menu
アニメ
劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」第二章下屋則子&杉山紀彰インタビュー【連載第2回】

劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅱ.lost butterfly 下屋則子さん&杉山紀彰さんインタビュー|第二章で大きく揺れ動く桜と士郎の関係性【連載第2回】

2019年1月12日(土)より、劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]』Ⅱ.lost butterflyが全国でロードショーとなります。

今もなお、数多くの作品が作られている『Fate』シリーズの原点ともいえる『Fate/stay night』。その最終ルート[Heaven'sFeel](以下、HF)は、劇場3部作で映像化。2019年1月からはその第二章にあたるエピソードが公開となります。

公開時期が少しずつ迫る中、アニメイトタイズでは本作のヒロイン「間桐桜」を演じる声優・下屋則子さんを軸に全6回に渡る連載インタビューを実施しました。連載を通して、「みんなが考える“間桐桜像”」を浮き彫りにしていきます。

連載第2回では、本作の主人公である衛宮士郎役・杉山紀彰さんを交えて、第一章の振り返りから第二章の見どころまで、多岐に渡るお話を聞くことができました。

インタビューアーカイブはこちら

●下屋則子インタビュー【連載第1回・前編】
●下屋則子インタビュー【連載第1回・後編】
●下屋則子&杉山紀彰インタビュー【連載第2回】
●下屋則子&伊藤美紀インタビュー【連載第3回】
●下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・前編】
●下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・後編】
●下屋則子&川澄綾子&植田佳奈インタビュー【連載第5回】
●下屋則子&浅川悠インタビュー【連載第6回】

 

こちらもチェック!

●『Fate/stay night [UBW]』川澄綾子さん&下屋則子さんの溢れるセイバーと間桐桜への愛。声優インタビュー

アニメイトタイムズからのおすすめ

第一章から変化していく、士郎と桜の関係性

――劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]』の第二章の公開が迫りつつありますが、お互いのキャラクターに対する印象について教えてください。

下屋則子さん(以下、下屋):士郎は、全ルートを通して正義の味方に憧れているキャラクターですが、[HF]では“正義の味方とは一体なんなんだ?”と葛藤しているシーンが印象的です。

でも、ベースとなる印象はそのままで、桜にとって彼が大切な存在であるということに変わりはないですね。

[HF]では、そんな士郎がこれからどうなっていくのか、彼に憧れた桜がどういう選択をしていくのかがポイントになってくると思います。

私自身の印象としてはそこまで変わらないのですが、[HF]での士郎は、[Fate](※セイバールート)や[UBW](※凛ルート)との違いは大きいので、それをお客さんにどう感じてもらえるかというのは、私自身も凄く楽しみです。

衛宮士郎役・杉山紀彰さん(以下、杉山):[HF]での桜は、本作のメインヒロインというだけではなく、他のルートよりも士郎との出会いが丁寧に描かれているなと感じました。

学校で士郎が他の人と会話をしているシーンでも、桜の表情やリアクションが分かるようになっていたりと、会話を聞いてどんな気持ちだったのかがとても丁寧に描かれていて、より桜の持つ儚さ・脆さ・ひたむきさ・健気さといったものが伝わってきました。

特に[HF]での桜というのは、そうした儚くて健気な女の子という印象が強いです。

――第一章を振り返って、印象的だったシーンはありますか?

下屋:まず、演じていた中で印象的だったのは、桜の中学生時代から描いていただいた、冒頭の士郎との出会いの桜シーンですね。

出来上がった作品を観た時だと、ランサーと真アサシンのバトルシーンです。アフレコの時に見ることができたのは、まだ絵コンテの状態ではあったのですが、「このシーン、どのキャラがどうなっているんだろう!?」って戸惑うくらいスピード感がとにかく凄かったんです。

私自身は戦闘シーンを演じる機会はなかったのですが、戦闘シーンを演じる方が「どこでどういう風にアクションを入れよう」とか「どうアドリブを入れよう」と映像を何度もスロー再生で確認されていたのも記憶に残っていて。

完成した映像でもその迫力と美しさに思わず圧倒されて、非常に印象的なシーンでしたね。

杉山:気になるシーンや思い入れは色々ありますが、インパクトという意味では僕もランサーと真アサシンの戦いのシーンですね。

というのも、生身の人間同士が戦っているのではなく、英霊という特殊な存在の動きや異質さというものが物凄くダイナミックに表現されていて、映像的なインパクトは大きかったですね。

――サーヴァント同士の戦闘でいえば、ライダーが士郎を助けるシーンも印象的です。

下屋:映画で初めて[HF]に触れられる方にとっては、「なんでライダーこんなに強いの?」っていうのと、「なぜ士郎の味方をしたの?」といった部分は、凄く気になっているところだと思います。

実際、[HF]のストーリーを知らない友人からも、「ライダーはなんなの!?」って質問されて、しめしめと思いましたね!(笑)

杉山:逆にファンの皆さんは、知りすぎているのであのあたりは疑問に感じないんですよね。素敵な感想だと思います(笑)。

ライダーの戦闘シーンでいえば、スピードがピカイチのサーヴァントという個性に加えて、ライダーの美しさをどうやったら表現できるのかが、凄く考えられて演出されているとも感じました。

他のサーヴァントだと力強さや気迫みたいなものが描かれますが、ライダーの場合はスピードと色気なんですよ!

下屋:(セクシーな)構え方とか。

杉山:そうですね(笑)。あとは、最初は知性があまりなかった真アサシンが、ランサーを取り込んで段々と武人のように変わっていく様とかも印象に残りましたね。

――第二章では士郎と桜の関係性が大きく変わりますが、演じる際に意識した点はありますか?

下屋:[HF]の第二章では、珍しく桜が自分の気持ちを士郎にぶつけたり、内に秘めていた想いを明かすシーンがあるんです。

その中には、今まで言ったことがないような台詞もあって、そこの桜自身の感情は須藤(友徳)監督や、原作者の奈須(きのこ)先生ともやり取りしながら確認させていただきました。

今までずっと桜を演じてきましたが、[HF]ではまた一から桜と向き合あわせていただきましたね。

杉山:第一章と第二章では、士郎は“正義の味方”ではなく“桜の味方”へと変わっていきます。

純粋に「桜のことが好きだ!」という気持ちが全面に出ている恋愛物のような関係性ではなく、自分が守らなければ不幸になってしまうかもしれないと感じさせられる身近な存在であり、後輩であり、友達の妹でありっていう気持ちのウェイトの方が大きいのかなと感じますね。

そこが他のルートと明確に違う点で、第二章になるとそれがより明確になってきます。だからといって、桜以外のことは頭に入らないような状態にならないのが士郎らしいなと。

そのあたり、単純な恋愛感情として演じないように意識していました。

――桜と士郎以外で、第二章で気になったキャラクターがいれば教えてください。

杉山:僕は間桐臓硯さんがすごく印象に残っていますね。というのも、津嘉山(正種)さんが演じられる臓硯さんの存在感がものすごくて……。

別に怒鳴られるわけでも攻撃されるわけでもなく、淡々と切々と話しているだけなのに、不思議と負けた気分になるんです。圧倒的な力関係の差を感じさせられるというか。

見方を変えれば正論にも思える提案をあの話し方でしてくるので、余計に士郎の中での“正義の味方になりたい”という思いとの葛藤が大きくなってしまうんですよね。言霊を操っているなっていう感じがします。

下屋:間桐繋がりになってしまうのですけれど、私はお兄様(間桐慎二)かなと。

[HF]でも慎二の出番は多いのですが、これまでの憎まれ役的な描き方と少し違っていて、彼の心情も汲み取って描かれているんですね。

やっていることはあまり変わっていなくてもどこか共感してしまうというか。

杉山:「こういう環境に置かれたら歪んじゃうのも仕方ないのかな」って感じさせるものがありますよね。

下屋:そうなんです。そこの描き方がすごく丁寧で。どういう見方をしていても、ふと慎二の目線でも見ることができるようになっていると感じましたね。

第二章のアフレコでは、あのキャストからのダメ出しも

――お二人は10年以上『Fate』シリーズで競演されたと思いますが、お互いの印象が変わったところはありますか?

下屋:そんなに印象が……。

杉山:逆に不思議なくらい変わらないという(笑)。

――(笑)。それはどういう印象でしたか?

下屋:杉山さんは、仕事に対して非常に真摯に向き合っている方だなと。

あとはよく先輩方にも「杉山~」って可愛いがられていたので、それを遠めに見ながら「杉山さんをいじめないでー!」と思っていました(笑)。

本当にどの方にも紳士的でいつも優しくて、変わらないですね。

――今の現場ですとどの先輩に可愛がられていますか?(笑)

杉山:今の現場ですと神奈延年さん(ランサー役)……。

でもそんな変な意味じゃなくて「(この話)どんなんだったっけ?」「これこれこうです」「あー、それでかー! ありがとありがとー!」みたいなノリですね。現場でも神奈さんはランサーみたいないい兄貴分です。

下屋:本当にそうですね。いろいろな方に声をかけてくださって。

――杉山さんからの下屋さんの印象はいかがでしたか?

杉山:下屋さんとは昔から他のアニメでもご一緒させていただいていて、アドリブについてもディレクターさんと細かい打ち合わせをされている様子を見ていたので、すごく丁寧に台本を読みこんでお芝居を組み立てられる方だなと。

[HF]の現場でも「ここの桜の表情的にどうなりますか?」とか、「ここで感情的なものを出しちゃって大丈夫ですか?」とか結構繊細なところもちゃんと組み立てて演出側の意向を反映させようとしていたり。なので、10年前からの印象は変わっていないですね。

――第二章のアフレコ現場での印象的なエピソードなどがありましたらお聞かせください。

杉山:第二章では桜といい雰囲気になるシーンがあるのですが、そのシーンのテストテイクをディレクターさんと試行錯誤しながら録ったんです。

それでディレクターさんからOKが出たんですが、その瞬間に浅川(悠)さん(ライダー役)が「物足りないっ!」って叫んで(笑)。

さらにそれを聞いたディレクターさんが「そんなの知りません!」って返したんです。

一同:(笑)。

下屋:浅川さんは本当に現場の雰囲気を盛り上げてくださる方で、見ていて面白かったです(笑)。

[HF]は特に、凄くシリアスなシーンが多いんですけど、周りの人から時々茶々が入りますよね。

あとは、第一章の時もそうだったのですけど、スタッフさんから美味しい差し入れを沢山いただけるので、川澄(綾子)さん(セイバー役)がリアルセイバーのように……。

杉山:目を輝かせて、「美味しそうですね!」って(笑)。

下屋:作中にも、美味しそうなご飯のシーンがちょくちょく出てくるじゃないですか。

『衛宮さんちの今日のごはん』(以下、『衛宮ごはん』)ではないんですが、[HF]にもいっぱい美味しそうなものが出てくるので、よくみんなで「お腹すいた」って話していました。

杉山:これは『衛宮ごはん』じゃないから、レシピの説明をしなくてもいいんだって気づいたり(笑)。

――ちょうど『衛宮ごはん』の話題も出てきましたが、[HF]との演じ分けの違いはありますか?

下屋:あまりにも違いすぎるので、かえって演じ分けの難しさが無かったくらいですね(笑)。でも、『衛宮ごはん』と[HF]の第一章、第二章の収録が同時進行だったんです。

その中で『衛宮ごはん』の収録と[HF]のリテイクの収録が同じ日の時があって、全く同じスタジオでスタッフさんだけ入れ替わるっていうシステムになっていて。

あの時ばかりは、どうにか気持ちを切り替えないとまずいなと思いましたね(笑)。ディレクションも同じ方がやってらっしゃるので「皆さん、ここからは『衛宮ごはん』のOPは流れません、あのテイストは忘れてください」って。

一同:(笑)。

杉山:同じ食卓でも雰囲気が全然違いますからね(笑)。

下屋:そうですね、同じ作品でここまで雰囲気が違う収録をした経験が今まで無かったので新鮮でした。

自分の中では気持ちの切り替えは出来ていたつもりでしたが、「気を引き締めなきゃな!」って思いましたね。

杉山:逆に『衛宮ごはん』のディレクションでは「サーヴァントの皆さん、殺伐としないようにお願いします。敵じゃありません」って言われますからね。

下屋:桜も『衛宮ごはん』では「そんなに嫉妬心を出さないでください」って言われたこともありました。

杉山:イリヤの登場シーンでしたっけ?「リアクションにジェラシーを感じるから、ジェラシーは無くしてください」って言われていましたね。

下屋:絵ではピクッと反応するんですけれど、「あんまり(声で)そこを入れないでください」って言われました(『衛宮ごはん』第3話を参照)。

杉山:不穏な空気が流れる!

下屋:あくまでも「平和な作品にしたい」と(笑)。

杉山さんから見た“桜”像に、下屋さんも興味津々!?

――冒頭でも話されていましたが、杉山さんから見た桜、下屋さんから見た士郎というテーマについて、もう少し深くお聞きしてもいいですか?

杉山:先ほどお話したところがベースにはなるのですが、その上で[HF]というルートでは、士郎が知らなかった桜の一面や過去というものが明らかになってきます。

士郎にとっては、それに驚くと同時に、身近な人の中で1番救わなければならない存在だという気持ちがより強くなっていったと思うんです。

そうなると、身近な異性であり、後輩であり、友達の妹であり、救わなきゃいけないと思える不幸な女の子っていうもののバランスが難しくなってきて。

その間として揺れ動いていく様が[HF]らしいのかなと最近は思っていますね。

――正義の味方としての自分と、桜のことを好きな自分の狭間というか。

杉山:そうですね。正義の味方になるっていう考え方そのものを捨てたわけではないですから。[HF]でも、「人を助けたい」という士郎の根っこの部分は変わってはいないので。

――杉山さん個人としては桜みたいな女の子はどう思いますか?

下屋:(食い気味に)どう思いますか?

一同:(笑)。

杉山:そうですね……今まで、『カーニバル・ファンタズム』を含めていろんな桜を見てきているので……。

下屋:お願い、恐いって言わないで~。

杉山:恐くはない! 恐くはないんですけど(笑)、すごく複雑な子だなというのは感じていて。やっぱり幸せになってほしいなっていう士郎の気持ちはすごく分かりますね。

桜が幸せになる上では、士郎っていう存在はとても重要で、彼の考え方や決断一つで不幸になってもおかしくない立場のヒロインでもあるので、僕自身もよりそう感じるのかなと思います。

下屋:士郎は、桜と同じ養子でも桜とは全然違う育ち方をしてきて、桜からすれば自分とは全然違う、綺麗な先輩として凄く大切な存在だと思うんですね。

その先輩自身と、“正義の味方になりたい”っていう士郎の夢を知っているからこそ、第二章では桜自身も葛藤していくことになります。

“桜を守りたい”っていう選択は、士郎じゃないと出来ないことかもしれないけど、それが先輩の夢を壊すことになったら……っていう桜の気持ちもすごくわかります。

でも私からすれば桜に幸せになってほしいので、どういう形であれ(士郎に)救ってほしいっていう風に願ってしまいますね。

――最後に、公開を楽しみにする読者の皆様にメッセージをお願いいたします。

下屋:第二章がいよいよ2019年1月12日に公開されますが、第一章をご覧になられた方はずっと待ち望んでいたことと思います。

「第一章本当に素晴らしかったです」っていうお声をたくさんいただきまして、その分第二章への期待度も高まっていると思います。是非期待してください! と自信をもって言えるくらい素晴らしい作品を作っていただけました。

また第二章では、これまでのルートとは一味違う、[HF]の聖杯戦争がいよいよ始まったなという展開になっています。是非劇場でじっくりご覧になってください、よろしくお願いいたします!

杉山:第二章がまもなく公開ということで、皆さんより早く収録という形で演じさせていただきました。

今回から[HF]という物語のテイストが全面に表現されています。第一章の盛り上がりとはまた違った意味でバトルシーンや、ヒロインである桜のあり方、取り巻く環境も劇的に変わっていきます。

それが須藤監督を始めとしたクリエイターの方々の、作品に対する深い愛と理解で映像化されています。ファンの方の期待を裏切らないクオリティー、内容になっていると思いますので、作品の隅から隅まで、是非劇場でご覧いただけたらと思っています。よろしくお願いします!

――ありがとうございました。

[取材・文/米澤崇史 写真/相澤宏諒]

インタビューアーカイブはこちら

●下屋則子インタビュー【連載第1回・前編】
●下屋則子インタビュー【連載第1回・後編】
●下屋則子&杉山紀彰インタビュー【連載第2回】
●下屋則子&伊藤美紀インタビュー【連載第3回】
●下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・前編】
●下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・後編】
●下屋則子&川澄綾子&植田佳奈インタビュー【連載第5回】
●下屋則子&浅川悠インタビュー【連載第6回】

 

こちらもチェック!

●『Fate/stay night [UBW]』川澄綾子さん&下屋則子さんの溢れるセイバーと間桐桜への愛。声優インタビュー

『Fate/stay night [Heaven's Feel]』関連商品

 

 

 

 

 

作品情報

作品タイトル:劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅱ.lost butterfly
公開日: 2019年1月12日(土)全国ロードショー
公開館:131館


 

キャッチコピー

少女の願いは静かに、爛れ、散りゆく――

イントロダクション

それは、手にした者の願いを叶えるという万能の願望機――

「聖杯」をめぐる物語を描いたヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』。その最終ルート[Heaven's feel](通称・桜ルート)が全三部作で劇場版アニメ化される。

アニメーション制作は2014年にTVアニメ版[Unlimited Blade Works]を手掛けたufotable。キャラクターデザイン・作画監督として数々のTYPE-MOON作品のアニメ化を手掛けてきた須藤友徳が監督を務める。

2017年に公開された第一章[presage flower]は98万人を動員し、大きな話題に。興行収入も15億円を記録した。

第二章は、三部作の分岐点を描く最重要エピソード。その全三章で贈る[Heaven's feel]の運命の岐路――第二章[lost butterfly]が飛翔する。

ストーリー

俺の戦うべき相手は――まだこの街にいる。
少年は選んだ、自分の信念を。そして、少女を守ることを。

魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉 が願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」。10年ぶりに冬木市で始まった戦争は、「聖杯戦争」の御三家と言われた間桐家の当主・間桐臓硯の参戦により、歪み、捻じれ、拗れる。臓硯はサーヴァントとして真アサシンを召喚。正体不明の影が町を蠢き、次々とマスターとサーヴァントが倒れていった。

マスターとして戦いに加わっていた衛宮士郎もまた傷つき、サーヴァントのセイバーを失ってしまう。だが、士郎は間桐 桜を守るため、戦いから降りようとしなかった。そんな士郎の身を案じる桜だが、彼女もまた、魔術師の宿命に捕らわれていく……。

「約束する。俺は――」
裏切らないと決めた、彼女だけは。
少年と少女の切なる願いは、黒い影に塗りつぶされる。

メインスタッフ

原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
キャラクター原案:武内崇
監督:須藤友徳
キャラクターデザイン:須藤友徳・碇谷敦・田畑壽之
脚本:桧山彬(ufotable)
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:松岡美佳
編集:神野学
音楽:梶浦由記
制作プロデューサー:近藤光
アニメーション制作:ufotable
配給:アニプレックス

メインキャスト

衛宮士郎:杉山紀彰
間桐 桜:下屋則子
間桐慎二:神谷浩史
セイバーオルタ:川澄綾子
遠坂 凛:植田佳奈
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:門脇舞以
藤村大河:伊藤美紀
言峰綺礼:中田譲治
間桐臓硯:津嘉山正種
衛宮切嗣:小山力也
ギルガメッシュ:関智一
ライダー:浅川悠
アーチャー:諏訪部順一
真アサシン: 稲田徹

公式サイト
公式ツイッター(@Fate_SN_Anime)

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021秋アニメ最終
2021秋アニメも声優で観る!
2021秋アニメインタビュー
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング