menu
アニメ
『アニメガタリズ』本渡楓ら声優陣のアニメ遍歴は……!?|グッドラックな土曜日♪レポ

『アニメガタリズ』イベント「グッドラックな土曜日♪」声優陣がアニ研さながらのアニメ遍歴トークを展開!

2017年10月から12月にかけて放送されたTVアニメ『アニメガタリズ』。本作は、アニメ初心者の女の子・阿佐ヶ谷未乃愛(CV:本渡楓さん)とその同級生の上井草有栖(CV:千本木彩花さん)がアニメ研究部を設立したことから始まる物語で、アニメやゲームが大好きな人ならば共感せずにはいられない描写や、実在するアニメ作品のオマージュなどを随所に盛り込んだ意欲作!

放送自体は昨年末で終了していましたが、先日2018年4月28日(日)文京シビックホールにて、声優陣&監督をはじめとするスタッフ陣登壇のイベント「グッドラックな土曜日♪」が開催されました。

イベントには本渡さん、千本木さん、東城日沙子さん(高円寺美子役)ら声優陣3名が登壇。劇中で歌われたエンディング主題歌「グッドラック ライラック」などのライブで盛り上がったほか、音楽制作を担当した有限会社MONACAより3名のクリエイターが参加し、本作を音楽で振り返って行くことに。

【出演者】
本渡楓さん(阿佐ヶ谷未乃愛役)
千本木彩花さん(上井草有栖役)
東城日沙子さん(高円寺美子役)

森井ケンシロウさん(監督)
帆足圭吾さん(MONACA)
高橋邦幸さん(MONACA)
田中秀和さん(MONACA)
AZLiGHTZ(挿入歌アーティスト)

【MC】
近藤浩徳さん(ネコ先輩役)


 
アニメイトタイムズからのおすすめ

無事に放送が終了したかと思いきや、再び突きつけられるアニ研廃部の現実!!

ネコ先輩による開演前の諸注意があったところで、本渡さん、千本木さん、東城さんらがステージに現れました。まずはエンディングテーマ「グッドラック ライラック」のCDにカップリングとして収録された、「恋するG・A・T・A・L・I・S!」を3人が熱唱!

このハイテンションな楽曲ですが、何とイベントで3人揃って歌うのはこれが初めてだったそう。レコーディングも別々だったようで、大変貴重な機会となりました。演奏が終わったところで3人から一言ずつご挨拶。ひとりひとり「こんばんガタリズ!」と盛り上げていったところで、最終回以降の動きを振り返って行くことに。


するとネコ先輩から、作中で散々アニ研を廃部に追い込もうとしていた生徒会長・赤羽椿(CV:西明日香さん)からメッセージが届いているとの知らせが……。どうやら生徒会長は部活の目的である“アニメ研究”を怠っているのではないかと疑っているようで、アニメの最終回以降数か月間にわたって活動実績がないことを持ち出します。

それを理由にこのイベントをもっての廃部が通知されると、あまりにも理不尽な決定にブーイングが吹き荒れるかと思われました。しかしここで温情を発揮した会長は、このイベント中に設定されたミッションを、会場に集まった屈強なガタリズ(※ファンのみなさん)とクリアしていくことで廃部を免れられと約束してくれました。



 

アニ研の廃部とライブ設備を賭けて3つのミッションにチャレンジ!

最初のミッションは、「いきなり!ガタリズクイズ」。ここで一旦会場の照明が落ちてしまったのですが、これも声優陣に課せられたミッションに関連しています。3人には、イベントの最後に第8話「アリス、オカネガタリマセンワ」劇中のライブを会場で再現するというミッションが控えていたのですが、それまでに実施する「いきなり! ガタリズクイズ」などのミッションに成功しないと、ライブに必要なアイテムが使用できないと言うのです……!!

大変な状況に追い込まれた本渡さんたちでしたが、ガタリズクイズで出題された「30秒以内にアニ研部員全員の名前を答えよ」を無事クリア! 再び照明が灯ったところで、お次のミッションは「サントラで振り返りガタリズ!」。


ここからは森井監督と、MONACAの帆足さん、高橋さん、田中さんをお招きして、本作を彩った音楽から作品を振り返っていきました。なお、このミッションでは本渡さんら声優陣は、トークで森井監督とMONACAのみなさんの魅力を引き出さなければなりません。

そのミッション報酬がライブでのバックミュージック用のピアノに決定したところで、早速トークを始めていくことに。


最初は帆足さんが制作したという、キャラクターたちが“名作アニメ”の条件を語る場面での音楽。「エンディングで走るアニメは……」「おっさんがカッコいいアニメは……」と、アニメ好きならば誰もが聞いたことがあるネタをキャラクターたちが話すだけあって、見ているだけでワクワクしてくるような場面です。

曲名は「アニメガタリ・ポップ」と言うそうで、森井監督からの依頼を受けて制作した楽曲なのだとか。イメージしたのは情報番組で、作中では毎回使用されているそう。

続いて紹介されたのは、アニ研部員が集まって秋葉原に向かった際の「繁華街の喧騒」という楽曲。制作したのは高橋さんで、アキバ散策という事で明るいものを想定しており、ギターなどプレイヤーさんの演奏をそのまま使用しているところがポイントに。


すると森井監督から、「打ち合わせ時に用意していたコメントと違う!」という話が飛び出します。高橋さんはどうやら、打ち合わせ時は「アキバの喧騒をそのまま音に起こしたみたいな曲」といったカッコいいコメントを用意していたようです。

続いても高橋さん作曲の「対立する二人」という楽曲。オマージュではなく、オーソドックスなアニメ劇伴な感じなので、曲自体はすぐにできていたことを明かしました。

また、本渡さんからの「音楽を作られる時に、最初に頭に浮かんだものをどう形にするのか?」という質問に応じると、「イメージが浮かんだらまず、走り書きみたいなものを作って、そこから要らないものを抜いていく形をとっている」と話してくれました。


最後に紹介されたのは、大洗に聖地巡礼に向かった際に流れた「聖地巡礼マーチ」で、これも作曲は高橋さん! 大洗で戦車という事で、『某戦車アニメ』を思わせるものとなっていますが、「どこまで寄せていいのか」などの苦労があった様子。オマージュ元の楽曲というよりも行進曲というジャンルを意識して作ったので、実際に曲だけ聴くと似ていないのだとか! 曰く絵と合わさることで、そうとしか聴こえないところがあるとのこと。

もちろん田中さんの作曲した「グッドラック ライラック」も紹介され、作詞を担当した只野菜摘さんからのメッセージをご紹介。


只野さんは曲名が浮かんでから詞を考えるパターンが多いそうですが、この楽曲もそのパターンで制作を進めたそう。只野さんからのメッセージを紹介したところで、声優陣がミッションを達成できたかを発表。満場一致で成功判定となったところで、一度帆足さん以外の出演者がステージからはけることに。

ここで、ステージに残された帆足さんによるピアノ演奏を行いました。しっとりとした楽曲を情感たっぷりに表現しており、会場中がその音色に聞き入っていることが伺える雰囲気を演出。この演奏を終えたところで、再び声優陣がステージに現れました。


 

声優陣のアニメ遍歴や黒歴史が詳らかに……!?

次いで実施したのは、ヘッドセットを賭けた「質問ガタリズ」のコーナー。ここでは事前にファンのみなさんから募集した質問に、声優陣が答えていくことになりました。

最初は本渡さんへ、「未乃愛は今後どんなアニメジャンルを好きになるか?」という問いが投げられます。これに本渡さんは「ロボットアニメ」と回答しました。「未乃愛の熱いエネルギーは、ロボットアニメを見るとより滾るのではないか」と考えたからこその選択になったようです。また、アニ研部員たちを筆頭にあちこちから吸収しているものがあるので、「オールジャンル」に行くのもありなのではとも。


続いて千本木さん。「最近運がいいなと思ったグッドラックな出来事」を問われると、「予定が上手くいくとき」と話しました。自分で決めた時間通りに行動できると嬉しいそうで、この意見には本渡さんと東城さんからも。共感するような意見が続々と飛び出すことに。

東城さんは「昔どんなジャンルのアニメを見ていたか」を聞かれることに。最初はセーラー服の美少女戦士や、魔法でお菓子を作るような作品がスタート。そして中学生頃に異次元のテニスアニメに出会ったことから声優と言う職業を意識し、その後は薔薇乙女たちの作品を通ってきたのだとか。

この流れに特に同調したのは千本木さん! 同じように魔女っ娘モノから異次元テニスを通ってきたそうで、ここから3人のアニメ遍歴についてのトークに展開。本渡さんも忍者の男の子たちが活躍するアニメや、アンパンが主役の作品が好きと話してくれました。

そんな『アニメガタリズ』らしいトークが展開したところで、3人へ向けて「中二病を発症、または中二発言をしたことがあるか?」と黒歴史に迫る質問がぶつけられます! やはり恥ずかしいのかはぐらかしつつ「黒歴史は誰にでもある」としたみなさん。会場のみなさんにも覚えがあるだろうとアンケートを取ってみると、やはり何人かがチラホラと手を上げていました。


そうして口火を切ったのは本渡さん! しかし黒歴史があったとしても、色々通り越してそうだとは思っていないのだとか。学生時代には、朝起きると勉強机に飾った我●羅のフィギュアに「おはようございます!」と挨拶をしていたそう……!! 千本木さんもジャ●プフェスタで買ってきた関連グッズを飾ることがあったそうで、共感する様子を見せていました。

さらに本渡さんからは、キャラクターのタペストリーの口元に、口紅を付けてしまったという衝撃のエピソードも……!?そして、沈黙を保っていた東城さんに話が及ぶと、東城さんは何やら原宿界隈でゴスロリにハマっていた様子。

これ以上黒歴史を詳らかにするのはマズイということで、最後の質問「自分のキャラが好きな異性とデートするなら?」という質問についてトークをしていくことに。


まずは有栖が話題の中心になると、やはり年上か親次第で許嫁がいるのかという点が焦点に。そうして東城さんから「有栖は恋をしたらまっすぐに向かって行って欲しい」という言葉が出ると、演じる千本木さんからは「未乃愛にありがとうと言うのも照れていたので、無理じゃないか」という冷静な指摘が。

ただ、いつも指を鳴らすとどこにでも現れる使用人・セバスには応援してほしいそうで、デートの際には指を鳴らしても来ないでくれると嬉しいとコメント。後々有栖が文句を言う際も知らなかった振りをして欲しいそうで、そんな大人の魅力溢れるセバスが有栖にピッタリなのではという話も出てきます。

その流れからセバスの魅力や謎に迫ったところで、お次は美子の異性関連の話に。演じる東城さんは幼馴染設定が好みなようで、お互いの時間を大切にしつつ、ふとした時に何となくふたりで時間を過ごすような関係が理想なのではと話します。


すると本渡さんが突然「美子の抱き枕カバーの積極性」に触れました! 本作の抱き枕カバーは未乃愛、有栖、美子の3種類が発売されており、どれもなかなかにキワドイ代物。未乃愛が衣服をはだけさせられた感、有栖が最後まで隠そうとしている感があるのに対し、美子だけは恥ずかしそうにしながらも、自ら胸元をはだけていると言った趣になっています。

確かにこれは積極性を感じてもおかしくないのかもしれません。これを踏まえて東城さんの意見を見ると、色々と覆ってくる部分がある……かも!? 作中で美子に好意を寄せる描写のあった武蔵境塊(CV:伊藤節生さん)は、もしかしたら既に東城さん言うような幼馴染的な存在がいるため、あしらわれていただけなのかもしれませんね……。

なお未乃愛についてですが、本渡さんは「想像すると悲しくなる」とのこと。聞かれると「未乃愛に彼氏はいませんよ!」とぴしゃり。
 

神回第8話のライブを越えるパフォーマンスで集まったファンを魅了!

ここで「質問ガタリズ」のコーナーは終了。声優陣がライブに使うヘッドセットを獲得したところで、本作において挿入歌を担当したAZLiGHTZのメンバーたちが登場! メンバーのみなさんは全員がアニメ好きなのだそうで、曲を作りながらも色々なアニメを視聴している模様。

カラオケでは自分たちの曲はあまり歌わず、アニソンがメイン。そんなAZLiGHTZが歌うのは、本作のために書いたという2曲。第3話&第5話で使われた「フリージア」は絆をイメージした楽曲で、第8話&第12話の「Lost Eden」は疾走感や、ロボット、戦闘などをイメージしているそう。

ライブへ移ると会場のファンのみなさんのペンライトが青一色に染まり、演奏スタート! 事前に語った通りの大切な人を思わせる「フリージア」、駆け抜けるようなテンションの「Lost Eden」で会場の熱気を高めてくれました。




そうして一度退場した声優陣にバトンタッチ! AZLiGHTZの熱いパフォーマンスで温まった会場を、さらに熱く盛り上げるため、作中第8話のライブシーンの再現に挑みます……!!

帆足さんのピアノソロ演奏によるイントロから歌い出す3人。まさしく第8話の再現……どころか、それを越えていくようなパフォーマンスで会場に集まったガタリズたちを魅了したところで、イベント終了の時間となりました。





出演者のみなさんの締めの挨拶では、作品への熱い想いが次々と飛び出します。東城さんは、本作を「私はこれが大好きだ! と声を大にして言える素敵な作品」だとすると、色々な人の好きの輪が広がって行けばと話していました。

このイベントをもってひとまずの幕となった『アニメガタリズ』。またいつか未乃愛や有栖、美子らに会えるよう、今後も応援していきましょう!


[取材・文/胃の上心臓]
 

TVアニメ『アニメガタリズ』作品情報

あらすじ

私立咲鐘湖(さかねこ)学園高校に入学した阿佐ヶ谷未乃愛(みのあ)。アニメ初心者にもかかわらず同級生の上井草有栖(ありす)に強引に誘われアニメ研究部を設立することに。同級生の高円寺美子(みこ)やアニメ好きの先輩たちとの出会いによって、未乃愛はどんどんアニメにはまっていく。

アニ研部員は、生徒会の執拗な廃部勧告に立ち向かいながら、迫りくる世界の滅亡に気付くこともなく、今日も部室で、アキバで、聖地で、温泉で、アニメを語る。

スタッフ

監督:森井ケンシロウ
総作画監督/キャラクターデザイン:衣谷ソーシ
シリーズ構成:広田光毅
助監督:久保博志
美術監督:合六弘
美術設定:袈裟丸絵美
色彩設計:辻田邦夫
撮影監督:寺本憲正
編集:グラフィニカ
音楽:帆足圭吾(MONACA) 高橋邦幸(MONACA)
音響監督:長崎行男
音響制作:スタジオマウス
原作・企画・制作:DMM.futureworks/ダブトゥーンスタジオ
アニメーション制作:ワオワールド
製作:咲鐘湖学園アニメ研究部 JY Animation

CAST

阿佐ヶ谷未乃愛:本渡楓
上井草有栖:千本木彩花
高円寺美子:東城日沙子
中野光輝:寺島惇太
武蔵境塊:伊藤節生
青山絵里香:伊波杏樹
小幡唯:高橋李依

TVアニメ『アニメガタリズ』公式サイト
TVアニメ『アニメガタリズ』公式ツイッター(@animegataris)

(C)DMM.futureworks/JY Animation・咲鐘湖学園アニメ研究部
「アニメガタリ」(C)アニメガタリ
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー