映画
『シンドバット』石田さん、野中さんらアフレコインタビュー第2弾

野中藍さん、石田彰さんなど豪華キャスト6人のコメントが到着! 映画『シンドバット』アフレコインタビュー第2弾

 何世代にも渡って受け継がれてきた名作『シンドバッドの冒険』が、『世界名作劇場』シリーズや『未来少年コナン』など多くの名作を手掛けてきた日本アニメーションと『STAND BY ME ドラえもん』で日本中に感動をもたらした白組によりスクリーンに登場。2016年5月14日(土)より全国ロードショーとなります。本作『シンドバッド』は、1話『空とぶ姫と秘密の島』2話『魔法のランプと動く島』のダイジェスト版に新作完結編3話を追加した長編映画。1話、2話を見逃した方はもちろん、これまでシリーズを観た人も楽しめる長編映画となっています。

 そんな完結作である『シンドバッド』の完成につき、キャスト陣よりアフレコ後の熱いコメントが到着しました。今回はその第二弾として、ミミ役の野中藍さん、シンドバッドのライバルとなるガリプ役の石田彰さん、ナシブ役の宮澤正さん、ダール役の青山穣さん、ハイサム役の小原雅人さん、水夫D役の落合福嗣さんらのアフレコインタビューをお届けします。是非、記事にてチェックしてみて下さいませ♪

 
──収録を終えての感想をお願いします。

ナシブ役・宮澤正さん(以下、宮澤):「ナジブ」という役に出逢い、演じさせていただきましたが…昨年の5月、1本目の収録から幸せが増え、10月の2本目、そして今回の3本目で終わってしまうのが、とても寂しいです。しかし、この作品と出逢い、シンドバッドとサナと旅が出来たこと、素晴らしい体験でした。

ダール役・青山穣さん(以下、青山):こどものころにみんなが夢中で見ていた世界名作劇場シリーズ。その流れをくんだ劇場映画に出られたことが、ともかく、うれしくてうれしくてたまりませんでしたね! 実をいうと、わたしの家では、今でも休日に家族で名作劇場のDVDを観ることがよくあるんです。するとやはりそれぞれに、お気に入りのエピソードというのが出来てきて、たとえば『母をたずねて三千里』だと、なんといっても「イタリアの星」の話だったり、『赤毛のアン』だと、ダイアナが間違ってブドウ酒を飲んでしまう話だったり、色々なんです。で、そうした古い作品を観ていていつも思うことはですね、自分が良いなと思ったものをこころを込めて創れば、何十年たっても、もしかしたら人に観てもらえるかもしれないという、なんというか、役者にとっての夢、希望のようなものなんですね。

 今回の『シンドバッド』という作品、わたしたち、声を演じさせていただいた役者も、自分たちに出来る精いっぱいの力で、こころを込めて頑張ったつもりです。この映画を、親といっしょに観てくれたこどもたちが、将来大人になって、今度は自分のこどもとまた観てくれたら、こんなにうれしいことはないでしょうね!

ガリプ役・石田彰さん(以下、石田):シンドバッドが、サナが、その上ダールさえもが忌々しかったです。

ハイサム役・小原雅人さん(以下、小原):夢のある素敵な作品に参加出来た事、誇りに思います。普段は洋画の吹替えが多く、大作(アニメ)の3部作という事で、洋画と違う緊張感を味わう事が出来ました。鹿賀さん(船長)の右腕の副船長役。うれしかったぁー。

ミミ役・野中藍さん(以下、野中):「キキ―――ッ!」って感じです!! 歴史ある日本アニメーションさんの動物役を演じさせていただけて、とても光栄でした!!

水夫D・落合福嗣さん(以下、落合):ボクがプロダクションに入って、一番最初の仕事がこの『シンドバッド』だったので、とても思い入れが強い作品です。色々な先輩に囲まれてすごくドキドキしましたが、この作品に関わる事ができてとても幸せです!


──『シンドバッド』という作品の魅力は、どんなところかお聞かせ下さい。

石田:まっすぐな思いが人を突き動かすというところを見せてくれたり、実生活からは遠いところにある“冒険”を感じさせてくれたりするところ。

野中:私は劇中歌のシンドバッドの母の歌が大好きです。アラサー世代になって、ついつい母目線で作品をみてしまいます。シンドバッドと同じ年頃のお子様たちをお持ちのお母様たちも楽しめる作品だと思います。

──今作の見どころ(キャラ、物語全体)を含めて、公開を楽しみにされている方へメッセージをお願いします。

宮澤:『真昼の夜の海原で、河の流れに身を任せ…』とうとう魔法族のランプの秘密が…。サナの「本当に帰る場所」とは…? そして魔法科学を悪用するガリプの陰謀は…!! 5月14日の公開をどうぞ楽しみにお待ち下さい。

青山:『日アニ・ヴィランズ』の末席にくわえていただいた悪役のダールですが、単なるワルではなく、彼もまた悩んだり苦しんだりしている、一人の人間だったということが描かれていたので、とてもやりがいを感じました。それと、個人的にもダールのセリフで、気に入ったものがあったのが本当にうれしかったですね。収録後の打ち上げの席で、ほかの役者たちにそのセリフを真似されたのが、とても印象に残っています。「ああ、みんなもあのセリフが好きだったんだ~」ってね。

 また、この作品は家族で見に来られる方が多いと思いますが、ぜひ見終わった後は、親子でこの映画について、ああでもないこうでもないと、いっぱいお話してくれるとうれしいですね。あんな船の旅がしたいな~とか、あのキャラは面白かったねとか、色々な会話を親子でたっぷり楽しんでほしいです。やっぱり、こういう映像作品の力って、人と人とをつなげたりする、そういうことじゃないかなと思うんですよ。

石田:いよいよシンドバッドの物語が完結します。ヒールであるガリプの言動は、どこを切り取っても、人のそうあるべきではない姿をあらわしているようです。経験を否定するガリプと正反対の立場をとるシンドバッドとの決着は爽快です。ぜひ劇場でシンドバッドとサナの冒険を手に汗にぎってご覧ください。

小原:更なる夢と希望の世界に、皆様をお連れします。シンドバッドとサナの次なるステップへ!

野中:色々な「キキッ!」で、ミミの感情を表現しています。ぜひ映画館でミミのことも見てあげて下さい(笑)。私も映画が完成するのを心待ちにしております。

落合:前々作、前作とハラハラドキドキな冒険がいよいよクライマックスです。2人がどうなってしまうのか、ぜひご家族で見て楽しんでください!


■ 公開情報
2016年5月14日(土)より全国ロードショー

 
<STORY>
 空から姫が落ちてきて、シンドバッドの冒険が始まった。水の上を走る青い馬、動く島、不思議の門、魔法族の秘密。全ての謎が解けたとき、一体何が起こるのか―。木馬に乗った少女サナが空から落ちてきた。サナは伝説の魔法族の姫であり、世界中に散り散りになった仲間を探す旅をしてきたのだ。シンドバッド達は船員仲間のアリたちバハル号の仲間たちと魔法族の仲間を求めて大海原に乗り出す。

 シンドバッド達が進む島や大陸で巻き起こる数々の冒険。秘密のベールに隠された島、水の上を走る謎の青い馬、巨人、動く島、魔法のランプ…。魔法族の仲間を探し旅を続けるシンドバッド達を追う謎の敵ガリプ一味。サナは一体何者なのか?ガリプ達の野望とは?辿り着いた“真昼の夜”の中に浮かび上がる“不思議の門”。世界を変える恐るべき秘密が遂に明らかになる―。

<STAFF>
監督:宮下新平  
脚本:川崎ヒロユキ
キャラクターデザイン・総作画監督:佐藤好春
CV:村中知、田辺 桃子、永澤菜教、宮澤正、青山穣、石田彰
鹿賀 丈史
原案:「アラビアンナイト」  
主題歌:whiteeeen「ポケット」
劇中歌:薬師丸ひろ子「わたりどり」
製作:池田晃、亀山暢央、福嶋更一郎、木原康博、飯田雅裕、石川和子
プロデューサー:小池 賢太郎、井上孝史
共同プロデューサー:山田周、浅野恵代、手塚健一、田中敦、渋谷昌彦、小川貴弘、大山義人  
美術監督:西田稔
色彩設定:小山明子
撮影監督:飯島亮
音響監督:早瀬博雪
編集:貴村純美
音楽:大野宏明
企画・プロデュース:白組、日本アニメーション
アニメーション制作:日本アニメーション
配給:イオンエンターテイメント
宣伝:パジー・エンタテインメント
プロジェクト シンドバッド:
イオンエンターテイメント、白組、メ〜テレ、MAM、朝日新聞社、日本アニメーション



>>『シンドバッド』公式サイト

■アニメイトTVの人気記事!

石田彰さん「誰に対してどんな反応をするのかわかればベスト」

池田秀一さん&古谷徹さん『映画・名探偵コナン』が通常の3倍観たくなる対談

梶裕貴さん「全身全霊で役と作品のことを考えられる役者でありたい」

2016春アニメ 声優別出演情報まとめ

『おそ松さん』最終回を前に声優陣がこれまでの放送を振り返り!

(C)プロジェクト シンドバッド
おすすめタグ
あわせて読みたい

シンドバッドの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング