映画
『キングオージャーVSドンブラザーズ』酒井大成×樋口幸平インタビュー

『キングオージャー』と『ドンブラザーズ』が結んだ縁。共演が生み出す新たな色――『キングオージャーVSドンブラザーズ』酒井大成さん×樋口幸平さんインタビュー

今年の“VSシリーズ”は豪華2本立て!『キングオージャーVSドンブラザーズ』&『キングオージャーVSキョウリュウジャー』が、2024年4月26日(金)より期間限定上映されます。

『キングオージャーVSドンブラザーズ』では、死の国・ハーカバーカを舞台にキングオージャーとドンブラザーズが激突! 色々あって死んでしまった彼らは、やがてひとつの“深淵なる真理”へと辿り着くことに……。

アニメイトタイムズでは、ギラ/クワガタオージャー役・酒井大成さん、桃井タロウ/ドンモモタロウ役・樋口幸平さんにインタビューを実施! 作品の見どころやお互いの印象、レッドという役柄に対する思いなどを語っていただきました。

「俺たちは何をしているんだろう?」という心地良い空気感

ーーまずは、台本を読まれた際の感想を伺えますか?

ギラ/クワガタオージャー役・酒井大成さん(以下、酒井):率直な感想としては「なんだこれは……!!」ですね(笑)。

ーー(笑)。「全員が死んでしまう」というあらすじは衝撃的でした。

酒井:「こんな死に方するの?」って。でも、それが『ドンブラザーズ』という作品の良い色なんだなと感じました。個性の強いキャラクターたちが共闘する姿が格好良かったです。

桃井タロウ/ドンモモタロウ役・樋口幸平さん(以下、樋口):僕はもう死ぬのに慣れているので、特に違和感はなかったですね。1年前に戻れた気がして、「心地良いな」と思いながら台本を読んでいました。『ドンブラザーズ』ならではの「俺たちは何をしているんだろう?」という空気感が垣間見られる内容だったと思います。

ーー桃井タロウも1年ぶりに戻ってきましたね。

樋口:まずは無事に帰ってこられて、良かったです。久しぶりにみんなとお芝居ができて、自分を見つめ直す機会にもなったので、こんなに幸せなことはないと思っています。改めて作品に対して、「恩返ししたい」と思える撮影期間になりました。

ーー久々に集まった『ドンブラザーズ』キャストの雰囲気はいかがでしたか?

樋口:みんな元気そうでしたし、全然変わってなかったです。再会から1時間くらいで以前のような空気感になって、「10年、20年経っても、昔に戻れるような関係性になれたんだな」と。みんなが昔の表情を思い出すようにお芝居をしていたので、少し懐かしい気持ちにもなりました。

ーー酒井さんにとっては初共演となりますが、『ドンブラザーズ』のメンバーにどんな印象を受けましたか?

酒井:ほとんどは幸平(樋口さん)とのシーンでしたが、1日だけ『ドンブラザーズ』のみなさんとご一緒できたんです。普段顔を合わせない方々と共演できて、とても新鮮な経験でした。年齢的には『キングオージャー』キャストの方が高めではあるものの、『ドンブラザーズ』のみなさんは「大人な方が多い」という印象があります。先輩だからこその余裕も感じられて、撮影しやすいような現場の雰囲気を作ってくれていました。

ーー『ドンブラザーズ』のキャストを見て、自分たちの未来を想像する瞬間もあったのでは?

酒井:そうですね。「1年後に“VSシリーズ”をやるとしたら、自分たちはどうなっているんだろう?」「どんな作品に出て、どういう風に成長しているのかな?」と色々想像しました。

樋口:『ドンブラザーズ』のみんなも、『キングオージャー』キャストのお芝居を見るのは新鮮だったんじゃないでしょうか。僕の中でも初めての経験をさせていただいた感覚があります。

ーー例えば、『キングオージャー』の大きな特徴であるバーチャルプロダクションを活用した撮影とか。

樋口:ドラマの撮影は基本的にロケが多いですし、セットで撮る場合も実物に対してお芝居を作っていくので、「何もない場所でどうやってお芝居をするんだろう?」という不安がありました。実際にやってみると、やはり難しかったですね。それを1年間やり切った『キングオージャー』のみなさんには、尊敬しかありません。今回、新しいことに挑戦できるのは楽しみでしたし、グリーンバックで演じた経験は、大変でしたがどこかできっと活かせると思いました。

ーーお互いのお芝居については、どのような印象がありましたか。

樋口:大成は目が特徴的なので、作品がぐっと締まる気がします。「ここで決めなきゃいけない」というタイミングですごい画ができるなと感じました。映像を見ていて、「今の表情すごいな」と思う瞬間は多かったです。

酒井:僕も一緒に撮影をするなかで、幸平は目に特徴があると思っていました。加えて、「すごく考えるタイプなんだな」と。本番ギリギリまで「どういうプランがあるかな」と呟いていて、お芝居に対するストイックさが尊敬できます。

<次ページ:作品ごとの”色“の違いが「スーパー戦隊」の面白さ>
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング