menu
音楽
声優ユニット「SparQlew」1st ミニアルバム発売記念インタビュー

声優ユニット「SparQlew」1st ミニアルバム「Daybreak」発売記念! 上村祐翔さん、千葉翔也さん、保住有哉さん、堀江 瞬さん、吉永拓斗さんインタビュー│お花と戯れる「大人SparQlew」を楽しめるMUSIC CLIPに注目!?

上村祐翔さん、千葉翔也さん、保住有哉さん、堀江 瞬さん、吉永拓斗さんからなるKiramuneレーベルにて活動中の声優ユニット「SparQlew」(スパークル)。2021年9月15日には1stミニアルバム「Daybreak」が発売となります!

今回、ミニアルバム発売を記念して「SparQlew」のみなさんにインタビューを実施! メンバー全員で歌う「Dance in the Twilight」についてはもちろん、ソロ曲の聴きどころについてもお話を伺っています。

 

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

全員で歌う「Dance in the Twilight」、ソロ曲の聴きどころ

――メンバー全員で歌う「Dance in the Twilight」は、5人の美しい歌声と、ダンサブルなサウンドが印象的なナンバーです。この楽曲のテーマ、注目してほしい聴きどころ、お気に入りのフレーズ等、お聞かせ下さい。

上村祐翔さん(以下、上村):AメロBメロの静かな雰囲気から一転、サビの畳みかけるような歌い分けに注目していただきたいです。Dメロの「何もいらないただ君だけ It’s you It’s you」が気に入っています。ぜひ聴いていただきたいです!

千葉翔也さん(以下、千葉):軽やかな曲。一度聴いたら覚えられるサビになったんじゃないかなと思います。ふと思い出すと1日中頭の中に残ってます。「君が笑えばいいだけのクラウン」という歌詞が自分のパートにありますが、曲の中でいうところの『君』に「囚われてるな〜」と思えてとても好きです(笑)。

保住有哉さん(以下、保住):後ろの音が厚くオシャレで、ボーカルがクロスするところも多いのでボリューム感もあって聞き応えがあると思います! 今回初めてサビが全てソロパートだったりラップパートがあったりなど新しい試みもしているのでこれまでにない構成が聴きどころですね。

堀江瞬さん(以下、堀江):5人それぞれが、これまでと違うアプローチで歌っているのが印象的です。ここまで振り切ってクールな曲が表題になるのもかなり珍しいので、その雰囲気に合わせた歌い方になっていると思います。英語の部分はなるべくネイティブな発音を心がけてみましたが、なかなか難しいです(笑)。

吉永拓斗さん(以下、吉永):はじめて聴いたとき、めちゃくちゃK-popだなと思いました(笑)。さらにこの曲は歌詞の意味よりも、ひたすらに聴き心地を追及しています。身体が勝手に動いてしまうようなダンスナンバーです。ラップパートを担当しているのですが、初の試みなので注目して頂きたいです。

  

  

――上村さんのソロ曲「レター」は、どんな楽曲でしょうか。この楽曲のテーマ、注目してほしい聴きどころ、ご自身で手掛けられた歌詞にどのような想いを込めたか等、お聞かせ下さい。

上村:「レター」は大切な人への感謝や小さな幸せの連続の有難みを描いた曲です。初めての作詞への挑戦でしたが、作曲家さんと想いをキャッチボールしながら楽しく楽曲制作に臨めました。聴いていただくタイミングによって、さまざまな感情を抱くことのできるようなソロ曲になったと思います!何度も聴いていただきたいです!

――千葉さんのソロ曲「Criminal」は、どんな楽曲でしょうか。この楽曲のテーマ、注目してほしい聴きどころ、ご自身で手掛けられた歌詞にどのような想いを込めたか等、お聞かせ下さい。

千葉:スリリングで、ミドルテンポなのに畳み掛けるところが好きです。印象的なイントロで、メロディとアレンジの良さが既に完成されていました。この雰囲気だと、日本語だと合わないなと思って、英語が多いです。「罪」だと思うことって何だろうか?と考えた時に、他人の言葉に囚われたりして、自分自身を期待せず捨ててしまう事が裏切りだなと。英語で韻を作るのは気持ちよくて楽しかったです。

――保住さんのソロ曲「ALARM」は、どんな楽曲でしょうか。この楽曲のテーマ、注目してほしい聴きどころ、お気に入りのフレーズ等、お聞かせ下さい。

保住:音数が多い、ポップだけどポップすぎないラインで日常のBGMになりそうな曲を歌いたいなと思い歌わせてもらいました!! なんとなーくずっと流しておける耳馴染みのいい曲を意識しているので皆さんの生活に入り込めたら嬉しいです。2番のAメロのリズム感とかお気に入りです!

――堀江さんのソロ曲「アオシグレ」は、どんな楽曲でしょうか。この楽曲のテーマ、注目してほしい聴きどころ、お気に入りのフレーズ等、お聞かせ下さい。

堀江:気怠さの中にある清涼さを感じる曲です。前を向く、というよりは雨上がりの匂いと共に後ろを振り返るような、センチメンタルな印象を受けたので、収録の際もなるべく声を張るというより抑えるやり方でアプローチしてみました。夏の終わりゆく季節に聴いてほしいです。

――吉永さんのソロ曲「room vacation」は、ご自身で歌詞を手掛け、作曲も本多友紀さんとの共作です。この楽曲のテーマ、注目してほしい聴きどころ、ご自身で手掛けられた歌詞にどのような想いを込めたか等、お聞かせ下さい。

吉永:そもそも「ラップしてみたいな。」っていうラフな気持ちがきっかけでした。自分の生い立ちはhiphopとはかけ離れているので、あくまでもリスナーとしての立場で作っています。なので、歌詞の内容もありふれた日常の1ページを切り取っています。

 

とにかく全員かっこつけているところは必見!

――付属BDには、「Dance in the Twilight」のMUSIC CLIPが収録されます。映像の見どころや注目ポイント、撮影時のエピソード等、聞かせ下さい。

上村:今までのMUSIC CLIPに比べて遥かにカット数が多いです! つまり、僕らのいろんな表情を見ることができます! そして、SparQlew初の2パターン衣装! 出で立ちの異なる僕らにも注目していただきたいです! お花と戯れる「大人SparQlew」にご期待ください!

千葉:初めてのチームでしたが、そこに座るだけで世界観が作れる場所を設けていてくださったので撮影はとてもスムーズでした。やりたかった衣装替えも嬉しいです。雰囲気の違う二面性が見られるのではないかと思います。個人的なイメージですが、同じ「君」と過ごす時間でも、内側と外側で表情が違う感じ。カット数を多く切り替えるのも観ていて楽しいです。

保住:衣装が2ポーズと、シーンもたくさん撮ったので目が足りないぐらいいろんな顔が見れるとおもいます。撮影中はセットで使った車にテンション上がってました。個人的には髪型のチェンジを激しめにしたので誰?ってなるかもしれないです(笑)。全員ひたすらにかっこつけたので、よろしくお願いします!

堀江:とにかく全員かっこつけてるのは必見です。これまでは笑顔やがむしゃらさを押し出すことが多かったのですが、今回それとは一切無縁にクールになっています。カット割もかなりお洒落なことになっているので見て頂きたいです。

吉永:まず目を引くのが大量の花束が乗った車です。あんなセットは見たことがなかったので、メンバー一同大喜びでした。迫力に負けないように、5人の配置や乗り方など監督、スタッフさんと慎重に決めました。かなり気合が入ったので、その分体力を使いまして、吉永はお弁当を3つも食べてしまいました(笑)。

 

 

――本作のレコーディングについてお聞かせ下さい。メンバーとのやり取りでおもしろかった事や刺激になった事、あるいは、楽曲を歌うにあたりご自身にとって新たなチャレンジになったことなど、レコーディングを通じて印象的だった出来事やエピソードを1つ教えて下さい。

上村:「Dance in the Twilight」は新たなジャンルの楽曲で、メンバーそれぞれ取り組み方が違っていたように思います。その答え合わせを完成品から感じられたのが面白かったです。「レター」については普段よりも視野の広いディレクションをしていただき、より「お芝居の中の曲」といった感じになった気がします。どちらも聴いてくださる皆さんのリアクションが楽しみです。

千葉:ソロ曲に関しては、初めてプリプロをやれたのでよかったです。作詞した曲を収録するのが初めてなので、最初に口に出した時新鮮な感覚でした。誰よりも歌詞をわかってるので、どこが大事かを計算することがないので体が軽い。逆に歌詞を書いていただいている時どこまで自分に落とし込めば自由に歌えるのかもヒントが得られて、とても勉強になりました。

保住:リード曲には全員のラフを聴いたんですがみんなそれぞれ新たな歌唱を見れたなとおもい全員にあそこが良かったとか伝えました。チャレンジとしては曲の雰囲気を大事に、しつつ柔らかく力強さが出ればいいなと思って歌い出しのフレーズなど工夫していたのでそこを担当できてよかったです!

堀江:K-POPテイストの曲を、聴く機会はあっても普段なかなか歌うことがなかったので、独特の拍の取り方やテンポに最初は苦心しました。絶妙にテンポやピッチが合わなかったり、何度もトライしていく中でようやく完成に向けて擦り合わせが出来た、という印象でした。

吉永:お互いのラフをライングループで共有して聴き合いました。5人それぞれ解釈が違うので、ソロバージョンもいつか世に出せたらいいなって思ってます。先程もお答えしましたが、自分は今回ラップパートを任されています。プロデューサーさんが後乗りを褒めてくださったのが嬉しかったです。

――60Pのフォトブックが付きますが、どのようなコンセプトで撮影されたのでしょうか? 衣装・セット・ポージングなどで特にこだわったポイントや、撮影時のエピソード等、お聞かせ下さい。

上村:下半期の僕の目標は「色気」です!撮影の中でも「抜け感のある大人の色気」を大切にしました。現場では「おお!色っぽいね!」なんて声も飛び交っていましたよ!カジュアルなジャケットスタイルから漂うナチュラルな雰囲気の中に、そんな大人な部分が垣間見えている(はず)ので、感じていただければ幸いです!

千葉:黒を基調にすることだけが決まっていたのですが、楽曲のテイストに合わせて、モードからアメリカンな感じの衣装になりました。ジャスティン・ビーバー氏的な感じらしい(笑)自分が好きな感じで撮れたと思いますし、わりと活動してきた中で1番お気に入りと言っても過言ではないかも。目線と「手」などで語ってます。

保住:セットも衣装もめちゃくちゃポップだったのでとにかく綺麗可愛い感じのショットを沢山撮りました! 途中セットを破壊しながら撮影したり、1人ならではの楽しさが詰まっていると思います。ほかのメンバーとの差もお楽しみに!

堀江:今回は笑顔が少なめのオーダーの撮影だったのでかなり捗った撮影でした。笑顔、苦手なので…。普段なかなか見せることのないクールな表情も沢山詰まっているのではないでしょうか。擦り切れるまで見てください。

吉永:メンバーそれぞれの世界観があるなかで、自分はより尖りがあるなって感じました。衣装も自分好みもので、そのときの髪色とマッチしています。ここまでビジュアルにこだわれたのははじめてかもしれません。おのずとポーズもロックなテイストになっています(笑)。

――本作の発売を記念して、アニメイトでの購入者を対象に、1対1オンラインミート&グリートが開催されます。こちらはどんなイベントにしたいですか? イベントへ向けての意気込みや、参加するファンへ向けたメッセージをお願いします。

上村:初めての試みなのでどんな感じになるか未知数ですね。でも、皆さんにお会いしてお話ができるのはとても嬉しいです。楽しい時間にしましょう!どうぞよろしくお願いします!

千葉:リリースのたびに、何か感謝を伝えられる場を設けたかったのが、言葉にして形になって嬉しく思います。勿論参加できない方にも届くよう、歌収録には全力で気持ちを込めてますが、思うようにLIVEなどが開催できない中、せっかく楽曲を聴いたりしてくださって生まれた気持ちが日々の中に消えてしまわぬよう、僕らにぶつけてくださったらいいなと。

保住:とてもたのしみです!! 感想など直接聞けたり意見交換できるのが楽しみで仕方ないです!!! 本当は全員としたいぐらいなんですが……! ぜひ応募してみてくださいね! まってます!!

堀江:一対一で逆に僕が緊張してしまわないように僕自身もリラックスしてせっかく応募してくださった皆さんと楽しい時間を過ごせればと思っています。気負わず話しかけにきてください!

吉永:まさかこのようなイベントを開催できるとは思ってなかったので、ドキドキでいっぱいです。二度とないイベントかもしれないので、絶対に応募してほしいです。日頃の感謝を伝えさせてください!

 

CD情報

 
人気急上昇Kiramune5人組ユニット、SparQlewのミニアルバムが発売決定! 上村祐翔・千葉翔也・保住有哉・堀江 瞬・吉永拓斗の若手声優からなるSparQlewの最新ミニアルバム!

1年ぶりにリリースするミニアルバムは、SparQlew初のメンバーソロ曲を収録! リード曲の全員曲1曲と各メンバーのソロ曲5曲を含む全6曲を収録。BD、フォトブック同梱! BDにはMVとトレーラー、メイキングを収録、さらにフォトブックも同梱されるファン必携の1枚。

発売日:2021/09/15
価格:6,380円(税込)

 

収録内容

【CD】
1. Dance in the Twilight
作詞:Lauren Kaori 作曲:Eunsol(1008)、Yu-ki Kokubo、JUNE 編曲:Eunsol(1008)

  1. ALARM
    作詞:矢吹香那 作曲:前口ワタル、矢吹香那 編曲:前口ワタル

  2. アオシグレ
    作詞:鳳神(Art Neco) 作曲:イケベソウタ(Art Neco)、美孔(Art Neco) 編曲:琴乃宮 コッポラ 透(Art Neco)

  3. room vacation
    作詞:吉永拓斗 作曲:吉永拓斗、本多友紀(Arte Refact) 編曲:本多友紀(Arte Refact)

  4. Criminal
    作詞:千葉翔也 作曲:Stand Alone、Yu-ki Kokubo、JUNE 編曲:Stand Alone

  5. レター
    作詞:上村祐翔 作曲・編曲:園田健太郎

【Blu-ray】
1.“Dance in the Twilight”(MUSIC CLIP)
2. making of“Daybreak”
3. TRAILER

特典

・アニメイト特典:56mm缶バッジ5個セット

※特典は無くなり次第、終了とさせて頂きます。ご了承下さい。

 
・封入特典:メッセージカード(5種+ランダム1種)

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

SparQlewの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021秋アニメ中間
2021秋アニメも声優で観る!
2021秋アニメ最速放送日
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング