menu
映画

劇場版『RE:cycle of the PENGUINDRUM』幾原邦彦監督インタビュー|今の若者にこそ『輪るピングドラム』を見てほしい【連載第1回】

2011年に放送されたTVアニメ『輪るピングドラム』が劇場版『RE:cycle of the PENGUINDRUM』として待望の映画化! 4月29日(金)より全国の映画館で上映スタートです。

10年という時を経て劇場版が制作されることになった『輪るピングドラム』ですが、幾原邦彦監督による独特な世界観も相まって、多くのファンを生み出し、今なお語り継がれる名作となっています。

その人気は本作の10周年記念プロジェクトとして行われたクラウドファンディングの総額を見れば明らかです。目標金額の1000万円はわずか150秒で達成し、終了してみればまさかの1億円超え(105,192,960円)。

なぜ、人々はこれほどまでも『輪るピングドラム』に魅了されてしまうのでしょうか。

アニメイトタイムズでは、『輪るピングドラム』に関わるスタッフや声優陣にインタビューを行った長期連載を通して、この答えの一端に迫ってみようと思います。

第1回となる今回は、監督の幾原邦彦さんが登場です。

10年前の作品ということで現在とは様々な部分での変化がある中、作品が伝えたいメッセージは変わらず存在しており、なおかつ現代だからこそ響くものがあると監督は語ります。

「兄弟2人が妹を助ける話」に集中した劇場版

ーー4月29日に公開される「劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM」前編。TVシリーズとは大きく構成が変わり、新規シーンや新キャラクターも登場しています。

幾原邦彦監督(以下、幾原):今回「映画」にするために考えたのは、「とにかく兄弟2人が妹を助けようとする話なんだ」と観客に伝えることに集中したいということです。すでに公開している予告篇もそういうつくりですね。

TVシリーズは僕としてはわかりにくいことはないと思っているんだけど、初見では「この話はどこに向かっているんだろう?」と感じた人がきっと多かった。それを面白いと感じた人もいるけど、脱落した人も多かったのかなと思っています。そういう意味で、今回の劇場版の見え方はわかりやすくなっているんじゃないかな。新規シーンも「兄弟2人が妹を助ける」というところから逆算して、「あったほうがいいな」と思ったシーンを作っています。

ーー本作はクラウドファンディングでサポートを集め、1カ月で1億円(予定額に対して1000%達成)を実現しています。こうした反響をどう感じましたか?

幾原:正直に言うとここまで集まるとは思っていなかった。予想をはるかに超えて驚きでしたし、今思うとこのクラウドファンディングがなかったらどうやって制作するつもりだったんだろうと思うほど(笑)。なかったら今回のクオリティはなかったですね。

ーークラウドファンディングがあったから、本作の構成になったと。

幾原:そうですね。よくある総集編だと、TVの映像をつなぐくらいだったりしますが、そうはしたくないなと思いました。映画独自のリズムが欲しい。TVは前半10分・後半15分の尺の中でのつなぎのスピード感ですが、映画は2時間と違う時間軸なので、映画の時間のリズムで編集をし直しています。TVシリーズと同じシーンでも、全部一回バラして繋げ直しているので、見え方が違うんじゃないかな。

ーーそうですね、印象が変わったシーンがたくさんありました。24話のうち、劇場版に使うシーンの取捨選択はどうやってしていったのでしょうか?

幾原:それがものすごく大変で! 時間かかりましたね。TVシリーズは24話あるので、使わないカットは出てきます。意外に僕が残したいカットが他のスタッフに「なぜこれを残そうとするのか」「お話の筋に全く関係ないですよね」と言われたりしました(笑)。

たとえば職員室でトリプルHの3人が先生に怒られるシーンを残したかったんだけど、スタッフの反対に従いましたね。そこの会話が好きで……ディテールが好きなんでしょうね。

ーー(笑)。TVシリーズでも音楽は印象的でしたが、劇場版でのこだわりはありますか?

幾原:「歌をいっぱい聞いたな」という印象が残る作品にしたくて、とにかく音楽がかかっていますね。トリプルHの曲は新曲もありますし、やくしまるえつこさんの新規アレンジもあります。

「バキュッ」千本ノック

ーー劇場版の新キャラクターである「プリンチュペンギン」は、上坂すみれさんが演じています。

幾原: プリンチュペンギンは今回オーディションではなく、上坂さんに指名でお願いしました。上坂さんはやる前から「けっこう器用な人だな、なんでもできるだろう」と思っていましたが、事実なんでも出来ましたね。プリンチュペンギンは基本的に「バキュッ」しか言わない、「バキュッ」でどれだけいろいろな感情を表現できるかにかかっているキャラクター(笑)。上坂さん本人も収録時に「千本ノック」と言っていましたが、大変だったと思いますよ。

ーー収録風景を想像すると面白いですね(笑)。

幾原:ひたすら「バキュッ」。「いろんなバキュッをください」とお願いして(笑)。それでも飽きないですよ。「バキュッ」だけでも間が持つというのかな、聞いていて幸せな気がします。ずっと上坂さんが「バキュッ」と言っているだけで話が進んでいく。

ーー劇場版では、桃果が新たなビジュアルで登場しました。TVシリーズとはすこし印象が違いますが、演じている豊崎愛生さんには何かお話をされましたか?

幾原:TVシリーズの桃果より年齢が上がっているので、お姉さんっぽくやってくださいとお願いしました。豊崎さんの地に近い声なのかな。ちゃんとお姉さんっぽい感じを豊崎さんが出してくれて、想像していたよりもよかったです。後編はさらに桃果が活躍するので、楽しみにしていただきたいですね。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022春アニメ募集
2022春アニメ最速放送日
2022春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング