声優
本渡楓・島﨑信長・仲村宗悟ら出演の朗読劇『Nのために』公式レポート

本渡楓さん、島﨑信長さん、仲村宗悟さん、寺島惇太さん、岸尾だいすけさん、内田彩さんらが出演! 朗読劇『Nのために』(原作:湊かなえ)公式レポート到着

2023年10月14日(土)・15日(日)の2日間にわたり開催された朗読劇『Nのために』(原作:湊かなえ)。このたび、本公演のオフィシャルレポートが到着しました!
 
本公演の1日目には本渡楓さん、島﨑信長さん、仲村宗悟さんのほか、寺島惇太さん、岸尾だいすけさん、内田彩さん、2日目には、日向坂46の元メンバー・渡邉美穂さん、人気アーティスト「7ORDER」のリーダー・安井謙太郎さん、劇団EXILEの小野塚勇人さんのほか、西山潤さん、板倉俊之さん(インパルス)、平野綾さんが出演。

超豪華キャストが集結し、新たな「Nのために」の世界を作り出す注目の公演となりました。

朗読劇「Nのために」オフィシャルレポート

初日10/14(土)公演オープニング

朗読劇「Nのために」公演初日となる10月14日(土)の出演者には実力派声優陣が揃う。これまで様々な形で愛されてきた物語が、どのような形で生まれ変わるのかと期待を寄せながら、いよいよ幕が上がる。

アースカラーの衣装に身を包んだ出演者たちが舞台へと足を運ぶと突然、電話の着信音が会場に鳴り響き、いよいよ物語が始まる。本渡楓演じる杉下希美と、寺島惇太演じる西崎真人による“ある事件現場”で交わされた重要な一場面。そして「野口夫妻が死亡し、警察は現場に居合わせた男女4名から事情を聞く」というニュースのアナウンスが続く。

衝撃的なオープニングに緊張が走るなか舞台は一転、本渡が一人立ち上がり、杉下希美の証言が始まった。

本渡は、事実を冷静に述べながらも、時折自身の出身地や住居を自虐っぽく伝えることで心の内を隠そうとする杉下希美のキャラクターを表現。

続いて、島﨑信長演じる成瀬慎司の証言は、淡々としているが不安な気持ちも見え隠れしている様子だ。

仲村宗悟演じる安藤望は、明快に、そして自信すら感じさせる証言し、最後の西崎真人(寺島)は、ぶっきらぼうに話しながらどこか吹っ切れた様子で「失うものは何もない」と言い切った。彼らの証言はそれぞれの登場人物の特徴が伝わり、観客は一気に物語へと引き込まれていった―。

様々な愛の形

出演者たちは、登場人物の心情を表したモノローグや過去に起きたエピソードから、登場人物の間で生まれる恋愛感情や友情など様々な愛の形を表現した。特に、原作小説では著者の湊かなえ自身のエピソードも反映されているというシーンがある。

杉下(本渡)は、大学入学を機に地元の島を出て、「野バラ荘」という古いアパートで安藤(仲村)と西崎(寺島)と出会うことになる。この場面では、夢や野望を持った若者たちによる会話が繰り広げられた。

本渡は、初対面の人にも明るく親しみやすさを持って接する「杉下」を笑顔で演じ、仲村は、普通に会話をしながら人間観察をしている「安藤」というキャラクターを、セリフとモノローグで演じ分けて表現した。

そんな二人よりもずっとクセが強くナルシストな人物である「西崎」を、寺島は動きをつけながら特徴的に演じた。同シーンは湊自身が学生時代を思い出しながら書いたといい、学生特有の友達同士でダラダラと過ごす深夜の時間を感じさせ、観客にとっても微笑ましい場面となった。

また物語前半の中でも印象的なシーンとして、杉下と安藤がアルバイトでビルの窓清掃をする場面がある。高いところが好きな杉下が、安藤の計らいによって念願の窓清掃ができるという流れで、ピアノ演奏と共に本渡と仲村のやりとりが交わされる。

本渡は杉下の無邪気に喜ぶ姿と心の中に宿る強い野望を、そして仲村は安藤の杉下に対して素直になれない複雑な想いを表現した。二人の会話とそれぞれの本音を表すモノローグによって、友情とも恋愛とも断定できない二人の微妙な関係性とすれ違う心が垣間見える一場面となった。

物語後半では、西崎と奈央子の出会いも見せ場の一つだ。雨の日、杉下に会いに来た奈央子が西崎の部屋で雨宿りをさせてもらうという場面。西崎(寺島)は、内田彩演じる奈央子から夫である野口貴弘(岸尾だいすけ)についての話を聞く。

「彼を少しでも疑うことを言うと、きっと許してもらえない」という奈央子の言葉を聞いた西崎の中で、野口夫妻の関係性に疑問が生まれる。さらに奈央子の体にアザがあるのを見つけるが、奈央子はそれを「愛の証」だと言った。

やがて西崎は奈央子に共感を示し、自身が書いた小説「灼熱バード」を渡すのだ。内田はその小説を神妙な面持ちで読み、奈央子の不安な感情を表現する。そして小説を読み終えた時、二人の間に特別な絆が生まれるのだった―。

10/15(日)公演オープニング

2日目となる10月15日(日)の出演者には様々なステージの経験者が集結。渡邉美穂演じる杉下希美、安井謙太郎演じる成瀬慎司、小野塚勇人演じる安藤望、西山潤演じる西崎真人、この4人の証言から始まる。

そして続く杉下(渡邉)によるモノローグでは、また前日とは違う緊張感を漂わせながら、観客をこの物語の世界へと誘う。本作の核を表すセリフの一つ、「その人のためなら自分を犠牲にしてもかまわない。その人のためならどんな嘘でもつける。その人のためなら何でもできる。」という言葉に、渡邉の気持ちが込められた。

本作は、長い年月を描いた物語であることもおもしろさの一つだ。特に杉下希美と成瀬慎司の学生時代から現在に至るまでのストーリーは、甘酸っぱくも切ない感情をもたらす。

1日目の本渡と島﨑は、まるでそこが教室かのように高校生時代の杉下と成瀬を演じる。時折、お互い目線を交わしながら微笑ましい会話が繰り広げられた。

2日目は渡邉美穂が杉下を、安井謙太郎が成瀬を演じる。高校時代のある出来事をきっかけに交流が減ってしまった二人は、同窓会で久しぶりに再会する。少し成長し大人になった杉下(渡邉)と成瀬(安井)の間に、気まずさを残しながらもお互い居心地の良さを取り戻してく過程が垣間見えた。

杉下の部屋を訪ねた成瀬は、杉下への淡い恋心と、実際の杉下の自分に対する行動とのギャップにがっかりする気持ちを演じ分け、成瀬という人物を掘り下げた。

物語の鍵を握る、野口夫妻 事件の行方は−

物語の中盤、野口夫妻と杉下・安藤の4名が石垣島でディナーをする場面は、両日に渡り見どころの一つとなる。一見、仲睦まじく食事をする登場人物たちだが、人間の“表と裏”を表現したリアルな場面である。

野口貴弘役は岸尾だいすけと板倉俊之が、野口奈央子役は内田彩と平野綾が演じた。野口夫妻の微妙な関係性を、各キャストが細やかな表現で魅せる。

1日目の岸尾は、安藤(仲村)に対し力強く「男同士の勝負をしよう」と将棋の対局を挑む。その様子は、奈央子(内田)や杉下(本渡)は眼中にないといった態度で、野口の偏った男のプライドが窺える絶妙な演技で観客を魅了した。

やがて夫婦間の言い争いへと展開し、岸尾と内田の迫真の演技が、物語の重要な事件への予感を告げた。

2日目の野口夫妻を演じた板倉と平野は、事件当日のシーンでの鬼気迫る演技で物語を盛り上げる。板倉は、自分の強さを必要以上に見せつける野口を、狂気をもって演じ切る。それに対し平野も歪んだ愛をヒステリックに訴える奈央子を、圧巻の演技力で表現する。

こうして登場人物6名による複雑に絡み合ったエピソードとそれぞれのモノローグによって、物語はクライマックスへと向かっていった―。

カーテンコール

2日間に渡り開催された朗読劇「Nのために」。各公演のカーテンコールでは、主人公の杉下希美を演じた本渡楓・渡邉美穂による感謝の言葉が述べられた。

「朗読劇Nのために。最後まで御覧頂きありがとうございました。湊かなえ先生の素敵なラブストーリーを私たちが皆様にお届けできたこと、心から嬉しく思います。本日は、本当にありがとうございました!」そして出演者全員で一礼し、観客からの盛大な拍手で見送られ舞台を降りていった。会場は熱気に包まれたまま、朗読劇「Nのために」は大盛況のなか終了した。

こちらの公演は10月22日(日)までアーカイブ配信で視聴可能なので、ぜひご覧いただきたい。

朗読劇『Nのために』配信情報

視聴プラットフォーム:mahocast
配信チケット券売期間:2023年9月30日(土)12時~10月22日(日)18時

配信チケット販売サイト

チケットぴあ
イープラス
楽天チケット
mahocast

朗読劇『Nのために』公式サイト
朗読劇『Nのために』公式X(旧Twitter)アカウント
(ハッシュタグ:#朗読劇Nのために #Nのために)

特別映像

(C)湊かなえ・双葉社/エイベックス・ピクチャーズ株式会社
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング