「高梨康治 -CureMetalNite 2015-」レポ!

重厚なメタルサウンドで『プリキュア』や『NARUTO-ナルト-疾風伝』の楽曲を披露! 「高梨康治 -CureMetalNite 2015-」レポート

 2015年8月23日(日)、『プリキュア』シリーズや『NARUTO-ナルト-疾風伝』の音楽を手がけ、“Nassy(ナッシー)”の愛称で親しまれている、作曲家・高梨康治さんのライブイベント「高梨康治 -CureMetalNite 2015-」が行われた。昨年に続き、2回目の開催となる今回は、会場を新宿ReNYに移し、前回にも増す盛り上がりを見せた。本稿ではそんな熱いライブの模様をお伝えして行きます!

【出演者】
高梨康治(キーボード)
茂戸藤浩司(太鼓)
藤沢健至(ギター)
満園庄太郎(ベース)
市川義久(ドラム)
Remi(コーラス)
ますだみき(コーラス)
渡辺一雄(ヴァイオリン)

・スペシャルゲスト
工藤真由
田野アサミ
き乃はち(尺八)
-KIJI-(三味線)


■ レコーディング以来、初披露となったキャラクターソングに大興奮!

 ライブが幕を開けると、格闘技『PRIDE』のテーマソングとして使われた「PRIDE」と共にオープニング映像がスクリーンに映し出され、メンバーが続々と登場。中でも、高梨さんの登場には一際大きな声援が上がった。

 そんな大盛り上がりの会場に披露された1曲目は『スイートプリキュア♪』から、キュアビートの必殺技と同タイトルの「プリキュア♪ハートフルビートロック!」。メロディアスで爽快なロックナンバーに、観客も色とりどりのドリームライト(ペンライト)で声援を送っていた。途中、ベースの満園庄太郎さんが会場を煽り「オイ! オイ!」と歓声が上がる間奏から、藤澤健至さんの激しいギターソロへ向かう流れには思わず鳥肌が立つ程の迫力があった。

 続いて披露されたのは『ハートキャッチプリキュア!』から「堪忍袋の緒が切れました!」。この曲では真っ赤な照明でステージが照らされ、1曲目に増して激しい曲調に花咲つぼみの怒りや戦う決意等を思い起こさせた。演奏では、ドラムの市川義久さんと和太鼓の茂戸藤浩司さんによるツインドラムに、魂まで揺さぶられる様な演奏を届けてくれた。

 続いても『ハートキャッチプリキュア!』から「暗黒の挑戦者」を披露。前の2曲とは打って変わり、かなりメタル色強めなこの楽曲にはヘッドバンキングでリズムに乗る観客もいたほどだった。曲が終わると、本日はじめてのMCパートへ。ここでは勿論、高梨康治さんによる軽快なトークが飛び出し、会場は終始笑いに包まれていた。本人いわく「ガチの演奏とゆるいトーク」とのことだが、この高梨さんのゆるいMCトークもこのライブの大きな魅力の1つだろう。

 「体も温まってきた所で、速い曲行きます!」と披露された4曲目は「燦然!プリキュアオールスターズ」。教会音楽のようなオルガンの音色とヘヴィなギターイントロから一転、爽快でスピーディな曲へと変わるこの楽曲では、前年に行われた時よりも広くなったという会場にツーバスドラムと美しいコーラスが響いた。

 続けて「レッツプレイ!プリキュアモジュレーション」と「プリキュア・スマイルチャージ!」という変身BGMを2曲続けて披露。ステージ後ろのスクリーンでは『スイートプリキュア♪』と『スマイルプリキュア!』の変身バンクの映像が映し出され、その映像に合わせて曲が生演奏されるというなんとも贅沢な演目となった。

 再びMCへ移ると、高梨さんの号令で会場にアサミコールが響き渡る。そんなステージに登場したスペシャルゲストの田野アサミさんを、観客はオレンジ色のペンライトで迎え入れた。田野さんと共に披露する楽曲について「まぁみんな気づいていると思うけど、オンリーワンダフル! をやるんだけど……」と高梨さんが明かすと、すかさず田野さんが「そんなにするっと言っちゃうんだ」とツッコミを入れるなど、2人がパーソナリティを務めるWebラジオ「アキバ鋼鉄製作所」を間近で聞いている様な軽快なトークがステージ上では繰り広げられた。

 そして、田野アサミさんが演じた日野あかねのキャラクターソング「オンリーワンダフル!」を披露。キャラクターソングを歌うのはレコーディング以来と明かされたが、そんなブランクを全く感じさせないパワフルなパフォーマンスに、観客は拳とペンライトを突き上げて声援を送った。スクリーンには第36話『熱血!? あかねの初恋人生!!』など日野あかね/キュアサニーにまつわる名エピソードの映像も映され、当時の感動も蘇るステージとなった。

 
■ 激しさを増す楽曲の数々に、観客も思わずメロイックサイン!

 歌唱を終えた田野さんはここで一旦退場。披露されたのは「心のビートは止められない!」と「登場!謎のプリキュア」という『スイートプリキュア♪』からの2曲。「心のビートは止められない!」は、「アキバ鋼鉄製作所」の番組内で「ライブで演奏して欲しい楽曲」を募り、見事1位となった楽曲だという。キュアメタラーが選ぶ楽曲というだけあって、激しさとスピード感を兼ね備えた荒ぶる調べに、会場のテンションも更に上昇。「登場!謎のプリキュア」では、観客はメロイックサインを挙げて心の高ぶりを表現するなど、まさに観客のノリ方はハードロックやメタルバンドのライブに近い印象を受けた。

 ここで、更なるスペシャルゲストとして尺八のき乃はちさんと、三味線のKIJI-さんが登場。『NARUTO-ナルト-疾風伝』の音楽を担当する和楽器ロックバンド「刃-yaiba-」のメンバーがフランス・パリで行われたJAPAN EXPO2015以来ステージに揃ったと言う事で、“刃ポーズ”のレクチャーがされた。

 そんな「刃-yaiba-」コーナーでは、『NARUTO-ナルト-疾風伝』と『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』から「形勢逆転」、「The Last」、「臨界」、「動天」の4曲が披露された。三味線と和太鼓が奏でる和のサウンドに、尺八とエレキギターのメロディが乗るという和とロックの完全融合を会場に届けた。

 続いては『FAIRY TAIL』と『ログ・ホライズン』から「ドラゴンフォース」、「ログ・ホライズン メインテーマ2014 ver.」、「3人のドラゴンスレイヤー」が演奏された。高梨さんもショルダーキーボード” ショルキーソード”に持ち替えてステージ中央でパフォーマンスを行い、沸き立つ観客は手拍子を送るなどしてライブを楽しんでいた。

 再びプリキュアコーナーへ戻り、「プリキュア大活躍!」、「プリキュア・ハートキャッチオーケストラ!」と続けて披露した所で、最後のスペシャルゲストをステージに呼びこむ事に。田野さんの時と同様“くどまゆコール”で登場したのは工藤真由さん! 「皆さんこれからも、永遠の大きなお友だちでいてくれますか?」という問いかけの後、披露されたのは『映画プリキュアオールスターズNewStage』シリーズの主題歌「プリキュア~永遠のともだち~」。間奏では工藤さんの「キュアメタル最高!」というシャウトに、会場も大盛り上がり。伸びやかな工藤さんの歌声に黄色いミラクルライトを振って、ファンたちは力を送っていた。

 ここで、田野さんも再度ステージに登場。工藤さんと田野さんというなかなか観ることが出来ない組み合わせに、何が披露されるのかと期待感が増す会場。そんなファンたちへ高梨さんは「HEY!HEY!したいよね?」という問いかけには、キュアメタラーたちもピンと来たようだ。2人のボーカルで披露されたのは「今よ! ファンタジスタドール」。2人の力強いボーカルに、サビでは観客から「HEY! HEY!」という掛け声が上がるなど、会場の一体感を高めたステージとなった。

 続いて『フレッシュプリキュア!』、『ハートキャッチプリキュア!』から変身BGMである「プリキュア・ビートアップ!」と「プリキュア! オープン・マイハート!-Long Version-」が披露された。先ほどと同様、スクリーンにはそれぞれ4人バージョンの変身バンクシーンが映し出されていた。

 次に披露されたのは、ファンの間で“キュアメタルの進化系”と言われている楽曲「俺、ツインテールになります。」。より激しいメタルサウンドとヴァイオリンが奏でる美しい旋律がマッチする演奏に、“キュアメタルの進化系”という異名が付くのも納得だ。

 ここで高梨さんの「次が最後の曲になります」という言葉に惜しむ声が上がる中、披露されたのは『ハートキャッチプリキュア!』から「明日への戦い」。高梨さんも演奏の途中から” ショルキーソード”に持ち替え、キーボードの先から紙吹雪を出すなど遊び心満載のパフォーマンスをみせた。

 
■ アンコールではゲイリー・ムーアの名曲をカバー!

 一度ステージを後にしたメンバー達だが、鳴り止まないアンコールによってステージに再登場。改めてメンバー紹介を終えると、「頭を振る時間ですよ!」と披露されたのは「プリキュアオールスターズ大活躍!」。「この曲をアンコールに持ってくるといっちー(市川義久さん)が大変なんだよな……」と高梨さんが思わず心配してしまうほど、高速ツーバスドラムが最高にクールな演目となっていた。観客たちもまだまだ力を余らせていた様で、アンコールにも関わらず、拳を力強く上げて声援を送った。

 アンコール2曲目は、今回だけのスペシャルステージメニューとしてゲイリー・ムーアの「Over The Hills And Far Away」のカバーを披露。「このメンバーで演奏したらカッコイイんじゃないかなと思った」と高梨さんが話した通り、この楽曲が持つドラマチックな展開や壮大な雰囲気を完全再現した。そしてこの曲が「今後このバンドでこういう事をやっていきたいなという予告編」という気になるコメントも残し、今後の展開にも期待してしまうステージとなった。

 演奏が終わるとメンバーはステージを後にし、惜しまれつつライブは終了……と思いきや、再び起こったアンコールで田野さん・工藤さんを含むメンバーたちが再登場。当初予定していなかったステージだったのか「もうネタが無いので、同じ曲でも良いですか?」という問いかけに観客たちは全力の歓声で答えていた。ラストに再び届けられたのは「今よ! ファンタジスタドール」。演奏が終わり、ステージを後にする際に高梨さんは観客とハイタッチするなど、最後までサービス精神旺盛なこのイベントは大盛況の内に幕を閉じた。


[写真・米倉裕貴]

 
■「高梨康治 -CureMetalNite 2015-」

【セットリスト】
1.プリキュア♪ハートフルビートロック!
2.堪忍袋の尾がきれました!
3.暗黒の挑戦者
4.燦然!プリキュアオールスターズ
5.レッツプレイ!プリキュアモジュレーション
6.プリキュア・スマイルチャージ!
7.オンリーワンダフル!
8.心のビートは止められない!
9.登場!謎のプリキュア
10.形勢逆転
11.The Last
12.臨界
13.動天
14.ドラゴンフォース
15.「ログ・ホライズン」メインテーマ 2014 ver.
16.3人のドラゴンスレイヤー
17.プリキュア大活躍!
18.プリキュア・ハートキャッチオーケストラ!
19.プリキュア~永遠のともだち~
20.今よ! ファンタジスタドール
21.プリキュア・ビートアップ!
22.プリキュア! オープン・マイハート -Long version-
23.俺、ツインテールになります。
24.明日への戦い

【アンコール】
25.プリキュアオールスターズ大活躍!
26.Over The Hills And Far Away

【アンコール2】
27. 今よ! ファンタジスタドール

>>音楽制作集団Team-MAX公式サイト
>>高梨康治「アキバ鋼鉄製作所」-アニメイトTV

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング