アニメ
『メタリックルージュ』第9話場面カット&あらすじ|先行上映会公式レポも到着

『メタリックルージュ』より、第9話「訪れ来た者たち」先行場面カット&あらすじ公開! 宮本侑芽さん、黒沢ともよさんら登壇の第8話&第9話先行上映会の公式レポートも到着

2024年1月10日よりフジテレビ「+Ultra」ほかにて毎週水曜24:55~放送中のTVアニメ『メタリックルージュ』。

このたび、第九幕(第9話)「訪れ来た者たち」より、先行場面カット&あらすじが公開されました。

さらに、声優の宮本侑芽さん、黒沢ともよさん、総監修・シリーズ構成の出渕裕氏、プロデューサー・南雅彦氏が登壇した第八幕&第九幕(先行)上映会の公式レポートも到着しています。

関連記事
メタリックルージュ
ボンズ×出渕裕がおくるバトルアクション最新作人造人間たちが運命をかけて闘う驚異のテック・ノワールSF誕生!『交響詩編エウレカセブン』のアニメーション制作会社ボンズと『機動警察パトレイバー』のメカニックデザイナーや『宇宙戦艦ヤマト2199』の総監督を務めた出渕裕が『ラーゼフォン』以来、19年ぶりの再タッグを実現!監督は『キャロル&チューズデイ』『スーパー・クルックス』の堀元宣が、キャラクターデザインは『カウボーイビバップ』『血界戦線』の川元利浩が担当するなど、最高峰スタッフが結集し、壮大なテック・ノワールSFを作り上げる。ボンズ設立25周年記念作品のオリジナルアニメ『メタリックルージュ』は2024年1月、世界に放たれる。人間と人造人間が混在する世界――人造人間の少女・ルジュは、バディのナオミと共に、火星である任務にあたっていた。それは、“政府に敵対する9人の人造人間の殺害”。人造人間の少女・ルジュの戦いの物語が始まる――。作品名メタリックルージュ放送形態TVアニメスケジュール2024年1月10日(水)~2024年4月3日(水)フジテレビ「+Ultra」にて話数全13話キャストルジュ・レッドスター:宮本侑芽ナオミ・オルトマン:黒沢ともよジーン・ユングハルト...

第九幕「訪れ来た者たち」

あらすじ

インモータルナインの一人“不動のグラウフォン”とアルコス、シルヴィアとの戦いに苦戦するルジュ。そんな中、彼女を救いに現れたエデン。その正体はインモータルナインの一人“漆黒のノアール”であった。

自分たちと行動を共にすることを拒むノアールに対し、怒り、攻撃をしかけてくるシルヴィア。ルジュの元に向かおうとするジーン。だが、彼の前に立ちはだかるグラウフォン。そこに簒奪者の宇宙船、そしてシアンも現れ、事態は混乱を極めていく。

互いにグラディエーターとなり、戦いを繰り広げるルジュとシアン。二人の能力は互角である。シアンは本当にルジュの妹なのか?

果てしなく死闘が続くと思われた、その時。駆けつけたナオミが、ルジュにある提案をする。

スタッフ

脚本:堺 三保 根元歳三
絵コンテ:大槻真之 村木靖
演出:大槻真之
キャラクター作画監督:斎藤恒徳 菅野宏紀 高野恵子 青木香菜 香田知樹 金久保典江
メカニック作画監督:横屋健太

第八幕&第九幕(先行)上映会の舞台挨拶公式レポート

現在大人気放送中のテレビアニメ『メタリックルージュ』。本作の最新話、第八幕「どこでもない家」、さらに3月6日(水)より放送開始の第九幕「訪れ来た者たち」の先行上映会が2024年3月3日(日)に東京・池袋HUMAXシネマズにて開催された。

上映後、ルジュ・レッドスター役・宮本侑芽さん、 ナオミ・オルトマン役・黒沢ともよさん、総監修・シリーズ構成を務める出渕 裕さん、そしてアニメーション制作会社「ボンズ」プロデューサーの南 雅彦さんが登壇し、トークイベントが行なわれた。

上映された第九幕までの感想を聞かれた宮本さんは「ルジュが戦う理由がようやくわかってきた気がします。また、彼女がちょっとずつ大人になっているのを感じ、母のようにうれしく思いました」、
一方、黒沢さんは「ルジュはグラディエーター(ルジュらネアンが戦闘時に変身(ディフォルム)する戦闘形態)の姿だとすごくカッコいいのに、侑芽ちゃんの声を聴いていると距離を感じないんですよね。絶妙なバランスのキャラクターだと思います。
また、『この作品はまとめて一気に観たい』と言っていた友人がたくさんいたのが印象的で。『劇場版の作品を観ているようで面白かった』と感想をくれました」とそれぞれコメント。

出渕さんは「ルジュは“ギャップ”を意識して作ったキャラクターなのですが、少女的なところに寄せていったほうがいいのか、それとも特撮ヒーロー的なところに振り切ったほうがいいのか、悩みました。
妹(シアン)も出てきたことですし、『彼女を守らなきゃ』という気持ちも出てくるのではないかと」と先の展開を示唆するようなコメント。

南さんからは「近頃は諸事情があり、オリジナルロボットアニメの企画が通りづらいんですよね。
そんななか、視聴者から『もっと先が観たい』という声が上がるような作品を作りたい、との想いで出渕さんと企画を立ち上げました」と裏話を交えた話が飛び出した。

続いてアフレコに関するトーク。アフレコは基本的に堀 元宣監督とキャストとのやり取りがメインで行なわれたそうで、出渕さんからは都度「こういうパターンの演技も聴いてみたい」といったリクエストが出ていたそう。
出渕さんは「宮本さんは『ギャップ』、黒沢さんは『ぶっ壊れ役』の演技ができると思っていたので、ふたりともまさに適役でした」と語り、南さんも「別作品でふたりの演技は知っていたので、安心して任せることができました」と話していた。

また、アフレコで印象的だったことを聞かれた宮本さんは「出渕さんが毎回パンを買ってきてくれていたのが印象に残っています」とコメント。これに対し、出渕さんは「自宅から駅に向かう間に美味しいパン屋がたくさんあるので、差し入れにピッタリだと思い、持参していました」といきさつを説明していた。
なお、黒沢さんは「私は豆パンが特にお気に入りでした!」と笑顔だった。

また、『メタリックルージュ』は専門用語の多さが魅力のひとつということで、スクリーン上にたくさんの作品専門用語が表示された。
出渕さんからは用語に関するエピソードが語られた。
「アジモフコード」は有名な生化学者・作家、アイザック・アシモフからきているワードなのだが、SFにも造詣の深いメカニックデザイナー・宮武一貴氏から「実はアイザック・ア【ジ】モフが正式な呼び名なんだよ」と教えられ、この表記になったそうだ。

また黒沢さんは「『来訪者』や『〇〇局』など、物語が終盤になるにつれて難しいワードを読む機会が増えてきたので大変でした」と語った。

最後は来場者に向けてメッセージが贈られ、ステージは終了した。

「第十幕以降は金星を舞台に物語が進んでいきます。ルジュがどんな決断をするのか? 見守っていただけますと幸いです。またクライマックスでは大きな仕掛けを作っていますので、楽しみにしていてください」(南さん)

「本作は舞台が次々に変わっていく『ロードムービー』的な側面も持っている作品であり、金星がラストステージとなっています。キャラクター同士の関係も見えてくると思いますので、最後までお付き合いください」(出渕さん)

「ネアンという存在は私たちの世界の『AI』に近いものだと思います。『彼らの感情はどこからくるのだろう?』と漠然と考えるなかでのアフレコでした。生命として生きているものたちの関係性を楽しんでください」(黒沢さん)

「本日はスタッフの方々とお話でき、それをみなさんにお聞きいただけてうれしかったです。
私はナオミが何者なのか? 特に気になりました。第八幕で急展開を見せた『メタリックルージュ』、今後は怒涛の展開が待っていますので、よろしくお願いします!」(宮本さん)

なお、本作で文化考証も務めているSF作家・柴田勝家氏によるスピンオフ短編「グラモーラの歌声」が『小説現代』にて連載中。こちらも要チェックだ!

開催概要

日程:2024年3月3日(日)13:00~
会場:池袋HUMAXシネマズ シアター4
出演:宮本侑芽(ルジュ・レッドスター役)、黒沢ともよ(ナオミ・オルトマン役)、出渕 裕(総監修・シリーズ構成)、南 雅彦(ボンズプロデューサー)
MC:障子直登(フジテレビプロデューサー)

『メタリックルージュ』作品情報

メタリックルージュ

あらすじ

ボンズ×出渕裕がおくるバトルアクション最新作
人造人間たちが運命をかけて闘う驚異のテック・ノワールSF誕生!

『交響詩編エウレカセブン』のアニメーション制作会社ボンズと『機動警察パトレイバー』のメカニックデザイナーや『宇宙戦艦ヤマト2199』の総監督を務めた出渕裕が『ラーゼフォン』以来、19年ぶりの再タッグを実現!

監督は『キャロル&チューズデイ』『スーパー・クルックス』の堀元宣が、キャラクターデザインは『カウボーイビバップ』『血界戦線』の川元利浩が担当するなど、最高峰スタッフが結集し、壮大なテック・ノワールSFを作り上げる。

ボンズ設立25周年記念作品のオリジナルアニメ『メタリックルージュ』は2024年1月、世界に放たれる。

人間と人造人間が混在する世界――
人造人間の少女・ルジュは、バディのナオミと共に、火星である任務にあたっていた。
それは、“政府に敵対する9人の人造人間の殺害”。
人造人間の少女・ルジュの戦いの物語が始まる――。

キャスト

ルジュ・レッドスター:宮本侑芽
ナオミ・オルトマン:黒沢ともよ
ジーン・ユングハルト:武内駿輔
サラ・フィッツジェラルド:嶋村侑
ジャロン・フェイト:吉野裕行
ジル・スタージョン:小倉唯
アフダル・バシャール:津田健次郎
エデン・ヴァロック:興津和幸
アッシュ・スタール:宮内敦士
ノイド262:小林千晃
人形遣い師:家中宏
オペラ:伊瀬茉莉也
アエス・マキアス/アリス・マキアス:津田美波
グラウフォン・ベルグ:安元洋貴
シアン・ブルースター:白石晴香
エヴァ・クリステラ:日笠陽子
ロイ・ユングハルト:下山吉光

(C)BONES・出渕裕/Project Rouge
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング