を呼びました。

ご好評につき、本作でも全国の映画館でDual3D上映を実施することが決定しました。

Dual3D版では、立体感のある3Dで、舞台がまるでそこにあるかのようなリアルな空気感を、3面ライブスクリーン版では、7.1chという大迫力の音響とともに、1面では映しきれない舞台演出と各キャラクターの細かな演技を、それぞれお楽しみいただけます。

Dual3D(仮称)とは

シーンやご自身の好みに合わせて、2D/3Dの鑑賞方法を自由に選択できる新しい上映体験です。

通常の3D映画では3Dメガネを外すと映像が重なってぶれて見えますが、NTTコミュニケーションズ㈱の「Dual 3D」(仮称)では、メガネを外しても綺麗な2D映画として鑑賞できるため、同じ上映回の中で、メガネ無しの2D/メガネ有りの3Dどちらでも作品をお楽しみいただくことができます。

メガネをかけた場合は“登場人物をより近く自然に感じる、臨場感のある映像”で作品をご鑑賞いただけます。

3面ライブスクリーンとは

次世代のエンターテイメントの発信を目指して松竹マルチプレックスシアターズが開発した劇場スクリーンです。

可動式の3面スクリーンに常に映し出される迫力の映像とコンサートホール仕様のアレイスピーカー、カスタマイズされたデジタル音響システムで、これまで再現が難しかった舞台上の繊細な表情やダイナミックな躍動感、ミュージックライブの高揚感を、まるでそこにいるかのような臨場感で体感できます。

現在、丸の内ピカデリー(東京都千代田区)、熊本ピカデリー(熊本県熊本市)の2館に導入されています。

メインビジュアルが解禁!

舞台ビジュアルをベースにした「-Cinema Edit-」のメインビジュアルが解禁されました。

本作は、安井謙太郎さん演じる飴村乱数(あめむららむだ)、坂田隆一郎さん演じる夢野幻太郎(ゆめのげんたろう)、滝澤諒さん演じる有栖川帝統(ありすがわだいす)の3名で構成されたシブヤ・ディビジョン”Fling Posse”と阿部顕嵐さん演じる碧棺左馬刻(あおひつぎさまとき)、水江建太さん演じる入間銃兎(いるまじゅうと)、バーンズ勇気さん演じる毒島メイソン理鶯(ぶすじまめいそんりおう)の3名で構成されたヨコハマ・ディビジョン”MAD TRIGGER CREW”の初対決を描いた作品となっています。

本予告が公開

本予告では、シブヤ・ディビジョン“Fling Posse”とヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”、それぞれの迫力あるライブパフォーマンスがおさめられています。

さらに、各キャラクターが対峙する姿やメンバー同士が力を合わせる姿などもおさめられており、パフォーマンスだけではない本作の感動がよみがえる本予告となっております。

本予告映像

『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage《Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW》 -Cinema Edit-作品情報

7月21日(金)Dual 3D & 3面ライブスクリーン 3週間限定同時上映

ストーリー

H歴。武力による戦争は根絶された。
争いは武力ではなく人の精神に干渉する特殊なマイクにとって代わった。
その名も「ヒプノシスマイク」。
このマイクを通したリリックは人の交感神経、副交感神経等に作用し、様々な状態にすることが可能になる。

H歴3年。
人々はラップを使い優劣を決する。
男性は中王区以外のイケブクロ・ディビジョン、ヨコハマ・ディビジョン、シブヤ・ディビジョン、シンジュク・ディビジョン、オオサカ・ディビジョン、ナゴヤ・ディビジョン等の区画で生活することになる。
各ディビジョン代表のMCグループがバトルをし、勝った地区は決められた分の他の領土を獲得することができる。

兵器ではなく言葉が力を持つことになった世界で今、男たちの威信をかけたディビジョンバトルが始まる。

上映劇場

劇場情報はこちら

スタッフ

原作:EVIL LINE RECORDS
監督:植木豪
脚本:亀田真二郎
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

キャスト

安井謙太郎
坂田隆一郎
滝澤諒
阿部顕嵐
水江建太
バーンズ勇気

ほか

【《F.P VS M.T.C》 -Cinema Edit-】
【-Cinema Edit-シリーズトップ】
【ライブ・ビューイング・ジャパン 情報サイト】
公式twitter

(C)『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stage《Fling Posse VS MAD TRIGGER CREW》-Cinema Edit-の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング