menu
アニメ
劇場版「Fate/stay night [HF]」第二章下屋則子インタビュー【連載第1回・前編】

劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅱ.lost butterfly 下屋則子さんインタビュー|もう一度、桜と向き合いたい【連載第1回・前編】

2019年1月12日(土)より、映画『Fate/stay night [Heaven's Feel] Ⅱ.lost butterfly』が全国でロードショーとなります。

今もなお、数多くの作品が作られている『Fate』シリーズの原点ともいえる『Fate/stay night』。その最終ルート[Heaven's Feel](以下、HF)は、劇場3部作で映像化。2019年1月からはその第2章にあたるエピソードが公開となります。

公開時期が少しずつ迫る中、アニメイトタイズでは本作のヒロイン「間桐桜」を演じる声優・下屋則子さんを軸に全6回に渡る連載インタビューを実施しました。連載を通して、「みんなが考える“間桐桜像”」を浮き彫りにしていきます。

連載第1回は特別編。前後編でお届けします。今回の主人公は、もちろん下屋さん。前編では、これまでと今回の[HF]で演じた桜への印象についてお聞きしました。

演じている下屋さんご自身は、桜をどのように見ているのでしょうか。そこには下屋さんだからこそ見えた世界がありました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

インタビューアーカイブはこちら!

●下屋則子インタビュー【連載第1回・前編】
●下屋則子インタビュー【連載第1回・後編】
●下屋則子&杉山紀彰インタビュー【連載第2回】
●下屋則子&伊藤美紀インタビュー【連載第3回】
●下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・前編】
●下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・後編】
●下屋則子&川澄綾子&植田佳奈インタビュー【連載第5回】
●下屋則子&浅川悠インタビュー【連載第6回】

 

こちらもチェック!

●『Fate/stay night [UBW]』川澄綾子さん&下屋則子さんの溢れるセイバーと間桐桜への愛。声優インタビュー

徐々に作品理解を深めてきた

――まず、最初に桜を演じた時、どのようなことを感じられていましたか?

間桐桜役・下屋則子さん(以下、下屋):一番最初に桜を演じた時は、『Fate』がすごく人気のある作品だということは知っていました。その時はまだ私自身はゲームをプレイしていなかったので、『Fate』の世界を理解するのがすごく難しかったですね。

第一話のアフレコの前には、すごく分厚い資料も作っていただいたのですが、それを読んだだけではなかなか理解しきれなくて。

演じながら徐々に世界やキャラクターへの理解を深めていきました。なので当時と今では、桜に対する理解の深さというのも全然違ってきましたね。

その後にゲームの収録があり、発売されたゲームを自分でプレイしたり、『Fate/Zero』で幼い頃の桜を演じられたのも大きかったと思っています。

桜が幼い頃にこうした聖杯戦争が起きて、桜のことを想ってくれる人がいたんだと知ることができましたし、今でも「もしも雁夜おじさんが生きてくれていたらどうなっていたのかな……」というのはふとした時に想像してしまいますね。

――桜って、本当は聖杯戦争の裏側とか、いろいろなことを知っているけど、これまでのルートではそれを全く表に出したらいけないキャラクターなんですよね。

下屋:そうですね。最初に演じる時から、「[HF]ではこういうことがあるんだけど」というお話自体は聞いてはいました。

でも、これまでは日常を象徴する存在として、一人の可愛い後輩を演じる意識が強かったのかなと思っています。

――ご自身が以前演じたシーンを再度演じるというのは、なかなか難しい部分もあるのではないかと思ったのですが。

下屋:ゲームやアニメの収録はまったく違うものですし、以前の自分の演技を思い出してそれと比較して……といったことはあまりないですね。

とくに[HF]に関しては、一度まっさらな気持ちに戻ろうという意識がありましたから。

――確かに、以前インタビューさせていただいた時も、一度今まで演じてきた桜をリセットしたと仰られていました。

下屋:はい。『stay night』の桜を演じる間には『カーニバル・ファンタズム』のよう作品もありましたから(笑)。

とはいっても、『stay night』の世界では描かれていないだけで、セイバールートや凛ルートであっても間桐家で起こった出来事というのは変わらないと思うので、ベースとなるものを捨てているわけではないんです。

『Zero』での出来事や士郎との出会いを踏まえた上で、もう一度桜と向き合いたいなと。

特に第二章から先はすべてが[HF]でしか描かれない領域に入っていきますから、一度演技を作り直すことができたのは良かったのかなと感じています。

須藤友徳監督、こだわりの桜のシーン

――今回のインタビューに合わせて、あらためて第一章を見直したのですが、桜のかわいさを再確認しました。ふとした仕草とか、影のある部分とか……。

下屋:そういう感想をいただけるのは嬉しいですね。ただ、やっぱり桜がかわいく見えるというのは、須藤友徳監督のお力というのが大きいんじゃないかなと。

――須藤監督は、大の桜ファンとして知られていますからね。その須藤監督の桜好きを感じるエピソードはありましたか?

下屋:第一章の公開後に、須藤監督とお話させていただく機会があって、ここぞとばかりにいろいろな質問をぶつけたことがあったんです。

監督は、他のスタッフさんから上がってきた原画をチェックする際に、桜の出ているところだけを一箇所にまとめて、後でチェックするということをやっていたそうですよ(笑)。

もちろん、贔屓をしているわけでなく、どのシーンも大切にされている中でのお話なのですが。

――楽しみは最後にとっておく的な(笑)。

下屋:でも、アフレコの時の絵コンテよりさらにかわいくなっていたのには驚きましたね。

最後の雪のシーンも、(アフレコの時から)ほぼ完成形かと思っていたら、公開時の映像ではさらにすごい映像になっていて、さらに桜がかわいくなっているなと感じて。

やっぱり、須藤監督の作品への深い理解があったからこそ作れた作品が[HF]なんだと思います。

――それは本当に見ていて感じました。

下屋:第一章だけでなく、第二章にも映画で新しく追加されたオリジナルシーンがあるんですが、これが本当に凄くて、私自身も絶叫したくなったくらいでした。

今回の劇場版は、原作から15年近くの年月が経った、今だからこそ作れたものだと思いますし、それだけの間待っていただいた甲斐はある作品になっています。

[取材・文/米澤崇史・石橋悠 写真/相澤宏諒]

インタビューアーカイブはこちら!

●下屋則子インタビュー【連載第1回・前編】
●下屋則子インタビュー【連載第1回・後編】
●下屋則子&杉山紀彰インタビュー【連載第2回】
●下屋則子&伊藤美紀インタビュー【連載第3回】
●下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・前編】
●下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・後編】
●下屋則子&川澄綾子&植田佳奈インタビュー【連載第5回】
●下屋則子&浅川悠インタビュー【連載第6回】

 

こちらもチェック!

●『Fate/stay night [UBW]』川澄綾子さん&下屋則子さんの溢れるセイバーと間桐桜への愛。声優インタビュー

『Fate/stay night [Heaven's Feel]』関連商品

 

 

 

 

 

作品情報

作品タイトル:劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅱ.lost butterfly
公開日: 2019年1月12日(土)全国ロードショー
公開館:131館


 

キャッチコピー

少女の願いは静かに、爛れ、散りゆく――

イントロダクション

それは、手にした者の願いを叶えるという万能の願望機――

「聖杯」をめぐる物語を描いたヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』。その最終ルート[Heaven's feel](通称・桜ルート)が全三部作で劇場版アニメ化される。

アニメーション制作は2014年にTVアニメ版[Unlimited Blade Works]を手掛けたufotable。キャラクターデザイン・作画監督として数々のTYPE-MOON作品のアニメ化を手掛けてきた須藤友徳が監督を務める。

2017年に公開された第一章[presage flower]は98万人を動員し、大きな話題に。興行収入も15億円を記録した。

第二章は、三部作の分岐点を描く最重要エピソード。その全三章で贈る[Heaven's feel]の運命の岐路――第二章[lost butterfly]が飛翔する。

ストーリー

俺の戦うべき相手は――まだこの街にいる。
少年は選んだ、自分の信念を。そして、少女を守ることを。

魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉 が願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」。10年ぶりに冬木市で始まった戦争は、「聖杯戦争」の御三家と言われた間桐家の当主・間桐臓硯の参戦により、歪み、捻じれ、拗れる。臓硯はサーヴァントとして真アサシンを召喚。正体不明の影が町を蠢き、次々とマスターとサーヴァントが倒れていった。

マスターとして戦いに加わっていた衛宮士郎もまた傷つき、サーヴァントのセイバーを失ってしまう。だが、士郎は間桐 桜を守るため、戦いから降りようとしなかった。そんな士郎の身を案じる桜だが、彼女もまた、魔術師の宿命に捕らわれていく……。

「約束する。俺は――」
裏切らないと決めた、彼女だけは。
少年と少女の切なる願いは、黒い影に塗りつぶされる。

メインスタッフ

原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
キャラクター原案:武内崇
監督:須藤友徳
キャラクターデザイン:須藤友徳・碇谷敦・田畑壽之
脚本:桧山彬(ufotable)
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:松岡美佳
編集:神野学
音楽:梶浦由記
制作プロデューサー:近藤光
アニメーション制作:ufotable
配給:アニプレックス

メインキャスト

衛宮士郎:杉山紀彰
間桐 桜:下屋則子
間桐慎二:神谷浩史
セイバーオルタ:川澄綾子
遠坂 凛:植田佳奈
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:門脇舞以
藤村大河:伊藤美紀
言峰綺礼:中田譲治
間桐臓硯:津嘉山正種
衛宮切嗣:小山力也
ギルガメッシュ:関智一
ライダー:浅川悠
アーチャー:諏訪部順一
真アサシン: 稲田徹

公式サイト
公式ツイッター(@Fate_SN_Anime)

おすすめタグ
あわせて読みたい

Fate/stay night[Heaven’s Feel]の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー