menu
音楽
声優・工藤晴香ソロデビューミニアルバム「KDHR」インタビュー

喜びも悲しみも、すべてを肯定し続ける工藤晴香さんの“強さ”が詰まった一枚に――声優・工藤晴香ソロデビューミニアルバム「KDHR」インタビュー

『BanG Dream!(バンドリ!)』Roseliaの氷川紗夜役や『ハチミツとクローバー』花本はぐみ役などの声優業をはじめ、ファッション雑誌『SEVENTEEN』専属モデルとしての経歴を持つなど、幅広いフィールドで活躍する声優・工藤晴香さん。

2020年3月25日には、自身が全曲作詞を手掛けたソロデビューミニアルバム「KDHR(読み:くどはる)」がリリース。表題曲「MY VOICE」を含む全6曲が収録されており、工藤さんの新たな才能の片鱗が感じれられる作品となっています。

この度、アニメイトタイムズでは、デビューを目前に控えた工藤さんに、アーティストデビューにあたっての心境や収録曲について、さらに今後目指すアーティスト像について語っていただきました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

ギターを始めたきっかけは「ニルヴァーナ」のカート・コバーンさんへの憧れ

――工藤さんはモデル業をはじめとする顔出しの仕事から現在の活動の主軸になっている声優業に至るまで、幅広いフィールドで活躍されていますが、ソロアーティストデビューを視野に入れたり憧れを持つことはありましたか?

工藤晴香さん(以下:工藤):やりたいことが多くある中の一つに、ソロアーティストデビューがあったので、歌手活動は目標でした。だからデビューが決まったときは、うれしい気持ちもありましたが、率直に「良かった」と思いましたね。

――かねてからの念願がついに叶ったわけですね。デビューに至るまでに不安はありませんでしたか?

工藤:不安はありましたが、それよりもワクワクのほうが大きくて、「あ〜、楽しみ!」という気持ちで待ち望んでいました。あと、私は「ヤバい」「どうしよう」と思った瞬間に崩れてしまうタイプなんです。だから予兆のようなものを感じた時点で、早めにその気持ちを切り捨てるようにしているので、そこまで不安に感じることはありませんでした。

――周りの方の反応はいかかでしたか?

工藤:友達はすごい喜んでくれて、家族は「あ、デビューするんだ」みたいに結構ドライな反応でした(笑)。

――意外とあっさりしているんですね(笑)。

工藤:でも仕事仲間であったり、お世話になっているスタッフさんはとても喜んでくれたので、その点は良かったなって思いました。

――そもそもリスナーとしては、これまでどのような音楽を聴いてきたのでしょう。

工藤:子供の頃は、モーニング娘。さんや浜崎あゆみさんの曲を聞いていましたが、中学生くらいの時にASIAN KUNG-FU GENERATIONさんとBUMP OF CHICKENさんにすごくハマって。そこからバンドサウンドに興味を持つようになり、洋楽にハマって今に至ります。

――洋楽にハマったきっかけはあったのでしょうか。

工藤:ちょうど、アヴリル・ラヴィーンさんやt.A.T.u.さんら女性アーティストの方がデビューをされているタイミングだったので、それがきっかけで洋楽を聴くようになりました。

――ちなみに憧れのアーティストを挙げるなら?

工藤:洋楽をたくさん聴いていたときに、ニルヴァーナさんにすごくハマって。私がギターを始めたきっかけもカート・コバーンさんへの憧れからで、その想いは今でも変わらないですね。

また、お仕事でバンドとして活動する機会があるのですが、そこでギタリストとしてパフォーマンスするにあたって、子供のころによくTVで見ていたLUNASEAさんやXJAPANさんなどでギターを担当されている方々にも憧れていて、本当にかっこいいなって思います!

――では声優業を含むボーカリストとしてのスタートはいつだったのでしょう。

工藤:『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー』のパスカ・カノンノとして歌ったカバー曲の「紙ヒコーキ」が最初に歌ったキャラクターソングです。当時は、キャラソンがどういったものなのかすら知らなかったので、めちゃめちゃ困惑しました。

ちなみに、その「紙ヒコーキ」は去年の秋に開催された「テイルズ オブ オーケストラコンサート 2019 ~BRASS BAND EDITION~」で初めて公の場で披露したんです。

――そのタイミングで初披露だったんですね。

工藤:16、17歳くらいにときに歌った曲を10年の時を超えて、ついにステージで初披露できたので、歌っていてグッときました。初めて歌ったキャラソンを今もステージで歌えるのは、とてもありがたいですね。

――そういった声優業におけるキャラソンやグループでの活動と、ソロアーティストの活動の違いを工藤さんはどのように捉えていますか?

工藤:やはりいろんなキャラクターやグループでの活動は、基本的に作品のキャラクターを演じていて、そのキャラとしてステージに立っていますが、ソロの場合は工藤晴香個人として世に出ていくので、その点においては明確に違いを感じています。

――アーティストデビューの準備をしていく中で、これまでの声優業が作用したと思うことはありましたか?

工藤:今回、激しい楽曲やバラード、ミドルバラードなど、色々な表情で歌っているので、表情の幅を持たせるという意味では声優の経験が生きていると実感します。

レコーディングでも「もっとカッコイイ感じで」とか「もっと可愛い感じで」と、ディレクションがあったときはすぐ対応できるので、ディレクターの方から「すごいね。なかなかできないことなんだけどね」と言われることもあって、声優の仕事をやっていて良かったと思いました。

――逆にアーティスト活動から声優業に影響したものは?

工藤:今作のレコーディングが一通り終わってアフレコに立ち会ったときに「あ、ちょっと変わったな」と思う瞬間はいくつかありました。アフレコなどでキャラクターの感情の作り方が少しスムーズになったと思います。

また、小さい感情の動きをより意識して芝居に挑めるようになったと感じていて、喜怒哀楽の表現や複雑な心情がこもっているセリフを演じるときは、ソロアーティストでの経験が助けになりましたね。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020春アニメ(来期4月)、何観るアンケート 結果発表
春アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング