アニメ
『ダリフラ』上村祐翔さんが感じた、戸松 遥さん演じるゼロツーの魅力

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』ヒロ役 上村祐翔さんが感じた、戸松 遥さん演じるゼロツーの魅力

ついに放送がスタートしたTVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(ダリフラ)。放送直前にお届けしてきた声優陣のインタビューに続き、第3話まで放送を終えたメンバーに少しずつ明らかになっている作品、そして物語についてお話を伺いました。今回対象となるペアは、上村祐翔さん(ヒロ役)×戸松 遥さん(ゼロツー役)。

ゼロツー(CV:戸松 遥)という存在が突然現れ、コドモたちの日常がどう変化していくのか、そしてどこに向かっていくのか……。謎も深まる中、物語はどんどん進んでいく――コドモたちを演じるキャスト陣は、序盤の展開をどう見ていたのか――

■記事バックナンバー
 市ノ瀬加那(イチゴ役)×梅原裕一郎(ゴロー役)
 山下七海(ミク役)×田村睦心(ゾロメ役)
 早見沙織(ココロ役)×後藤ヒロキ(フトシ役)
 石上静香(イクノ役)×市川 蒼(ミツル役)


キャラクターを通して聞いたお互いの声の印象
――ついに放送がスタートしましたが、お互いの声の印象について、お聞かせください。

ヒロ役・上村祐翔さん(以下、上村):1話が始まるまで、ゼロツーがどんな雰囲気なのかわからなかったんです。でも、いざ掛け合ってみたらゼロツーってヒロインだけど、カッコよさがあるし、どこか動物っぽかったり、無邪気な感じがする。だから立場的にはお姉さん的なところもあるのかなって思いました。

でも、本当にゼロツーって難しくて、アフレコの時も、もっとこういう言い方もありなんじゃないかとか、錦織監督を含めていろいろ考えてらっしゃるんですよ。だからこそミステリアスだと思うし、そのミステリアスさや掴みどころがない感じを、戸松さんがすごくうまく表現されているので、僕はそれにただただ従い、ヒロとして戸惑うだけみたいな感じですね。

――安心してヒロインになれるというか(笑)?

上村:身を委ねてます(笑)。お芝居でも引っ張ってくれているので、すごく頼りにしています。

ゼロツー役・戸松 遥さん(以下、戸松):ありがとうございます(照)!

――戸松さんは、すごく体を動かして演じているらしいですね?

上村:そうなんですよ! 戸松さん、すごく動きますよね?

戸松:錦織監督にも言われました(と言いながら、アフレコの様子を再現)。

上村:みんなで鍋に行ったときから、戸松さんの動きがツボで(笑)。僕の出番がないときは、後ろで戸松さんの動きを見てるんですけど、実は笑いをこらえてるんです。

戸松:あれ、冷静に見ると面白いよね?

――今、モニタに向けてパンチしたりしながらやってる感じを再現してましたけど。

戸松:実際にやってます。もう戸松あるあるなんですよ(笑)。もちろん役にもよるんですけど、役と同じ動きをしちゃうんですよね、無意識に。走ったら私も走るし、ゼロツーは戦闘時に興奮して、手足をかきむしったりするから、多分同じ動きをしてると思うんですけど、しようと思ってやっているんじゃないんですよ。自分でも何をしているかわからないから、終わってから「今日もすごかったね」って言われるという。でもぎりぎり音が入らないようにやってます。

――マイクからズレないか心配ですけど。

戸松:顔だけ残して動いてるんですよ。顔を軸に(笑)。

―― 一方、ゼロツーから見たヒロはどうですか?

戸松:最初、お互いのモノローグから始まったんですけど、ヒロの声を聞いたときに、ヒロだ!って何の違和感もなく入っていけたんです。ヒロの優しい部分、純粋な部分が、上村くんの声を聞いたときに、ビビっ!と入ってくるものがあって。

出会ってすぐゼロツーはヒロのことを気に入るんですけど、その気に入る感じがすごくわかるというか。ひと言聞いただけで、キミのことが好きだ!って感じが私にも伝わってきたので、違和感なく会話することができました。だから私もサポートされているというか。役的にも暴走して、人の話を聞いてないところがあるので、そういうときの包み込む優しさとかは、ヒロの声に救われてるなって思います。

上村:嬉しい。嬉しいですけど、これ、恥ずかしいですね(照)。

 
イチゴからのキスに対して無反応なヒロに二人が物申す!
――1話から3話を振り返って、印象的なシーンというとどこになりますか?

上村:もちろんゼロツーに振り回されるところは印象に残ってるんですが、2話以降でコドモたちの関係性が見えてきたと思うんです。僕はイチゴと会話をするところが多いので、やっぱりイチゴとの2話ですね。キスをさせておいて「何も感じない……」って!

戸松:あれはひどいよね(笑)。

上村:ひどい! 冷静にひどい! ヒロはそういうところがあるんですよ。突っ走って人の気持ちをあまり考えられないというか、鈍感というか。イチゴとは幼馴染で、仲良くしてきた唯一無二の存在だと思ってるし、ゴローも理解してくれる親友で、今後もキーになってくるんですが……でも2話は、キスって何だろうというところに行き着くという意味で大事だったと思います。

――ゴローがかわいそうですよね。

上村:そうなんですよ。ゴローが本当に……。

戸松:一番かわいそうだよね。

上村:いっつも言ってますよね? ゴローしんどいなぁって。

――戸松さんはどうですか?

戸松:ゼロツーの怖さが見えるのは3話だったかなと。ヒロ目線で見ると、そんなに悪い子じゃないから、周りは警告するけど、ヒロ自身は吸い寄せられるところがある。でもゼロツーにミツルが乗ったら瀕死の状態で出てきて、噂は本当だったんだ!って感じで終わったので、怖さと狂気みたいなところが出ていたなって。実際そういうディレクションも多かったんです。

見方によっては悪役じゃないですけど、悪い子に見られるくらいでいいと言われていたので、振り切った芝居をさせてもらいました。だから3話はゾッとする感じで終わっていたかなって思います。

――でも、そういうゼロツーに、ヒロはハマっていっちゃうんですよね。

上村:好意が無意識にヒロの中で広がって行くんですよ。だからゼロツーがいないとダメなんだっていう気持ちが強くなっていくというか。

――その後の見どころはどうでしょう?

上村:4話でゼロツーと二人で一緒に叫ぶところがあるんですけど、パートナー感が出てて良かったと思ったので、見てほしいです。

戸松:見どころがどんどん増えていくんですよ。最初はヒロとゼロツーの関係なんですけど、他のコドモたちの関係もすごく変わってくる。コドモたちが成長の過程で色々な感情が芽生えていくところがメインのテーマとして取り上げられていくし、一緒に育ってきたコドモたちの中にゼロツーが入ることで関係が変わってきたりすることもあるので、この世界っていったい何なんだろう?っていうのは考えながら見てほしいですね。

だから、見れば見るほど分かることが多くなっていく作品だから、一話たりとも見逃せないというか。全部が大事な回だし、誰かしらのお当番回もあるので、見逃さないでほしいです。いろいろ考えさせられる作品だと思うので。

――イチゴとゼロツーの関係も楽しみですね。

戸松:そうですね~。仲悪いですよー(笑)。イチゴが結構突っかかってくるんですよ。食いついてくるから、そこのバチバチも見どころですね。多分視聴者はイチゴの気持ちで見てると思うんですけど、本当は仲がいいけどケンカしてるとかではないですからね。本当にバチバチしてるので(笑)。イチゴも自分の気持ちを叫んだりするシーンがあるので、見どころだと思います。

――戸松さんは、新人の市ノ瀬加那さんを「かわいいな」と思いつつ、バトルしてるんですね。

戸松:本当にかわいいんですよ! でも加那ちゃんはマイク前に立つとバッとスイッチが入るんですよ。座ってるときとか休憩中は「緊張してます、でもみなさんと仲良くなりたいです!」って感じなんですけど、イチゴになった瞬間に切り替わるから、すごいなぁ、役者だなって思いながら、演じてるときは心置きなく……(笑)。

――ゼロツーになれるんですね。ヒロもはっきりしてほしいですね。

上村:ヒロもヒロなりに頑張ってるんですけど、どうも振り回され体質なところがあって……。

――先ほど鍋の話も出ましたが、鍋会は、みなさん話題に上がっていました。

上村: ハロウィン時期の渋谷だったからコスプレがすごかったんですよ。その動きを戸松さんが再現していて、お酒が入ってボルテージが上がっていくと、だんだんと動きが直線的になるんですよね。それがツボで……。正面の席に座っていたんですけど、久しぶりにこんなに笑ったなってくらい笑いました。

――戸松さん的には通常運転?

戸松:通常運転です! もともとテンションが高いし、テンションが上がると動きが大きくなるので、周りの人が知らないうちに避け始めるっていう。でもそれも、加那ちゃんが「みんなと仲良くなりたいです!」って言ってくれたのがキッカケで、じゃあ集まれるひとだけ集まろうかって鍋を囲んだんですけど、すごく楽しかったです。

加那ちゃんに「せっかくだから真ん中座りな」って、加那ちゃん中心にぐるっとしゃべれる形にしたんです。私の動きで、みんなの心がほぐれてくれていたなら何よりですけど、あいつめんどくせーなで終わっていたら、ごめんなさいって感じです(笑)。

上村:心はほぐれました(笑)。

[取材・文/塚越淳一]


パッケージ情報


■ダーリン・イン・ザ・フランキス 1
2018年4月25日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
第一話「独りとヒトリ」
第二話「繋がるということ」
第三話「戦う人形」
本編約72分
完全生産限定版特典 [本編ディスク+特典ディスク 2枚組]
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典CD:音楽・橘麻美によるオリジナルサウンドトラック vol.1
・特製ブックレット
・映像特典:「ダーリン・イン・ザ・フランキス」放送直前番組特番(24min)/WEB予告映像
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 2
2018年5月30日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
4~6話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典CD:ドラマCD
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 3
2018年6月27日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
7~9話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・アニメメイキングDVD
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 4
2018年7月25日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
10~12話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典DISC
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 5
2018年8月29日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
13~15話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典DISC
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 6
2018年9月26日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
16~18話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典DISC
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 7
2018年10月24日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
19~21話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典DISC
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

■ダーリン・イン・ザ・フランキス 8
2018年11月28日(水)発売
価格
Blu-ray完全生産限定版 8,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
DVD完全生産限定版 7,000円(+税) 【アニメイトオンラインショップでの購入はこちら
収録話数
22~24話
完全生産限定版特典
・キャラクターデザイン・田中将賀描きおろしジャケット
・特典DISC
・特製ブックレット
・音声特典:オーディオコメンタリー
※商品の特典および仕様は予告なく変更になる場合がございます。

(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集