menu
映画
映画『サイコパスSS』野島健児×佐倉綾音インタビュー

映画『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰』野島健児×佐倉綾音インタビュー

1月25日から劇場版三部作が連続公開となる映画『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』。アニメイトタイムズでは本作の上映開始を記念し、「Case.1 罪と罰」で主役を務める宜野座伸元役の野島健児さんと、霜月美佳役の佐倉綾音さんにインタビューを実施。

これまでのシリーズ作品を振り返っての感想や、新作で描かれるそれぞれのキャラクター像について語っていただきました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

彼女の中にある芯となる正義は昔から変わっていない。(佐倉)

ーーTVシリーズ、劇場版(2015年)から約4年が経過していますが、佐倉さんは今回改めて霜月美佳というキャラクターを振り返られていかがでしたか?

佐倉綾音:「霜月は相変わらずだな」という想いが強いです。第一期で出てきた普通の被害者の女子高生が、第二期では公安局刑事課一係に配属されて現場に出て、嫌いな常守朱にひたすら突っかかって。

そこから突っかかり続けながらも、本人も自覚がない中で何となく一係の雰囲気に少しずつ馴染んできて。でも相変わらず態度は悪いという霜月ですね(笑)。

ーー(笑)。第二期当時、監督から「視聴者に全力で嫌われてください」というアドバイスがあったそうですね。“人に嫌われる役”について佐倉さんの中でどのように解釈されていたのですか?

佐倉:やはり、“人を嫌うと嫌われる”と思うんです。だから「朱のことが嫌いだ」とずっと言い続けている霜月は、私が意識せずとも嫌われていくだろうなと。

そういう意味では「世界中の人に好かれてください」と言われるよりも、わかりやすく、とてもシンプルで。でも彼女の中にある芯となる正義は昔から変わっていない。

結局嫌われるかどうかというのは、やり方の違いや、口に出すか出さないかというところに表れると思うんですけど、彼女も意図して嫌われようとしている訳ではないので、少しコミュニケーションの方法が変わったり、「ありがとう」と感謝する言葉を口にしたり。

彼女が元々持っていたであろう“優しさ”が今までは描かれていなかっただけで、今回の劇場版では少し見えてくるシーンがあって。

ある意味でそれは成長として見えるかもしれませんが、私が演じている感覚としては第二期のころから変わっていないと思います。

ーーなるほど。作品についてはどのような印象を持たれていましたか?

佐倉:作品についてはどんどんスケールが大きくなっているのと、本当に人が死ぬアニメだなという印象が強いんですけど、人間の汚い部分や醜い部分、だけど憎めない部分やどうしようもない部分、“救いようのないもの”と“救い”みたいなものをしっかり描いていくなと。

それは今回の劇場版三部作にも少し通じるところがあって、どこかに救いが残されているというのも相変わらずで。世界は違えど、自分のリアルに置き換えた時に怖くなる作品だなと思います。

仕事を楽しむこと、生きることの楽しさを感じられる人間になったんだなと。(野島)

ーー野島さんは第一期から宜野座伸元役で出演されてきて、この作品をどのようにご覧になっていますか?

野島健児:第一期の頃は世界観的におどろおどろしい事件が多かった印象があるんですけど、それを経ていくごとにだんだん社会の仕組みや政治的な問題が含まれてきて。

今回の劇場版に至っては“集団の怖さ”や、色んな種類の人間としての怖さが見えてくる部分があって。でもそれは「未来の世界のSFだから現実にはありえない」と言い切れないんですよ。

今も実際にどこかであるかもしれない。そこまで奇抜ではなくても、どこかに浸透している感情であったり、起きている事件なのではないかと思えるところがたくさんあって。

SFの世界というところではなく、佐倉さんも仰っていたように、リアルな恐怖が感じられる作品だなと思います。

ーー宜野座として特に印象深いシーンはどこですか?

野島:もちろん外せないのは、お父さんである征陸を失ってしまったシーンで。あそこから宜野座が自分を取り戻すというか、伸元が伸元でいられるようになった部分なのではないかと。

自分を守ってきた人間が、初めて人を大事に思って、“人を守る”という発想に大きく変わったポイントだと思います。

そこからだんだんと成長していって、すごく立派な人間になったなと思うんですけど、今回の「罪と罰」では、自分自身の仕事を楽しみつつ、霜月の成長を見守りながら楽しんでいて。

仕事を楽しむこと、生きることの楽しさを感じられる人間になったんだなと。その成長がすごく面白いなと感じます。霜月もすごく成長したと僕は思っていて。

佐倉:本当ですか?

野島:昔は朱ちゃんを嫌うことで自分を保って成長しようとしていたけど、今回の作品では違う形で成長していたので、その次の段階にいくのかなと。

“自分を保つために人を嫌う”というところから成長していっているのかなと想像しています。

今度は朱ちゃんとの二人のシーンをじっくりと見てみたいなと。そうすると、関係性の変化が見えてくるんじゃないかと期待しています。

今の人間たちへのアンチテーゼのような。(佐倉)

ーー霜月と宜野座が主役の「罪と罰」が『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』の第1作目として公開されますが、完成した作品をご覧になっていかがでしたか?

佐倉:すごい作品が始まったな…と思いました。

野島:前半は事件が穏やかに始まり、時間経過も緩やかに進んでいって。「割と穏やかな物語が始まっていくのかな」と思ったら、その後の展開が早くて…。

佐倉:すごかったですよね。スケールが大きい分、絵もとても綺麗で、背景に吸い込まれそうになるくらいでした。

ずっと見ていられるなと思ったら、急に事態が展開したり、とても『PSYCHO-PASS サイコパス』らしいキャラクターが出てきたり。アクションシーンでも宜野座さんはすごかったですね。

野島:かっこよかったね。「ヘリが!ヘリが!あれっ!?」って(笑)。

佐倉:実写を見ているのだろうかと錯覚させられるような。だからこそ、なおさらリアルに捉えてしまって怖くなりました。

今回はすごく切り込んだテーマになっているので、耳が痛く感じる人もいるんだろうなと。

野島:今起こっている色んな問題が100年先もまだまだ続いていて、人間の成長のなさを感じたり。

佐倉:人間の業のようなものがごまかされる事なく描かれていて、ある意味で目を塞ぎたくなるというか。

野島:「今ある負の遺産をちゃんと解消しないと100年後こうなるぞ」という。

佐倉:今の人間たちへのアンチテーゼのような。そこに対してキャラクターたちが向き合っていくということが“救い”になっているような気がしました。

ーーアフレコ現場の雰囲気はいかがでしたか?

野島:長く続いている作品ですので、想像していた以上にスムーズに収録が進んでいきました。

佐倉:そうですね。何も言われた記憶がない…(笑)。

野島:すごくスピーディーでしたね。他作品で劇場版を録るとなると、2〜3日、物によっては1週間かかることもあるんですけど、信頼できる仲間と、しっかりと出来上がっているキャラクターたちがいるので、やはり『PSYCHO-PASS サイコパス』は違うなと。

佐倉:「今回はどんな景色が霜月の目の前に広がっているのかな」と想像しながらアフレコをしていたんですけど、完成した映像がさらにそれを超えるものだったので、本当にすごいなと思いましたね。

この三部作については一つ一つが大事な歯車になっている(野島)

ーー「罪と罰」は第二期の鹿矛囲事件以降のエピソードということで、霜月の刑事としての成長が見られますね。

佐倉:今回の事件は本当に彼女がやりたかったことだと思うんです。「自分が最前線に立ち、みんなを引っ張って解決に臨む」という願ったり叶ったりの状況で。

もちろん経験不足で読みきれなかった部分も出てくると思うんですけど、そこを華麗に先輩たちがサポートしてくれたり。

逆に霜月のフレッシュな発想に周りの人たちが焚き付けられたり。そういった面では成長したなと感じました。

あとは事件に臨んだ冒頭と、事件の核心に迫って解決に導く部分というのは、少しの緊張からも逃げられない、前に進むしかない状況というところで、私も意識的にお芝居をして、後半になるにつれてしっかりしたふうにセリフが聞こえたらいいなと思いながら演じていました。

ーー野島さんは宜野座ファンの皆さんに「罪と罰」で注目してほしいポイントはありますか?

野島:宜野座はすごく成長しているんですけど、僕個人が見るととても可愛く見えるんです。後輩を一生懸命育てたりして「すごく頑張っているな、宜野座。」「やっと、生きることを楽しむことができたんだね。」と。

「俺、言っていることジジくさいな。」というセリフが出てくるんですけど、「大丈夫、まだまだジジイになれてないよ。」と。

まだまだ宜野座の拙い部分というのがとても可愛いんですね。そういう面が皆さんに愛される部分の一つなのではないかと思いますし。

でも頼りないわけではなく、戦っても強いし、頭もキレるし、優しい。そろそろ宜野座の弱点を描いてくれてもいいんじゃないかなと思うくらい完璧人間に近づいているなと。もしかしたら女性に弱いのかな?

佐倉:ワンチャンありますね。ここまできて弱点となると、もうそのあたりしか残っていない(笑)。

ーー(笑)。最後に『PSYCHO-PASS サイコパス』ファンの皆さんへメッセージをお願いします。

佐倉:まだまだメインキャラクターたちも大人だけど発展途上な人がたくさんいるので、きっとこの劇場版三部作を見た方々はキャラクターたちの今後がとても気になって、この世界がどうなっていくのかという行く末も気になると思うので、ぜひ長い目でお付き合いいただけたらと思います。

野島:特にこの三部作については一つ一つが大事な歯車になっていると感じています。ここからそれぞれの作品が噛み合って、新しく大きな世界につながって回転させていく予感がしてならないので、皆さんに大いに期待していただいて、一つ一つの作品を具に観察しながら楽しんで欲しいなと思います。

ーー素敵なお話をありがとうございました!

インタビュー・文:吉野庫之介  撮影:鳥谷部宏平

【関連記事】
映画『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』関智一×塩谷直義監督インタビュー

『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』とは

正義は、歪んだ世界を照らす。

人間の心理状態を数値化し管理する近未来。犯罪に関する数値〈犯罪係数〉を測定する銃〈ドミネーター〉を持つ刑事たちは、犯罪を犯す前の〈潜在犯〉を追う。

2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション作品『PSYCHO-PASS サイコパス』は、2014年にTVアニメ第二期を放送、2015年に劇場版アニメを公開し、その世界観を広げてきた。

そして2019年――劇場版アニメ三部作としてその物語が動き始める。

これまでのシリーズと劇場版に参加したスタッフが再結集。塩谷直義が監督を務め、アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。

Case.1の脚本は、『PSYCHO-PASS サイコパス』ノベライズ「PSYCHO-PASS ASYLUM/GENESIS」を執筆した吉上亮が担当。Case.2とCase.3の脚本を、TVアニメ第一期、劇場版の脚本を手掛けた深見真が担うことになった。

3つの物語の舞台は約100年後の日本とアジア――その現在、過去、未来に起きる事件が語られる。事件に立ち向かうのは、規定値を超えた〈犯罪係数〉を計測された〈執行官〉たちと〈シビュラシステム〉が適性を見出したエリート刑事〈監視官〉たち。

犯罪を未然に防ぐために必要なものは、猟犬の本能か、狩人の知性か。事件は思わぬ事実を明らかにし、世界のあり方を映し出す。

これまで語られていなかった『PSYCHO-PASS サイコパス』のミッシングリンクがついに紐解かれる。

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰

2019年1月25日(金)より公開

■ストーリー
「今回は、私の事件ってことでいいですよね、センパイ」2117年冬、公安局ビルに一台の暴走車両が突入する事件が発生。その運転手は青森にある潜在犯隔離施設 〈サンクチュアリ〉の心理カウンセラー・夜坂泉だった。しかし取調べ直前に夜坂の即時送還が決定する。監視官の霜月美佳は、執行官・宜野座伸元らとともに夜坂送還のため青森へ向かう。そこで待っていたのは、〈偽りの楽園〉だった。

■キャスト
宜野座伸元:野島健児
霜月美佳:佐倉綾音
夜坂泉:弓場沙織
久々利武弥:平井祥恵
辻飼羌香:岡寛恵
松来ロジオン:小山力也
玄沢愛子:斉藤貴美子
能登耕二:多田野曜平
烏間明:中川慶一
常守朱:花澤香菜
須郷徹平:東地宏樹
雛河翔:櫻井孝宏
六合塚弥生:伊藤静
唐之杜志恩:沢城みゆき

■スタッフ
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:吉上亮
総作画監督:中村悟
作画監督:新野量太、古川良太、鈴木俊二、森田史、中村悟、諸貫哲朗
演出:黒川智之、下司泰弘
撮影監督:荒井栄児
3D:サブリメイション
色彩設計:上野詠美子
美術監督:草森秀一
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒
シリーズ原案:虚淵玄
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部

PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.2 First Guardian

2019年2月15日(金)より公開

■ストーリー
「『フットスタンプ作戦』……あそこで、本当はいったいなにがあったんですか!」常守朱が公安局刑事課一係に配属される前の2112年夏、沖縄。国防軍第15統合任務部隊に所属する須郷徹平は、優秀なパイロットとして軍事作戦に参加していた。三ヶ月後、無人の武装ドローンが東京・国防省を攻撃する事件が発生する。事件調査のため、国防軍基地を訪れた刑事課一係執行官・征陸智己は、須郷とともに事件の真相に迫る。

■キャスト
須郷徹平:東地宏樹
征陸智己:有本欽隆
青柳璃彩:浅野真澄
大友逸樹:てらそままさき
大友燐:大原さやか
狡噛慎也:関智一
宜野座伸元:野島健児
縢秀星:石田彰
六合塚弥生:伊藤静
唐之杜志恩:沢城みゆき
花城フレデリカ:本田貴子
常守朱:花澤香菜
霜月美佳:佐倉綾音

■スタッフ
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:深見真
総作画監督:阿部恒
作画監督:中村深雪、古川良太、阿部恒、諸貫哲朗
演出:下司泰弘
撮影監督:荒井栄児
3D:I.G3D
色彩設計:上野詠美子
美術監督:草森秀一
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、青木康浩
シリーズ原案:虚淵玄
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部

PSYCHO-PASS サイコパスSinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__

2019年3月8日(金)より公開

■ストーリー
「わたしの、先生になってもらえませんか」2116年に起きた東南アジア連合・SEAUnでの事件後、狡噛慎也は放浪の旅を続けていた。南アジアの小国で、狡噛は武装ゲリラに襲われている難民を乗せたバスを救う。その中には、テンジンと名乗るひとりの少女がいた。かたき討ちのために戦い方を学びたいと狡噛に懇願するテンジン。出口のない世界の縁辺で、復讐を望む少女と復讐を終えた男が見届ける、この世界の様相とは…。

■キャスト
狡噛慎也:関智一
テンジン・ワンチュク:諸星すみれ
花城フレデリカ:本田貴子
キンレイ・ドルジ:志村知幸
ギレルモ・ガルシア:磯部勉
ツェリン・グルン:高木渉
ジャン=マルセル・ベルモンド:鶴岡聡

■スタッフ
SSストーリー原案・監督:塩谷直義
脚本:深見真
総作画監督:恩田尚之、阿部恒、中村悟
作画監督:中村深雪、古川良太、竹内知海、古川尚哉、市川美帆、黄瀬和哉、阿部恒、諸貫哲朗、新野量太、中村悟
演出:河野利幸、遠藤広隆
撮影監督:荒井栄児
3D:サブリメイション
色彩設計:上野詠美子
美術監督:草森秀一
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司、阿部恒
シリーズ原案:虚淵玄
キャラクター原案:天野明
アニメーション制作:Production I.G
配給:東宝映像事業部

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」公式サイト

(C)サイコパス製作委員会

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー