アニメ
『オーバーロードII』ラジオ公録で原由実さんの想いが炸裂!?【AJ2018】

『オーバーロードII』ラジオ番組初の公開録音でアインズ様への原由実さんの想いが炸裂!?【アニメジャパン2018】

2018年3月24日・25日にかけて開催された、日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2018」(アニメジャパン)。そのKADOKAWAブースにて、WEBラジオ「オーバーロードII ~ナザリック地下大墳墓 定例報告会~」 の公開録音が行われました。

DMMO-RPG「ユグドラシル」の世界の中に閉じ込められた元プレイヤー・アインズの戦いを描く、丸山くがね先生の人気ライトノベルを原作としたTVアニメ『オーバーロード』(以下、オバロ)。WEBラジオ『オーバーロードII ~ナザリック地下大墳墓 定例報告会~』は、現在放送中のTVアニメ2期『オーバーロードⅡ』を応援するWEBラジオで、メインパーソナリティを日野聡さん(アインズ役)、番組アシストを真木駿一さんが務めています。

初の公開録音として行われた今回のステージには、ゲストに原由実さん(アルベド役)を迎え、アニメの裏話やゲームでの対決が行われました。

キャスト陣がお気に入りの名場面を振り返る

番組のゲストとしては、既に3回目の出演ということで、すっかり勝手知ったるといった雰囲気で登壇した原さん。

現在放送されている第2期では脇を固めるキャラクター他たちの掘り下げが中心となっているため、アインズやアルベドの出番がやや少なめになっています。

そのため、当初は心配もあったそうなのですが、『オバロ』はゲームとのコラボレーションが豊富で、収録の機会は変わらず多く安心したのだとか。

また原さんが演じるアルベドは、アインズへの強い愛情をもっているキャラクターですが、次回予告の収録などで日野さんが遅くまでスタジオに残っているときも、ほぼ毎回原さんも一緒に残っているのだとか。

これは「アインズ様がお話されているのに、途中で退室することはできない」からなのだそうで、そんな原さんに迷惑は掛けられない(リテイクでこれ以上遅くなるわけにはいかない)という想いが、日野さんにとってもいい意味でのプレッシャーになっていることが明かされていました。

続いて行われたのが、3人がアニメの作中での印象に残った場面を振り返っていく「名場面定例報告」のコーナー。最初に日野さんが選んだのが、先週放送された第11話での、エントマ・ヤルダバオトと、イビルアイたちの戦闘シーン。

かわいい声に反し、正体は蜘蛛人(アラクノイド)という虫のような外見をしているのが特徴でもあるエントマですが、実はエントマを演じる真堂圭さんは虫が大の苦手。実際の放送では、正体を表してからの声は加工が入ったものとなっていたのですが、テスト収録では真堂さんがめいいっぱい低い声を出して、エントマの声を表現しようとしていたという裏話も明かになります。

一方で真木さんがチョイスしたのは、同じ11話内に登場する六腕のシーンをチョイス。作中ではあっさりと瞬殺されてしまう六腕ですが、実はその1人である”不死王”デイバーノックを演じているのは他ならぬ真木さん。

あまりにも呆気なくやられてしまうため、収録ではやられ声を入れられないかの提案をしたこともあったそうなのですが、「必要ない」とばっさり却下されてしまった悲しい思い出もあったのだとか。そんな一瞬だけの出番だったとは、パーソナリティの二人が共にアンデット役になったことを喜ぶリスナーからのメールも紹介されていました。

その他にも数々のシーンが紹介されていく中、一際会場の同意を得ていたのが、原さんがチョイスした、ザリュースとクルシュの交尾をアインズ達が目撃してしまう第5話のシーン。

困惑するアインズの初々しい反応に、思わずかわいらしさを感じたという原さんに対し、原作を読んだ時からこのシーンをどう映像化するのか気になっていたという日野さんも、ザリュースを演じる東地(宏樹)さんの色気のあるボイスにドキドキしていた思い出を明かし、客席の笑いを誘っていました。

アインズ様に近い回答を導き出すコーナーでは、まさかの展開が……!?

その後に行われたのは、「アインズ様の言うことは絶対!至高の回答に忠誠の儀を」のコーナー。こちらは出題されるお題に対してキャスト陣が回答し、アインズ役である日野さんに近い回答であればポイントを獲得できるという内容で、敗者にはナザリックの地下で採れたという激苦の「コケ茶」を飲む罰ゲームが待ち構えています。

第一問目のお題となったのは「オーバーロードという作品の魅力を一言で現すなら?」。これには「闇」(原さん)、「ゴージャス」(真木さん)とそれぞれに自信満々の回答をしたのですが、二人が発表し終えてから日野さんが回答を書き始めるという予想外の展開に。

そんな日野さんが後出しで書いた正解は、第一問・二問共に原さんとまったく同じ内容という忖度が取り計らわれたもので(?)、客席は大爆笑。これにより、原さんは2Pのリードの獲得に成功します。

最後の問題となった「アルベドの外見的特徴を1つあげるなら?」では、原さんの「美」、真木さんの「角」対し、日野さんは「セクシー」と回答。正解者なしかと思いきや、原さんと真木さんのプレゼンの甲斐あり、どちらの答えも一応セクシーの中に含むことができるということで、共に正解のジャッジが下されます。

実はラストの問題では、正解すると7369(ナザリック)点が獲得できる一発逆転が可能な仕組みになっていたのですが、これにより原さんが7371P、真木さんが7369Pと、結局それまでの2Pが響く結果となり、原さんが勝利をおさめます。



しかし、今回は初の公開録音ということで、三杯分のコケ茶がステージへと運ばれ、敗者の真木さんだけではなく全員でコケ茶を飲む流れに。飲み干した後、あまりの苦さに崩れ落ちた原さんと真木さんに対し、コケ茶が苦ではないという日野さんは一人平然としており、原さんを驚かせていました。


ステージの最後には、来たる物語のクライマックスに向けてそれぞれ登壇者が挨拶。日野さんの口からは、いつか守護者勢ぞろいしたイベントの開催に向けて意欲を覗かせる発言が飛び出す一幕もあり、大盛り上がりに。イベントも含めた今後の展開に向け、期待が高まります。

[取材・文/米澤崇史 写真/アイザワヒロアキ]

 
作品情報
●TVアニメ『オーバーロードII』

<INTRODUCTION>
2015年にTVシリーズが放送され、大ヒットを記録した最凶ダークファンタジー「オーバーロード」。劇場版総集編を経て、ついに2018年1月より第2期の放送が放送。

アインズ・ウール・ゴウンの伝説が、ここから再び始まる――!

原作シリーズの累計発行部数が410万部を突破した大人気web小説「オーバーロード」。2015年にTVアニメ第1期が放送されるや否や、最凶ダークファンタジーの名にふさわしい圧倒的なスケール感、クオリティの高い映像に多くのファンが魅了された。そんな本作が2018年冬、TVアニメとして帰ってくる。

その重厚な世界を再び描き出すのは監督《伊藤尚往》、シリーズ構成《菅原雪絵》、キャラクターデザイン《吉松孝博》をはじめとする第1期と同様の豪華なスタッフ陣に加え、様々な作品で作画監督を務める《田﨑聡》がキャラクターデザインとして新たに参加、アニメーション制作は《マッドハウス》という盤石な布陣で挑む。骸骨の姿をした最凶の大魔法使いがTVアニメに再び降り立つ…!

<STAFF>
原作:丸山くがね(「オーバーロード」/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:so-bin
監督:伊藤尚往
シリーズ構成:菅原雪絵
キャラクターデザイン:田﨑聡、吉松孝博
サブキャラクターデザイン・モンスターデザイン・プロップデザイン:
今村大樹、杉浦幸次、出雲重機、鈴木政彦、前原桃子
美術監督:池田繁美(アトリエ・ムサ)、丸山由紀子
美術設定:友野加世子(アトリエ・ムサ)、大久保修一
色彩設計:堀川佳典
3D監督:田中康隆
撮影監督:継岡夢月
編集:塚常真理子
音響監督:郷文裕貴
音響制作:grooove
音楽:片山修志(Team-MAX)
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:マッドハウス
製作:オーバーロード2製作委員会

<CAST>
アインズ:日野聡
アルベド:原由実
シャルティア:上坂すみれ
アウラ:加藤英美里
マーレ:内山夕実
デミウルゴス:加藤将之
コキュートス:三宅健太
セバス:千葉繁
ナーベラル:沼倉愛美
ザリュース:東地宏樹
シャースーリュー:楠見尚己
クルシュ:雨宮天
ゼンベル:石井康嗣
ラナー:安野希世乃
クライム:逢坂良太 ほか

『オーバーロード』アニメ公式サイト
『オーバーロード』アニメ公式ツイッター(@over_lord_anime)

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング