映画
映画『好きあま』追加声優に浅沼晋太郎ら|本予告&主題歌情報解禁

映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』本ポスター&本予告解禁! 浅沼晋太郎さん、山根綺さんら追加声優10名も公開|主題歌&挿入歌は「ずっと真夜中でいいのに。」が担当

2024年5月24日(金)よりNetflixにて世界独占配信&日本劇場公開される、スタジオコロリド待望の最新作・長編第4弾となる映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』。

本作の主題歌&挿入歌を「ずっと真夜中でいいのに。」が担当することが明らかになりました。

あわせて、主題歌「嘘じゃない」を使用した本予告及びストーリーの詳細、本ポスターが解禁。

さらに、追加声優に浅沼晋太郎さん、山根綺さん、塩田朋子さん、斎藤志郎さん、田中美央さん、ゆきのさつきさん、佐々木省三さん、日髙のり子さん、三上哲さん、京田尚子さんが決定しました。

▲公開されたポスタービジュアル

▲公開されたポスタービジュアル

関連記事
好きでも嫌いなあまのじゃく
高校1年生の柊(ひいらぎ)は、“みんなに嫌われたくない”という想いから、気づけば“頼まれごとを断れない”性格に。毎日“誰かのために”を一生懸命やってみているのに、親友と呼べる友だちがいない。季節外れの雪が降ったある夏のこと。いつも通り頼まれごとを頑張ってみたものの、やっぱり“何か”が上手くいかない。「なんだかな」と家に帰る途中、泊まるあてがないというツムギを助けるが……その夜、事件が起きる。とあることで父親と口論になりそうになるも、“本当の気持ち”を隠してしまった柊。言葉にできない何かを抱えながら、部屋で居眠りをしてしまう。ふと寒さで目が覚めると、部屋が凍りついていて!?柊はお面をつけた謎の化け物に襲われるが、異変に気付き助けに来たツムギとふたりで、部屋を飛び出す。一息ついた先でふとツムギの方を見ると……彼女の頭には“ツノ”が!?ツムギは自分が“鬼”で、物心つく前に別れた母親を探しにきたという。そして、柊から出ている“雪”のようなものは、本当の気持ちを隠す人間から出る“小鬼”で、小鬼が多く出る人間はいずれ鬼になるのだと……。柊はツムギの「お母さん探しを手伝って欲しい」という頼みを断り切れず、一緒に旅に出ることに。しかし、時を同じくして、...

本予告&ストーリー詳細解禁

本予告

本予告にて解禁となった主題歌「嘘じゃない」は“本当の気持ち”をテーマに描いた本作ならではのメッセージが表現され、主人公・柊&ツムギ、そして鑑賞者の想いに友人のように寄り添う、「ずっと真夜中でいいのに。」と本作の世界観が融合した特別な一曲となっています。

 

ストーリー詳細

高校 1 年生の柊(ひいらぎ)は、“みんなに嫌われたくない”という想いから、気づけば“頼まれごとを断れない”性格に。毎日“誰かのために”を一生懸命やってみているのに、親友と呼べる友だちがいない。

季節外れの雪が降ったある夏のこと。
いつも通り頼まれごとを頑張ってみたものの、やっぱり“何か”が上手くいかない。
「なんだかな」と家に帰る途中、泊まるあてがないというツムギを助けるが……その夜、事件が起きる。
とあることで父親と口論になりそうになるも、“本当の気持ち”を隠してしまった柊。言葉にできない何かを抱えながら、部屋で居眠りをしてしまう。ふと寒さで目が覚めると、部屋が凍りついていて!?柊はお面をつけた謎の化け物に襲われるが、異変に気付き助けに来たツムギとふたりで、部屋を飛び出す。

一息ついた先でふとツムギの方を見ると……彼女の頭には“ツノ”が!?
ツムギは自分が“鬼”で、物心つく前に別れた母親を探しにきたという。そして、柊から出ている“雪”のようなものは、本当の気持ちを隠す人間から出る“小鬼”で、小鬼が多く出る人間はいずれ鬼になるのだと……。
柊はツムギの「お母さん探しを手伝って欲しい」という頼みを断り切れず、一緒に旅に出ることに。しかし、時を同じくして、ツムギの故郷・鬼が暮らす“隠の郷(なばりのさと)”でも事件が起きていて――。

スタッフコメント到着

ACAねさん(ずっと真夜中でいいのに。)

コロリドさんの前回の作品も楽曲担当させていただいていたので、まさか今回も担当させても らえるとはと、もしや信頼してもらえてるのかな?と嬉しく思いました。柴山監督とは事前にお 話しする中で、誰かに言われたからじゃない というワードが特に残ってて、すんなりイメージが 湧いたというか、そもそもお話があるまえに作ってた曲のかけらと想いを並走できる感じがシンクロできてびっくりしました。初めましての呪い・生死観、すれ違ってしまうマイノリティな立場に属する自分と、違う相手との気持ち、それに柴山監督自体の優しい人柄みたいなものも配合されているような?気も勝手ながらしてます。歌詞で見るとサビに“”の空白があるのですがわざとです。ぜひ映画見てください。

■PROFILE
作詞・作曲・ボーカルのACAねによる、特定の形をもたない音楽バンド。
YouTubeチャンネル登録数250万人、楽曲総再生回数は20億回を超えている。
幕張メッセ幕張イベントホール、さいたまスーパーアリーナ、国立代々木第一体育館等でワンマンライブを開催し、緊張感のある不穏で熱量のある世界観と、アナログ機材(家電?)を多用した異彩な演出で話題を集めている。様々な主題歌を担当し、これまでにオリコン週間アルバムランキング,Billboard JAPAN HOT ALBUMS1位を獲得。2024年5月には自身最大規模となる『本格中華喫茶・愛のペガサス ~羅武の香辛龍~』と題したKアリーナ横浜の単独公演を開催。

柴山智隆監督

ずとまよさんとの打ち合わせは有意義で楽しく、言葉を交わすうちにもACAねさんの中に曲のイメージが紡がれていくのを感じて、期待に胸が高鳴っていたことを覚えています。
そして、届けられた楽曲は本編に寄り添いつつもそれに留まらず、より広く遠くへ本作を必要としてくださる皆様へと繋いでくれる名曲です。
映画公開まであと1か月。素敵な主題歌/挿入歌とともに作品を皆様にお届けできることが光栄で、ご覧頂ける日を心から待ち遠しく思っています。

映画『好きでも嫌いなあまのじゃく』作品情報

好きでも嫌いなあまのじゃく

あらすじ

高校1年生の柊(ひいらぎ)は、“みんなに嫌われたくない”という想いから、気づけば“頼まれごとを断れない”性格に。毎日“誰かのために”を一生懸命やってみているのに、親友と呼べる友だちがいない。

季節外れの雪が降ったある夏のこと。
いつも通り頼まれごとを頑張ってみたものの、やっぱり“何か”が上手くいかない。
「なんだかな」と家に帰る途中、泊まるあてがないというツムギを助けるが……その夜、事件が起きる。
とあることで父親と口論になりそうになるも、“本当の気持ち”を隠してしまった柊。言葉にできない何かを抱えながら、部屋で居眠りをしてしまう。ふと寒さで目が覚めると、部屋が凍りついていて!?柊はお面をつけた謎の化け物に襲われるが、異変に気付き助けに来たツムギとふたりで、部屋を飛び出す。

一息ついた先でふとツムギの方を見ると……彼女の頭には“ツノ”が!?
ツムギは自分が“鬼”で、物心つく前に別れた母親を探しにきたという。そして、柊から出ている“雪”のようなものは、本当の気持ちを隠す人間から出る“小鬼”で、小鬼が多く出る人間はいずれ鬼になるのだと……。
柊はツムギの「お母さん探しを手伝って欲しい」という頼みを断り切れず、一緒に旅に出ることに。しかし、時を同じくして、ツムギの故郷・鬼が暮らす“隠の郷(なばりのさと)”でも事件が起きていて――。

キャスト

八ッ瀬柊:小野賢章
ツムギ:富田美憂
八ツ瀬幹雄:田中美央
八ツ瀬みくり:ゆきのさつき
八ツ瀬楓:神戸光歩
いずる:三上哲
しおん:日髙のり子
高橋竜二:浅沼晋太郎
高橋澪:山根綺
山下志麻子:塩田朋子
山下直也:斎藤志郎
谷本耀一:佐々木省三
御前:京田尚子

(C)コロリド・ツインエンジン
おすすめタグ
あわせて読みたい

好きでも嫌いなあまのじゃくの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング