声優
『Kiramune Music Festival 2024』公式レポート

『Kiramune Music Festival 2024』オフィシャルレポート到着! それぞれの歴史を辿るような新旧の楽曲で展開した、15年目のメモリアルライブ!

2009年にスタートし、今年で15年目を迎えたKiramune。2024年5月11日(土)・12日(日)には所属アーティストが集結する恒例のイベント『Kiramune Music Festival 2024』が今年も横浜アリーナで開催され、ファンを熱狂の渦に包んだ。そこで、ここではゲストのTrignalを含め、全メンバーが一堂に会し、約5時間のライブを展開した<DAY.1>の模様をいち早くお届け。

production by VISUALNOTES Inc.
photo by 中島たくみ(スチールカメラマンリーダー)、ITABA SHUN、斉藤明、遠藤大騎

 

『Kiramune Music Festival 2024』オフィシャルレポート

横浜アリーナの中央に設置された巨大なメインステージ。そこから四方に花道が延び、会場内のアリーナ席をぐるりと囲む通路へと繋がっていく。いたるところにサブステージも作られ、はたしてこれからどんなライブが展開されるのかと期待に胸を膨らませていると、オープニング映像の終わりと同時に2階席の通路にピンスポットが当たり、なんとそこには神谷浩史の姿が! 思わぬスタートに、どよめきに似た歓声で包まれる会場。その客席の中を神谷は『ワヲ!』を歌いながらトロッコで駆け抜け、サプライズのような演出でライブは幕を開けた。

続いて登場したのはSparQlew(上村祐翔、保住有哉、堀江 瞬、吉永拓斗)。花道に姿を現すと、自らの音楽活動5周年を祝うかのように『ハジマリノソラ -5th Anniversary-』で4人の美しいハモリを聴かせていく。また、きらびやかなステージから一転、ワイルドなパフォーマンスで魅せたのは浪川大輔だ。ゴージャスなジャケットを身にまとい、『ファンキー☆ジャングル』の雄叫びをあげるような《U-HO-HO》のコールで会場に熱気をもたらした。さらに、「皆さん、楽しんでいきましょう!」の掛け声とともに圧巻の歌唱力を披露したのは入野自由。1曲目の『愛さずにはいられない』から澄んだ歌声で観客の心を掴んでいく。続く吉野裕行も『サイケデリックアンノウン』で社会に対する怒りのような歌詞を歌い存在感を見せつけると、柿原徹也もそんな2人に負けないステージを展開。強さと優しさを内包した声で歌う壮大な『通り風』に、カタルシスを感じたオーディエンスも多かったことだろう。

個々のターンはまだまだ続き、岡本信彦はジーンズのカジュアルなファッションにサングラス姿で登場。クールさのある『Hot Boat』との見事なマッチングに思わず見とれてしまう。そしてここからは、ひと際ファンを歓喜させた2組のユニットが登場。1組目はUncle Bomb(浪川・吉野)。お祭り男の2人は『LOCUS』を歌いながらトロッコに乗り込み、二手に分かれて会場を沸かせていく。その熱気をさらに上昇させるように現れたのはTrignal(木村良平・代永 翼・江口拓也)。代表曲の『Honey Ready Go!!!』や、まさにこのライブの瞬間を歌ったかのような『Message from LIVE!!』、そして昨年リリースされた新曲『言わばひとつのラブソング』を立て続けに披露し、ファンに笑顔をもたらしていった。

また、メンバー全員によるユニットメドレーを挟んだあとは後半戦へ。SparQlewと吉野は前半と少し趣向を変え、クールな選曲で少しアダルトな世界を作り出していく。一方、浪川は『Like it Like it』を、岡本は『雷光』を、柿原は『Give It To Me』を披露し、それぞれの新曲で新たな一面をファンに届けていった。さらに、ラストスパートとともに会場の雰囲気を変えていったのは入野。6月に行われるソロツアーを最後にKiramuneレーベルでの活動が終了することが発表されているだけに、MCでもファンに感謝の気持ちを伝えると、本人も少し寂しそうな表情を浮かべた。……と思いきや、次の瞬間にはいたずらっぽい表情を見せ、「しんみりとなんてさせない! 楽しく終わらせよう」と軽快な『MASCLETA』のメロディに乗せてメドレーを展開。また、自転車で会場中を走り回り、最後まで入野らしい明るさでみんなを笑顔にしていった。そして、この日のトリを飾ったのは前半のトップバッターも務めた神谷。「最後の盛り上がりにこんな曲を用意しました」とファンに届けたのは新曲の『ironic truth』。また、ラストは会場にいるすべての観客とこの特別な空間を共有するように『贅沢な時間』で本編の幕を閉じた。

アンコールは再びオールメンバーが登場。『キズナファンファーレ』や『EVER DREAM』をメドレーで繋いでいくと、オーラスは彼らのアンセムとも言える『僕らの描く未来』で会場を一つに。re Kiramune☆All Starsで発表した歴代の曲をすべて披露していく演出。その姿に、改めて彼らが積み上げてきた長い歴史の軌跡を強く感じることができた。

なお、この日ライブでは、神谷が7月31日(水)に10枚目となるミニアルバムを、岡本が10月23日(水)に7枚目のミニアルバムを、そしてSparQlewが初のデジタルシングル『Bang!!!!』を7月10日(水)にリリースされることが告知された。さらに柿原は11月9日(土)の東京公演を皮切りに、愛知・神奈川・静岡・大阪を巡るライブツアーの開催も発表。レーベルスタートから15周年を経て、さらに加速するKiramuneのこれからの活動に要注目だ。

text by 倉田モトキ
photo by 草刈雅之

 

セットリスト

M01:ワヲ!/神谷浩史
M02:虹色蝶々/神谷浩史
M03:everlasting/神谷浩史
M04:ハジマリノソラ -5th Anniversary-/SparQlew
M05:Stay Gold/SparQlew
M06:Love Express/SparQlew
M07:ファンキー☆ジャングル/浪川大輔
M08:イエローマン/浪川大輔
M09:TRISING!/浪川大輔
M10:愛さずにはいられない/入野自由
M11:cocoro/入野自由
M12:ENTER THE NEW WORLD!/入野自由
M13:サイケデリックアンノウン/吉野裕行
M14:Resisting/吉野裕行
M15:CATWALK/吉野裕行
M16:オンリースター/柿原徹也
M17:通り風/柿原徹也
M18:咲いちゃいな/柿原徹也
M19:KING/岡本信彦
M20:Hot Boat/岡本信彦
M21:Future→Feature/岡本信彦
M22:Man meets.../Uncle Bomb
M23:LOCUS/Uncle Bomb
M24:Honey Ready Go!!!/Trignal
M25:Message from LIVE!!/Trignal
M26:言わばひとつのラブソング/Trignal

M27:15周年スペシャルコラボメドレー DAY.1
1.Party Star/Uncle Bomb
2.TouriStar/KAmiYU
3.VERSUS/浪川大輔×柿原徹也×吉野裕行
4.パラダイス/柿原徹也×岡本信彦
5.アブラカタブラ/SparQlew
6.Tic Tac Anniversary/岡本信彦×Trignal
7.原点回帰Ready Set Go!/Trignal
8.Say Hello/re Kiramune☆All Stars

M28:Antitrust xx/SparQlew
M29:Q Wanted/SparQlew
M30:雨に踊れ/SparQlew
M31:レイニーナイター/吉野裕行
M32:プレイヤー/吉野裕行
M33:今夜ギターの弦をぜんぶ替えて/吉野裕行
M34:未定の未来/浪川大輔
M35:For dear light/浪川大輔
M36:Like it Like it/浪川大輔
M37:Master BadMoon/岡本信彦
M38:踊れアラビアンナイト/岡本信彦
M39:雷光/岡本信彦
M40:Give It To Me/柿原徹也
M41:進ませろ!/柿原徹也
M42:飛行機雲/柿原徹也
M43:Party/入野自由
M44:不埒なセッション/入野自由
M45:FrameとEdgeと、その向こう側/入野自由

M46:入野自由メドレー
1.MASCLETA
2.だって愛は半端ないじゃない
3.BANANA---NA,BOAT!
4.MASCLETA

M47:BOARD GAME NAKED/神谷浩史
M48:ironic truth/神谷浩史
M49:贅沢な時間/神谷浩史

EN1:Kiramune☆All Stars メドレー
1.キズナファンファーレ/re Kiramune☆All Stars
2.Get Together!/re Kiramune☆All Stars
3.EVER DREAM/re Kiramune☆All Stars

EN2:Endless Notes/re Kiramune☆All Stars
EN3:僕らの描く未来/re Kiramune☆All Stars

最新情報

・SparQlew
7月10日(水)に初のデジタルシングル『Bang!!!!』の配信が決定!
https://kiramune.jp/news/7949

 
・神谷浩史
7月31日(水)に10枚目のミニアルバムをリリース!
https://kiramune.jp/news/7921

 
・岡本信彦
10月23日(水)に7枚目のミニアルバムをリリース!
https://kiramune.jp/artist/okamoto/news/7923

 
・柿原徹也
Tetsuya Kakihara Live Tour 2024の開催が決定!
2024年11月9日(土)東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
2024年11月17日(日)愛知・ダイアモンドホール
2024年12月1日(日)神奈川・横浜ベイホール
2024年12月14日(土)静岡・LIVE ROXY SHIZUOKA
2024年12月22日(日)大阪・GORILLA HALL OSAKA

https://kiramune.jp/news/7939

おすすめタグ
あわせて読みたい

Kiramuneの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング