アニメ
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』神谷 薫役・高橋李依インタビュー【連載第2回】

夏アニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』神谷 薫役・高橋李依さんメールインタビュー【連載第2回】|選ぶ言葉がどれも清く真っ直ぐで美しいなと感じています。

全世界シリーズ累計発行部数7,200万部超の大人気コミック『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(著・和月伸宏/ジャンプ・コミックス ※「北海道編」はジャンプスクエアにて連載中)の新作TVアニメが、7月6日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送スタート!

連載開始から約30年を経ての新作TVアニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』。色褪せることのない、王道にして普遍的な物語、登場人物たちの苛烈な信念を、今再び鮮烈に映し出す──。

アニメイトタイムズでは、それぞれの信念を抱え新しい時代を生きる魅力的なキャラクターを演じる出演キャスト陣らにメールインタビューを実施! 第2回は、神谷 薫役 高橋李依さんに、本作の見どころや自身の演じるキャラクターへの印象などをお伺いしました。

 

関連記事
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
幕末の動乱期、“人斬り抜刀斎”と恐れられた志士がいた。その男は、新しい時代の到来と共に人々の前から姿を消し去り、「最強」という名の伝説と化していった。時は流れ――明治十一年、東京下町。逆刃刀を腰に下げ、不殺を誓う旅の剣客・緋村剣心は、神谷活心流の師範代・神谷薫と出会う。剣心は、活心流を騙る辻斬り「人斬り抜刀斎」の事件を解決したことをきっかけに、薫のもとに居候することとなる。東京府士族出身の明神弥彦、喧嘩屋を称する相楽左之助といった仲間たちとの出会い過去の因縁によって戦うこととなる宿敵たちとの対峙。新しい時代を懸命に生きる人々による明治剣客浪漫譚、ここに開幕――!作品名るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-放送形態TVアニメシリーズるろうに剣心スケジュール2023年7月6日(木)~2023年12月14日(木)フジテレビ“ノイタミナ”ほか話数全24話キャスト緋村剣心:斉藤壮馬神谷薫:高橋李依明神弥彦:小市眞琴相良左之助:八代拓高荷恵:大西沙織四乃森蒼紫:内田雄馬斎藤一:日野聡般若:置鮎龍太郎癋見:吉野裕行火男:落合福嗣式尉:稲田徹スタッフ原作:和月伸宏『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(集英社ジャンプコミックス刊)監督:山本秀世シリーズ構成・...

 

連載バックナンバーはこちら

 

「剣術小町感」は意識しています

──原作漫画や脚本を読まれた際の感想をお教えください。

神谷 薫役 高橋李依さん(以下、高橋):とにかく「かっこいい」です。大人の今読んでみても、魂の奥からかっこいいという感想が素直に出てくるような。考え方や信念、彼らの紡ぐ言葉に、毎回ハッとさせられてしまいます。上手く言えないのですが、ここぞというシーンで、必ず感嘆のため息が出ます。

 

 

──高橋さんから見た神谷 薫の印象や魅力をお教えください。また、共感できるところやご自身との相違点などあればお聞かせください。

高橋:自分の感性で物事を考えたり、捉えられるところが素敵です。その想いをきちんと自分なりの言葉で紡ぐし、選ぶ言葉がどれも清く真っ直ぐで美しいなと感じています。私も薫ちゃんみたいな精神性を持って、現代社会を自分らしく生きていきたいなと憧れるばかりです。

──演じる際に意識されたことや印象的なディレクションなどありましたらお教えください。

高橋:ざっくり言うと「剣術小町感」は意識しています。薫ちゃんは強さとかわいさの両方を兼ね備えているので、力強さの上限や、儚さの下限には注意深く挑んでいます。

 

 

──神谷 薫を演じる高橋さんから見た緋村剣心は、どのような印象でしょうか。魅力を感じる点などあればお教えください。

高橋:今のところ、「放りたくない」という感覚が近いです。放っておけないのではなくて、放りたくないといいますか、「あなたのために」ではなく「私がそうしたい」が湧き上がってくる印象があります。不思議な引力です。

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング