アニメ
夏アニメ『英雄教室』川島零士×木野日菜インタビュー【連載第4回】

夏アニメ『英雄教室』川島零士さん(ブレイド役)×木野日菜さん(クーフーリン役)インタビュー|クーが初登場した第3話、ブレイドの親子漫才のようなやり取りも見どころ【連載第4回】

シリーズ累計発行部数170万部突破の学園バトルファンタジー『英雄教室』(原作:新木 伸、イラスト:森沢晴行/集英社ダッシュエックス文庫刊)がTVアニメ化。この7月より好評放送中です。

本作は、世界を破滅の危機から救った“元”勇者ブレイドが“フツー”の青春を求めて奮闘する物語。英雄を養成するエリート学校「ローズウッド学園」に編入したブレイドは、個性豊かなクラスメイトたちと時にコミカル、時にシリアスに学園生活を繰り広げていきます。

本作の放送に合わせて、アニメイトタイムズではスタッフやキャストへのインタビューを実施。第4回となる今回は、ブレイド役の川島零士さんとクーフーリン(愛称:クー)役の木野日菜さんの対談をお届けします。

関連記事
英雄教室
世界を苦しめる強大な魔王と互角の戦いを繰り広げ、痛み分けによって人類を救った勇者がいた――その名はブレイド。幼い頃から勇者としての素質を認められ、誰もが憧れる存在であった。だが、ブレイドは魔王との戦いのあと、ダメージによってパワーが減退していく中で、こうも思っていたのである。“ようやくこれで、一般人になれる!”と。そしてブレイドは、知り合いを頼って「ローズウッド学園」に入学。“フツー”の学生としてトモダチを作り、華やかで楽しいスクールライフを謳歌しようとする。だが、個性豊かなクラスメイトたちや様々なトラブル、そして英雄を養成するエリート学校であるローズウッド学園が“フツー”のはずがなく…!?シリーズ累計160万部の超人気ライトノベル『英雄教室』が、満を持してTVアニメ化!英雄の座を降りた元勇者ブレイドが、“フツー”を求めて奮闘するバトルファンタジー!目指せ、普通。満喫したい、青春。でも、フツーの青春って一体なんだ!?作品名英雄教室放送形態TVアニメスケジュール2023年7月9日(日)〜2023年9月24日(日)TOKYOMXほか話数全12話キャストブレイド:川島零士アーネスト・フレイミング:山田美鈴ソフィ:東山奈央クーフーリン:木野日菜マリア/マオ...

前回の記事

関連記事
夏アニメ『英雄教室』川島零士さん(ブレイド役)×東山奈央さん(ソフィ役)インタビュー|NGになってもトライする姿勢が生み出すもの「ソフィのかわいらしさを奈央さんが引き出している」【連載第3回】
シリーズ累計発行部数160万部突破の学園バトルファンタジー『英雄教室』(原作:新木伸、イラスト:森沢晴行/集英社ダッシュエックス文庫刊)がTVアニメ化。2023年7月より放送スタートします。本作は、世界を破滅の危機から救った“元”勇者ブレイドが“フツー”の青春を求めて奮闘する物語。英雄を養成するエリート学校「ローズウッド学園」に編入したブレイドは、個性豊かなクラスメイトたちと時にコミカル、時にシリアスに学園生活を繰り広げていきます。7月の放送に向けて期待が膨らむ本作について、アニメイトタイムズではスタッフやキャストへのインタビューを実施。第3回となる今回は、ブレイド役の川島零士さんと、ソフィ役の東山奈央さんの対談をお届けします。前回の記事東山さんの母親は川島さんのファン!?――おふたりは本作で初共演だったとお聞きしました。ブレイド役・川島零士さん(以下、川島):そうなんです。――お互い、第一印象はいかがでしたか?川島:やっぱりね、あの東山の奈央さんとの共演ということでね。ソフィ役・東山奈央さん(以下、東山):(遠山の)金さんみたいな呼び方(笑)。川島:(笑)。そんな金さんくらいの存在の奈央さんが顔合わせのときに「川島くんが出てい...

「親さま」のイントネーションは無意識に生まれました

――まずは、クーが初登場となった第3話の感想をお聞かせ下さい。

クーフーリン役・木野日菜さん(以下、木野):クーはすごく小さくて可愛いのに、最初の方は意地っ張りというか、偉ぶる素振りをみせていて。ブレイドには「親さま」と懐くけど、学園のみんなには威嚇をする野性的なところがありました。クーはこういう感じの子なのかな? と思いきや、Bパートではどんどん内面的な部分や可愛らしさが見えてくる、思い出たっぷりの回です。でも、収録はすごく緊張したんですよ。

ブレイド・川島零士さん(以下、川島):本当ですか?

木野:第1話からみんなと一緒のスタートだったらあまり緊張しないんですけど、(現場の)雰囲気が出来上がっているのかな……と思いながらソワソワして収録に臨みました。

――クーはキャスト陣からも、原作やコミカライズの先生たちからも人気があって、そういう声は木野さんの耳に入っていましたか?

木野:全く知らなかったです。私自身すごく人見知りなので、原作の新木先生が見に来てくださったことや、岸田(こあら)先生がアフレコ現場レポートを描きに来てくださったことがあったんですけど、人見知り大爆発しちゃって全然話せなかったんです。もう一度チャンスをください、という感じですね(苦笑)。でも、そう言ってもらえるのは嬉しいです。

<英雄教室アフレコ現場レポート>
https://eiyukyoushitsu-anime.com/special/books/bk01.html

――川島さんは、第3話をご覧になっていかがでしたか?

川島:毎回言っていますけど、僕はクーが1番好きなんですよ。クーはドラゴンだから、みんなに威嚇する中で(自分を倒した)ブレイドにだけは来てくれるのが嬉しいなと僕自身は思いつつ、ブレイドに母性(父性)が溢れていって。ドラゴンは1人で生きていくのが本能で、その孤独をブレイドも感じるところがあったからこそ、「みんなと友だちになったら楽しいぞ」と伝えたい気持ちがあったんだろうな……と思えた回でしたね。

木野:本当に子育てしているみたいですよね。親鳥が雛鳥にちょこっとずつ教えていくような優しさがあるというか(笑)。

川島:クーにご飯をあげるシーンも大好きですね。面倒くさそうにあげたり、食べさせたあとに2人で笑ったり、第3話以降もいろいろなリアクションが見られますので。

――クーはブレイドのことを「親さま」と呼びますが、この呼び方についてはどう感じましたか?

木野:「親」が漢字で「さま」がひらがななので、私は普通の「親」と同じイントネーションで呼んでいたつもりだったんですけど、クーで喋ると勝手に「親↑さま」になっていたんですよ(笑)。

――ディレクションでそうなったのではなく?

木野:ではないんです。「なんか『親↑さま』になっていたから」と途中で言われて、「え!? 私ずっと『親↑さま』って言っていました??」と大混乱しちゃって。特殊なイントネーションになってしまいましたけど、結果的に人間ではないドラゴンとしてのクーらしい呼び方というか、普通とはちょっと感覚の違う愛着が持てる呼び方になったと思います。

川島:僕は「親↑さま」の方が好きですね。普通の「親さま」よりも、上に突き抜けて行く感じが、クーの性格とも相まっていいなと。言い方も、甘えたとき、お腹が空いているとき、元気なとき……とかいろいろありますけど、特に元気なときの「親さま〜!!」っていうスピード感が、このイントネーションだとより元気さが出ていいなと思っていました。

――そういう口調も動きもすごく可愛いクーですが、見た目の印象はいかがですか?

木野:資料を見たとき、女の子としてのイラストをめくると格好いいドラゴンが描かれていたから、何が起きたのか最初よくわからなくて(笑)。原作を読んで、そういうことだったのかとわかりました。八重歯が生えているとかちょいちょいドラゴン要素もあるし、パワフルな感じもあってすごく可愛いです。

――服装はなにげにかなりすごいですよね。

木野:そうなんですよ。初めて見た時は、布面積が少ない! と思いました(笑)。でも、声を当てていくにつれ、クーだったらこの格好もあり得るな、子供らしさ全開だからこその服だよねと思えて、全然気にならなかったです。ブレイドにお風呂で洗ってもらうシーンもありますけど、ほかのみんなは大人のお姉さん方なので色恋沙汰とかあるのに、クーとブレイドの間には全くないですし。

川島:個人的には、男女問わず上半身がシュッとして、下は膨らんだズボンというか民族的なフォルムなのが好きで。それもあって、クーはいいなと思ったんですよね。

――連載第2回で原作イラストの森沢晴行さんが「シルエットを意識して描いた」と話していましたが、シルエットからクーだとわかりますね。

川島:確かに。

木野:そう言われると、見たことのない珍しい格好をしていますよね。

関連記事
夏アニメ『英雄教室』新木 伸さん(原作)×森沢晴行さん(原作イラスト)×岸田こあらさん(コミカライズ)座談会|頭の中である人物が語りかけてきたことが作品誕生のキッカケ!? さらに小説にはなかった漫画版ならではの要素も明らかに 【連載第2回】
シリーズ累計発行部数160万部突破の学園バトルファンタジー『英雄教室』(原作:新木伸、イラスト:森沢晴行/集英社ダッシュエックス文庫刊)がTVアニメ化。2023年7月より放送スタートします。本作は、世界を破滅の危機から救った“元”勇者ブレイドが“フツー”の青春を求めて奮闘する物語。英雄を養成するエリート学校「ローズウッド学園」に編入したブレイドは、個性豊かなクラスメイトたちと時にコミカルに、時にシリアスに学園生活を繰り広げていきます。7月の放送に向けて期待が膨らむ本作について、アニメイトタイムズではスタッフやキャストへのインタビューを実施。第2回は、『英雄教室』の生みの親である原作者の新木伸さん、原作イラストの森沢晴行さん、コミカライズの岸田こあらさんの座談会をお届けします。『英雄教室』の誕生秘話や制作エピソード、アニメへの期待や見どころなど、たっぷり語っていただきました。前回の記事頭の中に誰かが話しかけてきて『英雄教室』が誕生――まずは、『英雄教室』がどのように誕生したのか、着想のきっかけなどをお聞かせ下さい。新木伸さん(以下、新木):話の生まれ方はいろいろあるんです。例えば、編集さんから「学園のラブコメで、魔法があるやつ...

 

(C)新木伸・森沢晴行/集英社・英雄教室製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング