menu
ゲーム・アプリ
アプリ『星鳴エコーズ』猿飛夏輝役・鈴木達央インタビュー【後編】

『星鳴エコーズ』猿飛夏輝役・鈴木達央さんインタビュー【後編】|いい感じのゾーンに入りながら収録できました

2019年に配信予定の学園が舞台の育成シミュレーションゲーム『星鳴エコーズ』(通称:星エコ)。本作は、『夢王国と眠れる100人の王子様』『茜さすセカイでキミと詠う』を手がけるジークレストの完全新作です。

人々の社会・生活・命を脅かす塔“フラグメントタワー”を消し去る力を持つ“セプター”の育成教育機関「星鳴学園」。プレイヤーは教師となり、選抜クラスのセプター候補生が集う寮“スピカ寮”を担当することに。キャラクター同士の関わり×プレイヤーとキャラクターの関わりという2軸でストーリーが展開されていきます。

アニメイトタイムズでは、リリース前に先がけて、本作に登場する個性的なキャラクターを務める声優陣にインタビューを実施中! 今回は、【前編】に引き続き、猿飛 夏輝役の鈴木達央さんです。

猿飛 夏輝(さるとび なつき)は、第30学生塔破隊“コルウス”の隊長を務め、忍者の里で育ったチームの長兄役。大ざっぱな性格ですが、責任感が強く頼りになる存在です。

後編となる本稿では、本作の世界観や鈴木さん演じるキャラクター・猿飛夏輝、リーダーを務めているチーム「コルウス」の印象などについてたっぷりとお伺いしました。また、鈴木さんが学生時代の頃に出会った先生との“共鳴エピソード”も披露されています。ぜひ最後までご覧ください!

ラジオを聴く

アニメイトタイムズからのおすすめ

猿飛夏輝を自分の中でどんどん膨らませていった

——『星鳴エコーズ』に触れたときの最初の印象をお聞かせください。

鈴木達央さん(以下、鈴木):すごく面白い世界観で、懐かしい感じがしました。

学園もので戦闘ものでありという作品は一時期流行った時期があったので、形を変えて新時代にやってくるのがすごく面白いな、と。また、シビアな戦闘隊形だったりするところがすごく好きです。

シビアさがあるとゲームで“負けられない”という気持ちにもなってくるというか。ゲーム内でキャラクターと仲良くなればなるほど愛着が湧きませんか?

――湧きますね〜!

鈴木:愛着が湧くほど、彼らが傷つくのをどんどん怖くなったり恐れたりしますが、そういう危機感がゲームで得られるのは楽しさの1つでもあります。だからこそ、ポジティブな部分との“差”を大事にしたいな、と。

――猿飛夏輝を演じてみて、いかがでしたか?

鈴木:猿飛夏輝はアイデンティティとしてその差が出せる子でしたので、“夏輝はどんな風になるのかな?”と自分の中でどんどん膨らませていきました。

収録の際は、ディレクターやメーカーの方から「すごく膨らみましたね」とおっしゃっていただけて、それがすごく印象的で嬉しかったです。

――ラジオでも差が出しやすい子だとおっしゃっていましたね。

鈴木:はい。台本を読み込んでいるときよりも実際にマイクの前に立って演じたときのほうが、勝手に出てくるニュアンスが多くて。自分自身、不思議な気持ちになりました。

大切な存在という意味では、小春(CV:阿澄佳奈)がいたりするので、そこが大きくなればなるほど、どんどん伝播していくんです。

――誰かに接する態度や振る舞いがハッキリしていると、そこから広がっていきますね。

鈴木:小春がすごく大事な存在となると、秋彦(CV:皆川純子)や冬弥(CV:島﨑信長)に対してはどうしようかと考えるようになり、どんどん変わっていって。勝手に枝別れしていって、その枝がどんどん伸びていくような感じです。

なので、戦闘に対しての危機感の持ち方や、どういう状況なのか想像しやすく、収録がすごく早く終わりました(笑)

――おぉ!

鈴木:全然NGが出なかったので、途中で「大丈夫ですか?」とお聞きしたぐらいです(笑)

一同:(笑)

――それだけ自然と夏輝や『星鳴エコーズ』の世界観に入ることができたのですね。

鈴木:そうですね。『星鳴エコーズ』の世界観に、気がついたらどっぷり浸かっていました。

鈴木さんが学生時代に感じた“共鳴”とは?

――鈴木さん演じる猿飛夏輝はチームのリーダー、そしてメンバーの長兄役です。演じる中で、彼に対する印象に変化はありましたか?

鈴木:人間味の深さです。夏輝のプロフィールに大ざっぱで荒っぽい性格と記載されていますが、文字情報だけだとこの言葉でまとめられてしまいます。でも、この言葉の奥にある感情はたくさんあると思っていて。

なぜ荒っぽくしているのか、なぜ大ざっぱになっちゃうのか、そんな大ざっぱな自分をどういう風に感じているのか……そういうところが収録中に自分の中でいっぱい出てきました。

他のキャストさんと一緒に録っている訳ではないので本当は聞こえていませんが、前後のセリフがスッと聞こえてくるんです。

順子さんが演じる秋彦、信長が演じる冬弥、阿澄くんが演じる小春のセリフが自然と聞こえてきたからこそ、自分のセリフも自然と出て。“いい感じにゾーンに入っているな”と思いながら収録できました。


▲鈴木さん演じる夏輝
 

――おぉ。そのゾーンはなかなか感じられないものかもしれませんね。

鈴木:自分でも予期していませんでした。自分の意思じゃない、夏輝がそのまま喋っているような感じがしたからこそ、彼の人となりや人間味の深さが見えてきたように思います。

――そんな夏輝が隊長として所属するチーム「コルウス」の印象を教えてください。

鈴木:なんか面倒くさいチームですよね(笑)みんな面倒くさそうな感じがします(笑)

一同:(笑)

鈴木:コルウスは忍者の里出身のチームなので腐れ縁というか、隠れて生きてきたというところから自分たちのプライドになっている部分が強く出ていて。

そういう意味では、他のチームよりも“基盤”がすごくしっかりしているチームだな、と思いました。

たとえば、ちょっと残酷なところでいうと、「人の生き死に」に対して慣れやすい。“そういうものだよ”と最初に教え込まれているので、戦闘に対するドライさ、割り切り方がすごくハッキリしているチームだな、と。他のチームよりも“利害”を取るチームだと思いました。
 
チーム「コルウス」紹介PV

 

――先ほど、“腐れ縁”という言葉が出てきましたが、冬弥との関係性を表す言葉でもありますよね。

鈴木:そうですね。お互い腐れ縁と言いつつも、結局、夏輝がたくさん喋っていたり理解し合ったりしているのは冬弥だったりするので、表では「お前のことを絶対好きって言わない」という照れ隠しのような人間らしい部分があります。

なので、皆さん、文字情報だけには騙されないでください(笑) ラジオでお話しした内容につながるかもしれませんが、額面通りに受け取ると皆さんの方がヤケドしてしまうので(笑)

――文字情報だけに囚われず、実際にプレイして確かめてほしい!と。 

鈴木:そうですね! プレイしていただいたら、文字情報では分からなかったことがたくさん見つかると思います。リリース前の情報とは違う部分を見つけると、より楽しめるんじゃないかな。

――本当にプレイするのが待ち遠しいです! ちなみに、鈴木さんが1番気に入ったキャラクターは……

鈴木:小春です。

――即答ですね(笑)

鈴木:コメントにも「小春以外に誰がいると思います?」と書かせていただきましたが、完全に小春です。

――その理由をお聞きしても?

鈴木:大事な妹ですし、本当に溺愛していますから。ゲーム内のボイスを聴いてもらえたら、皆さん納得すると思います(笑) 

――へぇ〜!それは楽しみです!

鈴木:本当に過剰なくらい溺愛していますから(笑) 実は、収録の時に、ちょっとやりすぎたかな?と思うくらい小春に対しての愛情を出しましたが、OKをもらいました。

スタッフ:想像より2倍くらいの愛情表現でした。

鈴木:そうそう(笑)「誰にも嫁にはやらん」という気持ちで、すごい愛情を出しました。

――では、逆に、疑問を感じたキャラクターはいましたか?

鈴木:1番最初に疑問を感じたのは涼太です。パッと見た時にあまりにヒーロー感が強く出すぎているように感じたので、“こいつ本当にそう思っているのかな?”と(笑)

一同:(笑)

鈴木:もう年齢を重ねると疑うことだけを覚えてしまうのでダメですね(笑) 直情的すぎるものを見ると裏があるんじゃないかな、と思ってしまいます。

正統派すぎるものに対して、たまに苛立ちを覚えることがあって。まっすぐ過ぎるとそれが毒にもなったりするじゃないですか。

最初にそういう感覚で見たのが涼太だったので、どういうキャラクターなのかな、どんな感じなのかな、とずっと気になっていました。

――個人的に意外な回答で驚きました。

鈴木:そうですか? もしかすると、オレ自身が夏輝を演じているからかもしれません。夏輝自体の出自が忍者の里という特殊なケースなので、まずは“疑い”からものを見てしまいます。

ポジティブさがありコミュニケーションも長けているように見えていて、夏輝は意外と壁が高くて、自分のプライバシーラインが決まっている人なんです。

初対面の人とはここまで見せますというラインが、他の人よりもちょっと低いだけで、そこから奥に入ろうとするとなかなか難しい。そういう見方で自分も涼太を見てしまうからかもしれません。

――なるほど!

鈴木:まっすぐ過ぎると奥にある本当の姿が分からない、だからこそちゃんと判断したい気持ちがあって。涼太がいるチーム「リュンクス」自体もそういう風に見てしまうところがありました。

――『星鳴エコーズ』はプレイヤーが教師になって「星鳴学園」で生徒と交流していくという“響きあう共鳴の物語”をテーマにしていますが、鈴木さん自身、学園生活で“共鳴したなぁ〜!”と感じたエピソードなどがあれば教えてください。

鈴木:好きなことを認めていただいたことが学生時代にありました。中学、高校時代の自分は大人が大嫌いで、あまり良い思い出がありません。

そんな時に中学時代、1度だけ転校したことがありまして。その転校先に、小学校の用務員をされていた方が教頭先生になっていて、その先生だけは自分のことをすごく理解してくれたんです。

中学時代に今の仕事に就きたいと思って文集に書いたことがありましたが、周りのみんな全員に笑われてバカにされました。

でも、その先生だけ笑わないでくれて、自分が卒業する時に「教師としてえこひいきを本当はしてはいけないけれど、君にだけはえこひいきをします」と言われて、四字熟語の辞書をプレゼントしてくださったんです。

「あなたはこれから言葉というものを扱う職業に就きたいんですよね。その時に言葉を知らないとなぜその職業を選んだのか分からないと思うので、あなたは言葉をこれから勉強しなさい」と。

そして「その言葉のもとになっていたり、端的に言葉で表したりするのが四文字熟語なので、あなたにこの辞書をプレゼントします」と言われました。

その先生にいただいた辞書や、今までやり取りした手紙は今でも大切にとってありますし、そのことは今でもすごく覚えています。

――言葉にできないほど胸に響くお話というか……1人でも理解してくれる人がいるんだと思うと本当に嬉しいですよね。

鈴木:もう本当に嬉しかったです。学校中が反対する中で、1人だけ味方でしたから。これは本当にしびれます。

特に、15歳という思春期真っ盛りの時期なので、否定されたらその時点で周りが敵になる。その時に唯一味方になってくれたのでめちゃくちゃ嬉しくて。

上京する時は、1番最初にその辞書をバッグの中に入れました。言葉を調べる時は今でもその辞書を使っています。

辞書は日々更新されているので新しいものもありますが、オレの中では四字熟語辞典はあれ以外ないですし、他の辞書は絶対に使わないと決めていて。

なので、当時その先生だけがオレのことを理解してくれたのは、ある意味“共鳴”ではないのかなと思います。

――本当に素敵な“共鳴エピソード”です。最後になりますが、アプリを楽しみにしている皆さんへメッセージをお願いいたします。

鈴木:『星鳴エコーズ』に猿飛夏輝役としてお邪魔させていただいています。そのおかげもあり、ラジオにもゲストとして参加でき、その中でたくさんのお話をさせていただきました。

アプリのリリースまで楽しみに待っている方がたくさんいらっしゃると思いますが、我々のチームは1つの味としていろんなものをゲームの中にふんだんに投げ込ませていただいているので、リリースされた時には堪能していただけたら嬉しいです。

また、リリース前に少しでも情報を知りたいという方は、ぜひ坂くんがやっているラジオを含めて応援してください。その中で皆さんとメールという形でコミュニケーションを取り、絆を深め、『星鳴エコーズ』のテーマの1つである“共鳴する”ということにも近づいていけるのではないかと思います。

その共鳴度合いが皆さんと坂くんの中でどんどん強まっていくことを願いつつ、またどこかで皆さんとお会いできることを楽しみに待っておりますので、ぜひ次はアプリゲームの中でお会いできたらなと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

――ありがとうございました!

ラジオを聴く

 
[取材・文/福室美綺 写真/佐藤ポン]

アプリ『星鳴エコーズ』作品概要

あらすじ

人々の社会を、生活を、命を脅かす塔“星の塔フラグメントタワー”を消し去る力を持つ『セプター』セプター能力を向上させる力を持つ、特異な存在『共鳴者』その力を見出され、セプター養成学校“星鳴学園”の教師となったあなたは選抜クラスのセプター候補生が集う寮“スピカ寮”を担当することに。共鳴者として生徒たちと心を通わせ、誰よりも近くで見守ることがあなたの役目。セプターを育成する教育機関、星鳴学園を舞台にあなたと、生徒たちが奏でる共鳴の物語が始まる――。

概要

タイトル:星鳴エコーズ(ほしなりえこーず)
ジャンル:『共鳴』育成シミュレーションゲーム
配信開始日:2019 年(予定) iOS 版/Google Play 版
価格:基本プレイ無料(一部アイテム課金制)
対応 OS:iOS/Android(機種によりご利用いただけない場合があります)

制作スタッフ

原作/開発/運営:ジークレスト
シナリオ・キャラクター原案:サウザンドスクリプト
メインストーリー:宮沢龍生、高橋弥七郎
生徒ストーリー・相関ストーリー:五十嵐雄策、志村一矢、鈴木鈴、蝉川タカマル、水沢あきと、菱田愛日、古橋秀之、
来楽零 ※五十音順
メインキャラクターイラスト原案:キナコ、左近堂絵里、鈴木次郎、Tiv、TCB、雪広うたこ ※五十音順
キーキャラクターイラスト原案:高屋奈月
塔コンセプトアート:TAKORASU
音楽:佐橋俊彦

キャスト

阿澄佳奈、市ノ瀬加那、江口拓也、逢坂良太、岡本信彦、置鮎龍太郎、小野友樹、木村良平、熊谷健太郎、小林大紀、小松昌平、近藤玲奈、斉藤壮馬、櫻井孝宏、佐藤拓也、佐藤利奈、島﨑信長、白井悠介、杉田智和、鈴木達央、芹澤優、高橋未奈美、丹下桜、中村悠一、西山宏太朗、花江夏樹、早見沙織、春野杏、坂泰斗、日野聡、堀江瞬、前野智昭、M・A・O、緑川光、皆川純子 ※五十音順

『星鳴エコーズ』ラジオ「星エコラジオ」配信ページ
『星鳴エコーズ』公式サイト
『星鳴エコーズ』公式Twitter
『星鳴エコーズ』公式YouTubeチャンネル

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019夏アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー