menu
ブルーロック
映画

「昔の自分にこの曲を聴かせてあげたいです!」──『映画デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ!』を彩る主題歌「ようこそ、お子さま♡ドリーミア」をプリキュアシリーズ初参戦となる後本萌葉さんが表情豊かに歌唱!

「夢じゃなかったんだ」

──完成した曲を聴いたときの印象はいかがでしたか?

後本:「夢じゃなかったんだ」って思いました。改めて嬉しくなりましたし、この曲をどう使っていただけるんだろうって。この曲で元気をもらえる方がいたらいいなって思いました。

──子どものような無邪気さや、優しさがとても素敵だなと思ったのですが、後本さんはご自身の歌声についてどのように分析されているのでしょう?

後本:完成した曲を聴いたときに「子どもが歌ってるのかな?」って思いました。レコーディングで聴いていたときの自分の歌声の印象とはまた少し違っていて。その幼さが今回のお話を彩るにあたっていい方向にいくんじゃないかなって感じています。

──これまでのお話とかぶってしまうかもしれませんが、今回の映画を観てくださる方に、曲を通してどのようなメッセージを受け取ってもらいたいですか?

後本:<泣いたって大丈夫 失敗も大丈夫>という歌詞があるんです。失敗を恐れないで欲しい、というメッセージが込められた言葉だと感じています。夢を持つ全ての人が、自分を信じて、夢に頑張れるようになったらいいなって。

──後本さん自身もそうやって、一歩一歩夢に向かわれてきたのでしょうか。

後本:やる前から自分の可能性を決めていた時期があったんです。そんなときに母が背中を押してくれて、この世界に飛び込めたという経緯があります。

中学生くらいのときから「声優になりたいな」って思っていたんです。それで母がオーディションの情報などを調べてくれていたんですが、「私はオーディションには受からないから、受けなくていいよ」って言っていたんです。そしたら母が「失敗しても良いから、受けるだけ受けてみたらいいんじゃない?」って。

それをきっかけに、何事もやる前から決めないで、「とりあえず頑張ってみよう!」ってポジティブに考えられるようになりました。

──そういうお言葉をお母様から受け取っていたんですね。いまの後本さんだから歌える曲でもあるし、過去の自分も背中を押されるような曲というか。なんだか運命的ですね。

後本:この曲を歌えるのが本当に運命なんじゃないかなって思っています。昔の自分にこの曲を聴かせてあげたいです。この曲を持っているメッセージを、身を以て体験しているので、皆さんにも届けられることができるんじゃないかなと思っています。

きっとお子さんと一緒に映画を見に来てくださった親御さんにも響くところがあるように思っています。

<誰も笑顔の主役><大人たちも光る>など、大人だからこそ感動するんじゃないかなって歌詞もあって。私としても、子どもも大人も、多くの人が感動して欲しいという願いがあります。

──早く観たいです!

後本:私もです! そして、いろいろな人にオススメしたいです!

──では「夢みる♡お子さまランチ!」という映画のタイトルにちなんで、お子さまランチにまつわるエピソードがあればおうかがいしたいです。

後本:オムライスのところに入っている旗を集めていました(笑)。今でも自分で料理を作ったときに立てています。

──お料理もされるんですか?

後本:好きなんです! 妹と弟がいるんですけど「お姉ちゃんの作る◯◯が食べたい」とリクエストしてくれるんです。それで昔からお手伝いをしていて。

──そしたら『デパプリ』を観て、料理をされたくなることも?

後本:はい! 毎週楽しみに見ています。観ているとお腹がすいてきてしまって「はらペコった〜!」になってしまいます(笑)。

「今日はこれ作ろうかな〜」って考えることがあります。実際に唐揚げやオムライスを作りました。今度ポテトサラダや野菜スープに挑戦したいなと思っています。

 

20歳はいろいろな曲に挑戦できる年に

──このインタビューが掲載されるころには、後本さんは20歳のお誕生日を迎えられています。新しい年にチャレンジしたいことはありますか?

後本:実は歌に自信を持てない時期があったんです。このレコーディングを通して、「私、やっぱり歌うことが好きなんだ!」って改めて思うことができました。いろいろな曲に挑戦できる年にしたいなと思っています。

──今回の曲を聴いてとても素敵な歌声だなと思ったのでなんだか意外です。歌に自信がなかったというのはどうして?

後本:あまり歌で評価をされた経験がなかったんです。私自身、歌えるとも思っていませんでした。でも歌うこと自体は楽しくて、大好きで。だからプリキュアの主題歌、ライブのお話をいただき、「歌うことができるんだ!」と思うと同時に、「ここで自分に自信をつけられるかもしれない」と思いました。

──今おっしゃっていた「歌うことが楽しい」というお気持ちって大切ですよね。そういう気持ちも声には乗るように思うんです。

後本:本当にそう思います! だからレコーディングのときは楽しむことだけを考えていました。曲が長かったので、4時間くらいレコーディングをしたんです。

最後のほうはエネルギーを振り絞るように歌いました。終わったあとにすごくお腹が空いてしまって(笑)。レコーディング後にいただいたおにぎりがとても美味しかったです。

──それはレシピッピが飛びまくっていますね(笑)。

後本:飛びまくっていました!(笑) 他にもたくさんお菓子をいただいて。幸せな空間でした。

インタビュー・逆井マリ

 

神奈川県横浜市出身。既婚、一児の母。音楽フリーペーパー編集部を経て、フリーのライターとしてインタビュー等の執筆を手掛ける。パンクからアニソン、2.5次元舞台、ゲーム、グルメ、教育まで、ジャンル問わず、自分の“好き”を必死に追いかけ中。はじめてのめり込んだアニメは『楽しいムーミン一家』。インタビューでリアルな心情や生き方を聞くことが好き。

この記事をかいた人

逆井マリ
神奈川県横浜市出身。音楽フリーペーパー編集部を経て、フリーのライターとしてインタビュー等の執筆を手掛ける。

担当記事

関連記事
絶望系アニソンシンガーの名のもと、孤独や哀しみに寄り添い進化を続けるReoNa TVアニメ『シャドーハウス』のエンディングテーマ「ないない」で未知の扉を開くまで/インタビュー前編
4月からTOKYOMXほかで放送中のTVアニメ『シャドーハウス』(原作:ソウマトウ)は、顔のない一族「シャドー」と、その“顔”としてシャドーに仕える世話係の「生き人形」が織りなすゴシックミステリーだ。物語の最後を飾るのは、ReoNaの「ないない」。ゴシック/クラシックとエレクトロを融合したサウンドで、『シャドーハウス』の妖しげな美しさと世界観を(毒にも近い苦味を忍ばせながら)醸し出した本作は、観るものに深いふかい余韻を残す――。その「ないない」をタイトルとしたシングルが、5月12日(水)に待望のリリース。初回生産限定盤(CD+DVD)、通常盤(CD)、期間生産限定盤(CD+DVD)には、「ないない」の他、多角的に絶望に寄り添った3曲と「ないない」のインストナンバー・TVサイズバージョン(それぞれの盤に新曲2曲ずつ)が収められている。下記インタビューは「ないない」が生まれるまでの軌跡を辿ったもの。後半のインタビューでは、本作のMV、収録曲の制作エピソードについてたっぷりと話を聞いているので、楽しみに待っていてほしい。新しいReoNaらしさが生まれた「ないない」――『シャドーハウス』のミステリアスな世界観に寄り添った「ないない」という素晴らしい曲が届きました。タイトルだ...
関連記事
TVアニメ『ふたりはプリキュア』の声優・本名陽子&ゆかな、西尾大介監督、鷲尾天プロデューサーがクロストーク「子どもたちに嘘はつきたくない」
プリキュアシリーズの原点となるTVアニメ『ふたりはプリキュア』の総集編Blu-ray/DVD『ふたりはプリキュア総集編~ぶっちゃけ、ありえな~い!?2020edition~』が2月26日に発売されます。『ふたりはプリキュア』は今から16年前の2004年2月から放送がスタートしました。その登場は鮮烈でした。「女の子だって暴れたい!」をコンセプトとしたダイナミックな素手でのバトル、女の子といえば“ピンク”という概念を覆す白と黒の衣装、男性ヒーローの不在、“きれいごとだけではない”日常と友情……。プリキュアシリーズの大きなテーマである多様性は、ここから生まれ、そして子どもたちに根付いていきました。レジェンドともいえる作品の主人公2人を演じたのは、本名陽子さん(美墨なぎさ/キュアブラック役)、ゆかなさん(雪城ほのか/キュアホワイト役)。そして、この作品を生み出したのは、当時女児向けアニメに初挑戦であったお二人=シリーズディレクターの西尾大介さん、プロデューサーの鷲尾天さん。総集編の発売に寄せて、4人にお話をうかがう機会をいただきました(さらに飛び入りで、当時キャスティングを担当していた小浜匠さんも参加してくださいました)。にこやかな笑顔でインタビューに答え...
関連記事
「普通のプリキュアと、もう一本アニメを作っているんじゃないかっていう感覚だった」 『スター☆トゥインクルプリキュア』のクライマックスに向けてシリーズ構成・脚本 村山功氏が想いを語る
クライマックスに向け加速しているTVアニメ『スター☆トゥインクルプリキュア』(以下『スタプリ』)。最終回のアフレコが終わった翌週の12月下旬。シリーズ構成・脚本を担当している村山功氏に、クライマックスに向けたお話やプリキュアに対する思いなどを語ってもらいました。村山さんは、『ふたりはプリキュアSplash☆Star』から担当されており、『魔法つかいプリキュア!』では、シリーズ構成・脚本を担当。もちろん、それ以降の『キラキラ☆プリキュアアラモード』『HUGっと!プリキュア』でも、脚本を担当されています。そんな、プリキュアのことを考え続けている村山さんが挑んだ「宇宙✕プリキュア=多様性」のプリキュアとは。ラストに向けて心高ぶるみなさんに、ぜひ読んでほしいインタビューになっています。また、今回のインタビューワーは、お子さんのいらしゃる女性のライターさんです。母子で観るプリキュアという幸せな時間を過ごしていることをイマジネーションして読み進めていただければと思います。最終回の収録を終えた心境──唐突ですが、毎週子どもと一緒に楽しく拝見させてもらっています。今日は宜しくお願いします。村山:ああ、それは嬉しいです。ありがとうございます。──...
関連記事
『キラッとプリ☆チャン』シリーズ構成・脚本 兵頭一歩さんに聞く、やりがいに溢れたプリ☆チャンとの3年間|語っても語りつくせないほどのエピソードがある――【インタビュー】
今年5月、TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』の最終話が放映され、約3年、全153話に及んだ歴史に幕を下ろしました。7月23日(金)には、シーズン3の第127話から第138話を収録した『キラッとプリ☆チャンシーズン3Blu-ray&DVDBOX3』が発売!アニメイトタイムズでは『キラッとプリ☆チャン』の楽曲を手掛けられた松井さんに続いて、シリーズ構成・脚本を務めた兵頭一歩さんにオンラインでお話をうかがいました。兵頭さんは『キラッとプリ☆チャン』をはじめ、『トニカクカワイイ』『機動戦士ガンダムAGE』などのシリーズ構成や脚本を手掛けられています。それぞれの作品に並々ならぬ情熱と愛情を注いできた兵頭さんですが、その中でも『キラッとプリ☆チャン』は特別な作品だったと言います。『キラッとプリ☆チャン』での歩みを振り返りながら、自身の仕事観・キャリアについても教えてくれました。アニメイト通販での購入はこちら「いちばんの『プリ☆チャン』マニアであると思ってます」――『プリ☆チャン』が最終回を迎えられ、Twitterに「全てを出し切ったような、やり残したことがまだたくさんあるような、今はそんな気持ちです」と綴られていましたが、改めて今のお気持ちはいかがですか?兵頭一歩さん(以...
関連記事
6枚目のアルバムをリリースしたfripSide 「10周年というものがにじんでいるアルバムになった」その制作を振り返る/インタビュー
fripSide(sat、南條愛乃)の6枚目のアルバム『infinitesynthesis5』が10月30日(水)にリリースされます。今作には、TVアニメ『寄宿学校のジュリエット』オープニングテーマ「LovewithYou」、中国ゲーム『封印者M』主題歌)「LightingofMyHeart」、中国ゲーム『ラグナロクオンライン』新エピソードEP3.5『櫻之花嫁』テーマソング「perpetualwishes」など13曲を収録。南條愛乃さんが加入してから10年という記念すべき年に、最新型のfripSideが凝縮された、新たな名盤が生まれました。アニメイトタイムズではお二人を直撃。“これまで”の話にはじまり、創作現場の赤裸々な話まで、軽やかな雰囲気のなかインタビューが進んでいきました。10年目ならではの二人の空気感や、ユニットとしての充実感がにじんだ会話にも注目です。10年間で増えていったfripSideのチャンネル数──アルバム完成おめでとうございます!一昨昨日にマスタリングが終わったばかりだとうかがいしました。八木沼悟志さん(以下sat):間に合ってよかった……。毎回言ってるけど(笑)。──(笑)。10周年のアルバムということで、10周年を迎えられたお気持ちから教えていただけますか。南條愛乃さん(以下、南條):あっという間でしたね。振り返る...
もっと見る

『 映画デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ! 』同時上映『わたしだけのお子さまランチ』主題歌シングル CD情報

CD+DVD

価格:2,200円(税込)

 

通常盤

価格:1,320円(税込)

『映画デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ!』作品情報

タイトル『映画デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ!』
同時上映『わたしだけのお子さまランチ』
2022年9月23日(金・祝)全国公開
配給:東映

 

ストーリー

みんなー!あたし、和実ゆい!食べるの大好き中学2年生!

あたしたちの住むおいしーなタウンに、「お子さまランチのテーマパーク<ドリーミア>」が突然現れたんだ!

あそび放題、たべ放題なんだって!わあー!はらペコった~!みんなで行ってみよー!♪

デリシャスマイル~!なアトラクションがたくさん♡
コメコメたちは、園長のケットシーさんにお子さまランチをごちそうしてもらったみたい。

みんなで楽しくあそんでいたんだけど…、ええ!?大変!!マリちゃんがぬいぐるみになっちゃった!?

<ドリーミア>にはなにかヒミツがあるの…!?
お子さまランチみたいに、想いをあつめたらコメコメが奇跡を起こしちゃう!?

 

スタッフ

原作:東堂いづみ
監督:座古明史
脚本:田中仁
音楽:寺田志保
総作画監督・キャラクターデザイン:松浦仁美
作画監督:廣中美佳
美術監督:渡辺佳人
色彩設計:清田直美
撮影監督:髙橋賢司
製作担当:星郁也
映画デリシャスパーティ♡プリキュア製作委員会:東映アニメーション、東映、ABCアニメーション、バンダイ、ADKエモーションズ、マーベラス

映画主題歌:「ようこそ、お子さま♡ドリーミア」
歌:後本萌葉、作詞:大森祥子、作曲・編曲:森いづみ

 

声の出演

菱川花菜
清水理沙
井口裕香
茅野愛衣
高森奈津美
日岡なつみ
半場友恵
前野智昭
内田雄馬
花江夏樹
和牛(水田信二・川西賢志郎)

 
映画公式サイト
映画公式ツイッター(@precure_movie)

 
©2022 映画デリシャスパーティ♡プリキュア製作委員会

 

TVアニメ『デリシャスパーティ♡プリキュア』番組情報

『ごはんは笑顔♡みんなあつまれ!いただきます!!』

 

放送情報

ABCテレビ・テレビ朝日系列全国24局ネットにて2022年2月6日(日)朝8時30分よりスタート

※BSS山陰放送では2月13日(日)朝6時15分よりスタート

 
★各見放題サービスにて、毎週水曜日より見逃し配信中!
配信サービスの詳細はコチラから

 

あらすじ

この世のおりょうりをつかさどるふしぎなおいしい世界・クッキングダム。ある日、クッキングダムが大切に守ってきた全てのおりょうりの作り方が書かれたレシピボンが、怪盗ブンドル団にぬすまれたからさあ大変!すべてのおりょうりをひとりじめしようとたくらむブンドル団が、つぎに狙うのはおりょうりの妖精【レシピッピ】…!!

レシピボンを探しに人間界のおいしーなタウンにやってきたエナジー妖精たちのちからを借りて、ひょんなことから、3人の普通の女の子がプリキュアに変身!レシピボンを取り戻し、みんなのおいしいえがおを守るため、ブンドル団に立ち向かう!

 

キャスト

和実ゆい/キュアプレシャス:菱川花菜
芙羽ここね/キュアスパイシー:清水理沙
華満らん/キュアヤムヤム:井口裕香
キュアフィナーレ/菓彩あまね:茅野愛衣
コメコメ:高森奈津美
パムパム:日岡なつみ
メンメン:半場友恵

 

スタッフ

原作:東堂いづみ
シリーズディレクター:深澤敏則
シリーズ構成:平林佐和子
キャラクターデザイン:油布京子
美術:増田竜太郎
色彩設計:清田直美
音楽:寺田志保

 
番組公式サイト
番組公式ツイッター(@TVanime_precure)
番組公式Instagram
公式ツイッター(@precure_marv)

 
 
©ABC-A・東映アニメーション

映画デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ! 関連ニュース
おすすめタグ
あわせて読みたい

映画デリシャスパーティ♡プリキュア 夢みる♡お子さまランチ!の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023冬アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2023冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング