menu
アニメ
『劇場版 SAO プログレッシブ』松岡禎丞(キリト役)インタビュー

アニメ映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』キリト役・松岡禎丞さんインタビュー|悩みながらも会心の出来となった演技や、最初にアスナと掛け合った時の衝撃を熱く語る!

第15回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原礫先生による小説シリーズを原作とし、これまでに4シリーズ(全97話)が放送されているアニメ『ソードアート・オンライン』(以下、『SAO』)。次世代VRMMORPG《ソードアート・オンライン》をはじめ、さまざまなオンラインゲームを舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた、世界中にファンの輪を広げる人気シリーズです。

そのはじまりの物語である《アインクラッド》編を、ヒロイン・アスナの視点から原作者自ら描き直したリブート・シリーズ『ソードアート・オンライン プログレッシブ』がついにアニメ化! 『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』として、2021年10月30日(土)より全国公開中です。

アニメイトタイムズでは、本作のメインキャラクターを演じる声優陣にインタビューを実施! シリーズの主人公であり、本作でも縦横無尽の活躍を見せるプレイヤー・キリトを演じる松岡禎丞さんにお話を伺いました。

収録本番まではさまざまな葛藤があり、緊張していたという松岡さん。そこからどのように意識してアフレコに臨んだのか、最終的にガッツポーズが出るほどだったという演技面のお話をはじめ、大きな衝撃を受けたというアスナとの掛け合いのシーン、本作のオリジナルキャラクター・ミトなど、松岡さん自身が完成映像を観て感じたことを語っていただきました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

アスナのおかげで演技の悩みが解決できた

――今回の劇場版のお話を初めて聞いたときはいかがでしたか?

キリト役・松岡禎丞さん(以下、松岡):まずは嬉しかったですね。ただそのあとは正直、「収録が怖いな」と思いました。当時の僕の全力のお芝居を、今の僕が全力でやってしまうと全く違うものになってしまうと思っていましたので。

ですが、色々な方からお話を聞いたり、アドバイスをいただいたりして、当時の僕の真似をするのではなく、「改めて今の僕で14歳のキリトを演じて、外側に当時の僕のお芝居を着せる」といった形でやらせていただくことにしました。

結果的に、「うまくいった!」と思えるものになりました。完成した映像を観させていただいたときに思わずガッツポーズが出るほどでした。

――本作にはTVアニメのときと同じ台詞やシーンが何か所かありますが、確かに、音としては“14歳のキリトの声”でありながらも、その中にある感情はより深みがあったのが印象的でした。

松岡:当時、TVアニメの本放送を家で観たときに「ここはもっとこうできたな」と思った箇所が何か所かあったんです。今回は、そういった部分を僕の中で全部リメイクしました。

――TVアニメのときの演技から、具体的には表現をどのように変えたのでしょうか? また、どういった苦労があったのでしょうか?

松岡:「当時の僕の真似をする」ということはある種、簡単なんです。でもそれでは魂の入っていないお芝居にもなってしまうと思ったので、バランスがすごく難しかったです。「当時の自分と同じように全力でやりたい、でも今の僕の全力で演じたら別物になってしまう。それでも今の僕だから出せる部分は崩したくない……」というように。

この悩みはアフレコ当日まで続いていたのですが、アスナのおかげで解決できた部分が大きかったかもしれません。実際に戸松さんがお芝居されている姿を目の前で見たときに、「ああ、あのときのアスナだ」と思いました。でもやっぱりそれはちゃんと、“今の戸松さんが演じられている15歳のアスナ”なんですよね。

「新しい自分の14歳のキリトでいっても大丈夫な予感がする!」と思い、テストで演じてみたところ、音響監督の岩浪さん(※1)に「こっちとしては全く問題ないんだけど、きつくない?」と言われたんです。でも、僕的には平気だったので「大丈夫です!」と返して。「だったら、それでいっちゃおう」と。その言葉を聞いた瞬間に「やった!!」とスイッチが入りましたね。

収録当日までは不安で仕方なかったのですが、そこからはどんどんギアが入って楽しくなっていきました。戸松さんに「僕、楽しくなってきました!」って言っちゃうくらい。

※1:岩浪美和(いわなみ よしかず)氏。アニメ『SAO』シリーズすべての音響監督を務めているほか、数多くの作品の音響監督を務めている。

――それを聞いた戸松さんはなんと仰っていましたか?

松岡:なんだったかな……「そうだね!」のようなことを言われた気はします。

一同:(笑)

――TVアニメにあったシーンも再び演じられることになりました。そのあたりで意識されたことはなにかありますか?

松岡:演出などは一新されながらも、TVアニメと同じシーンはけっこうあって、僕としてももう一度やりたいと思っていたシーンが多かったです。アスナとパンを食べるところなんかもそうですね。

あるシーンで、収録の際に100%でやったら、「(お芝居としては)悪くはないんだけど、(人相的には)ちょっと悪すぎる」と言われてしまって(笑)。個人的に最近は悪役をやることもすごく増えたので、その経験が出ちゃったのかもしれません。個人的には少し抑えたつもりでもそう言われたので、最終的な悪度は3割くらいでした。あそこは逆に難しかったですね。

(C) 2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア 関連ニュース
おすすめタグ
あわせて読みたい

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリアの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬アニメぼしゅう
2022冬アニメも声優で観る!
2022冬アニメ最速放送日
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング