menu
声優
石上静香さんが語る役者道と未来

「今、全力でやらずにいつやるんだ!」石上静香さんが語る役者道と未来【連載:to the future!】

 「声優・石上静香として演じた全ての役が印象的ですが、やっぱりはじめてオーディションに合格した『健全ロボ ダイミダラー』の喜友名霧子ちゃんが一番心に残っています」

 新しい輝きを放っている声優さんを応援する本企画「to the future!」。今回は、『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』の華城綾女役や『落第騎士の英雄譚』のステラ・ヴァーミリオン役など、多数の人気作に出演する石上静香さんにお話を伺いました。

 石上さんが声優を目指したキッカケとは何か。「正直、デビュー当時は全然ダメだった」と自身を振り返る石上さんが、それでも声優を続けたいと思った理由とは。そして、役を演じる上でのこだわりとは。そこには、普段ラジオで耳にする彼女のキャラクターとは異なる魅力が詰まっていました。

アニメイトタイムズからのおすすめ
■“高校生漫画家”から一転、声優を目指す

——学生時代に某出版社で絵を描いていたとお聞きしました。

石上静香さん(以下、石上):元々、小さいころから絵を描くのが好きで、大人になったら漫画家になろうと思っていたんです。そこで、高校生の時コミックアンソロジーの作品募集に応募したら賞をいただくことができました。

それから約1年間ほど商用誌で漫画を描いていたんです。

——漫画家として歩き出したところで、なぜまた声優になろうと思ったんですか?

石上:元々、漫画だけじゃなくて声のお仕事にも興味があったんです。進路を決めるタイミングで、声優にチャレンジしてみようと思いました。

当然、両親からは「大学に入ってからでもいいんじゃない?」、「せっかく漫画家としての仕事もしているのに」って言われたんですけどね。でも、漫画を描くことを経験した上で、改めて声優になりたいと思ったんです。

声優に興味を持ったキッカケはゲーマーだったことですかね(笑)。ゲームに出てくるキャラクターの声を私もやってみたい!って。学生時代にプレイしていたゲームは『テイルズ オブ』シリーズです。遊びながら「私も魔法を叫びたい!」みたいな。

——なるほど。

石上:そうして声優になるための一歩を踏み出したんですけど、当たり前ですが楽な道じゃなかったですね。

自分自身が“商品”になる世界。台本にないフリートークのお仕事やダンス、歌。コミュニケーション能力が高いわけではないので苦労しました。でも、両親に大学でも漫画家でもなく、「声優を目指す」と言った手前、弱音は吐けないし、諦めることもできません。

だから、諦めずに頑張ろうと思いました。

——以前のインタビューで一度、事務所に所属した後、「自分を鍛え直さなければいけないと思った」との記載を拝見しました。なぜそのようなお考えを?

石上:振り返ってみると昔の私は、楽観的だったんです。声優として自分を高めていくための努力が足りていませんでした。だって、声優として事務所に所属すれば、どんどん仕事が舞い込んでくるものだと思っていましたからね(笑)。

事務所に所属して、いざ活動を始めてみると、2〜3カ月に1本お仕事があればいいという状況。「私は今、何の職業をやっているんだろう?」なんて思ったくらいです。でも、その経験は私にとって、大きなものになりました。

「自分から動かないと仕事は来ない」。このことに気づいて気持ちを切り替える事が出来ました!!

■初めてオーディションに受かった『健全ロボ ダイミダラー』の思い出

——2015年は『食戟のソーマ』の水戸郁魅や『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』の華城綾女、『落第騎士の英雄譚』のステラ・ヴァーミリオンなど多くの役を演じられました。石上さんの中で、特に印象に残っている役や作品などはありますか?

石上:全ての役が印象的です!でも、敢えて1つ挙げるのであれば、はじめてオーディションに受かった『健全ロボ ダイミダラー』の喜友名霧子ちゃんですね。

これは、テープオーディションだったのですが、合格を聞いた時には、「オーデションって受かるものなんだ!」ってレベルでビックリしたんですよ。

この時に「私、やっと声優としての第一歩が踏めたんだな」って思えたんです。

あとは、やっぱり両親ですね。霧子ちゃんを演じるまで、あまり良い報告が出来ていなかったので。母には、「大学に行ったりして、堅実に行った方が良かったんじゃない?」ってずっと言われていたんですよ。

いろいろと失敗ばっかりで、私自身そうだったのかな?って思った時期もありました。でも、「オーデイションに受かった」って話をした時は、一緒に喜んでくれて「本当に頑張れよ」って言葉をもらいました。

両親共に内心では、私の声優活動をすごく応援してくれていて、オーディションに受かった時は両親も本当に喜んでくれて、私も嬉しかったです。

——作品をご両親と一緒に作品を見たりしましたか?

石上:見ました!タイトルが『ダイミダラー』ですけど見ましたよ!父の目はちゃんと見れなかったですけど(笑)。母は私の声が全然分からない言ってました。でも、クレジットが流れたときに「本当だ!」ってビックリしていて。どんなに遅い時間でも、リビングでオンエアの時に見ていてくれたみたいで。嬉しかったです。

——素敵なご両親ですね。初めてのメインキャストということで、苦労されたこともあったんじゃないでしょうか?

石上:モブのお仕事をしている時は、1話の中でセリフが一言二言くらいだったんですけど、『ダイミダラー』ではメインでAパートもBパートも喋りっぱなしみたいな感じでした。

いただいた台本を開いてみると、全て霧子ちゃんのセリフのページがあって、これは噛んだり失敗したら迷惑になるし、しっかりと家で練習しなきゃ!という感じでした。とにかく、ひたすら練習しましたね。現場でド新人は私だけでしたので、周りに迷惑は掛けられないという意識もありました。

——たくさん練習したものの・・・ということはありましたか?

石上:実際は、柳沢テツヤ監督も明田川仁音響監督もとても優しい方で、怒られるという感じではありませんでした。

内容もギャグ寄りでしたので、噛んでも笑って「はい!もう一回!」という現場でした。はじめての大役というこということで、緊張はしていたんですけど、ガチガチではなかったので、やりやすい環境だったなと思います。

■「ゲームで攻略されるのも楽しそう」

——2015年はアニメだけでなくキャラソンやラジオなどにも挑戦されて、活躍の場が増えてきていますね。歌もとてもお上手でびっくりしました。

石上:そんな、恐縮です!ちなみに歌を歌うことは昔から好きだったのですが、「いつかキャラソンとか歌えたらいいなぁ」と思っていたんです。

例えば、『食戟のソーマの水戸郁魅』の曲(sweet'n hot)であれば、郁魅ちゃんが歌ってるように聞こえることを意識して歌いました。

ですが、ラジオは全く考えていませんでした。いつも、緊張しています。

——ご出演されているラジオではかなりはじけているので、意外ですね。今後、石上さんが挑戦していきたいことはありますか?

石上:どんなことにでも挑戦していきたいですが、個人的には朗読にチャレンジしてみたいです。演技が好きなので、人前での生朗読や演劇をやってみたいですね。なかなかそういう機会がないので、チャンスがあれば挑戦してみたいんです。

あとはやっぱりゲームに出たいですね。私が好きなRPGとか。スマホアプリなどは出演させていただいているんですけど、コンシューマタイトルはまだなので。あっ!ギャルゲ—も出てみたい!攻略されてみたいです(笑)。

——では最後に、石上さんが目指す未来の自分とはどんなものでしょうか?

石上:今後は、男の子も女の子も演じられる声優を目指したいですね。

——本日は貴重なお話をありがとうございました。

取材/川野優希 文・撮影/石橋悠 ヘアメイク/櫻井陽介

■アニメイトTVの人気記事!

池田秀一さん&古谷徹さん『映画・名探偵コナン』が通常の3倍観たくなる対談

2016春アニメ 声優別出演情報まとめ

『おそ松さん』最終回を前に声優陣がこれまでの放送を振り返り!

手軽に行ける東京、関東圏おすすめアニメの聖地10選!

谷山紀章さん、鈴木達央さん、森久保祥太郎さんらが熱唱!写真多数!

おすすめタグ
あわせて読みたい

石上静香の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 最速放送日
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー