menu
声優
声優・遊佐浩二さん、アニメキャラクター代表作まとめ

声優・遊佐浩二さん、『薄桜鬼』『BLEACH』『鬼灯の冷徹』『仮面ライダー電王』など代表作に選ばれたのは? − アニメキャラクター代表作まとめ

8月12日は、声優・遊佐浩二さんの誕生日です。おめでとうございます。

遊佐浩二さんといえば、『薄桜鬼』原田左之助や『BLEACH』市丸ギン、『鬼灯の冷徹』白澤、『仮面ライダー電王』ウラタロスなどの人気先に多数参加している人気の声優さんです。

そんな、遊佐浩二さんのお誕生日記念として、アニメイトタイムズでは「声優・遊佐浩二さんの代表作は?」というアンケートを実施しました。アンケートでは、オススメのコメントも募集しております。そんなコメントの中から選んでご紹介します。

 

※アンケートに参加していただいた方、また、コメントを投稿して頂いたみなさまに感謝申し上げます。

※コメントは、基本投稿された文章を重視して掲載しております。

アニメイトタイムズからのおすすめ

目次

まずはこちらのキャラクターから!

『SERVAMP -サーヴァンプ-』ヨハネス・ミーミル・ファウストゥス

・いかにもな実験好きな博士の声にぴったりだったから。(10代・女性)

『バチカン奇跡調査官』ジュリア・ミカエル・ボルジェ

・謎めいたジュリアのキャラクターにぴったりだったから。(20代・女性)

『キングダム』壁

・いっけん頼れなさそうに見えて、実は偉くて頼れるところ 見てるうちに大人の色気にやられる(40代・女性)

『坂本ですが?』8823先輩

・家族を大事にしている8823先輩。

周りの人達に慕われている人柄の良さも演技に表れていてステキです。(^-^)(40代・女性)

『カーニヴァル』朔

・朔さんは壱號艇の長で、楽観的でおおらかな性格がすごく好き。

そしてイケメン。

遊佐さんの声がぴったりで、兄貴肌な感じが出てると思う。(20代・女性)

『はなかっぱ』ふわ吉

・BLEACHのギンとも迷いましたが、意外とゆるいキャラにも遊佐さんの声が合うのにビックリ。

レギュラーキャラではないため、いつ出てくるか気になります。(40代・女性)

『KING OF PRISM』真田泰山

・上司に媚を売る場面、裏で画策する場面、思い通りに計画が進まずあくせくする場面。

色々な表情をするキャラですが、どれもとても魅力的になるように演じ分けられていると感じます。(20代・女性)

『NORN9 ノルン+ノネット』加賀見一月

・初めて遊佐さんのお声を知ったキャラクターだからというのもありますが、加賀見さんの、軽薄に見えて本当はすごく場の空気を読んだり人の心の機微に気づいたりできる性格や色気のある見た目に声がぴったりで、とても好きになったからです。(40代・女性)

『Get Ride! アムドライバー』シーン・ピアース

・アイドルヒーローとして人気だったシーンがどん底まで落ち、今までいびってした主人公の前で涙を見せ、そして復活し主人公の良き友、良き先輩となったその一連の流れを遊佐さんは見事に演じてくださったと思います。

そしてキャラソンがとてもとても格好いいです。(20代・女性)

『無慈悲なオトコ』白羽七王

・七王さんの持つ儚さや脆さ、そして繊細さや色気までも遊佐さんが声で表現されていて、聴く度に七王さんに感情移入し胸が締めつけられています。

切ないながらも愛に溢れた作品で、遊佐さんの声と演技によって更に作品に深みが出ています。

何度も聴きたくなる大好きな作品です。(20代・女性)

『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』ニーア

・辛い過去を背負いながらも前を向いて進もうとするニーアの必死さがとても好きです。

「俺が必ずお前を守る」というセリフが特に印象的で、この力強さは遊佐さんらしさを感じます。

暗いセリフが多い作品ですが、相棒の白の書との釣りに関する会話がほのぼのしていて癒されるところもありました。(20代・女性)

『Starry☆Sky(スターリースカイ)』水嶋郁


・水嶋郁は、大人で余裕のある雰囲気を持つ教育実習生ですが、どこかに影を落とす繊細なキャラクターで、その辺りを見事に演じられる遊佐さんの魅力とキャラクターの魅力を一度に楽しめます。(20代・女性)


・CD ゲーム から、始まりアニメにもなって、未だに ほぼ毎日 聴いています!

他の作品も大好きだけど、選べないくらい好きだけど、私の日常生活に溶け込んだキャラは、水嶋先生だけです。

他の作品は、気分やシチュで選んで見聞きするけど、水嶋先生のCDは、寝る前 必ず流して、聴きながら 眠りに着きます。

その位 私には、無くてはならないものになってます!(40代・女性)


『ぬらりひょんの孫』ぬらりひょん〈若かりし頃〉


・この作品はとても大好きな作品であり、遊佐さん以外に若い頃のぬらりひょんを演じられる方はいないと思います。(50代・女性)


・遊佐さんの声の魅力が最大限に発揮されたキャラだと思います。

ぬらりひょんの色気のある声は遊佐さんにしか出せないと思いますし、遊佐さんが爺言葉で喋ってるキャラクターを演じるのは結構貴重だと思います。

少数派だとは思いますが、私の中では遊佐さんの代表キャラクターといったらぬらりひょんしか考えられません!(20代・女性)


『アルカナ・ファミリア』ジョーリィ


・いつもの数倍の低音遊佐ボイスはただただ耳福です。(40代・女性)


・渋くてカッコいい大人の男性でありながら、過去は壮絶。

フェリチータが攻略するにも心をバキバキ折にくる相手のされなさっぷりからの怒涛のデレ。

嫌われ役でも構わず、己が目的のためファミリーのために邁進する姿に「言ってくれよ!!!」とやきもきするのも好き。

喋りはゆったりでありながらも、作品の空気感からシリアスとギャグどちらもこなしてみせるのは遊佐さんのわざ。(20代・女性)


『Dear Girl~Stories~響』テライケメン司令官


・諏訪勝さんが遊佐浩二さんの声をイメージして作ったキャラだから(30代・男性)


・のんびりした喋り方、他に例のない正体不明さかげん、ドSだけど憎めない、遊佐さんのお声ならではのキャラかと!(40代・女性)


『名探偵コナン』沖田総司


・京都出身の遊佐さんの京都弁がたまらなくいい。(10代・女性)


・剣道部で工藤新一に似ていてイケメンだし強いから。(20代・女性)


『テラフォーマーズ』アドルフ・ラインハルト


・重い過去が有るからこその優しさや紳士な所が最高に格好良いです。(20代・女性)


・冷酷に見えるけれど、本当は寂しがりやで情の厚い、そのキャラが、遊佐さんの声ににぴったりな感じで好きです(40代・女性)


・低い声で大人の落ち着きと 仲間を守る包容力と安心感を 感じさせる聴くものを魅了する力強さを感じる。

遊佐浩二にしか出せない魅力が凝縮している。(20代・女性)


『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シャドウ・ザ・ヘッジホッグ


・主人公のソニックのライバルで、常に冷静であり、人を見下す様物言いをする事もあるけれど、家族のようだったマリアの最後の願いを叶える為にソニックと共に戦うシーンが心に残っています。

遊佐さんが、こういったキャラを演じる事はあまりないかもしれない、思ったのでこの作品にしました。(20代・女性)


・ソニックアドベンチャー2自体が世界的に有名かつ大人気な作品で、シャドウが初めて出演した作品となっています。

主人公のソニックと姿が瓜二つの敵としてシャドウは出てきますが、ひとつの大きな物語の中で、敵なのにその過去・経歴を紐解きながらどんな人物であるのかも解明されて行きます。

実はその作品一つだけでシャドウは今後出てこない予定だったそうですが、あまりにもシャドウがかっこいいとの声がたくさんあり、それ以降のシリーズでも多数出演しています。

私もシャドウが一番大好きです。

声も遊佐さん以外に有り得ないと思います。(20代・女性)


『東京レイヴンズ』大友陣


・主人公の恩師で、飄々としたキャラクターと術をかける時の長ゼリフ。

かっこよかったです。(50代・女性)


・原作から好きなキャラクターなので。

胡散臭い風貌と関西弁、けれど実力があり、生徒思いのところもある。(30代・女性)


・遊佐さんの関西弁が堪能出来ます。

現代に陰陽師がいて霊的災害と戦う物語。

若い陰陽師を育てる塾の講師という役ですが、実はものすごい実力者で命懸けで塾生たちを守る姿にクラクラします。

長い呪文詠唱がかっこよくて何度も観ました。(40代・女性)


『魔法少女 俺』兵衛


・兵衛の怪しさとbl要素が遊佐さんにマッチしてた。(20代・女性)


・アイドルだし、硝子の銀河めちゃめちゃいいし、怪しいし、面白い。(40代・女性)


・キラキラのアイドルなのにどこか裏がありそうな謎のキャラクターが遊佐さんの演技と合わさって最高でした。

たまに見せるセクシーで妖艶な兵衛さんの表情がたまりません。

最後にわかる正体も予想外で物語のオチにも驚かされる作品でした。(40代・女性)


『Ergo Proxy(エルゴプラクシー)』ビンセント・ロウ


・難しい作品ですが何度も観たくなる、後を引くアニメです。(20代・女性)


・自分の正体や存在意義について悩み苦しみ彷徨いながら足掻いていたところがとても印象的でした。

普段のヴィンセントとプラクシー化した時の声の違いも好きです。(20代・女性)


・作品自体はダークな世界観で進みますが、遊佐さん演じるビンセントは、話の序盤、中盤、終盤と、繊細な演技でキャラの内面を演じ分けていらっしゃって、その変化だけで感動しました。

遊佐さんのファンならぜひ一度は観てほしい作品です(40代・女性)


『青の祓魔師(エクソシスト)』志摩廉造


・真面目なときと普段のギャップがカッコいい。(10代・女性)


・漫画を見てからアニメを見たけど一切違和感がなかったから。(10代・女性)


・私が初めて遊佐さんと出会った作品です。

彼の葛藤やそれを隠してチャラく演じてるところがとても好きです。

そして本場の京都弁は最高です...。(10代・女性)


『ラディアン』ドラグノフ


・全てが好み!ドラグノフ隊長の為ならどこまでも行きます(笑)(30代・女性)


・いつも遊佐さんってトリッキーな役が多いので、なかなか推しができなかったんですが、ドラグノフ隊長という推しができました。

彼はとにかく強い。

どちらかというと主人公たちと相容れない立場なのですが、隊員思いで料理もできて、掴みどころがなくて、それでも洞察力があって皆より1歩先のことを考えている。

そして本当に強い。笑
かっこいい。笑
そんな彼に惹かれました。(10代・女性)


『超者ライディーン』鳥飼銀牙


・遊佐さんの思い入れのある作品とキャラクターだと認識しております。

当時から作品のファンの者です。

よろしくお願いいたします。(30代・女性)


・初めて遊佐さんのお声を聞いた作品です。

メインはヒーローものだけど男性のアイドルを扱った作品は当時なかなか珍しかったんじゃないかと思います。(30代・女性)


・遊佐さんを初めて知った作品です。

設定が斬新すぎて現代に放送されてたら絶対流行ってたと思います。

美少年アイドルものの先駆けといっても過言ではありません。(30代・女性)


・遊佐さん初のレギュラー出演である作品であり更にキャストは今では有名なあの方やこの方等勢揃い。(主役が伊藤健太郎さんだったりしますし…。)

更には歌にコスプレに…作品はアイドルみたいなものでしたが、じっさに遊佐さんもアイドルしてました笑 DVD化していない貴重な作品であり、今でも忘れることはできません!!(30代・女性)


『ノルン+ノネット』加賀見一月


・独特の色香漂う遊び人ですが、実は一途で優しくて、誰よりもヒロインの事を思っている、美しくてかっこかわいいところが、遊佐さん好き全員にオススメします!(20代・女性)


・一見軽い男の人のように見えるのですが、ストーリーを進めていくうちに想像とは違う一面がみられて、そのギャップにキュンときました。

キャラクターと遊佐さんの優しい声がとても合っていて、今でも大好きなキャラクターです!(10代・女性)


・夢の様に綺麗な世界観、乙女ゲームでありながらもストーリーが重厚で何度プレイしても泣けます。

一月はその中では一見するとふらふらしたプレイボーイなのですが、ヒロインにはどこまでも一途で優しい…そんな彼が大好きです!(20代・女性)


・加賀見一月は、物腰が柔らかい、女性扱いに慣れた色香のある大人で、遊佐さんの艶のある柔らかい声ととてもマッチしています。

遊佐さんといえば、艶のある大人な演技だと思うのでノルンノネットを選びました。

もっと乙女ゲームに出演してほしいと思います。(20代・女性)


『うたの☆プリンスさまっ♪』日向龍也


・遊佐さんといえばちょっと陰湿な感じのキャラを演じられることが多いと思うのですが、熱血系のめずらしい役どころかなと思いました。(20代・女性)


・とても男気があってかっこいい!

喧嘩の王子さまでのスタントなしの演技、凄すぎます!

そして、誰よりも生徒思い。

りんごちゃんの無茶ぶりに答えるなど、なんでもマルチにやってくれる。

そんな龍也さんが大好きです!

大和君とも仲良くしてください!(10代・女性)


・基本はプリンス達の恩師・事務所の先輩という立ち位置なのであまり多く登場はしません。

しかし、ゲーム2作にある龍也さん√では、アイドル兼事務所の取締役で仕事が出来る大人の男性な龍也さんをそばで支えられます!!

そんな龍也さんの恋愛ENDのスチルはどれも大人の色気ダダ漏れ…。

龍也さんの真の魅力が溢れ出し過ぎてしんどい…。

ビジュアル・声・キャラクターどれをとっても大人の色気しかないのにスチルまで大人の色気全開。

これは勧めるしかありません!!(20代・女性)


『銀魂』東城歩


・遊佐さんのイケボと、東城の面白さがマッチしてイイ(10代・女性)


・あんなにぶっ壊れてる遊佐さんを 初めて見ました(笑)(20代・女性)


・やっぱり京都弁も際立って居り、何よりも癖が有って良い味が出た強烈的で面白いキャラだと思ったからで御座います(笑)(20代・女性)


・遊佐さんから想像できないようなハイテンションで変態(褒め言葉)なキャラ。

カーテンのシャーと若が気になる、でも実は心優しい一面も。

色んな顔を見せる演技に惚れ惚れ。(30代・女性)


・銀魂ならではの奇声や聞いたことが無いような喋り方、ギャグばかりじゃなく、長編の話でのテンションの上げ下げ。

低いトーンで喋る時もあり。

色んな遊佐さんが詰まっているから。(10代・女性)


『TIGER & BUNNY』ルナティック/ユーリ・ペトロフ


・ユーリとルナティック、善と悪紙一重な感じを遊佐さんが上手に演じ分けてると思います(50代・女性)


・表の顔は裁判官で裏の顔は悪を裁くダークヒーロールナティック 自分の正義を貫く姿がカッコいい(40代・女性)


・主人公たちと仕事ではふつうに接しているが、裏では正体を隠して敵対しているところが遊佐さんっぽくて好きです。(30代・女性)


・あれほど悲しい過去を背負いながら、強くあろうと孤軍奮闘しているダークヒーローを見たことがないです。

人生で彼に会えてよかったです。(20代・女性)


・遊佐さんのキャラクターがこう考えて、時にはなりきってキャラクターの立場から発言するのが大好きです。

TIGER &BUNNYの時も、絶対可憐チルドレンの時も、そこがものすごく好きでした。(40代・女性)


・重たい過去を背負って苦悩しつつも、自分の正義を貫いているところが本当にカッコいい!それまで遊佐さんは軟派なキャラが多い印象だったので、正にダークヒーローなユーリさんのおかげでイメージがガラッと変わりました。

タナトスの声を聞け!(10代・女性)


『ACCA13区監察課』リーリウム


・見た目も心も暗くて格好いい!

「やるんだよ、君が」って言う瞬間で心臓が止まる!(20代・女性)


・5長官の中でも特に重要なポジションでこの作品には無くてはならないキャラクターだから(20代・女性)


・随分大掛かりな悪巧みをしてるのに、気品と優雅さのある心地良い声でだましてくるリーリウム。(50代・女性)


・黒幕なのにどこか惹かれてしまう裏切る役なのに嫌いになれない遊佐さんの魅力がたくさんある作品(20代・女性)


・最後まで見ないと、わからない展開!遊佐さん演じるリーリウム長官がカギ??観てない方には、ぜひ見て頂きたい作品です☆(50代・女性)


・いい人のような優しい声で、5長官の中でも存在感は抜群。

良きまとめ役と思ってたらまんまと騙されてしまった!

声のメリハリやばかったです 柔らかな声も悪い声もどちらも楽しめる遊佐さん好きには良い作品だと思います!(40代・女性)


・遊佐さんが出演してるからというのが1番の理由ですが、まずOP曲がリズミカルでかっこいいのと各区の長官達が個性的で素敵な方ばかりだし遊佐さんが演じている

リーリウムは最終回が近づくにつれてフラワウがACCAの頂点に立つために思い通りに動かそうと進めていくところが大好きでACCA沼にハマりました。(20代・女性)


『Fate/Apocrypha』赤のランサー/カルナ


・ジークとカルナ戦での戦っている時の声や満足気に消滅していくところは忘れられない(20代・女性)


・努めて平坦な声色でありながらも意思の強さや優しさを感じる声音が本当にカルナさんがいきているようだから(20代・女性)


・めちゃくちゃかっこいい 施しの英雄と呼ばれるに値するその態度、謙虚さ、そしてその強さ 男の俺でもかっこいいと思う(10代・男性)


・全てが最高なんです……とりあえず何も言わずにApocryphaのアニメとgrand orderの2部4章を見てください……(10代・女性)


・サーヴァントのカルナを召喚したときに、声に違和感を感じることなく、カルナの魅力を十分に引き出していました。

そこから遊佐さんを好きになったきっかけのキャラにもなりました。(10代・女性)


・どの言葉も、胸にズンと刺さる。

それは言葉の持つ意味を遊佐さんが演技として感情にのせてこちら側に届けてくれるから。

どのカルナさんも、別れのシーンは涙無くしては見れません!!!(20代・女性)


・聖杯戦争とは何なのか? 召喚されてしまうとマスターは選べない、良くも悪くも…その中で悩み苦しみながらどう戦うかを選ばされます。

アニメの中で自分自身の信念や強さを見せてくれたカルナさんに感動したので選ばせて頂きました。(30代・女性)


・遊佐さん冷静沈着の声は素晴らしい!ほとんど遊佐さんの声は識別度が高い、たとえ一つのセリフだけのモブもうすぐわかりましたで、カルナなゆうな魅力的なキャラを演じるはもっと吸い寄せる!

カルナはランサーど言うなサーヴァントけど魔力はすごいでインファイトをやることもういる!繊細に見えますです爆発力はすごいです!忠誠度もう高い、ときに天然!遊佐さんがそうな矛盾する役割を演じるの演技は素敵です!(20代・女性)


・人気作品でありたくさんのキャラクターが登場するfateシリーズの中でもとても人気が高く、女性だけでなく男性にもファンが多いです。

制作側の方々の愛情や熱意も感じられます。

敵として登場する時の圧倒的存在感・味方として登場する時の温かさや頼もしさ・普段の人柄の柔らかさやコミカルな場面での天然さなど、色々な魅力が詰め込まれている分、遊佐さんの色々な演技に触れられる楽しみも詰め込まれたたキャラクターだと思います。(20代・女性)


『弱虫ペダル』御堂筋翔


・御堂筋のあの気持ち悪さを出せるのは遊佐さんだけ!(10代・女性)


・独特なキャラクターを、とても素敵に演じられています!(30代・女性)


・狂気じみてる御堂筋くんの可愛さや健気さがすごく好きです。(10代・女性)


・御堂筋くんのあの奇声のような声を出せるなんてすごすぎます!(10代・女性)


・ロングシリーズですし、遊佐さんのイメージを覆したキャラクターだから。(50代・女性)


・ちょっとだけ歪んではいるが自転車に正直に向き合っている感じが伝わってきます(50代・男性)


・渡辺先生独特の笑い方や効果音を忠実に再現しているため。

キャラクターそのもの。(20代・女性)


・勝つための思考力と行動力、その根っこにある原動力に感心しました。

家族でハマったアニメです!(40代・女性)


・弱虫ペダルで初めて御堂筋くんが登場した回で、胃が痛くなるほど、あまりにも御堂筋くんでした。(30代・女性)


・京都弁キャラと言えば遊佐さん。

御堂筋君のようなアクの強いキャラの繊細な部分を見事に演じられていて感動しました。(30代・女性)


・作品自体男女から支持を得るヒット作。

御堂筋自体が印象的なキャラクターだが、京都弁を使いこなしながらの熱いところも気味の悪いところも演じられるのは遊佐さんしかいません。(40代・女性)


・奇抜な言動が目に付くキャラクターだとは思いますが、一本筋の通った強い意志にはとても心惹かれますし、人の本質を突いてくるような名言も多く、ついて行きたくなるようなキャラクターだと思い選びました!(10代・女性)


・作中でここで勝負がつく!というところで主人公たちの心をかきみだし真理をつく重要なキャラクター。

その独特で強烈な存在感・人を不安にさせるほどの節回しは遊佐さんにしか表現できない!

思い入れの強い作品とキャラクターです。(40代・女性)


・トリッキーな上、内に秘めた闇のがあったりと何面もあるキャクターが、遊佐さんによってより不思議な魅力に惹きつけられる人物になっていて流石としか言いようがない。

また、京都弁を堪能できるといった点でもはずせないキャクターであると思います。(20代・女性)


・どの作品も良いのですが、 弱虫ペダルは初めて遊佐さんを知った作品。

最初は坂道と巻ちゃんの信頼関係など、巻ちゃんの後輩思いのところに、はまりましたが、遊佐さんの存在感、演技力がすごく、京都弁も良く、昔のエピソードから、御堂筋くんも良いなーと思うようになりました。

いまでは、すっかり遊佐さんファンです!(40代・女性)


・アニメをあまり見ない友達も、御堂筋くんのことは一発で記憶に残ったそうです(笑)御堂筋くんは、強くて、人間離れした怖さがあるけれど、同時に感情的で人間臭い弱さも持ち合わせていて、本当に魅力的なキャラクターだと思います。

それに、遊佐さんの声が入ることで、いっそう複雑で豊かな表情を見せてくれているように感じます。(20代・女性)


・御堂筋くんは京都弁に加えて、抑揚のある独特な口調をしているため、漫画を読んだだけでは台詞回しが想像しにくかったのですが、遊佐さんのキャラ作りが素晴らしく、アニメを見て「あ、こんな風に喋っていたんだ」とイメージが固まりました。

また、テンションの振り幅が広い御堂筋くんの喜怒哀楽を演じ分けられており、遊佐さん以外に適役がいないキャラクターだと思いますので、御堂筋くんを選ばせていただきました。(30代・女性)


『黒執事』ラウ〈劉〉


・あの不思議な感じのラウさんを飄々と演じているから(10代・女性)


・劉の声色や話し方には、遊佐さんの良さが詰まってるから(20代・女性)


・黒執事の劉さまのキャラにとても合っていて、カッコイイ!(10代・女性)


・デタラメだけと説得力あり過ぎる発言は遊佐さんしか出来ないと思う(20代・女性)


・敵かもと思わせる得体の知れない感じが魅力的。

私も足元にはべりたい!(30代・女性)


・遊佐さんの声はかっこよくて色気があって、ラウのキャラクターにぴったりだから。(10代・女性)


・遊佐さんの艶やかな声とどこか掴みどころのない劉のキャラがとても合っているから。(10代・女性)


・中国人=遊佐浩二と言うぐらい役にはまっている!そして、とてもセクシーで大人の魅了に溢れている(10代・女性)


・遊佐さんを知るきっかけでした。

うっとりする声に惹かれました。

劉の性格が遊佐さんの声にピッタリでした。(10代・女性)


・とてもシリアスに含みを持ったキャラクターかと思いきや、コミカルでおちゃらけているラウ。

色気のある声が、コミカルさとシリアスさのギャップをより際立たせてくれていると思います。(20代・女性)


・私が遊佐さんの存在を初めて知った作品であり、色々な出演作品を見た後でも、劉の飄々としたところ、まれにシリアスなところ、その直後のオチ、と遊佐さんの声の七変化を楽しめるおいしい作品だと思います。(30代・女性)


・初めて遊佐さんを知ったのはBLEACHのギン役でした。

糸目のツリ目、のらりくらりとした姿勢、それに遊佐さんのお声が絶妙にマッチしていて、原作を読んでいたわたしも違和感無く「ギンの声」としてインプットされました。

ですかBLEACHと迷った末に選んだのは黒執事です。

劉のお気楽な感じが伝わるお声の出し方、はぐらかすのが上手な劉にピッタリなのは遊佐さんしかいないと思います。

キャラクターソングでのセリフも本当に素敵で、この時点で文字数が既に結構いってしまっているのが申し訳ないです…が、真面目なシーンではキリッとした劉のお声を出してくださって緊迫感が伝わります。

お気楽なシーンから一転、張り詰めるような空気のシーンでも難しいであろう劉を演じ切って下さって、作品に命を吹き込んで頂いているのを感じます。

長くなってしまい申し訳ありません。(20代・女性)


『絶対可憐チルドレン』兵部京介


・遊佐さんが一番堪能できるアニメだと思います(30代・女性)


・遊佐さんの良さを引き出してくれる素晴らしいキャラクターだったから(10代・女性)


・この人なくしては遊佐浩二は語れません。

愛おしきロリコンじじい!(30代・女性)


・格好いいのにお茶目で可愛い少佐を演じられるのは遊佐さんしかいないと何回見ても感じるから。(20代・女性)


・美しく高貴で確固たる信念がある学ランキャラ!!遊佐さんの素晴しさの全てが詰まったキャラです。(50代・女性)


・あんなに哀しくて優しくてかっこいいキャラはいない。

それを表現しきれるのは遊佐さんしかいない。(50代・女性)


・やや高めの声での、一人称「僕」、キャラのプライドの高さやヒロインへの想い、憎しみの全てがハマっていて、とても素敵です。(20代・女性)


・繊細な演技が必要な兵部の心理をうまく遊佐さんが表現してくれるから。

ギャグとシリアス両方の雰囲気を上手く使い分けてていて凄い。(20代・女性)


・シリアスな演技もコミカルな演技も、 キャラクターの複雑な心理を細かくすくい取って演じる、 遊佐さんの素晴らしさを堪能できる、大好きな作品です。(40代・女性)


・遊佐さんを好きになったきっかけの作品です。

諏訪部さん演じるアンディとのやりとりが大好き。

夕霧への優しい声音と船員やアンディに向ける声音の違いにやられます。(20代・女性)


・兵部京介の辛い過去とそれを乗り越える熱い闘志、冷酷さの中にある仲間思いの一面など、彼の魅力が遊佐さんの声によってより一層愛されるキャラクターになっているため。(20代・女性)


・本編を通して強さと優しさを演じられていて遊佐さんを初めて知るのにはとても適していると思いました。

番外編という位置づけですが、本編を知らなくても楽しめる作品です。(30代・女性)


・絶対可憐チルドレンでは敵対するキャラクターとして描かれていた兵部にスポットが当たった作品で、ダークな世界観が好きです。

また、兵部の生き方も勉強する部分があります。(20代・女性)


・キャラと声が一致してて、兵部京介は思いやりがあるし、守る者や伝えるべき人には優しくて、優しい反面それ以外は排除。

カッコよすぎる 兵部京介は遊佐さんで良かったし最高です。(30代・女性)


・悪役に見せかけて味方の面もありやっぱり悪役なところが素敵です。

キャラクターとして完璧に仕上がっていると思います。

ロリコンで飄々としていて意思をしっかり持っている性格は遊佐さんじゃないと表現できないと思います。(20代・女性)


・カッコいい、可愛い、セクシー、残忍、非道、キメるとこはきめ、守るべき者のためには自分を投げうってでも守り抜く、でも素直じゃない…そんな複雑なキャラクターを原作のイメージ通り、というかそれ以上に魅力的なキャラクターに仕上げてくれたから。(40代・女性)


・遊佐さんキャラの冠番組ですから、毎週遊佐さんの美声を堪能してました。

少佐の子供っぽい所もクールで冷酷な所も全部完璧に演じられて、もっともっと続編を見たいですね。

本編の連載も大活躍してるから、高校生編の絶チルもアニメ化される日を待ってます!(30代・女性)


・絶対可憐チルドレンと迷いましたが、わかりやすく主役ですし、兵部京介は本当に魅力的なキャラクターだと思うのでこの作品を選びました。

実年齢と見た目の違うちぐはぐさや、悪と言いきれない絶妙な狂気と愛嬌、根の優しさなどギャップを見事に演じてらっしゃって、そこにハマりました。(20代・女性)


・裏切られた辛く重い過去を背負い、ノーマルを根絶やしぬにしてエスパーの為の世界を作る!という敵役のはずなのに、優しさや仲間への愛情、未来への想いを心に秘めて飄々と振舞う姿は魅力的過ぎて好きにならずにいられません。

その複雑な人間性や想いを声にできるのは遊佐浩二さんだけ!!大好きです!(40代・女性)


・原作を読んでいた時からとても兵部さんが大好きで、アニメの声を聞いてみると自分の想像通り、いや想像以上に兵部さんの見た目は若いけど生きてる年数は長いとこや人をすぐからかうけど戦うととてもかっこいいとこが表現されていてさらに好きになりました。

兵部さんの声が遊佐さんを好きになった原点です。(10代・女性)


・私がアニメを好きになるきっかけの作品です。

チルドレンの敵側の組織のリーダーですが、チルドレンを溺愛し、チルドレンのために日々暗躍している兵部少佐。

すごく子供っぽいところがあるにもかかわらず、遊佐さんのお声で時に非常に色っぽく、大人な兵部少佐がアニメで見られたのは、とても嬉しかったです。(20代・女性)


・絶対可憐チルドレンを見た時点で兵部少佐のカッコ良さに打ちひしがれていたのに少佐が主人公のスピンオフがあると分かり同じ時代に生まれたことに感謝しました。

学ランなのに80歳でめちゃくちゃ強いけど子供っぽいとこもあるなどただでさえ素敵な属性が沢山あるのに、悲しい過去を背負いつつ仲間を想っているところや、辛い事を全て独りで背負っているところなど魅力が沢山詰まったキャラで目が離せませんでした。

戦闘時の迫力ある声やユウギリと話す時のとても優しい声など遊佐さんの演技が素敵で、感情移入して一気見してしまいました。

キャラソンも沢山あり毎日聴いて元気を貰っています。(20代・女性)


・兵部京介というキャラクターの絶対可憐チルドレン内での立ち位置は、ざっくり言うと敵キャラです。

厨二心揺さぶる超能力を駆使して戦う中、それぞれのキャラクターの過去やギャグシーンも踏まえた作品で、兵部京介は主要メンバーです。

超能力を持たない人々を全滅させようという企みをするような一見ヤバい奴ですが、主人公薫への家族愛にも似た愛情や、仲間への信頼など、意外と情が深いところがギャップです。

見た目は青年、実年齢は90近いおじいちゃんです。

遊佐さんの声により魂が吹き込まれた兵部京介は、冷徹さと妖艶さを兼ね備えながらも、ギャグシーンで面白おかしくなっちゃうところもあり、大好きです。(20代・女性)


・絶対可憐チルドレンでは主に敵側として描かれている兵部京介ですが、スピンオフのTHE UNLIMITED 兵部京介では主役を務めています。

ギャグ色強めの絶対可憐チルドレンとシリアス全開のTHE UNLIMITED 兵部京介、同じ原作でありながら二つの作風は全く異なっています。

同じ兵部京介というキャラクターは保ったまま、それぞれの作風にあわせ少し声の高さなどを変えながら演じ分けをしている遊佐さん、本当にすごいです。

さらに、キャラクターソングもたくさん出ています。

絶対可憐チルドレンのキャラクターソングとTHE UNLIMITED 兵部京介のキャラクターソング、それぞれ違いがありつつしっかりと兵部京介というキャラクターを落とし込んだすてきな歌ばかりが揃っています。

かっこよかったり、面白かったり、歌っていたり、とにかくいろんな遊佐さんが詰まった代表作だと思います!(20代・女性)


『仮面ライダー電王』ウラタロス


・初めて遊佐さんの声を聞いたのが仮面ライダー電王のウラタロスだったので選びました(20代・女性)


・キャラクターが遊佐さんにピッタリ!遊佐さんの良さを引き出してる!とっても好き!(20代・女性)


・決め台詞の「僕に釣られみる?」はどんな人でも釣られない人はいないとおもったので!(10代・女性)


・遊佐さんの声を初めて聞いた作品で、何年経ってもまた見たくなる作品と役柄だからです。(10代・女性)


・嘘をついて壁をつくっている女たらしのウラタロスの雰囲気が遊佐さんの声にぴったりだった(10代・女性)


・ふざけているかと思えば、よく周りを見ていて誰よりも早く異変に気づくところがかっこいい!(10代・女性)


・電王が大好きで、遊佐さん=ウラタロスのイメージが強いです。

あの甘い声がなんともいえないです。(30代・女性)


・私が遊佐さんにハマったきっかけの作品です!キャラクターと遊佐さんのセクシーな声がピッタリです!(10代・女性)


・仮面ライダー好きにはたまらないあの声。

嘘、を言うけど、本音も言う、聴いて直ぐに虜になりました。(20代・女性)


・エロいセリフを言ってるわけじゃないのに、声のせいか劇中で「スケベ亀」と言われるくらいのエロさ…とても良いです(20代・女性)


・大好きなライダー作品でカッコいい遊佐さんの声を毎週聴けて本当に幸せでした。

老若男女問わず今も愛される作品だと思います。(40代・女性)


・ウラタロスの女たらしな部分と頭の切れる部分と仲間とわちゃわちゃしている時の可愛らしい部分を遊佐さんの見事な演技で堪能できるから(10代・女性)


・平成ライダーの中でも代表的な作品で、シリアスな戦いとアットホームなやりとりが見事なバランスで描かれているところが凄いと思います(30代・女性)


・遊佐さんの代表作の1つではないでしょうか。

ウラタロスはキザだけど色気もあり、「僕に釣られてみる?」等の決め台詞が最高で今でも大好きです。(30代・女性)


・大人から子供まで人気の仮面ライダーシリーズで、最高に人気のあった電王。

幅広い世代に知られているので代表作にするにはピッタリかと思います!(30代・女性)


・私が遊佐浩二さんを初めて知るきっかけになった作品でした!テレビに穴が開くほど見ていたのを覚えています!そして今でも見返して元気を貰っています!(20代・女性)


・自分が初めて遊佐さんの存在を知ったキャラです!

子供だったから分からなかったことが大人になってから見返して遊佐さんの魅力を知ることが出来ました!(20代・女性)


・ヒーローで決め台詞がありカッコイイ。

ウラタロスはクールなキャラかと思いきや、仲間でワチャワチャしてて、おもしろい。

とてもとても楽しい作品だからです!!(30代・女性)


・いつも飄々としていて隙がないように見えるのに、時々見せる頼れるお兄さんなところやちょっぴり不憫でかわいいところは遊佐さんだからできる演技だと思います。(20代・女性)


・キャラクターの艶やかさと遊佐さんの声が相まって聞いていてすごく楽しいです。

さらに、友達に遊佐さんの説明をする時に1番分かって貰えるキャラクターだからです。(10代・女性)


・10年以上前の作品ですが、今でも人気が高くて近年の映画にも登場する活躍ぶりです!

中でも遊佐さんが演じているウラタロスが大好きなので投票させて頂きました!(10代・女性)


・小さい時に見ていた作品。

ワクワクすると同時になかなか深い話な作品。

ウラタロスは幼いながらにかっこいい…。

ってメロメロになっていました。

完全に釣られちゃいました(笑)(10代・女性)


・ウラタロスというキャラクターの、軽そうに見えて実は周りをよく見ていて、奥底の見えない感じを完璧に演じ切られた遊佐さんボイス、最高に素晴らしいです。

遊佐さんの代表作の1つだと思います!(20代・女性)


・お恥ずかしながら遊佐様を知った初めての作品です!ウラタロスの色気や男気すべてに衝撃を受けました!そこから沼へずぶずぶと(笑)オフィスの前進である週間遊佐浩二を聞き始め現在に至ります。(40代・女性)


・キャラクターの性格や心情が伝わってくるとてもよい演技をされていました!実写映像に声をあてるという難しさがあったのにも関わらず、違和感を全く覚えない様子に遊佐さんのお力の凄さを感じました。(10代・女性)


・仮面ライダー電王という豪華声優さんがたくさん出演する作品の中で遊佐さんのウラタロスという女性うけ1位のキャラがとても大好きだからです 平成仮面ライダーの中でも1位をとった電王おすすめです!(10代・女性)


・ウラタロスを見て「僕に釣られてみる?」を聞いて心が釣られました。

ナンパな雰囲気の演技とそして色っぽいお声、遊佐さんにしか出来ません!佐藤健さんのお顔にアテていた時はイケメンでなおカッコよかったです。(30代・女性)


・遊佐さんのキャラとウラタロスのキャラが似ていて、見ていてとても面白かったですし、楽しかったからです。

また、ウラタロスとして映画やアニメなど多くの作品に出演してらっしゃるので、代表作なのではないかと思いました。(10代・女性)


・初めてウラタロス(U良太郎)の声を聞いた時の衝撃は今でも忘れられません。

声や演技だけでなく電王イベントでの立ち振舞いで、声優に興味のなかった私でしたが遊佐さんに完全に堕ちたので、遊佐さんといったらウラタロスなしでは語れません!(40代・女性)


・初めて遊佐さんと出逢った作品です。

小さい子供から大人まで見れるとてもいい作品だと思います。

特に私の好きなウラタロスは、嘘をついて軽い感じに見えがちですが、作品終盤では相手を想って嘘をつきます。

私が一番感動したところでもあります。(30代・女性)


・遊佐さんが出演されると告知が出てから実際に見てみたら1話から引き込まれた作品でした。

俳優さん、スーツアクターさん、声優さんのバランスがとても素晴らしい、特撮初めて人にも薦められる本当に思い入れの深い作品。

当時の世間やお茶の間人気も珍しいレベルの盛り上がりで、タロス達イマジンの人気が凄まじかった事を覚えています。

ウラタロスの声の人と言えば幼児にも伝わる、間違いなく代表作の1つだと思います。(30代・女性)


・仮面ライダー電王を見て初めて特撮ファンになりました。

私の中でとても思い出深い作品です。

嘘つきなのにみんなに優しく、汗をかくのが好きじゃないのに戦う時は強くてかっこいいウラタロスが大好きです。

最後の必殺技がライダーキックというところも私の気に入っているポイントです。

良太郎に憑依した時もとてもカッコいいですが、私はイマジンの姿のウラタロスが生き生きしていて特に大好きです。

イマジンの姿は目も口も動きませんが、遊佐さんの言葉でウラタロスがどんな表情をしているか読み取れてしまうので、作品を見て笑ったり泣いたりして本当に楽しむことができました。

今でもウラタロスに励まされながら毎日を過ごしています。

ウラタロスに出会ってこれまでたくさんの特撮作品を見ましたが、今でもウラタロスが1番大好きです。

ウラタロスに出会えてよかったです。(20代・女性)


『鬼灯の冷徹』白澤


・鬼灯との掛け合いが面白くて、白澤の女好きなどの性格に声がはまっててとてもいいと思う!(10代・女性)


・白澤様は神様なのに女好きだったり鬼灯様とケンカしたりしていてギャップに惹かれました!(10代・女性)


・いろんな感情がうまく表現してますし、そして中国語がすごくお上手です。

中国のファンより(30代・女性)


・神獣なのになんかやんちゃぽっくてかわいなぁと思います、遊佐さんの声はとても似合います。(10代・女性)


・神獣なのに女好きで鬼灯にぼこぼこにやられるところ。

カッコ良いのに2枚目半なところが面白い(50代・女性)


・遊び大好きですけど、とにかく白澤様は可愛い、遊佐さんの声と演技はポイントアップだと思います。(30代・女性)


・安元さん演じる鬼灯との掛け合いが普段のお二人の仲の良さを感じるテンポの良さでとても楽しい作品でした(20代・女性)


・遊佐さんらしさが良く出ているし、遊佐さんが楽しんで演じていらっしゃるような感じが伝わってきたから。(30代・女性)


・普段の遊佐さんらしい喋り方でとても可愛いので大好きです!ご本人はそんなチャラい訳ではないんですけどw(30代・女性)


・白澤のキャラと遊佐さんのキャラが似てるから (女好き? 酒好き 優しい 可愛い 綺麗 ふわっとしてる 等)(30代・女性)


・私が遊佐さんのファンになった作品なので。

このキャラクターの色気は遊佐さんだからこそ出る色気ではないかと思います。(30代・女性)


・女にだらしなく、チャラいのに頭が良いという、白澤さんのキャラの魅力をより良く魅せる遊佐さんの演技はさすがと思います。(40代・女性)


・普段は格好いい役を演じることが多い遊佐さんの演じられる役では珍しい、ザ・二枚目半の白澤様はとっても魅力的だと思います。(20代・女性)


・鬼灯と白澤のやりとりがとても面白いです!あの言い合いを聞いたらハマるし、中の人同士も仲が良いので、安心して聞いていられます!(30代・女性)


・女好きで普段はちゃらんぽらんなのに本当は博識でカッコいい白澤様が遊佐さんの色っぽい声にぴったりだと思います。

色気がすごいです。(10代・女性)


・普段遊佐さんは悪役を演じられることが多いのですが、このキャラクターは憎めないおバカなので、いつもの遊佐さんとは違う一面が見れるので大好きです。(10代・女性)


・とにかく登場人物同士の掛け合いが面白いです。

神獣なのに女好き、ヘタレ、いつも鬼灯様にやり込められてしまったりとふり幅の広くてたのしい役だと思います。(40代・女性)


・地獄の鬼灯様とのやりとりは、見ていて楽しかったですキャラクターに合わせて表現されている遊佐さん。

あの、女の子に弱い感じの表現がとても印象に残っています。(40代・女性)


・まず声が合いすぎている。

白澤の性格をより感じさせる演技も素晴らしい。

本当にそのキャラが存在しているかのように思える。

白澤が遊佐さんで良かったと思える作品です。(10代・女性)


・白澤様は社交的かつ薬剤師なので知識が豊富 中国1000年の神獣で女性に激甘で紳士的。

遊佐さんの 甘い且つ飄々とした知的なお声のイメージが白澤様そのままです 女性にモテモテなのも(笑)(40代・女性)


・遊佐さんを知った作品です。

あの世が舞台の話ですがギャグも多く 遊佐さん演じる白澤は根はいい奴ですが好色家な神獣で声はもう遊佐さんしか考えられないくらいぴったりです(笑) 大好きな作品です。(20代・女性)


・遊佐さんの優しくて色っぽいお声が超女好きの白澤さまにピッタリでした。

あの話し方も好きでしたし、2期ではもっともっと活躍して頂きたかったです。

3期を是非にアニメ化して欲しいし、白澤さまにもっと出演して欲しいです!!(50代・女性)


・原作の白澤様のイメージにぴったりな優しく色っぽい感じな声を遊佐さんが見事に吹き込んでくださっていて、ファンとしてはこんなに嬉しいことはありません。

遊佐さんお誕生日本当におめでとうございます!!今後も安元さんの事をよろしくお願いします!(20代・女性)


・遊佐さんは、白澤の神様らしい優しさ、温かさ、品の良さをより引き出されていて、キャラクターを魅力的にされていると思います。

白澤の欠点の女好きの点まで愛嬌にしてしまう演技力がさすがです。

白澤は鬼灯の冷徹に欠かせない存在になっていると思います。(40代・女性)


・白澤の女好きでだらしない所と 仕事をきちんとこなす誠実な性格を 艶っぽい声で表現されていて 素敵だと思います!(*`・ω・´) また、どれだけ鬼灯が憎いのか伝わる 演技を喜怒哀楽豊かに表現されていて 見ていて飽きません!

なので遊佐さんが演じる 個人的に好きなキャラクター1位です!(20代・女性)


・遊佐さんの演じているキャラクターはどれも素敵で演技と凄く合っています!演じているキャラクターは中国系が多くてその中でも白澤様が一番が合っているからです。

鬼灯の冷徹という作品で主人公の鬼灯様と仲が悪い白澤様ですが、性格は女好きで酒乱で少しチャラい人ですが人気は凄くあるキャラクターだからです!(10代・女性)


・とにかく可愛いしかっこいい!!

鬼灯様との絡みが面白くてずっと見てられます。

普段はファッションセンスが最悪な上に女性関係に緩く酒癖もひどい……と、ダメ度が強いですが、知識の神だけあって薬に関しての技術や知識が備わっているし、鬼灯様と対等に喧嘩するほど力もあり、いざと言う時には頭がきれる所など、ギャップがあって素敵です。(10代・女性)


・遊佐さんといえば白澤さんだと思います!アニメ初登場で一気に心を鷲掴みにされました。

あの飄々とした雰囲気、女の子にだらしないところ、ふとした時にみせる神様の知識、そういったものも大好きですが、落とし穴に落とされた時のあの絶妙な叫び声は遊佐さんにしか表現できないと思います!!

可愛くてかっこよくてどこか残念な白澤さんを完璧に表現できるのは遊佐さんしかいないので、私は白澤さんを推します!(30代・女性)


『BLEACH』市丸ギン


・BLEACH前からファンでした。

ギン役から一気に知名度上がったと思うし、遊佐さん以外に考えられないから。(40代・女性)


・市丸ギンの糸目でいつも笑っていて不気味な感じと遊佐さんの声がとても合っていて作品としても大好きなアニメです。(10代・女性)


・遊佐さんのファンになったきっかけの作品。

そこからアニメが好きになったので遊佐さんからオタクの全てが始まりました!(20代・女性)


・カゲで何かしてる、裏の裏を読む、怪しい感じがいい!ここから、遊佐さん演じる腹黒なキャラクター感が始まったと思う。(40代・女性)


・遊佐さんを始め、素敵な声優さん達に出会うきっかけを作ってくれた作品だから(^^) あと、穏やかでクールな顔を崩さないのが好き(///∇///)(20代・女性)


・ずっと原作を読んでいて、それからアニメを見ても一切違和感を感じない声でした。

遊佐さんの京都弁を最大限活かしていて、キャラも演者さんも最高です!(20代・女性)


・ギンの京都弁を聞いて私はアニメオタクになりました。

ギンのひょうきんのような所もゾッとするような気迫も遊佐さんの声の演技があってからこそだと思います。(20代・女性)


・兎にも角にも「京都弁」最高!ギン様が切っ掛けで「悪い男」が好きになりました。

でも、でも、怪しい雰囲気だけどホントは優しい人だったりして。

キュンキュンします。(40代・女性)


・ギンの京都弁がとてもマッチしていて聴いていて心地が良いです。

また、アニメ版ED終了後短編のアランカル大百科は本編のギンと違って生き生きしていてとても好きです。(20代・女性)


・印象に残るキャラクターでした。

遊佐さん特有のなにか裏があるんじゃないか、という演技がとても素敵でした。

こういう役は誰よりも似合うんじゃないかと個人的に思っています。(20代・女性)


・私が初めて遊佐さんの存在を知り、初めて声優さんのことを知りたくなった作品だからです。

あと、遊佐さんのことを伝えるときにBLEACHの市丸ギンだよ!と言うと必ず伝わるからです。(20代・女性)


・選んだ理由は市丸ギンのビジュアルに一目惚れして、そこからBLEACHを読むようになりBLEACHの絵の綺麗さと世界観にハマりアニメを見始めたのがきっかけで遊佐浩二さんを知ったからです。(20代・女性)


・本心を隠し飄々として繊細な役どころ。

オチャメであり、厳しさもあり、冷徹で怖さもあり、信頼もあり、暖かさもある自己犠牲愛の人。

市丸ギンに翻弄され、幸せになって欲しくて、魅力的で好きになりました。(40代・女性)


・初めて遊佐さんを知ったのはBLEACHの 市丸ギンでした!

遊佐さんの声は聞いてるだけで落ち着きます!

遊佐さんの演じるキャラはすごく落ち着いていて遊佐さんの思いが感じるなぁー って思いました!(10代・女性)


・ギンの秘めたる思いやそれを見せない彼の優しさがが遊佐さんの声と非常にマッチしていたと思う。

また、ギンが京都弁ということで京都出身の遊佐さんを起用することで違和感なく聞けたというところもGOOD。(20代・女性)


・とりあえず関西弁が最高!ギンの掴みどころのない性格にピッタリの声!だけどやる時はちゃんとやるし、しっかり目的を持ってやっいるのがいい!そういうオンとオフの切り替えで声の抑揚が強くて分かりやすいから引き込まれる!(10代・女性)


・遊佐さんのご出身でもある京都弁を使う所がすごく好きで、糸目キャラでここぞという時に目を開く所がすごくセクシーだなと思います。

また、彼なりの不器用な優しさを色んな所で感じれるとても素敵なキャラクターなので大好きです。(20代・女性)


・最初は、遊佐さんまた悪い役してるな~ぐらいだったんですけど、過去とかなんで死神になったのかとかを知ったらもう。

市丸ギンのストーリーの良さと遊佐さんの演技が合いすぎてて、どハマりしました。

泣けます。

もぅ、愛するしかないと思いました。(10代・女性)


・市丸ギンの京都弁が秀一で、元々遊佐浩二さんのファンだったんですが最高でした。

私も京都人なんで 親しみがハンパないんですが、そもそも遊佐さんの声が大好きなんで 一つ選べと言われても困るんですが市丸ギンかなぁ。

他にもいっぱいあるんですけど。(50代・女性)


・アニメにハマった作品でもあり、1番印象に残ってるキャラクターです。

ギンの何を考えているかわからない表情や行動。

何にも興味がなさそうなのに実は全ては護りたいものの為なこと。

しかもめっちゃくちゃ強い!!全てが最高でした。

あと遊佐さんの京都弁が好きです!(20代・女性)


・序盤、笑みを浮かべた怪しい人物として登場し藍染の従順な手下だと思っていた。

しかし、ただ1人の愛する人の失ったものを取り戻す為に全てを敵に回して1人で藍染に挑んでいた孤独な人でした。

表情は常に変わらず笑顔なのに、 遊佐さんのお声がギンの表情を豊かにしてくれていました!(30代・女性)


・普段は糸目、本気を出す時はキレイな瞳が見え、口調も飄々としたものから少しニュアンスが変わり、背筋がゾクッとくるような感じで、たった少しの変化でこんなに違うものなのかと思いました。

尸魂界篇の乱菊へかけた別れの言葉はそのどちらでもない優しさが含まれていて、この台詞でギンに惚れました。(50代・女性)


・声優さんに興味を持つキッカケになった作品がBLEACH 細目・銀髪・飄々とした関西(京都)弁などなど好みにどストライクなキャラクターが市丸ギンでした それから中の人に興味が行き色々調べると『ポップなドS』を標榜する遊佐さんがすっかり好きになりました キャラクターにぴったりな人選だと思います(40代・女性)


・登場前半から後半にかけて読者を良い意味で裏切ってくれるキャラクター。

作品の人気投票も上位だったかと思います。

嘘、というキーワードが最後まで彼に魅力を与えていたと思います。

その彼に命を吹き込み、彼の本当の温かみや更なる深さを声から浴びせられ、声優を担当してくださったのが遊佐さんで本当に良かったと思います。(20代・女性)


・ギンは、掴み所がなく敵なのか味方なのか 登場した時は本当に分からなくて、ただ回が進む事に味方じゃないと分かりました。

でも最後はただ1人の人の為に命をかけ大切なモノを取り戻そうとし、亡くなります。

そんなギンが原作から大好きでアニメでも原作と変わらないギンの切ない雰囲気を感じられたのは遊佐浩二さんだったからだと思っています。(20代・女性)


・一見ポーカーフェイスで無情にも思えるギンが幼少期に乱菊に誓った「乱菊が泣かんでええ世界にしたるわ」の言葉通り、死神になり死ぬ直前まで乱菊を思って戦った男らしさに涙が止まりませんでした。

彼の奥底に眠る心情と醸し出すイメージが反比例する難しい役どころを巧みに演じきる遊佐さんの演技力は、観る人を引き付け感動させてくれるものです。(30代・女性)


・とにかく最高。

お声と発声、間の取り方、全てで関西弁のちょっと胡散臭い人か表現されてて好きにならずにいられませんでした。

最期の一言がまた最高で涙なしで観れません。

この一言に叶う同じ台詞を聞いた事がありません。

文句なしにNo.1です。

遊佐様本当にありがとうございます!最早ギンが好きなのか遊佐様が好きなのかわからないくらい好きです…(50代・女性)


・一番はじめに遊佐さんの声を聞いた作品で、漫画を先に読んでいて一番好きなキャラクターだったので声どんな人があてるんだろうとドキドキしていたら声が合いすぎていて感動した覚えがあります。

それからずっと遊佐さんが大好きで市丸ギンも十何年経っても大好きです。

優しくて嘘つきな市丸ギンにぴったりな声をあてて下さりありがとうございます。

遊佐さんも市丸ギンもこれからもずっと好きです。(20代・女性)


・私が声優さんを意識し始めた時にやっていたアニメで1番好きな作品でした 市丸ギンの最初の印象はよくありませんでしたが遊佐さん演じるギンを聞いていてその魅力にどんどん惹かれていきました ギンの特徴的なところといえば京都弁が印象にありますが遊佐さんの実際の京都弁を使ったりだとか話し合って作られているのを聞いた時は感動いたしました 乱菊との関係性もとても好きでおすすめしたい作品そしてキャラクターです(30代・女性)


・遊佐さんが京都出身ということもあり飄々とした京言葉を喋る市丸ギンのイメージに声質共々ぴったりで、作中でたまに見せる普段とは違う哀愁を帯びた雰囲気や、普段本気になっていない彼が戦闘シーンになった時に見せるピリッとした雰囲気を本当に「市丸ギンだ!」と思わせるような演技で息を吹き込んでくれているなあと感じ、遊佐さんが演じているキャラクターの中で一番好きなキャラクターが市丸ギンであったので彼を選びました!(10代・女性)


『薄桜鬼』原田左之助はこの後に!
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019夏アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー